ヤードムpoy-sianの使い方と効果!日本では通販購入が便利

今回は、ヤードムPOYーSIAN(ポイシアン)の使い方と効果について、タイ歴22年の私が解説します。

南国タイを歩いていると、よく目に飛び込んでくる「タイ人必須のアイテム」があります。

それが「ヤードム(タイの鼻スースー)」になります。ヤードムとは、鼻から吸い込むタイプのメンソールですね。

眠気覚ましや、気分が乗らないとき、さらには鼻が詰まったとき、タイ人はよくこの「ヤードム」を使ってますよ!

ヤードムPOYーSIANの使い方

最初に、ヤードムPOYーSIANの使い方を紹介します。ヤードムの使い方を大きく分けると下記の使い方ができます。

  • 鼻からの吸引
  • 液体を直接塗布

鼻から吸引する

ヤードムの1つ目の使い方は、「鼻からの吸引」になります。

ちなみに、この「鼻からの吸引」がヤードムの一般的な使い方ですね。上記写真のように、ヤードムのキャップを外してアダプター部分を鼻に近づけて吸引します。

男性はアダプター部分を鼻に入れ込む人も珍しくありません。しかし、女性はあまり鼻に突っ込みすぎない方がスマートだと思いますよ。

液体を直接塗布

ヤードムの2つ目の使い方は、「液体を直接塗布」になります。

ヤードムのキャップとアダプターの2つを外すと、液体タンクだけが残ります。ここからヤードムの原液を直接塗り込みます。

ただし、液体が出すぎると部位によっては「痛い」ですのでご注意ください。とは言っても、胸や肩に塗るときは直接でも全く問題ありませんよ。

目や鼻の周囲に塗るときは、一度指に塗布してそれを再度塗り直す方がいいですね。原液が目に入ると、けっこう痛いんです(笑)

「液体を直接塗布」はどちらかと言うと、後から考え出されたヤードムの使い方になりますね。「あ、こんな使い方もできるんだ!」って感じですかね。

日本でも人気急上昇中!

ヤードムは安価な理由もあって、男性女性問わず、年齢問わず、お金のあるなしを問わず、全てのタイ人に愛されてるアイテムになります。

ですので、タイ全土で本当によくヤードムを見ることになります。実は、そんなヤードム人気が一部の日本人にも波及し始めているんです。

最近の日本でプチブーム

ヤードムが密かに日本でもちょっとした「プチブーム」を起こしているのをご存知でしょうか?実は、ヤードムを使ったら「食欲減退の効果」があるそうなんです。

タイの若い女性の間では、昔から言われてる当たり前のことだったんですけどね。ようやく日本にもその効果が広まってきたようです。

そんなヤードムのその他の効果について見ていきましょう!

ヤードムの効果

ヤードムPOYーSIANの効果には以下があげられます。

  • 鼻詰まり解消
  • 眠気覚まし効果
  • 食欲減退
  • 虫刺され効果

ヤードムのメインの使い方は、鼻詰まりの解消になります。しかし、主な成分がメンソールなのもあって「こんな使い方ができるぞ!」との発見をします。

鼻詰まり解消

ヤードムの当初の目的は、鼻詰まりの解消を目指したものでした。鼻詰まりのときは、アダプターからメンソールを吸い込んでください。

ただし、キツイ鼻詰まりのときは、鼻のしたにメンソールを塗布することをオススメします。

※直接ではなく指に塗ってからがいいですね。垂れて口に入ったら苦いですから(笑)

眠気覚まし効果

ヤードムには強めのメンソールが配合されてるので「眠気覚まし効果」もあります。しかし、鼻からの吸引では効果は薄いです。

眠気覚まし効果を強く発揮させようとするなら、ヤードムの原液を鼻や目の周囲に塗り込むと効果バツグンです。なんせ強めのメンソールですから嫌でも起こされます。

※直接よりも指につけてから塗布するようにして下さい。目に原液が入ると、けっこう痛いんです(泣)

食欲減退

食欲減退の効果はデータでは証明されてないようですが、実際にヤードムを使うとご理解いただけると思います。

少し強めのメンソールが鼻腔をくすぐるので精神的に落ち着きますね。欲減退効果を求めるタイ人女性は、食事前に何度もヤードムを吸い込んでます(笑)

若いタイ人女性は痩せてるので、あながち見当違いの発想というわけでもなさそうです。

虫刺され効果

ヤードムは虫刺されにも効くと言われています。しかし、私はタイ人が蚊にさされてヤードムを塗っているのを見たことがありません。

おそらく「食欲減退」と同じレベルかと思ってます。個人的には試すつもりはないですね。ヤードムは、メンソール効果を享受できたらそれで十分です。

次のページは、「ヤードムの種類のおすすめ・中身は同じだよ・日本国内では通販で購入しよう!」