チェンマイ「ワットチェディルアン」に見所と行き方を紹介するよ!

今回は、チェンマイにあるワットチェディルアンを紹介します。チェンマイのランドマークである「ターペー門」から近いので、大勢の観光客で賑わってますね。

ワットチェディルアンは、チェンマイでもかなり人気の高い寺院なんですよね。

ワットチェディルアンの見所

1391年、メンラーイ王朝第7代セーンムアンマー王(1383~1402年)が亡くなった父を偲んで建立したと伝えられる、チェンマイで最も大きな(ルアン)仏塔(チェディ)のある寺院。仏塔は、創建当時で高さ約80メートル、四角いかたちをした基壇の一辺も約60メートルと巨大なもので、チェンマイ市の真ん中にそびえ立っていました。

(引用:タイ国政府観光庁WEBサイト)

ワット・チェディルアンの見所

  • 本堂
  • 仏塔
  • 仏教壁画

本堂

ワット・チェディルアンの1つ目の見所が本堂になります。とにかくこの本堂は広いんですよね。そして、その最奥部におられる仏像様の存在感に圧倒されますね。

仏像様の近くに行くと、ワット・チェディルアンを訪れる全てのものが息を飲む瞬間ですね。きらびやかなのに神々しいんです。その圧倒的な存在感に静かな感動を覚えますね。

仏塔

2つ目の見所は、本堂の裏側にある仏塔ですね。廃墟の仏塔を見ると、奥の細道で松尾芭蕉が詠んだ句「 夏草や兵どもが夢の跡」を思い出されます。栄えて滅んでを繰り返すのがこの世の常なのかも知れません。

仏教壁画

ワット・チェディルアンの3つ目の見所が仏教壁画になります。仏像様も素晴らしいですが、綿密に色鮮やかな仏教壁画に心を奪われますね。

※仏教壁画だけは「女人禁制」になっています。「本堂と仏塔」は女性でも問題なく拝観できますよ!

ワットチェディルアンの行き方

ワットチェディルアンは、「ターペー門」から約700メートルです。ですので、観光がてらに「のんびりと歩いて行く」ことをオススメします。

ゆっくり歩いても10分~15分ぐらいで到着しますよ!

アクセス

12:ワットチェディルアン

今回は、タイ北部にあるチェンマイのおすすめ観光地を10選と関連情報を解説します。私はタイ歴22年になりますが、何十回来てもチェンマイが大...

まとめ

今回は、ワットチェディルアンの紹介をしました。それでは、素敵なチェンマイ観光を楽しんでくださいね!

初めてのタイ旅行に「とっても役立つ情報」をまとめたので紹介しますね。私はタイ歴22年のタイブロガーになります。 頻繁にタイを旅している...