スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイの電圧は要警戒!「対応電圧」の確認方法を解説【壊れる前に】

スポンサーリンク

読者さん
読者さん
  • タイと日本の電圧は異なるの?
  • 日本の電化製品はタイで使えるの?
  • 電圧が違うと電気製品が壊れるの?

タイと日本の電圧は異なります。「日本が100Vでタイが220V」だからですね。日本の100V専用の電気製品はタイで使えませんが、220Vまで対応してる電気製品は使えますよ。

電圧が異なると、電気製品は簡単に壊れますね。私も、わざわざ日本からタイに持っていった「お気に入りの電気シェーバー」を壊してしまいました。

今回は、「タイの電圧に関する注意点」と「対応電圧の確認方法」について、タイ歴22年の私が解説しますね。
まさじろ
まさじろ

シェーバーが壊れたのは、知識不足だったので自業自得ですね。しかし、「何かに引火しなかったのが幸い」だと今では思ってます(笑)。

スポンサーリンク

タイの電圧を知らなかった私に「降り掛かった惨劇」

まさじろ
まさじろ

日本とタイの電圧に関して、あまり意識をしていなかった頃の「私の悲しき体験談」から紹介しますね!

日本で愛用していた「電気シェーバー」をタイ旅行に持ってきた私。ホテルに着いてスーツケースを整理していると、シェーバーの充電ランプが点滅しているのに気付きます。

タイ事情に詳しくなかった私は、100V専用シェーバーの充電プラグを「タイのコンセント」にそのまま差し込みました。

100V専用シェーバーの悲劇

1分ぐらいは何事もなく充電できていましたが、いきなり「ボン」という音とともに煙が出てきたので驚きましたね。

そうやって、私のお気に入りシェーバーは天に召されることになりました。今にして思うと、幸いシェーバーが壊れただけですが「何かに引火」してたら洒落にもなりませんよね。

タイたび
タイたび

ここでの失敗は、「100V専用のシェーバー」をタイで使ってしまったことですね。

スポンサーリンク

タイの電圧は220Vで日本の電圧は100V

タイの電圧に注意しないといけない理由は、日本とタイでは「電圧が異なる」からです。日本とタイの電圧は以下になります。

  • 日本の電圧:100V
  • タイの電圧:220V

日本の電圧はタイの電圧に比べて低いんですよね。ですので、日本で一般的に使われている「100V専用の電子機器」をタイの電圧で使うと壊れます。

日本の製品は、まだ「100V専用の電子機器」って意外に多いんですよね。日本国内で使うだけなら100Vで問題ないですもんね。

日本人がタイで電圧を意識しずらい理由

日本人がタイの電圧を意識せずに使ってしまう理由は、「タイのコンセントやプラグ形状」にあります。

上記写真は、Aタイプと言われる「プラグ」になります。日本で使われているプラグのタイプは、ほぼ「Aタイプ」ですよね。

まさじろ
まさじろ

タイのプラグ形状についてはコチラをチェックして下さいね!

タイのプラグ形状はA・B3・Cタイプ!変換プラグは【必要なし】
読者さん タイのプラグ形状には何があるの? 日本のプラグは使えるの? タイ旅行には変換プラグが必要? タイのプラグ形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね。日本のプラグは「A...

形状が同じだから使えるよね?

実は、タイでは「Aタイプのプラグ」も使われているんです。ですので、タイにあるコンセントは上記写真のような形状をしています。

日本から持ってきた電化製品のプラグがタイで普通に使えるので、「コンセントとプラグの形状が同じだから使えるよね?」となっちゃうんですよね。

しかし、実際は基本的な電圧が異なるので、日本の電気製品は「儚くも壊れてしまう」んですよね。

タイたび
タイたび

タイのコンセント形状についてはコチラを確認して下さいね!

タイのコンセント形状はA・B3・Cタイプ!日本のプラグ【使用可】
読者さん タイのコンセント形状には何があるの? 日本のプラグは使えるの? タイ旅行には「変圧器や変換プラグ」が必要? タイのコンセント形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね...
スポンサーリンク

タイ旅行に行く前に「対応電圧」を確認しよう!

まさじろ
まさじろ

それでは次に、電子機器の「対応電圧の確認方法」について解説しますね。

電子機器の対応電圧は、上記写真だと中ほどに書いている「100ー240V」で確認することができます。

これは、「100Vから240Vの電圧で使用できますよ」という意味ですね。ですので、上記写真の電子機器はタイ旅行で問題なく使えます。

タイの電圧は「220V」でしたもんね。

タイの電圧でもiPhoneが問題ない理由

タイの電圧でもiPhoneが問題ない理由は、iPhoneの充電アダプター(上記写真)にあります。iPhoneの充電アダプターは、「100Vー240V対応」だからですね。

文字が小さくて上記写真は見にくいと思います。気になる方は、お手持ちの「iPhoneの充電アダプター」で確認してみて下さいね。かなり字が小さいですが(笑)

100V専用はタイでは使えないよ

ただし、上記写真のような「100Vとだけ書いてある電子機器」はタイでは使えません。こういうのをタイで使うと悲しい思い出だけが残ります、壊れますからね(笑)

100V専用を電子機器に、「ドライヤー・ヘアアイロン・電気シェーバー等」がありますね。

タイたび
タイたび

ドライヤーをタイで使いたいと、変圧器の購入を検討する方がいます。しかし、タイ旅行には変圧器は必要ありません。詳しくはコチラをどうぞ!

タイ旅行には変圧器を持って行く必要がない理由!【単純明快】
読者さん タイ旅行には変圧器が必要ですか? タイで変圧器を使ったことがありますか? ドライヤーは変圧器がないと使えないよね? タイ旅行では、変圧器は必要ありません。その理由は、タイ旅行で...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの電圧に関する注意点」と「対応電圧の確認方法」について解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • タイの電圧は220Vで日本は100V
  • タイと日本のコンセントは似てるので注意
  • 100V専用機器をタイで使うと壊れる
  • タイ旅行の前に対応電圧の確認が必要
  • iPhoneは問題なく充電できる

タイ旅行に持って行く電子機器が、「100V専用か220Vまで対応」してるのかをしっかりと確認して下さいね。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!

タイ旅行で役に立つ情報を紹介するよ
今回は、「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しますね!