ワロロット市場でショッピング!昭和の香りが深く漂うこの場所で

スポンサーリンク

今回は、チェンマイ最大の市場と言われてる「ワロロット市場」について、タイ歴22年の私が解説します。

ワロロット市場は、朝から夜まで地元の人でごった返すとっても賑やかな市場になってます。

雰囲気が沖縄の国際通りにある「第一牧志公設市場」に似てるんですよね。だからついつい来てしまうんですよね。

食材・衣類・お土産なども潤沢に揃ってるので、市場をブラブラしてるだけでも楽しめちゃいますよ!

スポンサーリンク

ワロロット市場とは?

100年以上前に、タイの王族が主となってワロロット市場が造られました。昔は、ここがチェンマイのメインショッピングセンターだったんですよ。

今ではチェンマイにも大型ショッピングモール数多くあるので、ワロロット市場はメインのショッピングセンターではなく、地元市場という位置づけに変わっていますね。

昭和を感じるから歩き回るだけで楽しい

ワロロット市場は、地下〜3階まであるので歩きまわるだけでも楽しいですね。衣類も豊富ですね。さらには値段も安いです。

さらにこちらは、ソンテウのターミナルとしても機能されています。ワロロット市場を中心にソンテウが各方面に出てるんですよね。

ですので、ソンテウでチェンマイの郊外に行きたかったら、まずはココに来たらいいですよ。

スポンサーリンク

ワロロット市場のフロアー紹介

ワロロット市場は、地下〜3階までの4階層で構成されています。各階の概要を紹介していきますね。

3階衣料品・フードコート
2階衣料品等
1階食料品・お土産
地下食べ物屋さん・雑貨
スポンサーリンク

3階:衣料品・フードコート

3階は主に衣料品を扱うお店が多いのですが、その片隅にひっそりとフードコートがあります。寂れた漁村を思い起こさせる「この雰囲気」がたまらなくいいんですよね。

私なんかは、子供の頃に両親に連れて来てもらった「田舎のショッピングセンター」を思い出しますね。

昭和だよ昭和!

来たことなんてあるはずないのに、デジャブを感じてしまう素敵な場所です。

ところで、こちらのフードコートの肝心なお味は「可もなく不可もなく」となっております。ただし、安いです。安さを求める人にはピッタリですよ!

スポンサーリンク

2階:衣料品等

2階は衣料品店がメインになっていて、所狭しと服が並べられています。お気に入りの服が見つかるかどうかが問題ですけどね。

やっぱりタイ人のセンスなので日本人とは少々異なりますよね。気に入った商品があれば、値段としてはかなり安いのでラッキーですよね。

旅行者は、雰囲気を楽しむための場所になりそうですね!

スポンサーリンク

1階:食料品・お土産

沖縄の那覇にある「牧志公設市場」と雰囲気が似てるんですよね。1階は観光客も地元の人も多くてとっても賑やかな雰囲気です。

ワロロット市場のメインフロアですね。旅行者の方は1階だけを見るだけで十分です。時間に余裕のある方はついでに地下も見てたらいいですね。

日本へのお土産を探すのにも適していますよ!

スポンサーリンク

地下:食べ物屋さん・雑貨

地下には、食べ物屋さんや雑貨や小物のお店があります。上記写真のお店は、値段の割には美味しいですよ!

モン族商品もあるよ

地下には、モン族商品も多いので数点だけを購入するならこちらで買うのもありですね。

ただし、もっと安く購入したいなら、近くにモン族市場があるのでそこで購入したほうがお得ですよ!

モン族が住む村と市場がタイのチェンマイにある!民族衣装が人気だよ
今回は、タイのチェンマイにある「モン族の村」と「モン族市場」について、タイ歴22年の私が解説します。 モン族が有名なのは、モン族の刺繍や雑貨に人気があるからなんです。そんなモン族の方が実際に住んでるのが「モン族の村」になります。 モ...
スポンサーリンク

ワロロット市場のナイトマーケット

ワロロット市場は、実は夜も楽しめるんです。夜になるとナイトマーケットが開催されるんですよね。

チェンマイナイトバザールとは違って、こちらは地元チェンマイの方がほとんどです。ですので、やっぱり色々と安いんですよね。

食事も楽しめます

所狭しとタイ料理のお店が並んでいるので、食事も楽しめますよね。色々と買い食いしながら、のんびりとワロロット市場のナイトマーケットを散策するのも楽しいですよ!

お土産も買えるよ

お土産屋さんも数多く出店しているので、日本へのお土産探しにもピッタリですよね!

スポンサーリンク

アクセス

13.ワロロット市場

チェンマイのおすすめ観光地や穴場名所17選を地図で紹介するよ!
今回は、チェンマイ観光のおすすめ観光地と穴場名所について、タイ歴22年でチェンマイをこよなく愛する私が解説します。 世界中の観光客やロングステイヤーに愛されているチェンマイ。私も大好きな街の1つになります。 そんなチェンマイには魅力...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、チェンマイ最大の市場と言われてる「ワロロット市場」について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なチェンマイ観光を楽しんでくださいね!

タイ旅行のおすすめ観光地を8選!「旅の準備情報」も徹底解説するよ
タイ旅行を思い立ったとき、まず決めないといけないことが「タイの観光地のどこに行く?」になります。タイで有名な観光地には、「バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ等」がありますね。 実は、これ以外にもタイ国内には「おすすめ観光地や名...