スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【神秘的】ワットパクナムの観光モデルコース!バンコクで人気沸騰中

スポンサーリンク

 

今回は、「ワットパクナムの見所と観光モデルコース」を、タイ歴22年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

ワットパクナムは、「神秘的な天井画とエメラルド仏塔」で有名です。ただいま「人気沸騰中」の観光地ですよ!

 

スポンサーリンク

ワットパクナム

ワットパクナムは、ここ1年で爆発的に人気が高まった感じがしますね。

実は、ワットパクナムを旅する観光者は、「約90%が日本人」だと言われています。

 

タイ人よりも日本人に圧倒的な人気があるんですよね。

特に、日本人女性がワットパクナムが大好きなようで、写真を何枚も撮ってる姿が印象的ですね。

 

そんなワットパクナムは、「BTSとタクシー」を使って簡単に行けちゃいます。

日本人女性がタイに遊びに来ると、「ワットパクナムに連れてって!」とよく言われます(笑)

 

ワットパクナムとは?

今、インスタグラムで爆発的に拡散されているのが「ワット・パークナム」の天井画。閑静な寺院の中に足を踏み入れるとアートのような天井画が目に飛び込んできます。

(引用:タイ国政府観光庁「ワット・パークナム」より)

 

ワットパクナムを動画でチェック!

ワットパクナムの雰囲気を知りたい方は、動画を30秒でいいのでチェックして下さいね!

 

スポンサーリンク

見所は「天井画とエメラルド仏塔」

 

ワットパクナムの見所は、

  • 神秘的な天井画
  • 美しいエメラルド仏塔

になります。

 

エメラルド仏塔の全景

ワットパクナムの大仏塔の5階に、天井画とエメラルド仏塔があります。

大仏塔の5階に行ったら、まずは「エメラルド仏塔の全景」を確認しましょう。

 

魅惑の天井画に向かってそびえる「エメラルドグリーン」が美しいですよね。

 

エメラルド仏塔は、見る角度や光の入り具合で別の顔を見せてくれます。

まずは、仏塔の周囲を一周してみましょう。

 

魅惑の天井画

仏塔を一周した後は、天井画を楽しみます。

 

エメラルド仏塔と魅惑の天井画が、限りなく交わる部分が神秘的ですよね。

 

角度によって陰影が変化する

天井画を見る位置や角度によって、陰影に変化がつくのが美しいです。

 

悠久のときを超えた、「仏教の浪漫」を感じる瞬間ですね。

 

天井画の頂点

天井画の頂点を拡大すると、こんな感じになります。

 

見る人によって伝わるメッセージも様々ですよね。

見つめ続けると、「吸い込まれてしまいそうな感覚」におちいるのが不思議ですね。

 

仏様

頂点を中心に、その周りに座る「仏様」も神秘を感じますね。

 

濃い青色が、「宇宙空間」を感じさせますよね。

 

台座

天井ばかりに目がいってしまいますが、台座部分も美しいです。

 

スポンサーリンク

観光モデルコース

 

それでは次に、ワットパクナムの観光モデルコースを具体的に紹介していきますね!

 

ワットパクナム観光地図

 

  1. ワットパクナム入口
  2. 右折ポイント
  3. 左折ポイント
  4. トイレ
  5. 大仏塔

 

ワットパクナムの入口

「ワットパクナムの入口」がコチラになります。

 

ワットパクナムに、タクシーで来た場合はココで降ろしてくれますね。

ココを「↑」奥に向かって進んで下さい。

 

通路

入口を奥に向かって進むと、コチラの屋根のある通路を通ります。

 

この通路を、さらに「↑」奥に向かって進んで下さい。

 

ここらへんで、お坊さんに出会うこともあると思います。

タイでは、「お坊さんは尊敬される存在」という事をお忘れなく。

 

右折ポイント

通路を奥に進むと、三差路になります。

 

ここを「→」右折します。

 

商店

三差路を右折すると、すぐにコチラの商店が見えます。

 

ここを「←」左折します。

 

トイレ

商店を左折すると、左手に「トイレ」があります。

必要な方は、こちらで済ませておきましょう。

 

ちなみに、コチラのトイレは綺麗ではありませんが汚くもないですね。

ただし、タイの寺院にあるトイレとしては「かなり良い部類」に入ります!

 

大仏塔

トイレを左手に見ながら進むと、

 

ワットパクナム観光のメインである「大仏塔」が見えます。

 

スポンサーリンク

大仏塔

 

大仏塔は5階建てになります。各階をざっくり解説すると以下になります。

  • 5階:エメラルド仏塔
  • 4階:ルアンポーソッド僧の像
  • 3階:博物館
  • 2階:セレモニーホール
  • 1階:博物館

 

仏塔入口

コチラが大仏塔の入口になります。

 

ここからは土足厳禁です。右手に靴置き場があるので靴を脱いで下さい。

靴を脱いだら上記階段を上がって下さい。

 

大事な靴だから持っていきたい人

大事な靴だからなくなると困る人は、2階入口付近にあるビニール袋を使って下さい。

 

これに靴を入れて、建物の中に持ち込みましょう。

 

2階入口

階段を上がると、2階の入口があります。

 

中に入って「←」左方向に進むと階段があります。

 

階段

この階段で5階まで一気に上がっちゃいましょう。

ただし、急いで上がってはいけませんよ。

 

5階がワットパクナムの「メインフロア」になります。

神秘的な光景が目に飛び込む瞬間です。

 

そんな感動の瞬間に息切れしてたら、「感動を120%味わえない」ですもんね。

のんびりと階段を上がって下さいね!

 

大仏塔の5階

前述した、「天井画やエメラルド仏塔」を堪能したら帰途につきましょう!

 

最後に、5階の遠景を楽しんで下さいね!

近くで見ても、遠くから見ても美しいですね(笑)

 

スポンサーリンク

4階から1階

 

観光時間に余裕のある方は、大仏塔の「1階と3階」を覗いてみて下さいね。

 

4階:ルアンポーソッド僧の像

4階は、故ルアンポーソッド僧の像があります。

 

熱心にお祈りするタイ人の姿もありましたね。

 

3階:博物館

3階は、主に仏像を展示する博物館になります。

 

色々な仏像があるので、見てるだけでも楽しいですよ。

 

1階:博物館

1階は、大型展示物の博物館になっています。

 

私が好きなのは、エメラルド仏塔のミニチュアです。

こじんまりとしてるので可愛いですよね。

 

スポンサーリンク

その他の情報

大仏塔の5階では「静かに!」

5階のエメラルド仏塔は、厳粛たる場所になります。

神秘的な場所にテンションが上がるのは理解できますが、今後の日本人観光客のためにも以下を守って下さい。

  • 静かな声で話す
  • 寝転がらない
  • はしゃがない
  • ふざけない

 

コチラの写真のように、5階では「お祈りをする方・瞑想をする方」も数多くいます。

人の邪魔は、しちゃあイケマセンよね。

 

5階にいる警備員さんに聞いたところ、100人に1人ぐらいの割合で

「マナーの悪い日本人」

がいるそうです。お気をつけ下さいね!

 

ワットパクナムの服装規定

ワットパクナムは、神聖なる寺院になります。

女性は肌の露出を控えた服装にして下さい。

 

IMG_20160624_103535

男性はハーフパンツよりも、長いパンツをおすすめします。

 

靴を脱いで入場するので、ワットパクナムはサンダルで来ても問題はありません。

しかし、なるべくならサンダルは控えたほうが良いですね。

 

タイ旅行の服装に関しては、コチラの記事を参考にして下さいね!

 

タイ旅行の服装の選び方!バンコク観光は寒さとも戦う【驚愕の事実】
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイ旅行の服装で気を付けることはありますか? ハーフパンツはタイの寺院で入場を拒否されるの? タイ観光では寒さ対策も必要って本当?...

 

スポンサーリンク

基本情報とアクセス地図

基本情報

拝観料無料
住所300 ถนน Ratchamongkhon Prasat Alley, Khwaeng Pak Khlong Phasi Charoen
電話番号02-467-0811
営業時間08:00~18:00(大仏塔)
定休日なし
FBワットパクナム・フェイスブック

 

ワットパクナムの行き方はコチラをどうぞ!

 

【地図】ワットパクナムの行き方と帰り方!BTS+タクシーが便利
今回は、ワットパクナムの「行き方と帰り方」について、タイ歴22年の私が解説します。 まさじろ ワットパクナムは、「BTS+タクシー」で簡単に行けちゃいますよ!

 

ワットパクナム・アクセス地図

 

  1. スワンナプーム国際空港
  2. ドンムアン国際空港
  3. ファランポーン駅
  4. バンコク北バスターミナル
  5. バンコク東バスターミナル
  6. ワットプラケオ
  7. ワットポー
  8. ワットアルン
  9. チャトチャックマーケット
  10. サイアムパラゴン
  11. セントラルワールド
  12. MBKセンター
  13. ターミナル21
  14. ワットパクナム
  15. アジアティーク
  16. タラートロットファイラチャダー
  17. ジムトンプソン・アウトレット
  18. チャイナタウン

 

バンコクのその他のエリア地図をチェックしたい方は、コチラを参考にして下さいね!

 

【最新版】バンコク地図で観光地や市内エリアの特徴を知ろう!
今回は、バンコクの地図で「観光地・市内エリアの特徴・交通の要所」を、タイ歴22年の私が解説します! まさじろ タイの首都であるバンコクは人口800万人の大都会です。有名な観光地もありますし、都会的なショッ...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「ワットパクナムの見所と観光モデルコース」を解説しました。

 

ワットパクナムは、以前は「バンコク観光の穴場」でした。

しかし、今ではバンコクの大人気観光地の1つになりましたね。

 

まさじろ
まさじろ

バンコクには、魅力的な観光地がまだまだあるんですよ。詳しくはコチラをどうぞ!

 

【タイ歴22年】バンコク観光で心からおすすめなスポットを18選!
今回は、「バンコク観光のおすすめスポット18選」を、タイ歴22年の私が紹介しますね! まさじろ 実際に「何度も行ってる観光地」を紹介しています。記事内の写真は全て私が撮影したものなので、安心して読み進めて...