ワットポーの見所とマッサージスクール!行き方や時間と服装も解説

スポンサーリンク

今回は、「ワットポーの見所や行き方」と「ワットポー・マッサージスクール」について、タイ歴22年の私が解説します。

実は、ワットポーの名前は知らなくても、「黄金の涅槃仏(ねはんぶつ)」の写真を見たことがある人は多いですよね。

そんなワットポーは、タイ古式マッサージの総本山があることでも知られています。ワットポーに来たなら、ぜひマッサージを試してほしいですね!

スポンサーリンク

ワットポーの見所

ワットポーは、アユタヤ王朝時代に建立されたバンコクで最も古い寺院の1つになります。全長46メートルを超える大仏様は圧巻の一言ですね。

そんな歴史あるワットポーに行くと「何から見ていいんだろう?」と戸惑うと思います。ワットポーの敷地内はけっこう広いんですよね。

見所は以下の5ヶ所

ワットポーの見所は以下になります。

  • 黄金の涅槃仏全体像
  • 黄金の涅槃仏の足の裏
  • 煩悩を捨て去る鉢
  • ご本堂
  • ワットポーマッサージスクール
スポンサーリンク

黄金の涅槃仏全体像

ワットポーの見所の1つ目は、「黄金の涅槃仏全体像」になります。

実は、上記の写真を見たことがある人が多いんですよね。まずは、黄金の涅槃仏の全体像を見て下さい。

圧倒的な存在感で有名な全長46メートルの巨大な黄金涅槃仏になります。そのスケールの大きさに見る者全てが圧倒されますよね。

仏教徒としては自然に手を合わせてしまいますね。涅槃仏の雰囲気を感じ取った後はお堂の奥に進んで下さい。

スポンサーリンク

黄金の涅槃仏の足の裏

ワットポーの見所の2つ目は、「黄金の涅槃仏の足の裏」になります。

仏様の全体像を見ながらお堂の奥に進むと、次に見えてくるのが、「仏様の足の裏」ですね。お坊さんと比べるとその大きさを感じて頂けると思います。

本当はもっと近づいて写真を撮りたかったのですが、お坊さんが真剣にお掃除をしてるので近づけませんでした。

仏様の足の裏にも「色々な紋様」が書き込まれています。現地でじっくりと確認して見て下さいね!

足の裏を見たら、次は涅槃仏の後ろ側に行きましょう。道なりに進んで行けば大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

煩悩を捨て去る鉢

IMG_20160624_085820

ワットポーの見所の3つ目は、「煩悩を捨て去る鉢」になります。

黄金の涅槃仏の背後には108の鉢がずら~っと並んでいます。お鉢の中に、タイのお金であるサタン硬貨を1枚ずつタンブン(喜捨)していきます。

108の煩悩の数だけお鉢があるんです。お金を1つ入れる度に心が洗われていきますから、ぜひお試しくださいね。とっても清々しい気分になれますよ!

※サタン硬貨は両替できるので持っていく必要はありませんよ!

スポンサーリンク

ご本堂

IMG_20160624_112315

ワットポーの見所の4つ目は、「ご本堂」になります。

私はここの荘厳な雰囲気が大好きなのでたまに座禅を組みにきます。10分ほど瞑想してるだけで心が洗われて、気分が落ち着くんですよね。

ワットポーの本殿は写真OKだよ

ワットポーの本堂は写真撮影可能です。ですので、タイ人がパチパチと撮りまくってます。

ただし、ここには昔のタイの王様が祀られてるので、なるべく腰を屈めたような姿勢や膝をつけての移動が好まれてますね。堂々と立ち上がったりしたら警備員が飛んできます。

ワットポー観光に来たら、ぜひ座禅を組んで瞑想してみることを私は強くオススメします。

※ワットポーのお隣にある有名観光地の「ワットプラケオの本堂」は写真撮影禁止になるんですよね。

スポンサーリンク

ワットポーマッサージスクール

ワットポーの見所の5つ目は、「ワットポーマッサージスクール」になります。

前述したように、ワットポーはタイ古式マッサージの総本山としても有名なんですよね。

ですので、ワットポーにマッサージに来る人も多いんですよ。総本山だけあってマッサージ師さんの腕も良いですよね。

ワットポーマッサージスクールに関しての情報

ワットポーマッサージスクールの営業時間や料金

  • Operating hour: 08:00 – 17:00
  • Thai massage 30 minutes for 260 Baht
  • Thai massage 1 hour for 420 Baht
  • Foot massage 30 minutes for 280 Baht
  • Foot massage 1 hour for 420 Baht

(引用:ワットポー公式Webサイト)

スポンサーリンク

ワットポーの服装規定の営業時間

IMG_20160624_103535

ワットポー観光の服装

タイのお寺には厳しい服装規定があります。上記写真のような格好だと、ワットポーの入り口でとめられる可能性があるんですよね。

そして、お寺が貸してくれる服に着替えないと入場できません。この服はいろんな人が着回してる服なのでかなり臭いです。気をつけてください(笑)

肌の露出を控えて、ハーフパンツではなく長いパンツでお参りしてください。仏教に礼節を重んじるためにも、日本人ならしっかりした格好でお参りにいきたいものですね。

入場料金

ワットポーの入場料金は以下になります。

  • 外国人:100バーツ
  • タイ人:無料です。

営業時間

ワットポーの営業時間は、「8:30〜18:30」になりますね。

スポンサーリンク

ワットポーの行き方

ワットポーの行き方は下記になります。

  • 水上ボート
  • タクシー
  • トゥクトゥク

私のおすすめは、「トゥクトゥク」ですね。トゥクトゥクって今では観光名物ですからね。バンコク市内でもそんなに見かけませんよね。

水上ボートで行く

バンコクに慣れてる人なら、水上ボートでもワットポーに行くことが可能です。まずは、BTSサパーンタクシン駅に向かってください。

駅の「2番出口」を出ると船着場に向かう通路になっています。そこを道なりに進むと「サトーンピア(船着場)」に到着します。Tha Tien駅(上記写真)行きの船に乗って下さい。

Tha Tien駅に到着したら、そのまま道なりに50メートルほど歩いてください。すると、右前方に「ワットポー」が見えますよ。

※ボートの乗車駅がたまに変わるそうなので、乗り込む前に「Tha Tien駅」に止まるかを確認したほうが安心ですね。

タクシー

MRTファランポーン駅からタクシーに乗ってください。楽な方法ではありますが、周辺は超渋滞ゾーンです。ですので、時間がまったく読めません。

タクシーでワットポーまで行ったことがあります。通常なら15分のところを1時間以上かかりましたね。エアコンも効いてて快適なんですけどね(笑)

トゥクトゥク

MRTファランポーン駅からトゥクトゥクに乗ってください。トゥクトゥクなら多少の渋滞は回避できます。それでも所要時間は20〜30分は見ておいてください。

MRTファランポーン駅を出ると、上記写真のようにトゥクトゥクが客待ちをしています。運賃は150〜200バーツが相場となります。

スポンサーリンク

地図

2:ワットポー

バンコク旅行のおすすめ観光地14選と「役立つ旅情報」を徹底解説!
「タイ旅行にいきたいです!」と相談されたとき、私がオススメしているのが「バンコク観光」になります。タイ初心者には「バンコクが超おすすめ」なんです。 その理由は、バンコクが「東京や大阪に匹敵する大都会」だからですね。初めてバンコクに来た...
スポンサーリンク

ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

ファイル_000 (6)

マッサージだけを受けたい方は、「ワットポーマッサージ・スクンビット校」がおすすめですね。マッサージだけのためにワットポーに行くのは少々面倒ですからね。

スクンビット校はBTSプロンポン駅から歩いて5分くらいなので、とっても便利な場所にあるんですよね。しかし、利便性以外にも下記の魅力があります。

マッサージ師の腕がいい

こちらのお店をオススメする1番の理由が「マッサージ師さんの腕にバラつきが少ない」ことになります。

多くのマッサージのお店は、マッサージ師さんに「上手下手のバラつき」があります。しかし、ワットポーマッサージスクールは、ほぼ全員が平均して上手な傾向があります。

私はもう20回以上お邪魔してますが、今までにハズレを引いたことがありません。といっても、メチャクチャ上手な人にもあたったことがありません。

私の感想としては、こちらのお店は80点を目指してるように思えました。と言うのも、人によってマッサージの気持ちいい悪いは異なります。

なるべく多くの人が「気持ち良い」と感じるところを目指したと思えるのです。行期間の短い方で「絶対にハズしたくない」と思ってる人にピッタリのお店ですね。

店内が静か

一般的なタイマッサージ屋さんも静かなお店が増えてますが、ワットポー・マッサージスクールは本当に静かです。

マッサージ師さん同士でおしゃべりをしたら申し出てくれとのことです。さらに、全員のマッサージ師さんがマスクを着用しております。

それもどうやら、おしゃべり防止策みたいですね。低価格のマッサージ店ほど、マッサージ師さんのおしゃべりが賑やかですから。

個人的には賑やかなのも好きですが、まったりと落ち着いてマッサージを受けたいこともあります。そういう時こそ「ワットポーマッサージスクール」がありがたいですね。

さらにこちらのお店の特徴として、低価格の割には店内が清潔なのも高評価ですね。足を洗う場所が清潔に保たれてるのが特に嬉しいですね。

スポンサーリンク

スクンビット校のその他の情報

マッサージ料金と営業時間等

「マッサージ料金」

 1時間1.5時間2時間
タイ古式マッサージ250バーツ 500バーツ
フットマッサージ300バーツ450バーツ 

「営業時間等」

営業時間(月~木)9:00~22:30
営業時間(金~日・祝)9:00~23:00
電話番号02-261-0567

(引用:ワットポーマッサージスクール・スクンビット校Webサイト)

行き方

ワットポーマッサージスクール・スクンビット校は、BTSプロンポンが最寄り駅になっています。歩いて5分もかからないですよ。

地図

3:ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

バンコク旅行のおすすめ観光地14選と「役立つ旅情報」を徹底解説!
「タイ旅行にいきたいです!」と相談されたとき、私がオススメしているのが「バンコク観光」になります。タイ初心者には「バンコクが超おすすめ」なんです。 その理由は、バンコクが「東京や大阪に匹敵する大都会」だからですね。初めてバンコクに来た...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ワットポーの見所や行き方」と「ワットポー・マッサージスクール」について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なバンコク観光とマッサージを!

タイ旅行のおすすめ観光地を8選!「旅の準備情報」も徹底解説するよ
タイ旅行を思い立ったとき、まず決めないといけないことが「タイの観光地のどこに行く?」になります。タイで有名な観光地には、「バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ等」がありますね。 実は、これ以外にもタイ国内には「おすすめ観光地や名...