ワットプラシンはチェンマイの有名寺院だよ!見所と行き方地図を解説

スポンサーリンク

今回は、チェンマイの寺院観光でおすすめな「ワット・プラシン」の見所と行き方について、タイ歴22年の私が解説します。

チェンマイの寺院観光ではドイステープ寺院が超有名です。しかし、実はチェンマイ市内には「まだまだ素晴らしい寺院」がたくさんあるんです。

その素晴らしい寺院の1つがワット・プラシンになります。私は、ワット・プラシンの醸し出す雰囲気がたまらなく好きなんです。

ですので、近くにきたときはついつい拝観してますね。ちなみに、日本人観光客は少ないですが、欧米人やアジア人の観光客は多い人気観光地なんですよ!

スポンサーリンク

ワット・プラシンの見所を紹介!

最初に、ワット・プラシンとはこんな寺院なんです。

チェンマイ市内で最も大きい寺院。リーチェンプラ寺院と呼ばれていましたが、チェンライからプラシン仏像を迎え入れてからは、プラシン寺院として市民の間で親しまれるようになりました。

(引用:タイ国政府観光庁WEBサイト)

ワット・プラシンの見所

ワット・プラシンの見所は以下になります。

  • 本堂
  • 仏堂1
  • 仏堂2
  • 金色の仏塔
  • 庭園

それぞれの見所を確認していきましょう!

スポンサーリンク

本堂

ワット・プラシンの見所の1つ目は、「本堂」になります。

金色に輝く仏様がいらっしゃるのが本堂になります。荘厳な雰囲気の中で、経験な仏教徒がお祈りをしてる姿がとっても美しいんですよね。

ただし、私がこの寺院に惹かれる理由は本堂にはありません。本堂も素晴らしいのですが「仏堂1」が私がとっても気に入ってる見所になります。

スポンサーリンク

仏堂1

ワット・プラシンの見所の2つ目は、「仏堂1」になります。

私がワット・プラシンで1番好きな場所がこの仏堂1になります。ここの雰囲気がすごく好きなんですよね。

霊験あらたかで荘厳で落ち着いた雰囲気になってます。この仏堂に居るだけで何か不思議なチカラを感じるんです。

上記写真の小さな仏様からすごくパワーを感じます。これはねえ。実際に体感していただくと分かっていただけると思います。仏様の背後の朱色壁画もパワーの源かもしれませんね。

壁画も素晴らしい!

仏堂1の壁全面は「古びた仏教壁画」になっています。

チェンマイにあるほとんどの寺院の仏教壁画は色鮮かやで素晴らしいのですが、ワット・プラシンの仏教壁画だけは歳月の重みを感じさせます。

スポンサーリンク

仏堂2

ワット・プラシンの見所の3つ目は、「仏堂2」になります。

リアルに近いお坊さんに驚く人も多いんですが、タイのお寺にはよくこのリアルに近いお坊さんがいらっしゃいますね。

初めて見る人は、あまりものリアルさに驚きますよね。

スポンサーリンク

金色の仏塔

ワット・プラシンの見所の4つ目は、「金色の仏塔」になります。

金色に輝く仏塔も人気がありますね。当然ですが本物の金ではありませんよ。「さわるな!」と書いてるので確かめようがありませんけどね(笑)

スポンサーリンク

庭園

ワット・プラシンの見所の5つ目は、「庭園」になります。

本堂や仏堂で瞑想していると、外から入ってくる冷たい風が気持いいんですよね。その理由がこの庭園にあります。

定期的にスプリンクラーで水をまいてくれてるんですよね。しばしの涼を求める方は、金色に輝く仏塔の近くにある庭園においでませ!

ただし、気をつけないとけっこう濡れますからね。濡れてもタイは乾燥してるので乾くのも早いですけどね(笑)

スポンサーリンク

ワット・プラシンの行き方

ワット・プラシンの行き方は、チェンマイのランドマークである「ターペー門」から歩いて約1キロになります。ソンテウを使う方が楽だと思いますね。

ただし、チェンマイのお堀に囲まれた内側は「旧市街」と言う観光エリアになります。観光がてらに、のんびりと歩いても楽しいですよ。

スポンサーリンク

地図

8:ワット・プラシン

チェンマイのおすすめ観光地や穴場名所17選を地図で紹介するよ!
今回は、チェンマイ観光のおすすめ観光地と穴場名所について、タイ歴22年でチェンマイをこよなく愛する私が解説します。 世界中の観光客やロングステイヤーに愛されているチェンマイ。私も大好きな街の1つになります。 そんなチェンマイには魅力...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、チェンマイの寺院観光でおすすめな「ワット・プラシン」の見所と行き方について、タイ歴22年の私が解説します。

かなりおすすめの寺院なので、ぜひ行ってみて下さいね!

タイ旅行のおすすめ観光地を8選!「旅の準備情報」も徹底解説するよ
タイ旅行を思い立ったとき、まず決めないといけないことが「タイの観光地のどこに行く?」になります。タイで有名な観光地には、「バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ等」がありますね。 実は、これ以外にもタイ国内には「おすすめ観光地や名...