スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワットプラシンはチェンマイの有名寺院だよ!見所と行き方地図を解説

スポンサーリンク

 

今回は、「チェンマイにあるワットプラシン」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。

 

まさじろ
まさじろ

ワットプラシンは、日本人観光客は少ないです。しかし、欧米人やアジア人の観光客は多い人気観光地なんですよ!

 

スポンサーリンク

ワットプラシン

チェンマイの寺院観光では、ドイステープ寺院が超有名です。

しかし、実はチェンマイ市内には「まだまだ素晴らしい寺院」がたくさんあるんです。

 

その素晴らしい寺院の1つが、「ワット・プラシン」になります。

 

ワットプラシンとは?

 

ワットプラシンとは、こんな寺院なんです。

 

リーチェンプラ寺院と呼ばれていましたが、後に第7代王のセーンムアンマーがチェンライからプラシン仏像を迎え入れてからは、プラシン寺院として市民の間で親しまれるようになりました。幅31インチ、高さ51インチのこの仏像は現在、奥にある「ウィハーン・ラーイカム」というこぢんまりとした礼拝堂内に祀られています。

(引用:タイ国政府観光庁「ワット・プラシン」より)

 

ワットプラシンを動画でチェック!

 

私は、ワット・プラシンの醸し出す雰囲気がたまらなく好きなんです。

近くにきたときは、フラッと寄ってしまいます(笑)

 

スポンサーリンク

ワット・プラシンの見所

 

ワット・プラシンの見所は以下になります。

  • 本堂
  • 仏堂1
  • 仏堂2
  • 金色の仏塔
  • 庭園

 

本堂

金色に輝く仏様がいらっしゃるのが本堂になります。

荘厳な雰囲気の中で、経験な仏教徒がお祈りをしてる姿がとっても美しいんですよね。

 

ただし、私がこの寺院に惹かれる理由は本堂にはありません。

本堂も素晴らしいのですが、「仏堂1」が私がとっても気に入ってる見所になります。

 

仏堂1

私がワット・プラシンで1番好きな場所がこの仏堂1になります。

ここの雰囲気がすごく好きなんですよね。

 

霊験あらたかで荘厳で落ち着いた雰囲気になってます。

この仏堂に居るだけで、「何か不思議なチカラ」を感じるんです。

 

上記写真の小さな仏様からすごくパワーを感じます。

仏様の背後の朱色壁画もパワーの源かもしれませんね。

 

これはねえ。実際に体感していただくと分かっていただけると思います。

 

仏堂1の壁全面は、「古びた仏教壁画」になっています。

 

チェンマイにあるほとんどの寺院の仏教壁画は色鮮かやで素晴らしいのですが、

ワットプラシンの仏教壁画だけは歳月の重みを感じさせます。

 

仏堂2

リアルに近いお坊さんに驚く人も多いんですが、タイのお寺にはよくこのリアルに近いお坊さんがいらっしゃいますね。

初めて見る人は、あまりものリアルさに驚きますよね。

 

金色の仏塔

金色に輝く仏塔も人気がありますね。

 

当然ですが本物の金ではありませんよ。

「さわるな!」と書いてるので確かめようがありませんけどね(笑)

 

庭園

本堂や仏堂で瞑想していると、外から入ってくる冷たい風が気持いいんですよね。

その理由がこの庭園にあります。

 

定期的にスプリンクラーで水をまいてくれてるんですよね。

しばしの涼を求める方は、金色に輝く仏塔の近くにある庭園においでませ!

 

ただし、気をつけないとけっこう濡れますからね。

濡れてもタイは乾燥してるので乾くのも早いですけどね!

 

スポンサーリンク

基本情報とアクセス地図

基本情報

住所2 Samlarn Rd, Phra Sing, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang
電話番号05-341-6027
定休日なし
WEBワットプラシンのWEBサイト

 

ワットプラシンの行き方は、チェンマイのランドマークである「ターペー門」から歩いて約1キロになります。

ソンテウを使う方が楽だと思いますね。

 

ただし、チェンマイのお堀に囲まれた内側は「旧市街」と言う観光エリアになります。

観光がてらに、のんびりと歩いても楽しいですよ。

 

ワットプラシン・アクセス地図

 

  1. チェンマイ空港
  2. チェンマイ駅
  3. チェンマイバスターミナル
  4. ターペー門
  5. ドイステープ寺院
  6. モン族の村
  7. チェンマイナイトバザール
  8. サタデーナイトマーケット
  9. サンデーナイトマーケット
  10. チェンマイ動物園
  11. ワット・チェディルアン 
  12. ワット・プラシン
  13. ワット・チェンマン
  14. ワット・スアンドーク
  15. ワット・ウモーン
  16. MAYA
  17. セントラルフェスティバル
  18. ワロロット市場
  19. モン族市場
  20. サイアムセラドン
  21. バーンセラドン
  22. ラミン・ティーハウス

 

チェンマイのその他のエリア地図をチェックしたい方は、コチラを参考にして下さいね!

 

【最新版】チェンマイ地図で観光地と交通要所を知ろう!
今回は、チェンマイの地図で「観光地・市内エリアの特徴・交通の要所」を、タイ歴22年の私が解説します! まさじろ 世界中の観光客やロングステイヤーに愛されているチェンマイ。私も大好きな街の1つになります。 ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「チェンマイにあるワットプラシン」についてシンプルに解説しました。

 

かなりおすすめの寺院なので、ぜひ行ってみて下さいね!

 

まさじろ
まさじろ

チェンマイには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【最新版】チェンマイ観光おすすめ16選をシンプルに紹介するよ!
今回は、「チェンマイ観光のおすすめスポット16選」を、タイ歴22年の私がシンプルに紹介しますね! まさじろ 私が実際に「何度も行ってる観光地」を紹介しています。記事内の写真は全て私が撮影したものなので、安...