タイ世界遺産はアユタヤとスコータイだけじゃない!一覧を地図で紹介

今回は、タイにある「全ての世界遺産」について、タイ歴22年で世界遺産が大好きな私が紹介します。

私は、「世界遺産」という言葉の響きだけで心が満たされるんですよね。心がしばしの間、旅に出るんだと思います。なんか気持ちが高ぶるんですよね。

日本国内で有名なのは、「富士山・法隆寺・白川郷」等があります。中国だと、「万里の長城・秦の始皇陵・杭州西湖」等があります。

いずれも後世まで残したい素晴らしい遺産ですよね。実は、タイ国内にもそんな素晴らしい世界遺産が5つあるんです!

タイの世界遺産の一覧を地図で確認

タイの世界遺産一覧は以下になります。

  1. アユタヤ
  2. スコータイ
  3. カオヤイ国立公園
  4. バン・チアンの古代遺跡
  5. トゥンヤイ野生生物保護区

上記世界遺産の中で、一般的な観光客の方におすすめなのは「1~3」になります。

ちなみに、「4と5」は私も行ったことがありません。その近くの町には何度も行ったことがあるんですけどね。次に近くに行ったら寄ってみますね!

タイが誇る世界遺産「アユタヤ」

タイで1番有名な世界遺産が「古都アユタヤ」になります。アユタヤの最大の魅力は、街全体が遺跡なことですね。

アユタヤは日本で言うと京都のような歴史ある観光地になります。ここにはかつて400年もの長き年月にわたり繁栄を続けてきた「アユタヤ王朝」が存在しました。

バンコクから北に約80キロの場所にあるので、近いのもあって観光客にとっても人気がありますね。

アユタヤ遺跡の見所

アユタヤ遺跡の見所は以下になります。

  • ワット・マハータート
  • ワット・プラシーサンペット
  • ワット・ヤイチャイ・モンコン
  • アユタヤ・エレファントキャンプ

アユタヤ観光のメインが、ワット・マハータートになりますね。世界中の観光客は、「木の根っこに埋まった大仏様の頭」を目的にアユタヤに来るんですよ!

今回は、アユタヤ遺跡の観光とバンコクから行き方について、タイ歴22年で古都のノスタルジックが大好きな私が解説します。 アユタヤは、バン...

スコータイ

タイで2番目に有名な世界遺産が「古都スコータイ」になります。スコータイも本当に素晴らしい街です。

メイン観光地である「スコータイ歴史公園」は、タイ族最古の王朝であるスコータイ王朝の都の跡地になります。

13世紀、タイ族最初の王朝である「スコータイ王朝」がこの地で開かれました。タイ文字の基礎を制定したラムカムヘーン大王等で有名な王朝になりますね。

スコータイ遺跡の見所

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

スコータイ遺跡の見所が以下になります。

  • ワット・マハタート
  • ワット・サ・シー
  • ワット・シー・サワイ

スコータイは、日本で言うと奈良という雰囲気ですね。いずれは、アユタヤ王朝に吸収されてしまうという儚さが悠久の時を感じさせてくれます。

今回は、スコータイ遺跡の観光について、タイ歴22年の私が解説します。 スコータイ王朝の都の跡地であるスコータイ歴史公園は、タイにある他...

カオヤイ国立公園

2005年に世界遺産に登録された「カオヤイ国立公園」は、バンコクから東北に約200キロの場所にある森林公園になります。

カオヤイ国立公園で有名なのがトレッキングになります。自然豊かな遊歩道をのんびりと散歩できるんですよね。

歩いてる途中にある「滝」が人気スポットですね。さらには、野生動物を見かけることもあります。

バンコクの中心部から高速道路を使って2時間半ほどで来られるので、最近ではタイ人に大人気の観光スポットですね。私も、タイ人の友人の車で連れてきてもらいました。

珍しい動物がいるよ

カオヤイ国立公園では多様な動物相が見られ、かなりの数の野生のゾウやトラ、その他絶滅の危機に瀕した哺乳動物が生息するタイ国内に残された数少ない地区のひとつとなっています。野鳥の姿を見かけることも多く、サイチョウの仲間やズアカキネバドリなど美しく希少な野鳥が生息し、野鳥ファンにはたまらないバードウォッチィング・スポットとしても有名です。東北地方を代表する国立公園で、野生動植物や野鳥の生態を観測しながら、ダイナミックな大自然を堪能してください。

(引用:タイ国政府観光庁WEBサイト)

※厳密には、「ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯」が世界遺産登録されています。その一部エリアが「カオヤイ国立公園」になりますね。

次のページは、「バン・チアンの古代遺跡・トゥンヤイ野生生物保護区・たいたびのおすすめ!」