ワットポーの見所とマッサージスクール!行き方や時間と服装も解説

今回は、「ワットポーの見所や行き方」と「ワットポー・マッサージスクール」について、タイ歴22年の私が解説します。

実は、ワットポーの名前は知らなくても、「黄金の涅槃仏(ねはんぶつ)」の写真を見たことがある人は多いですよね。

そんなワットポーは、タイ古式マッサージの総本山があることでも知られています。ワットポーに来たなら、ぜひマッサージを試してほしいですね!

ワットポーの見所

ワットポーは、アユタヤ王朝時代に建立されたバンコクで最も古い寺院の1つになります。全長46メートルを超える大仏様は圧巻の一言ですね。

そんな歴史あるワットポーに行くと「何から見ていいんだろう?」と戸惑うと思います。ワットポーの敷地内はけっこう広いんですよね。

見所は以下の5ヶ所

ワットポーの見所は以下になります。

  • 黄金の涅槃仏全体像
  • 黄金の涅槃仏の足の裏
  • 煩悩を捨て去る鉢
  • ご本堂
  • ワットポーマッサージスクール

黄金の涅槃仏全体像

ワットポーの見所の1つ目は、「黄金の涅槃仏全体像」になります。

実は、上記の写真を見たことがある人が多いんですよね。まずは、黄金の涅槃仏の全体像を見て下さい。

圧倒的な存在感で有名な全長46メートルの巨大な黄金涅槃仏になります。そのスケールの大きさに見る者全てが圧倒されますよね。

仏教徒としては自然に手を合わせてしまいますね。涅槃仏の雰囲気を感じ取った後はお堂の奥に進んで下さい。

黄金の涅槃仏の足の裏

ワットポーの見所の2つ目は、「黄金の涅槃仏の足の裏」になります。

仏様の全体像を見ながらお堂の奥に進むと、次に見えてくるのが、「仏様の足の裏」ですね。お坊さんと比べるとその大きさを感じて頂けると思います。

本当はもっと近づいて写真を撮りたかったのですが、お坊さんが真剣にお掃除をしてるので近づけませんでした。

仏様の足の裏にも「色々な紋様」が書き込まれています。現地でじっくりと確認して見て下さいね!

足の裏を見たら、次は涅槃仏の後ろ側に行きましょう。道なりに進んで行けば大丈夫ですよ!

煩悩を捨て去る鉢

IMG_20160624_085820

ワットポーの見所の3つ目は、「煩悩を捨て去る鉢」になります。

黄金の涅槃仏の背後には108の鉢がずら~っと並んでいます。お鉢の中に、タイのお金であるサタン硬貨を1枚ずつタンブン(喜捨)していきます。

108の煩悩の数だけお鉢があるんです。お金を1つ入れる度に心が洗われていきますから、ぜひお試しくださいね。とっても清々しい気分になれますよ!

※サタン硬貨は両替できるので持っていく必要はありませんよ!

ご本堂

IMG_20160624_112315

ワットポーの見所の4つ目は、「ご本堂」になります。

私はここの荘厳な雰囲気が大好きなのでたまに座禅を組みにきます。10分ほど瞑想してるだけで心が洗われて、気分が落ち着くんですよね。

ワットポーの本殿は写真OKだよ

ワットポーの本堂は写真撮影可能です。ですので、タイ人がパチパチと撮りまくってます。

ただし、ここには昔のタイの王様が祀られてるので、なるべく腰を屈めたような姿勢や膝をつけての移動が好まれてますね。堂々と立ち上がったりしたら警備員が飛んできます。

ワットポー観光に来たら、ぜひ座禅を組んで瞑想してみることを私は強くオススメします。

※ワットポーのお隣にある有名観光地の「ワットプラケオの本堂」は写真撮影禁止になるんですよね。

ワットポーマッサージスクール

ワットポーの見所の5つ目は、「ワットポーマッサージスクール」になります。

前述したように、ワットポーはタイ古式マッサージの総本山としても有名なんですよね。

ですので、ワットポーにマッサージに来る人も多いんですよ。総本山だけあってマッサージ師さんの腕も良いですよね。

ワットポーマッサージスクールに関しての情報

ワットポーマッサージスクールの営業時間や料金

  • Operating hour: 08:00 – 17:00
  • Thai massage 30 minutes for 260 Baht
  • Thai massage 1 hour for 420 Baht
  • Foot massage 30 minutes for 280 Baht
  • Foot massage 1 hour for 420 Baht

(引用:ワットポー公式Webサイト)

ワットポーの服装規定の営業時間

IMG_20160624_103535

ワットポー観光の服装

タイのお寺には厳しい服装規定があります。上記写真のような格好だと、ワットポーの入り口でとめられる可能性があるんですよね。

そして、お寺が貸してくれる服に着替えないと入場できません。この服はいろんな人が着回してる服なのでかなり臭いです。気をつけてください(笑)

肌の露出を控えて、ハーフパンツではなく長いパンツでお参りしてください。仏教に礼節を重んじるためにも、日本人ならしっかりした格好でお参りにいきたいものですね。

入場料金

ワットポーの入場料金は以下になります。

  • 外国人:100バーツ
  • タイ人:無料です。

営業時間

ワットポーの営業時間は、「8:30〜18:30」になりますね。

次のページは、「ワットポーの行き方と地図・ワットポーマッサージのスクンビット校」