【人気】トムヤムクンとはタイ国の料理!意味についても解説するよ

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • トムヤムクンとは何?
  • どこの国の料理?
  • トムヤムクンのタイ語の意味は?

 

結論から先に言うと、

  • トムヤムクンとは、「酸っぱさと辛さが美味しいスープ料理」ですね。
  • タイ国の料理で、世界三大スープの1つですよ。
  • トムヤムクンは、「エビを煮てあえた」という意味ですね(詳しくは後述)。

 

まさじろ
まさじろ

「タイ料理のトムヤムクンとは?」と「トムヤムクンの意味」を、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね!

 

トムヤムクンとはタイ国の料理

トムヤムクンは、日本で「1番有名なタイ料理」と言っても過言ではありません。

 

最近では、

  • ガパオライス
  • グリーンカレー

の影響もあってタイ料理も認知されつつあります。

 

しかし、昔は「タイ料理 = トムヤムクン」でした。

トムヤムクンは、実は「世界三大スープ」の1つなんです。

 

日本だけではなく世界中の人から愛されてる料理なんですよ!

 

トムヤムクンとは?

ぷりぷりのエビが入った酸っぱくて辛いスープは、一度食べたら忘れられない美味しさ。世界三大スープのひとつと評される、タイ料理の中で最も有名なスープです。

(引用:タイ国政府観光庁「タイ料理」より)

 

トムヤムクンとは、タイ国のスープ料理になります。

「酸っぱさ・辛さ・ハーブ等」が絶妙のバランスで混ざっているのが特徴ですね。

 

日本料理では見かけない「酸っぱ辛さ」が癖になるんですよね。

 

日本にある「タイ料理屋さん」でも主力メニューの1つですし、

タイ旅行のときに食べに行く人も多いですね。

 

しかし、実はトムヤムクンは自分で作って美味しく頂けるんです。

簡単に作れるので、ぜひ試して下さいね!

 

トムヤムクンの意味

日本で1番有名なタイ料理である「トムヤムクン」。

しかし、その言葉の意味まで知ってる人は多くありません。

 

タイ語でトムヤムクンは「ต้มยำกุ้ง」

タイ語でトムヤムクンは、「ต้มยำกุ้ง」と書きます。

 

タイ語のトムヤムクンの意味はこんな感じになります。

 

タイ語意味日本語読み
ต้ม煮る・茹でるトム
ยำあえるヤム
กุ้งエビクン

 

直訳すると、「エビを煮てあえた」という意味です。

辛酸っぱいの味が癖になるんですよね。

 

実は、「エビだけ」じゃないよ!

トムヤムクンの具で、真っ先に思いつくのは「エビ」ですよね。

しかし、本場タイの「トムヤム」はエビだけではないんです。

 

実は、トムヤムクンと言うのは、タイの「トムヤム料理の1つ」だったわけですね。

 

エビをメインに使う「トムヤム」は、「トムヤムクン」です。

しかし、エビ入りじゃない「トムヤム」もあります。

 

トムヤム料理の1つが、トムヤムクン

トムヤムには以下の種類もあります。

  • トムヤムガイ :鶏肉入りのトムヤム
  • トムヤムタレー:シーフードのトムヤム

 

他の具材をいれると、「トムヤム~」になるんですよね。

 

ちなみに、私のオススメは「トムヤムタレー」です!

 

上記写真は、タイラーメンのトムヤム味ですね。

「クィッティアオ・トムヤム(ก๋วยเตี๋ยวหมูต้มยำ)」と言います。これも美味しいですよ。

 

まとめ

今回は、「タイ料理のトムヤムクンとは?」と「トムヤムクンの意味」をシンプルに解説しました。

 

それでは、美味しいタイ料理を楽しんで下さいね!

タイ料理
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!