ワット・ロンクンは真っ白で有名な寺院!魅力と行き方を解説

今回は、チェンライの定番観光名所になっている「ワット・ロンクン」を紹介します。通称をホワイトテンプルと言いまして、白いお寺として有名ですね。

欧米人・中国人観光客も多いですが、ここはタイ人の団体観光客も多いんですよね。世界中の観光客を魅了する何かがここにはあるのかも知れません。

ワット・ロンクンとは?

チェンライ観光の中でも特に有名なワット・ロンクン。そんなワット・ロンクンはどんな寺院なんでしょうか?

ワット・ロンクン(タイ語: วัดร่องขุ่น)はタイ王国チエンラーイ県ムアンチエンラーイ郡にある、現代的で因習にとらわれない様式を持った仏教寺院。

国外では「ホワイト・テンプル」の名でよく知られ、元画家のアーティストであるチャルムチャイ・コーシッピパット(英語版)が1997年にデザインした。

(引用元:wiki)

今回は、タイ旅行の持ち物の準備について解説します。タイ旅行が近づくにつれて、気になるのは持ち物の確認ですよね! 「あれ持ったかな?」「...

寺院ではなく芸術としてなら一級品だよ!

私はワット・ロンクンが大好きなのですが、「こんなの寺院じゃない!」と言う意見も実際にあります。

ワット・ロンクンは一応はお寺なのですが、お寺にしては重厚さにかけるんですよね。

寺院を観光にいくと思うと違和感を感じる

ですので、チェンマイにある「数々の魅力的な寺院を観光してきた人」にとっては少々物足りないと思います。

しかし、ワット・ロンクンを芸術の観点から見ると素晴らしいと思いますね。

今回は、タイ旅行の費用や予算について解説します。タイ旅行に行く前に不安になることの1つに、「いくらお金を持っていけばいいんだろう?」があ...

入場料は50バーツ

チケットを50バーツで購入して、入場口に行って下さい。チケットの裏面にスタンプを押してくれて、それと一緒にビニール袋をくれます。

本堂は土足禁止なので、靴を入れるための袋になりますね。本堂の出口で回収されますよ!

ワット・ロンクンの行き方

ワット・ロンクンにいくには、「チェンライ・バスターミナル」からバスで行くのが安くて簡単です。

チェンライ・バスターミナル1から

チェンライ・バスターミナル1で「ホワイト・テンプル」と尋ねて下さい。すると上記のバスを教えてくれます。

車掌さんがいるので「ホワイト・テンプルに行きたい!」と言っておけば、近づいたら知らせてくれますよ。料金は片道20バーツになります。所要時間は約40分になりますね。

今回は、タイバーツと日本円のお得な両替方法を徹底解説します。実は、タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、日本円をタイバーツに両替することか...

次のページは、「時間のない方は直接交渉・ワット・ロンクンからの帰り方・動画で確認」