スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉野家・牛丼の値段やカロリーと「並盛・アタマ・大盛」の量を紹介!

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • 吉野家の牛丼:値段・カロリー・栄養成分
  • 「並・アタマ・大盛」の分量を確認

を、ファストフード大好きな私が紹介します。

 

まさじろ
まさじろ

吉野家の牛丼は、「安くて美味しい」ので重宝しますよね。最近の私は、「アタマの大盛」を食べることが多いですよ!

 

スポンサーリンク

吉野家の牛丼:値段・カロリー・栄養成分

庶民の味方である、「吉野家の牛丼」

手軽に食べられますし、何と言っても安いのが嬉しいです。

 

ちょくちょくと、吉野家に通い続けて早25年くらいが経過しました。

変わらぬ味で、「毎回満足して帰路」についております。

 

ところで、最近ある変化が私の中で起こってきました。

まさじろ
まさじろ

それは、「大盛」がキツくなってきたんです。ですので、牛丼の「カロリーや分量」を比べてみることにしました(笑)

 

値段・カロリー・栄養成分

牛丼ごとの「値段・カロリー・栄養成分」は以下になります。

 

「吉野家・牛丼別情報」

小盛並盛アタマ大盛特盛超特盛
値段(税込)360380480550680780
エネルギー(Kcal)47865274186310301169
タンパク質(g)15.320.223.725.834.842.3
脂質(g)16.920.424.825.138.249.1
炭水化物(g)63.592.8101.3128.0131.3134.0
食塩相当量(g)1.22.73.03.44.35.1

(引用:吉野家「牛丼」より)

 

大盛がキツくなってきた

昔は、大盛一辺倒でした。

しかし、アラフォーの今では「大盛を最後まで食べきる」のがキツいんです。

 

しかし、並盛りでは少々物足りないのも事実。

そんな時期に新発売されたのが「アタマの大盛」になります。

 

スポンサーリンク

吉野家の牛丼「並・アタマ・大盛」の量

特盛以上は、もう無理ですので最初から諦めています(笑)

ですので、今回は「並盛・アタマの大盛・大盛」を徹底比較してみますね。

 

吉野家の牛丼3種の、お肉だけを並べるとこんな感じになります。

 

  • 手前:並盛
  • 左奥:アタマの大盛
  • 右奥:大盛

 

並盛は、ちんまりした感じで可愛らしいですね。一方、2つの大盛は重厚感があります。

アタマの大盛・大盛のお肉は、「見た感じでは同じ量」に見えますね。

 

並盛

並盛は、アタマの大盛や大盛に比べると「ごはんの量」も少なめになっています。

ですので、お持ち帰り用の器が両者で異なるんですね。

 

コチラが、「吉野家・牛丼の並盛」になります。

 

男性は、並盛だけだと少々物足りないと思います。

女性は、これくらいの量がちょうど良いみたいですね。

 

並盛をお肉とごはんに分けてみた!

並盛りをお肉とごはんに分けてみて最初に思ったことが、「たまねぎが意外に入ってたんだね!」になります。

もっと少ないと思ってました(笑)

 

そんな並盛ですが、お肉やたまねぎの量と比べると「ごはんの量が少々多め」なのが残念ですよね。

なるべく「お残し」はしたくないですから。

 

スポンサーリンク

アタマの大盛・大盛

 

それでは次に、「アタマの大盛・大盛」を確認しましょう!

 

アタマの大盛

発売された当時のキャッチコピーは、「お肉は並盛りの1.2倍でご飯は大盛より少なめ」でした。

アタマの大盛は、並盛と比べると「お肉が詰まってる感」を感じとっていただけると思います。

 

アタマの大盛が販売されたのには理由があります。

読者さん
読者さん

大盛はご飯の量が多くて食べきれないよ~

と言う人が増えてきたんですね。

 

ですので、そういう人は「大盛りでご飯を少なめで!」と注文します。

それが定番メニュー化したのが「アタマの大盛」になります。

 

アタマの大盛をお肉とごはんに分けてみた!

並盛と比べて、明らかに「お肉の量が多い」のがみてとれると思います。

さらには、ご飯の量も「ちょっとだけ増量」されてるんですよね。

 

最近の私は、ほぼ「アタマの大盛」を食べてますね。大盛だとごはんの量が多すぎますからね。

ですので、30歳以降の男性や、かなりお腹の空いた女性におすすめですね。

 

大盛

大盛の写真が以下になります。

 

流石は大盛ですね。お持ち帰り用の器にありながらも貫禄十分です。

「みっしりだね!」って表現があってると思います。

 

大盛をお肉とごはんに分けてみた!

次に、大盛の「お肉とごはんの分量」をチェックしてみましょう!

 

写真からでも、その圧倒的な存在感が感じられます。

お肉もごはんも確実に多いですね。まさに大盛ですね。

 

タイたび
タイたび

以上の理由から、吉野家の牛丼は「アタマの大盛」がおすすめですよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、吉野家の牛丼の「値段・カロリー・分量」を紹介しました。

 

ちなみに、食べ物を粗末にするのは大嫌いなので全部食べましたよ。

ただし、昼食と夕食が「牛丼三昧」になったけどね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福