タイひとり旅で男女共に得られる「かけがえのない体験」を解説するよ

スポンサーリンク

私がタイをひとり旅したのが、ちょうど22年前になります。ドキドキしながらドンムアン空港に到着したのを今でも覚えています。

初めてのタイでは、あまりにも日本と違うので「カルチャーショックの連続」でしたね。しかし、そのおかげで帰国後は「日本っていい国だなぁ」とさらに感じました。

タイびと
タイびと

実は、住み慣れていてメチャクチャ快適な日本を少し離れるだけで「色々と見えてくる事」って多いんですよ。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイひとり旅で得られる「かけがえのない体験」について、タイ歴22年の私が紹介します!

スポンサーリンク

タイひとり旅で得た「かけがえのない体験」

まさじろ
まさじろ

私がタイひとり旅で得た「かけがえのない体験」は以下になります。

  • 家族や友人に感謝の気持ちが芽生える
  • 日本の良さを再発見
  • ちっぽけな自分に気づく
  • 体質が変化した
  • 性格も変化した

1つずつ詳しく確認していきましょう!

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

家族や友人に感謝の気持ちが芽生える

タイひとり旅をすると、今まで近くに居て当然だと思ってた「自分の周りにいる家族や友人達」に、とっても感謝する事になります。

ひとり旅ってのは、最初はメチャクチャ寂しい思いをするんですよね。だって、今までの人生は家族や友人に囲まれて生活してる訳ですからね。

タイびと
タイびと

いきなり1人になると「本当に寂しい」と感じるようになります。

眠れない夜に気づいたよ

タイの安宿で眠りにつこうとするとき「特に寂しさ」を感じるんですよね。1人の夜は長いですから、色々と思い浮かぶ訳ですよ。

今まで当たり前のように近くに居てくれた人達が恋しくなります。「人は1人では生きていけないんだなぁ」って強く思いましたね。

ちなみに、ずっと寂しさが続くわけではありませんよ。寂しさゆえに積極的に旅仲間を探しますからね。

まさじろ
まさじろ

すると、そこからは温かい気分で毎日を過ごせます。仲間ってのはありがたいもんですね。

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

日本の良さを再発見

海外と比べてみると、日本て本当に素晴らしい国ですよね。安全だし戸外でもそんなに汚くないし、水道水は「そのまま飲めたり」もしますもんね。

しかし、日本で生活してるだけでは、こういう事実を知りうる事が出来なかったんですよね。離れた場所から日本を見たから、それが見えたんですね。

水道から水がでるのは当たり前?

タイの田舎は、たまに断水になります。断水に供えて田舎のタイ人は、シャワールームに大きなバケツで水を貯めています。

断水になると、そのバケツの水で洗髪も洗体も歯磨きも全てまかなうんですよね。正直、タイの田舎の清潔感は日本とかけ離れてます。

でも、そういう地域はまだまだありがたい地域なんですよね。なせならば、この地域では水道が自由に使えますもんね。

水道が使えるのは1日3時間

タイの本当の田舎では、水道が使える時間帯が決まってる地域ってのもあるんです。最初はびっくりしますよ。生活用水は雨水なんですよね。

「え!この雨水で身体洗うの?」とね。さらには、この身体を洗う雨水で歯磨きもします。雨水で身体を洗ってる間も蚊にガンガンと刺されます。

まさじろ
まさじろ

驚きの連続ですよ。でもね、慣れます。そこに住んでる人はそれが当たり前な訳です。それを拒むのは、そこの住民を拒むのに等しいですもんね。

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

ちっぽけな自分に気づく

自分がちっぽけな存在ってのは当然のことなんですよね。でも、若い頃は自意識過剰で変なプライドがあったりします。

社会がそれを変えてくれるんだけど、タイひとり旅もそれを教えてくれます。1人で旅してると、色んな人に助けてもらうことが多々でてくるんですよね。

世界の中の自分

タイ国内の至る所で、様々な人が一生懸命に生活を営んでます。私達の知ってる世界なんてほんの一部分です。

まさじろ
まさじろ

タイにはまだまだスラムエリアもあるんです。そこでも小さいな子供が懸命に生きています。人生について考えさせられますよね。

タイびと
タイびと

タイの通貨である「バーツ」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ通貨のお金の単位と日本円への簡単な計算方法

スポンサーリンク

体質が変化した

まさじろ
まさじろ

以前の私は、アレルギー性鼻炎のせいでホコリの多い場所ではクシャミがとまりませんでした。

ですので、部屋を常に清潔に保つ必要があったんですよね。しかし、タイのおおらかな生活に身を委ねることにより、体質も少し変化しました。

人は変われるよ!

鼻炎は未だに治癒してないと思うのですが、ホコリっぽい部屋でも気にならなくなりました。

だって、タイの田舎でそんな事気にしてたら生きていけないもんね。「人って変われるんだなぁ」って心底感じましたね。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

性格も変化した

昔の私は超A型人間でした。例えば、本棚にある本は1巻から並んでないと気が済みませんでした。しかし、タイが私のちっぽけな価値観を壊してくれます。

まず、多少のことではイライラしなくなりました。昔は、待ち合わせ時間に遅れてくる不届き者には、鉄拳制裁も辞さない構えだったんですけどね。

タイ人と待ち合わせ

これはタイ人との待ち合わせが影響してると思います。毎回、毎回、約束の時間に見事に遅れてきてくれます。それも10分20分じゃなく1時間2時間単位で。

最初はイライラしっぱなしでした。しかし、20回以上の大遅刻を経験したら流石の私でも気づきます。これは「時間に対する概念を変えないといけないな!」と。

日本では、待ち合わせ時間に遅れる事は言語道断であります。しかし、タイでは時間に対する感覚が日本とは明らかに異なるんですよね。

まさじろ
まさじろ

日本では当たり前のことが、海外であるタイでは当たり前じゃなかったんですね。目からウロコでした(笑)

タイびと
タイびと

タイへの航空券についてはコチラをどうぞ!

>>タイ・バンコク航空券の相場と格安になる時期

スポンサーリンク

タイひとり旅をおすすめする理由

タイひとり旅をおすすめする理由は以下になります。

  • タイは超親日国
  • 治安が良い
  • 物価が安い

ひとり旅の目的の1つに、「自分と対話しながら自分を探すこと」があります。治安の悪い国だと、自分の身を守ることから考えないといけません。

その点、「タイは超親日国」で治安も悪くありません。さらには、物価が安いので少し長めに滞在することも可能できますよね。

日本は本当に良い国です。だからこそ、試練の為に海外に行きましょう。今までの人生の価値観なんて見事に吹き飛ばしてもらえますよ。

タイびと
タイびと

タイ旅行の注意点はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の注意点と危険を回避するための5ヶ条

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイひとり旅で得られる「かけがえのない体験」について、タイ歴22年の私が紹介しました。

まさじろ
まさじろ

タイひとり旅は私を変えました。タイひとり旅で私は変わりました。次は、あなたが変わる番ですよ!