【宿泊記】わたらせ温泉・ホテルささゆり(和歌山)の魅力5選を解説

和歌山県本宮町にある、温泉ホテルが「わたらせ温泉・ホテルささゆり」になります。

山深いエリアにある、川のほとりに建つ静かな温泉ホテルですね。

 

同じエリアに、系列の「ホテルやまゆり・ホテルひめゆり」があります。

ホテルささゆりは、わたらせ温泉エリアの最上級ホテルになりますね。

わたらせ温泉・ホテルささゆりの最大の魅力は、「貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)」ですね。

貸し切りなので、のんびりと温泉三昧できます、最高ですよ!

 

最初に、わたらせ温泉・ホテルささゆりの「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」をチェックしたい方は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル

 

今回は、わたらせ温泉・ホテルささゆりの「魅力・貸切露天風呂の使い方・客室・施設・食事・アクセス」をシンプルに解説しますね。

それでは、「わたらせ温泉・ホテルささゆりの5つの魅力」から確認していきましょう!

 

まさじろ
まさじろ

和歌山県の出身で在住の「まさじろ」が、この記事を書いています。

 

【まさじろ・保有資格など】

  • インターネット旅行情報士
  • タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト

 

わたらせ温泉・ホテルささゆりの5つの魅力

わたらせ温泉・ホテルささゆりの魅力が以下になります。

  • 貸切露天風呂(ささゆり専用)
  • 家族専用貸切露天風呂
  • 大露天風呂
  • わたらせ橋
  • 下駄でカランコロン

 

貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)

わたらせ温泉・ホテルささゆりの最大の魅力は、「宿泊者専用の貸切露天風呂(上記写真)」ですね。

天然温泉の源泉かけ流しで、プライベート空間のなので、のんびりと露天風呂を大満喫できます。

 

パンダ一郎
パンダ一郎

こちらの貸切露天風呂は、ささゆり専用になるので「比較的空いてることも魅力」ですね。

 

家族専用貸切露天風呂

わたらせ温泉・ホテルささゆりは、「家族専用貸切露天風呂(上記写真)」もおすすめですね。

10人ぐらいで入っても、余裕のある大型露天風呂なのが嬉しいんですよね。

 

こんな広々とした空間で、露天風呂を楽しめるのは「日本国内でも有数」だと思います。

ちなみに、上記写真は数年前に撮影した写真になります。

今回来たら、家族専用貸切露天風呂は撮影禁止になってたからですね。

本当は、家族専用貸切露天風呂の使い方を、じっくり紹介したかったのに残念です。

 

わたらせ温泉宿泊者は、入り口の鍵を貸してもらえるので、それを使って上記のドアを開けて入っていきます。

予約などはできなくて、「露天風呂が空いてたら自由に入っていい」ですね(入浴時間の目安は60分)。

 

象さん
象さん

コチラはホテルささゆり専用ではなく、「ホテルしらゆり宿泊者」も利用できますよ!

 

大露天風呂

わたらせ温泉には、大露天風呂もあります。

上記写真が、大露天風呂の入り口ですね。

 

こちらが、大露天風呂になります。

出典元:「温泉のご紹介」わたらせ温泉

撮影禁止なので、公式サイトの写真を紹介しますね。

象さん
象さん

大露天風呂の特徴は、絶景が大パノラマで堪能できることですね。さらには、温度に分かれてるのも嬉しいです。

 

わたらせ橋

ホテルささゆりから、家族専用貸切露天風呂・大露天風呂には、この「わたらせ橋」を渡っていきます。

このつり橋が、とっても風情があるんですよね。

このエリアは清流で有名なので、つり橋の下を流れる川も美しいですよ。

前を歩く女性も、つり橋で写真撮影を楽しんでいました。

 

下駄でカランコロン

わたらせ温泉・ホテルささゆりでは、移動のさいに下駄(上記写真)を貸してくれます。

最近では下駄を履く機会も少ないので、「歩く度にカランコロンと鳴る」のが情緒的です。

 

ちなみに、スリッパもありますが、私のおすすめは下駄ですね。

 

まさじろ
まさじろ

「温泉街=下駄のイメージ」が、昭和生まれの私には強くあるからです。この下駄が、「温泉に来てるよ感」を3倍演出してくれますよ(笑)

 

貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)

貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)を使う流れは以下になります。

  1. 空室をチェック
  2. お風呂に向かう
  3. 貸切露天風呂を大満喫

 

空室をチェック

貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)は、4ヶ所あります。

まずは、エレベーター近くにあるボードで、空室チェックをします。

 

上記写真の状態だと、うぐいす・せきれいが空いています。

空室があるので、フロントに行って「貸切露天風呂の鍵」を受け取ります。

 

象さん
象さん

鍵を受け取ったら、上記写真の入浴中の札を差し込んで下さい。次は、上記写真を奥に向かって進みます。

 

お風呂に向かう

ドアの前に、フェイスタオルがあります。

外履き用のスリッパがあるので、これを履いて外に出ましょう。

 

ドアから表に出たところの写真がコチラになります。

ここを道なりに進むとすぐに、貸切露天風呂があります。

それでは、貸切露天風呂で、じっくりとお湯と自然を満喫してくださいね!

 

貸切露天風呂の基本情報

貸切露天風呂(ささゆり宿泊者専用)の基本情報は以下になります。

  • 営業時間:14:00~23:30 /6:00~11:00
  • 利用料金:ささゆり宿泊者は無料

 

客室をチェック!

ささゆり館・和洋室

今回、私が宿泊したのは、「ささゆり館・和洋室 」になります。

大きめのベッドが2つあって、お隣にはテーブルとイス、さらには畳スペースがあるお部屋でした。

 

テーブルとイス

ベッドの横には、テーブルとイスがありました。

イスに座りながら、窓からの景色を堪能できるのが素敵です。

 

畳スペース

小上がりの畳スペースもありましたよ。

畳スペースには、座椅子2つと大きいテーブルがありました。

 

まさじろ
まさじろ

ちなみに、3人以上で行った方は、畳スペースに布団を敷いて寝ます。畳スペースがあると、なんだか落ち着くのは昭和好きだからでしょうか(笑)

 

冷蔵庫の飲み物が無料

冷蔵庫の飲み物が全て無料でした。こういうのが、なにげに嬉しいですよね。

お風呂に入ったら喉が乾くので、ありがたく飲ませていただきました(笑)

 

館内施設をチェック!

ロビー

ホテルささゆりの玄関を入ると、目の前にフロントがあります。

フロントのお隣にあるのが、ロビー(上記写真)ですね。

 

露天風呂を楽しんだ後の休憩で、ロビーのイスでまったりするのが好きでした。

この日は雨でしたが、室内から雨を愛でるのは情緒がありますよね。

晴れていても、きっと素晴らしい景色なんだと思います。

 

お土産屋さん

ロビーのお隣には、お土産屋さんがありました。

和歌山の有名なお土産が、販売されていましたよ。

 

色浴衣の貸し出し

お土産屋さんのお隣では、色浴衣の貸し出しも行っていました(有料)。

とっても可愛い「浴衣・帯・下駄」をセットで貸し出してくれますよ。

 

夕食と朝食

夕食:レストラン

夕食は、ホテル1階にあるレストランで「会席コース」を頂きました。

料理を食べ終わるタイミングで、次の料理が出てくるので好きなんですよね。

 

パンダ一郎
パンダ一郎

ホテルささゆりのスタッフさんは、このタイミングが実に良かったです。

 

会席コース

「会席コース」の内容は以下になります。

  • 食前酒:紀州の梅酒
  • 前菜 :烏賊とサーモンのこうじ和え等
  • お造り:鯛・貝柱・鮪・いくら等
  • 鍋物 :熊野牛焼き
  • 旬焚物: 秋刀魚梅牛蒡煮
  • 蒸し物:松茸万頭そぼろ庵かけ
  • 洋皿 :舌平目と車海老のハーブ焼き
  • 油物 :あまごのから揚げ
  • 吸物 :松茸土瓶蒸し等
  • 香物
  • デザート

 

特に美味しかったのは、コチラの「お造り:鯛・貝柱・鮪・いくら等」ですね。

生わさびを自分ですっていただくので、わさびの香りが引き立ちます。

マグロにかかる金箔が、ゴージャス感を倍増させます。

さらには、「舌平目と車海老のハーブ焼き」も美味しかったです。

料理のサイズ感も、丁度よかったですよ。

象さん
象さん

会席コースの終盤に差し掛かると、けっこうお腹が膨れてくるんですよね。なので、これくらい小さい方が食べやすいんです(笑)

 

朝食:レストラン

こちらが、ホテルささゆりの朝食になります。

座席についたら、スタッフの方が「ご飯とお味噌汁」を持ってきてくれます。

朝から、こんなご馳走をいただけるとは、思いもしませんでした。

大満足の朝食となりましたよ(笑)

 

2つのアクセス方法と駐車場

わたらせ温泉・ホテルささゆりへの主なアクセスには以下があります。

  • 車+駐車場
  • 電車+無料送迎バス

 

車でのアクセス+駐車場

大阪・和歌山市方面からの、最寄りICは「上富田IC」になります。

上富田ICを降りたら、国道42号線をしばらく南に走ります。

 

その後、国道311号線を使って、ホテルまで行きます。

上富田IC→わたらせ温泉・ホテルささゆりまでの時間は、約60分~70分を目安にするといいですよ。

到着したら、ホテルささゆりホテルに隣接する駐車場に止めましょう。

  • 料金:無料
  • 台数:200台

 

象さん
象さん

ちなみに、国道311号線は、和歌山の中でも風光明媚なルートとして有名です。ドライブしてるだけでも楽しいですよ!

 

電車+無料送迎バス

電車でアクセスする方は、「JR白浜駅(上記写真)」まで来て下さい。

JR白浜駅→ホテルまでは、無料送迎バスが出ています。

 

動画でチェック!

わたらせ温泉・ホテルささゆりについては、上記Youtubeでも詳しく紹介しています。

動画で確認すると、さらに理解しやすいですよ!

 

まさじろ
まさじろ

私の運営するチャンネルなので、気に入って下さったら「高評価とチャンネル登録」をよろしくお願いしますね!

 

わたらせ温泉・ホテルささゆりの基本情報

わたらせ温泉・ホテルささゆりの基本情報は以下になります。

  • 名称:わたらせ温泉・ホテルささゆり
  • 住所:和歌山県田辺市本宮町渡瀬45-1
  • 駐車:無料駐車場あり
  • 送迎:無料送迎バスあり
  • 部屋:30室
  • 風呂:内湯あり・露天風呂あり

 

まさじろ
まさじろ

それでは次は、あなたがいつも使っている旅行サイトで「もっと詳しい情報」を確認して下さいね!

 

わたらせ温泉・ホテルささゆりの「基本情報・料金・宿泊プラン・口コミ」は以下をタップ!

>>【公式】じゃらん

>>【公式】楽天トラベル