タイはビザなしで観光できるの?延長申請の種類についても解説するよ

スポンサーリンク

今回は、一般的な旅行者に関する「タイのビザ」について、タイ歴22年の私が解説します。

タイ旅行に行く前に気になることの1つに、「タイってビザが必要なの?」や「必要ないとしたら何日間滞在できるの?」がありますよね。

世界の国々ではビザの取得方法は様々です。空港で「アライビングビザ」を取得できる国もあったりしますもんね。

しかし、タイのビザに関しては「一般的な観光客の方」は特に気にする必要はありません。ですので、まずは安心して下さいね!

私のような「行ったり来たり」を繰り返す者は、タイの入国がヤッカイになりつつあります。しかし、年に数回の旅行者をタイは大歓迎してますよ!

スポンサーリンク

タイにビザなしで入国

タイにビザなしで入国できる条件は以下になります。

タイ入国後30日(29泊30日)以内の観光目的の滞在の場合(往復の航空券又は他国へ出国する航空券等を所持している事が条件)、日本国籍であればビザなしで入国することができますが、国際規定によりパスポートの残存期間は6ヶ月以上と定められています。

(引用:タイ国政府観光庁WEBサイト)

上記を簡単に整理すると

  • タイでの滞在期間が30日以内であること
  • タイでの滞在目的が「観光」であること
  • タイから出国できる航空チケットを持っていること
  • パスポートの有効期間が6ヶ月以上あること
スポンサーリンク

30日以内の旅行ならビザは気にする必要なし

タイはビザなしでも30日間滞在できるんですよね。ですので、「4泊5日」や「6泊7日」のタイ旅行の方は、ビザに関しては何ら気にする必要がないってことですね。

そんな訳で、一般的な旅行者の方へのお話しはこれでおしまいです。「タイの入国カードの書き方」を確認しておくとさらに安心ですね!

タイ入国カードの書き方2018年!記入例や入手方法も解説するよ
今回は、新しくなった「タイ入国カードの書き方」について、タイ歴22年の私が解説します。 2017年10月から開始された「新しいタイ入国カード」への変更が、2018年3月に完全に切り替わったようです。 昔は、入国カードに少しぐらい空欄...

タイに30日以上滞在したい方

「ビザなしで滞在できる30日」を超えてタイに滞在したい方には、大きく分けて以下の方法があります。

  • 30日延長
  • ビザラン
  • 観光ビザ

1つずつ詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

30日延長を申請

30日延長の申請とは、タイでの滞在可能期間が「+30日」されるビザ延長制度になります。

つまりは、「ビザなしの30日間+延長30日間」で、合計60日間タイに滞在できるんですよね。

30日延長の手続きは、タイ国内のイミグレーションで行います。国外にでる必要もないので、とってもお手軽にビザを延長できますよね。

料金は1,900バーツ

30日延長の料金は1,900バーツになります。ちなみに、2,000バーツで支払うと、おつりの100バーツをホッチキスで留めて返してくれます。

30日延長のメリット

30日延長のメリットは、いつイミグレーションに行こうと「滞在期間を+30日」してくれることにあります。

つまりは、タイに60日間滞在したいと思う方は、早めに30日延長に行ってもいいんですよね。これが「イミグレに行った日から+30日」なら話しは変わってきますけどね。

スポンサーリンク

タイ国内のイミグレーションの場所

  1. バンコク・イミグレーション
  2. チェンマイ・イミグレーション
  3. パタヤ・イミグレーション
  4. パトン・イミグレーション
  5. プーケット・イミグレーション

バンコク・チェンマイ・パタヤでは30日延長をしたことがあります。しかし、プーケットでの経験はありません。

「4.パトン・イミグレーション」でビザの延長は可能だとは思いますが、ダメなら「5.プーケット・イミグレーション」に行ってみて下さい。

パトン・イミグレーションは繁華街にあるので、メチャクチャ便利なんですけどね。

イミグレーションに持っていく物

イミグレーションに行くときの持ち物は下記になります。

  • パスポート
  • 1,900バーツ
  • 宿泊先の住所や電話番号
  • ボールペン

※上記写真はチェンマイのイミグレーションが入ってるショッピングモールですね。

その他の持ち物

「顔写真」や「パスポートのコピー」も必要になりますが、各イミグレーションで簡単に取得できます。

※各イミグレーションで微妙に持ち物が違うので「あくまでも参考」でお願いします。

スポンサーリンク

ビザラン

2~3年前までは主流だったのが「ビザラン」になります。簡単に説明すると、タイの隣国である「ラオスやマレーシアに入国して、すぐにタイに出国する」という方法です。

タイに再度入国することで、「新たに30日間滞在」できるようになりますからね。これを繰り返してたんです。

入国がヤッカイになるだけ

以前はビザランが当たり前だったんですよね。しかし、現在のタイはビザランをメチャクチャ嫌います。

私のように入国審査で毎回「根掘り葉掘り」と聞かれたくない方は止めておくことを強くおすすめします。

スポンサーリンク

観光ビザ取得はラオスがおすすめ!

タイにもっと長く滞在した方は、「観光ビザ」を取得するといいですね。観光ビザを取得すると、「+60日」タイに滞在できます。

ただし、観光ビザは「30日延長」とは異なって、再入国してから「+60日」になりますね。

ラオスがおすすめ!

観光ビザを取りに行く方は、私と同様で「時間はあるけどお金はない!」そんな方が多いように思われます。

ですので、「なるべく安く」を目標に解説しますね。タイの観光ビザは、ラオスが取りやすいんですよね。ですので、私は毎回ラオスをめざしています!

スポンサーリンク

観光ビザ取得の流れを確認

バンコクからラオスの首都であるビエンチャンに行って、タイ観光ビザを取得する流れは以下になります。

  1. バンコク → ウドンタニー
  2. ウドンタニー → タイとラオスの国境
  3. タイとラオスの国境 → タラート・サオ
  4. タラート・サオ → タイ大使館
  5. タイ大使館でタイ観光ビザの手続き
  6. タイ大使館 → タイとラオスの国境

実は簡単だよ

「タイの観光ビザを取りに行こう!」と言うと、ほとんどの方が感じるのは、「そんなの個人では難しいんでしょ?」になります。

私も初めてビザを取りに行ったときは、そう思ってました。しかし、結論から言うと、ビエンチャンのタイ大使館にさえ辿り着ければ後は余裕です!

と言うのも、「ビザ用紙の代行屋さん」がいるからなんです。代行屋さんにおまかせすれば、ビザ用紙を代わりに書いてくれるんですよね!

スポンサーリンク

バンコクからラオスのタイ大使館へ

バンコク → ウドンタニー

まずは、バンコクからウドンタニーを目指します。

ウドンタニーへは飛行機も飛んでますし長距離バスもでています。おすすめは飛行機になりますが、節約したいなら長距離バスですね。

ウドンタニー → タイとラオスの国境

ウドンタニーの大型ショッピングモールである「セントラル・ウドンタニー」から、国境までのミニバンが出ています。これで国境まで行って下さい。

タイとラオスの国境 → タラート・サオ

タイとラオスの国境から、ラオスの首都であるビエンチャンの中心地である「タラート・サオ」までバスが出ています。それに乗って下さい。

タラート・サオ → タイ大使館

タラート・サオからはタイ大使館に行くのは以下の2択になります。

  • 徒歩
  • トゥクトゥク

おすすめはトゥクトゥクですが、ここのトゥクトゥクは「けっこう渋めの金額提示」で有名です。

節約したい方は歩いたらいいですね。私も何度も歩いてますが、そんなに遠くはありません。

スポンサーリンク

タイ大使館での流れ

タイ大使館での流れを解説します。大使館を入って左の建物にビザ用紙の代行屋さんがいるので、そこでおまかせしましょう。

写真などを持っていなくても、そこで全てしてくれます。少しお金はかかりますが、自分で記入することを考えると安いもんです。

観光ビザの発行は翌日

代筆してもらったら、その用紙を持って大使館の右側の建物で提出します。本日は以上です。

タイの観光ビザの発行は翌日ですので、翌日また来ましょう。それまでは束の間のラオスを楽しみましょうね!

※ちなみに、金曜日に行ったら、発行は次の月曜日になります

大使館の外の代行屋さん

ちなみに、大使館の外にも代行屋さんはいます。昔は、ここの代行屋さんしかなかったので、ここに任せていました。

しかし、何か問題があったのか、彼らに儲けさせるのが嫌になったのか、大使館の中にも代行屋さんができたんですよね。

おすすめは、中の代行屋さんですね。中の方が安いですし、大使館に認められてる可能性があるので安心です。

スポンサーリンク

タイの観光ビザの取得後

タイの観光ビザが無事に発行された後は、ササッとタイに帰りましょう!

タイ大使館 → タイとラオスの国境

タイ大使館からタイへの帰り方も2択になります。

  • タラート・サオからバスで国境へ
  • タイ大使館から車で国境へ

タラート・サオまで戻って、そこから国境に行きのバスに乗る方法ですね。つまりは、行きの順序の逆になります。しかし、これでは少々面倒です。

国境行きの車

実は、タイ大使館の前に国境行きの車が集まります。その車と交渉することも可能です。大抵の車は他のお客さんを乗せてるので、格安で国境まで行ってくれますよ。

※私は毎回この方法で国境まで帰ってますが、使う使わないはあくまで自己責任でお願いしますね!

スポンサーリンク

地図で確認しよう!

  1. バンコク
  2. セントラル・ウドンタニー
  3. タイとラオスの国境
  4. タラート・サオ
  5. タイ大使館

※タイのビザ情報は変更がたまにあります。タイの「大使館・領事館のWEBサイト」での確認を強くおすすめします。

タイ大使館でビザを取ろう!東京・大阪・名古屋の場所とアクセス地図
今回は、日本国内にある「タイ大使館」のビザ情報や場所について、タイ歴22年の私が紹介します。 「日本でタイのビザを取れる場所はどこですか?」との質問が増えてきたので、日本国内でタイのビザを取得できる大使館や領事館の情報をまとめました。...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、一般的な旅行者に関する「タイのビザ」について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...