スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【祈願成就】ピンクガネーシャの観光モデルコース!きっと願いは叶う

スポンサーリンク

 

今回は、「ピンクガネーシャの観光モデルコース」について、タイ歴22年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

タイ国内には数多くの寺院がありますが、祈願成就の早さで有名なのがピンクガネーシャのある「ワットサマン寺院」になりますよ!

 

スポンサーリンク

願い事の神様「ピンクガネーシャ」

ワットサマン寺院は、バンコクのお隣の県である「チャチュンサオ」にあります。

ですので、ふらっと観光に行くのは難しいですが、電車やバスを使うと見に行けますよ。

 

ワットサマン寺院には、ピンクガネーシャ以外の神様も祀られているので

「パワースポット」

と紹介されることも多いですね。

 

ピンク色の巨大像はタイ国内でも珍しいので、「写真スポット」としてもタイ国内で知られていますね。

 

ワットサマンとは?

巨大なピンクガネーシャ像で有名なワット・サマーン・ラッタナーラームは、バンコクから車で1時間半ほどのチャチュンサオ県にあるお寺で、祈願成就までのスピードが大変速いご利益寺として、タイの人々の間では元々人気のあるお寺でしたが、インスタ映えするそのインパクトある姿から、観光客の間にも広まってきました。

(引用:タイ国政府観光庁「ワット・サマーン」より)

 

ピンクガネーシャを動画でチェック!

約1分半の動画なので、まずは上記を30秒だけでもチェックして下さい。

ピンクガネーシャの雰囲気を感じ取ってもらえると思います!

 

スポンサーリンク

ワットサマンの見所

 

ピンクガネーシャで有名なワットサマンの見所は以下になります。

  • ピンクガネーシャ
  • ネズミに伝えるお願い事
  • 神様たち

 

ピンクガネーシャ

ピンクガネーシャは、願い事成就で有名な神様になります。

象の顔で4本腕なのが特徴ですね。さらには、左手に持つ「折れた牙」にも注目して下さい。

 

牙が折れてる理由は様々な言い伝えがありますが、有力なものは

「飛んできた斧を受け止めた時に折れた」

なんてのがあります。

 

ネズミに伝える願い事。

ピンクガネーシャの台座近くにいるネズミに願い事を伝えると、

「通常の数倍の早さで願い事が成就する」

との言い伝えがあるんですよね。

 

ちなみに、このネズミは「ガネーシャの乗り物」だと言われています。

大きいネズミに直接乗ったり、数匹のネズミに車をひかせたりと色々な乗り方があるでそうですよ!

 

神様たち

実は、ワットサマンにいる神様は、ピンクガネーシャだけではありません。

阿修羅・観音様・竜神様などがいらっしゃいます。

 

ちなみに言うと、日本の有名キャラクターも数多くいっらっしゃいます(後述しますね)。

 

スポンサーリンク

ピンクガネーシャの観光モデルコース

 

それでは次に、「ピンクガネーシャの観光モデルコース」を見ていきましょう!

 

ピンクガネーシャへの入口

ワットサマンの駐車場を奥に進むと下記の場所に出ます。

 

ここをさらに「↑」奥に進んで下さい。

 

ピンクガネーシャの後ろ姿

ピンクガネーシャへの入口を奥に進むと、

 

左手に「ピンクガネーシャの後ろ姿」が見えてきます。

ココらへんから少々テンションがあがってきますよ。「うわ、デカ!」とね(笑)。

 

まずは、ワットサマンのメイン観光である「ピンクガネーシャ」を見に行きましょう!

 

ピンクガネーシャ

まずは、ピンクガネーシャの全体像を確認してみましょう。

 

写真に写っている人と比べると、その大きさを理解して頂けると思います。

 

角度を変えて眺める

ピンクガネーシャを遠目から眺めた後は、近づいて様々な角度から楽しみましょう。

 

こちらの角度で見た時に目を引くのが、ピンクガネーシャの「巨大な枕」になります。

 

スポンサーリンク

巨大な枕

こちらが、ピンクガネーシャがもたれ掛かる「巨大な枕」を拡大した写真になります。

 

ピンクガネーシャは綺麗に飾られていますが、特に装飾が艶やかなのがこの枕になりますね。

 

台座部分

ピンクガネーシャが巨大なので、上空ばかりに意識が集中しがちです。

 

しかし、ピンクガネーシャの居る台座にも注目して下さい。

ちなみに、上記写真の下側にチョコッと写ってるのは「お賽銭箱」になります。

 

後方に回り込む

正面を見た後は後方に回り込んで下さい。

ピンクガネーシャは後ろ姿も美しいんです。

 

後ろに回り込んで、驚くことの1つに、「髪の毛がある」がありますね。

実は、ガネーシャには髪の毛があったんです。

 

しっかりたコシのある黒髪ですよね。

薄毛に悩む私は、羨ましくてたまりません(笑)

 

お洒落な金の指輪

髪の毛の後は、ガネーシャの左手に注目して下さい。

2連の金の指輪がお洒落ですよね。

 

実は、タイ人は金の装飾品が大好きなんです。

タイの街中には、金を売ってるお店が数多くあるくらいですからね。

 

開花前の蓮の花

ガネーシャの右手には、「開花前の蓮の花」があります。

 

ヒンズー教や仏教においては、蓮の花は「清らか」のイメージを投影していると言われています。

 

スポンサーリンク

祈願成就のお願いをしましょう!

 

それでは次に、ピンクガネーシャの前にいる「願い事ネズミ」に祈願成就のお願いをしましょう。

 

ネズミに願いを伝える

ガネーシャの前には色の異なるネズミがいて、以前は

「自分の誕生日の色のネズミ」

にお願いすると良いと言われていました。

 

しかし、最近では上記写真の「ピンクガネーシャの目の前にいるネズミ」

のどちらかにお願いするのが、「ご利益がイチバン高い」と言われています。

 

ネズミの耳に直接願いを!

こちらの女性のように、ネズミの耳に顔を近づけて願い事を伝えます。

 

あなたの願い事を、ネズミがガネーシャに伝えてくれるんですよね。

 

あなたは、どんなお願いをガネーシャに成就してもらいますか?

 

願い事ネズミの奮闘ぶり

お願いネズミの顔の部分を拡大してみました。

世界中の人々の願いを聞いてきたので、頬と耳の部分が擦れていますよね。

 

人々の願いを、日々健気にガネーシャに伝えてくれてるんですね。

感動ですね。

 

誕生日の色のネズミには踏み台がない!

実際に現地に行くと分かるのですが、ガネーシャの近くにいるネズミ以外には「踏み台」が用意されていません。

 

ですので、背の低い方や子供は誕生日の色のネズミにお願いを伝えたくても、

ネズミの耳に顔を近づけるのが困難なんですよね。

 

スポンサーリンク

神様たち

 

祈願成就のあとは、ピンクガネーシャ以外の神様たちを見に行きましょう!

 

ナーガ

ピンクガネーシャのあるワットサマンは、川のほとりにある寺院なんです。

ですので、すぐ横には大きな川が流れています。

 

川の目の前にいるのが、蛇の神様である「ナーガ」になりますね。

 

風流ですよ

ナーガは口から水を出していて、暑いタイでは「なかなかの風流さ」を醸し出します。

 

ナーガが大きいので、たいしたことのない水量に見えます。

しかし、実際はけっこうな水量になりますよ。

 

リアルなお坊さん

ナーガの近くには、やたらにリアルな「蝋人形のお坊さん」がいます。

初めて見る人は、本物のお坊さんと勘違いするほどにリアルです。

 

タイの寺院では、「蝋人形のお坊さん」が人気で至る所で目にします。

リアルすぎてビックリしますからね!

 

食堂街

リアルなお坊さんの後は、食堂街を通って観音様や阿修羅を見に行きましょう。

 

お腹が空いてる方は、こちらでタイ料理を食べてもいいですね!

 

観音様

食堂街を抜けると、右手に巨大な観音様が見えます。

観音様の台座部分には、仙人もいらっしゃいます。

 

 

阿修羅

観音様の次は、超巨大な阿修羅像を見に行きましょう。

こちらの阿修羅は、とにかく大きいので存在感抜群ですね。

 

阿修羅の大きさを聞かれた時は、「観覧車を少し小さくした感じ!」と答えていますね。

とにかく大きいです(笑)

 

阿修羅の右手にある物体を拡大したものが上記写真になります。

こちらの大きさが、観覧車の乗りカゴをひと回り小さくした感じになりますね。

 

ドラえもんと悟空

ワットサマンには何故か不思議な事に「ドラえもん・ドラゴンボールの悟空」も居たりします。

存在理由は、分からないですね。

 

憶測になりますが、タイで人気のあるアニメだからだと思います。

こうやってみると、やっぱりドラえもんは可愛いよね(笑)

 

一休さんもいるよ

ワットサマンはお寺ですので、当然ですが「一休さん」もいます。

ハイカラな眼鏡をかけた小坊主さんと一緒で楽しそうですね。

 

ちなみに、一休さんの後ろには「関羽の像」もあります。金運アップですよね。

 

小さいピンクガネーシャ

巨大なピンクガネーシャの後に見ると、とっても可愛い「小さいピンクガネーシャ」もいます。

お隣には、願い事ネズミもいますね。

 

私は、こちらのピンクガネーシャにも願い事を聞いてもらっています。

ちなみに、私がいつもお願いするのは、「読みやすいブログを書きたい!」ですね。

 

タイたびが読みやすくなったら、「ピンクガネーシャ = 願い事の神様」な証拠になりますね!

 

※最近ではそこそこ読みやすくなってるので、ピンクガネーシャは願い事の神様だと思いますよ!(2019年1月追記)

 

スポンサーリンク

基本情報と観光モデルコース地図

基本情報

料金拝観無料
住所Thanon O Bo To Chachoengsao 2012, Kon Kaeo, Amphoe Mueang Chachoengsao
営業時間08:00〜18:00
定休日なし
WEBhttp://watsaman56.com/home.html

 

ピンクガネーシャの観光モデルコース地図

 

  1. ピンクガネーシャへの入口
  2. ピンクガネーシャ
  3. 願い事ネズミ
  4. ナーガ
  5. リアルなお坊さん
  6. 食堂街
  7. 観音様
  8. 阿修羅

 

ピンクガネーシャのあるワットサマンへの行き方はコチラで確認して下さいね!

 

【アクセス】ピングガネーシャの行き方!バンコクから電車を使う方法
今回は、ピンクガネーシャのいる「ワットサマン寺院への行き方」を、タイ歴22年の私がシンプルに解説します! まさじろ ミニバンは事故率が高いので、ピンクガネーシャは「電車で行くこと」をおすすめします! ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ピンクガネーシャの観光モデルコース」について解説しました。

 

ワットサマンをおさらいすると以下になります。

  • ピンクガネーシャとネズミが見所
  • 願い事はガネーシャの近くのネズミ
  • 小さいピンクガネーシャは可愛い

 

まさじろ
まさじろ

バンコクには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【タイ歴22年】バンコク観光で心からおすすめなスポットを18選!
今回は、「バンコク観光のおすすめスポット18選」を、タイ歴22年の私が紹介しますね! まさじろ 実際に「何度も行ってる観光地」を紹介しています。記事内の写真は全て私が撮影したものなので、安心して読み進めて...