タイ・ワットパクナムの大仏塔を観光!ツアーとバンコクからの行き方

ワットパクナムとは、「神秘的な天井画とエメラルド仏塔」で有名なバンコクにある寺院です。

バンコクの観光地で、最近「爆発的に人気が高まった」のがワットパクナムになりますね。

 

ですので、ワットパクナムを旅する観光者は「約90%が日本人」だと言われています。

それほど、日本人に大人気の観光地なんですよね。

 

ぷち福
ぷち福

特に、日本人女性がワットパクナムが大好きなようで、写真を何枚も撮ってる姿が印象的ですね。

 

今、インスタグラムで爆発的に拡散されているのが「ワット・パークナム」の天井画。閑静な寺院の中に足を踏み入れるとアートのような天井画が目に飛び込んできます。

(引用:タイ国政府観光庁「ワット・パークナム」より)

 

そんなワットパクナムは、「BTSとタクシー」を使って簡単に行けちゃいます。

友人女性がタイに遊びに来ると、「ワットパクナムに連れてって!」とよく言われます(笑)

 

この記事では、

  • ワットパクナムの観光モデルコース
  • バンコク市内からの行き方
  • 現地ツアーのおすすめ

について、タイ歴22年の私が説明しますね。

 

まさじろ
まさじろ

旅行日数の短い方は、「ワットパクナム + バンコクの有名観光地」を巡る現地ツアーがおすすめですよ!

ワットパクナムの観光モデルコース

ワットパクナムの観光モデルコースは以下になります。

  1. ワットパクナム入口
  2. 右折ポイント
  3. 左折ポイント
  4. トイレ
  5. 大仏塔

 

ワットパクナムの入口

「ワットパクナムの入口」がコチラになります。

 

ワットパクナムにタクシーで来た場合は、ココで降ろしてくれますよ。

まずは、「↑」奥に向かって進んで下さい。

 

通路

入口を奥に向かって進むと、コチラの屋根のある通路を通ります。

 

この通路を、さらに「↑」奥に向かって進んで下さい。

 

ぷち福
ぷち福

ここらへんで、お坊さんに出会うこともあると思います。タイでは、「お坊さんは尊敬される存在」という事をお忘れなく。

 

右折ポイント

通路を奥に進むと、三差路になります。

 

ここを「→」右折します。

 

商店

三差路を右折すると、すぐにコチラの商店が見えます。

 

ここを、「←」左折します。

 

トイレ

商店を左折すると、左手に「トイレ」があります。

必要な方は、こちらで済ませておきましょう。

 

ちなみに、コチラのトイレは綺麗ではありませんが汚くもないですね。

ただし、タイの寺院にあるトイレとしては「かなり良い部類」に入ります!

 

大仏塔

トイレを左手に見ながら進むと、

 

ワットパクナム観光のメインである「大仏塔」が見えます。

 

大仏塔

大仏塔は5階建てになります。各階をざっくり解説すると以下になります。

 

  • 5階:エメラルド仏塔
  • 4階:ルアンポーソッド僧の像
  • 3階:博物館
  • 2階:セレモニーホール
  • 1階:博物館

 

仏塔入口

コチラが大仏塔の入口になります。

ここからは、「土足での入場は禁止」になっています。

 

写真の右手に靴置き場があるので靴を脱いで下さい。

靴を脱いだら、上記階段をあがって下さい。

 

大事な靴だから持っていきたい人

大事な靴だからなくなると困る人は、2階入口付近にあるビニール袋を使って下さい。

 

これに靴を入れて、建物の中に持ち込みましょう。

 

2階入口

階段を上がると、2階の入口があります。

 

中に入って、「←」左方向に進むと階段があります。

 

階段

まずは、この階段で「5階まで一気」に上がっちゃいましょう。

ただし、急いで上がってはいけませんよ。

 

5階が、ワットパクナムの「メインフロア」になります。

着いたと同時に、神秘的な光景が「目に飛び込む瞬間」です。

 

まさじろ
まさじろ

階段を急いであがって息切れしてたら、そんな神秘的な感動を「120%味わえない」ですもんね。のんびりと階段を上がって下さいね!

 

メイン観光スポット:ワットパクナムの5階

 

それでは次に、ワットパクナムの5階の巡り方を紹介しますね!

 

エメラルド仏塔の全景

ワットパクナムの大仏塔の5階に、天井画とエメラルド仏塔があります。

大仏塔の5階に行ったら、まずは「エメラルド仏塔の全景」を確認しましょう。

 

魅惑の天井画に向かってそびえる「エメラルドグリーン」が美しいですよね。

 

ぷち福
ぷち福

エメラルド仏塔は、「見る角度や光の入り具合」で別の顔を見せてくれます。まずは、仏塔の周囲を一周してみましょう。

 

神秘的な天井画

仏塔を一周した後は、天井画を楽しみます。

 

エメラルド仏塔と魅惑の天井画が、限りなく交わる部分が神秘的ですよね。

 

角度によって陰影が変化する

天井画を見る位置や角度によって、陰影に変化がつくのが美しいです。

 

悠久のときを超えた、「仏教の浪漫」を感じる瞬間ですね。

 

天井画の頂点

天井画の頂点を拡大すると、こんな感じになります。

 

見る人によって伝わるメッセージも様々ですよね。

見つめ続けると、「吸い込まれてしまいそうな感覚」におちいるのが不思議ですね。

 

仏様

頂点を中心に、その周りに座る「仏様にも神秘」を感じますね。

 

濃い青色が、「宇宙空間」を感じさせますよね。

 

台座

天井ばかりに目がいってしまいますが、台座部分も美しいです。

 

まさじろ
まさじろ

「天井画やエメラルド仏塔」を堪能したら、名残惜しいですが帰途につきましょう!

 

帰る前に遠景を楽しむ

帰る前に、もう一度「5階の遠景」を楽しんで下さいね!

 

近くで見ても、遠くから見ても美しいですよね(笑)

 

5階から1階に降りる

 

観光時間に余裕のある方は、大仏塔の「1階~4階」も覗いてみて下さいね。

 

4階:ルアンポーソッド僧の像

4階は、故ルアンポーソッド僧の像があります。

 

熱心にお祈りするタイ人の姿もありましたね。

 

3階:博物館

3階は、主に仏像を展示する博物館になります。

 

色々な仏像があるので、見てるだけでも楽しいですよ。

 

1階:博物館

1階は、大型展示物の博物館になっています。

 

私が好きなのは、エメラルド仏塔のミニチュアです。

こじんまりとしてるので可愛いですよね。

 

基本情報とその他情報

 

 

基本情報

拝観料無料
住所300 ถนน Ratchamongkhon Prasat Alley, Khwaeng Pak Khlong Phasi Charoen
電話番号02-467-0811
営業時間08:00~18:00(大仏塔)
定休日なし
FBワットパクナム・フェイスブック

 

大仏塔の5階での注意点

コチラの写真のように、5階では「お祈りをする方・瞑想をする方」も数多くいます。

 

ですので、以下に注意して下さい。

  • 静かな声で話す
  • 寝転がらない
  • はしゃがない
  • ふざけない

 

ぷち福
ぷち福

神秘的な場所にテンションが上がるのは理解できますが、今後の日本人観光客のためにもヨロシクお願いしますね。

 

ワットパクナムの服装規定

ワットパクナムは、神聖なる寺院になります。

 

女性は、「肌の露出を控えた服装」にして下さい。

男性はハーフパンツよりも、長いパンツをおすすめします。

 

まさじろ
まさじろ

靴を脱いで入場するので、ワットパクナムはサンダルでも問題はありません。しかし、なるべくならサンダルは控えたほうが良いですね。

 

観光時の服装は、「タイ旅行の服装を紹介!」で確認しておいて下さいね!

ワットパクナムへの行き方:BTS+タクシー

ワットパクナムの行き方をざっくりと言うと

  1. BTSウタカット駅
  2. タクシー
  3. ワットパクナム入口

になります。

 

BTSウタカット駅

ワットパクナムの最寄り駅は、「BTSウタカット駅」になります。

 

まずは、BTSで「ウタカット駅」まで来てください。

ウタカットは発音が難しいので、チケットを購入するときに「上記画像を見せると楽」です。

 

BTSウタカット駅の案内表示

コチラがBTSウタカット駅の案内表示になります。

 

ワットパクナムに行くためのタクシー乗り場に近いのは、「4番出口」になります。

駅に着いた後は、「4番出口」を目指しましょう!

 

改札口

改札口を出て道なりに歩くと、コチラの場所に着きます。

 

ここをさらに「↑」直進して下さい。

 

BTSウタカット駅・4番出口

直進を続けると、BTSウタカット駅・4番出口に着きます。

 

ココを「→」右方向に進むと階段があるので降りて下さい。

 

ぷち福
ぷち福

ちなみに、左に行くと「上りのエスカレーター」になります。これは帰る時に使いますよ。

 

階段下

上記の階段を降りてくるので、ここを奥に進んで下さい。

 

タクシー乗り場

道なりに進むと、左手に「タクシー乗り場」があります。

 

ここからタクシーに乗るといいですね。

 

ワットパクナムまでは、

  • タクシー代金:50バーツ(約150円)
  • 所要時間  :7分〜10分

が、目安になります。

 

タクシー乗り場にタクシーが居ない!

最近では、ワットパクナム人気が高まっているので「タクシーが居ない」こともあります。

そんな時は、さらに奥に進んで下さい。

 

タクシー乗り場をさらに進むと、上記写真の「ウタカット22」の案内板に着きます。

ここを「→」右折して下さい。

 

流しのタクシーをつかまえる

「ウタカット22」を右折すると、コチラの場所に出ます。

 

この通りで「流しのタクシー」に乗って下さい。

 

流しのタクシーの注意点

駅の乗り場で待機しているタクシーは、ワットパクナムを知ってる確率が高いです。

しかし、流しのタクシーには「ワットパクナムを知らない運転手さん」もいます。

 

そんな時は、上記写真を見せて下さい。

それでもダメなら、別のタクシーを探しましょう(笑)

 

ぷち福
ぷち福

前述した、ワットパクナムの入口で降ろしてもらって下さいね!

 

ワットパクナムからの帰り方!

 

ワットパクナムを満喫したら、次はバンコク市内に帰りましょう!

 

ワットクンチャン経由で帰る

先程の、ワットパクナムの入口まで戻ってタクシーに乗ってもいいのですが、

帰りの「おすすめルート」はこんな感じになります。

 

まずは、上記写真の場所まで戻ってきて下さい。

先程はココを左折しましたが、今度は「↑」直進します。

 

※この場所は、「ワットパクナム入口 → 大仏塔の行き方」で説明した場所ですね

簡易商店

簡易的ですが、商店が並んでいます。

 

ひたすら「↑」直進して下さい。

 

ちなみに、ココからの雰囲気が個人的には大好きなんですよね。

何というか、「日本の昭和の路地」を思い出します。

 

突き当り

商店をひたすら進むと、コチラの場所に出ます。

 

ここを「←」左折して下さい。

 

ちなみに、写真右手に見える商店の雰囲気もいい感じです。

ここも昭和の香りがします(笑)

 

左折して道なりに進むと、橋が見えてきます。

 

この橋を渡って下さい。

 

ワットクンチャン

橋を渡ったら、「ワットクンチャン」と言う別のお寺になります。

時間のある方は、こちらのお寺もザッと見ていくといいですね。

 

時間のない方は、橋を渡って右方向に進みます。

お寺の出入り口を左折して、道なりに進むと大通りにでます。

 

そこが、「帰りのタクシーポイント」になります。

ここから、BTSウタカット駅にタクシーで帰るといいですね。

 

ワットパクナムの行き方・帰り方の地図

  1. BTSウタカット駅・4番出口
  2. ワットパクナムの入口
  3. 大仏塔
  4. 簡易商店
  5. ワットクンチャン
  6. 帰りのタクシーポイント

 

BTSウタカット駅→ワットパクナムは徒歩でも行ける

BTSウタカット駅からワットパクナムまでは、徒歩でも行くことができます。

 

BTSウタカット駅を降りた後、コチラの大通りを直進します。

突き当りを左折すると、前述した「帰りのタクシーポイント」に着きます。

 

そこからは、

  1. ワットクンチャン
  2. 大仏塔

の順番に行くといいですね。

 

BTSについては、「BTSの路線図と乗り方」で確認して下さいね。

旅行日数の短い方は、「現地ツアー」がおすすめ

旅行日数の短い方は、「ワットパクナム + バンコクの有名観光地」を巡る現地ツアーがおすすめですね。

 

旅行時間がたっぷりある方は、「BTS+タクシー」でのワットパクナム観光をおすすめします。

しかし、時間が限られてる旅行者の方は、「大手代理店の現地オプショナルツアー」を強くおすすめします。

 

現地オプショナルツアーがおすすめな理由

現地オプショナルツアーがおすすめな理由は以下になります。

 

  • 短時間で複数の有名観光地を巡れる
  • 日本語ガイド
  • 余計な心配が減る

 

ワットパクナムだけを観光するなら、「半日もあれば十分」です。

しかし、その他の観光地にも行くとなると自力では少々難しいからですね。

 

まさじろ
まさじろ

さらに、観光地は「日本語でガイド」してもらった方が絶対に楽しめるんです。ガイドさんが同行すると「観光地ごとのウンチク」が聞けますもんね。

 

現地ツアーを探すなら、「ワットパクナム現地ツアー」がおすすめですよ!

まとめ

今回は、ワットパクナムの「観光モデルコースと行き方」を説明しました。

 

以前は、「バンコク観光の穴場」だったワットパクナム。

今では、バンコクの「大人気観光地の1つ」になりましたね。

 

ワットパクナムの次は、「バンコク旅行のおすすめ観光地18選!」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

バンコク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!