タイ旅行のおすすめ観光地を8選!「旅の準備情報」も徹底解説するよ

スポンサーリンク

タイ旅行を思い立ったとき、まず決めないといけないことが「タイの観光地のどこに行く?」になります。タイで有名な観光地には、「バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ等」がありますね。

実は、これ以外にもタイ国内には「おすすめ観光地や名所」が数多くあるんです。1回の旅行で、全部の有名観光地を巡るのは「時間的に無理」がありますもんね。

さらには、初めてのタイ旅行の方やタイ初心者の方は「タイ旅行の前にいろいろと不安」になると思います。しかし、それは慣れてない国だから無理ありませんよね。

私もタイ以外の国に行くときは、ネットで情報を集めてから行くようにしてますね。慣れてない国への渡航は、やっぱり不安ですからね。

タイびと
タイびと

タイに関する知識が少しでもあると「タイ旅行が3倍」楽しくなりますよね。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイ旅行のおすすめ観光地

タイ旅行の第一歩は、「タイのどの観光地に行く?」になります。まずは、上記地図でそれぞれの観光地の位置関係を簡単に確認して下さいね。

タイびと
タイびと

タイ旅行の起点は、タイの首都である「バンコク」になります。ですので、最初にバンコクの位置を確認するといいですね!

タイ旅行のおすすめ観光地は以下になります。

  1. バンコク
  2. プーケット
  3. ピピ島
  4. チェンマイ
  5. チェンライ
  6. パタヤ
  7. アユタヤ
  8. スコータイ

タイ旅行初心者へのおすすめ観光地は、「バンコク or プーケット」になりますね。さらに言えば、「バンコク + アユタヤ」「プーケット + ピピ島」にすれば、より楽しめますよ。

まさじろ
まさじろ

それでは次に、観光地ごとの魅力を「ザックリと確認」していきましょう!

スポンサーリンク

バンコク

初めてのタイ旅行のおすすめが「バンコク」になります。バンコクは、新旧融合した街なので見所スポットは多いですね。

都会的なショッピングも楽しめますし、魅力的な観光地も数多くあります。さらに言えば、バンコクは大都会ですので「日本にいるのと違和感がない」のも魅力の1つですね。

タイびと
タイびと

あまりにも大都会なので、「タイってこんなに都会だったの?」と多くの日本人が驚きます。

バンコクの中心地は大都会

私はタイブログを運営してる関係で、友人や知人をタイ旅行に連れてきてあげる機会が増えつつあります。

そんな友人達が口を揃えて言う言葉が、「タイっぽいとこを観光したい!」になります。バンコクが都会すぎて、タイっぽくないんだそうです(笑)

まさじろ
まさじろ

それでは次に、魅力あふれるバンコクの「おすすめ観光地」を紹介しますね!

スポンサーリンク

バンコク旅行のおすすめ観光地をピックアップ!

タイびと
タイびと

大都会バンコクで、タイっぽさを感じられる「おすすめ有名観光地」が以下になります!

  • ワットプラケオ
  • ワットポー
  • タイ水上マーケット

ワットプラケオ

IMG_20160624_092809

エメラルド寺院としても知られているワットプラケオは、バンコクの有名観光地の1つになります。観光客のお目当ては、「エメラルドブッダ」になりますね。

エメラルドブッダがいらっしゃる本堂は荘厳な雰囲気なのに凛とした空気なんです。私も好きな観光地の1つですね。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、ワットプラケオが一般的な観光地と異なるのが、「タイ人観光客が多い」ことがあげられます。ここはタイ人にとっても大事な場所なんですよね。

エメラルド寺院で有名なワットプラケオの観光モデルコースと行き方!
タイのバンコクには多くの観光地がありますが、その中でも特に有名なのが「ワットプラケオ(エメラルド寺院)」になります。 ワットプラケオは、昔のタイの王様である「ラマ1世」がバンコク王朝を開いた時に建てた寺院になります。 実は、「バンコ...

ワットポー

ワットポーもバンコクの有名観光地の1つとなります。ワットプラケオが近くにあるので、一緒に観光する人も多いですね。特に有名なのは、「黄金の涅槃仏」になります。

タイびと
タイびと

おそらく、ほとんどの方は写真で涅槃仏を見たことがあると思います。巨大な仏様に圧倒されること間違いなしです。

バンコクにある涅槃仏で有名なワットポーの見所5選と行き方!
バンコク旅行の中でも、特に有名な観光地である「ワットポー」。アユタヤ王朝時代に建立されたバンコクで最も古い寺院の1つになります。 実は、ワットポーの名前は知らなくても、上記写真の「全長46メートルを超える黄金の涅槃仏」を見たことがある...

タイ水上マーケット

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004-1

まさじろ
まさじろ

バンコク観光で絶対に外せないのが、タイの水上マーケットであるダムヌンサドゥアックになりますね。本サイトのイチオシ観光地です!

バンコクにはいくつかの水上マーケットがありますが、おすすめは「ダムヌンサドゥアック」になります。ダムヌンサドゥアックでは、船に揺られながら「食事やショピング」が楽しめるんです。

船頭さんが案内してくれながら、ゆっくりと船が進むので「否が応でも」気分が盛り上がります。のんびりした素敵な時間を過ごせますよ。

タイ・バンコク水上マーケットのダムヌンサドゥアックの見所と行き方
タイには数多くの水上マーケットがありますが、観光客へのおすすめがバンコク近郊にある「ダムヌンサドゥアック」になります。 おすすめする理由は、ダムヌンサドゥアックが「外国人観光客のいちばん多い」水上マーケットだからですね。まさに、観光客...
スポンサーリンク

プーケット

アジアでも有数の人気ビーチリゾートが、タイの南部にある「プーケット」になります。輝く太陽と青い海。私は、プーケットに来るだけで幸せな気分で満たされます。

プーケットの楽しみ方は色々ですが、ビーチでのんびりしたり、南国の海を見ながらドライブをしたり、さらにはショッピングまで楽しめるのが嬉しいですね。

そんなプーケットの最大の魅力が、「ビーチリゾートのわりには物価が安いこと!」になりますね。

プーケットは安く楽しめるビーチリゾート

日本人に大人気の「ハワイやグアム」も素敵なビーチリゾートですが、物価が高いので「計算しながらお金を使わないと」すぐに予算オーバーになります。

その点、プーケットは物価が安いですので「気持ちよくお金を使える」のが嬉しいですね。いつもは高嶺の花である「高級エステやスパ」も格安ですからね。

まさじろ
まさじろ

心地よい夜風に吹かれながらのシーフードが最高です。ついついお酒がすすむのも楽しいですよね。

タイびと
タイびと

それでは次に、プーケットの「おすすめ観光地」を紹介しますね!

スポンサーリンク

プーケット旅行のおすすめ観光地をピックアップ!

まさじろ
まさじろ

プーケットをこよなく愛する「私のおすすめ観光地」が以下になります。

  • パトンビーチ
  • ナイハーンビーチ
  • プーケットファンタシー

パトンビーチ

パトンビーチのある「パトンエリア」は、プーケットのメイン繁華街になります。ですので、プーケット旅行の初心者は、「パトンエリア」に泊まることをおすすめします。

パトンエリアでは、ビーチも楽しめますし、ショッピングも楽しめます。ナイトライフも充実しているので、朝から夜まで楽しめるエリアになりますね。

さらには、パトンビーチ周辺では色々なエンターテインメントも楽しめるんですよね。その一つが後述する「プーケットファンタシー」になります。

タイびと
タイびと

初めてのプーケット観光で絶対に外せないのが、「パトンエリア」になりますね。本サイトのイチオシ観光地です!

プーケットのパトンビーチと周辺にあるおすすめエリアを地図で解説!
プーケット随一の繁華街である「パトンエリア」は、昼も夜も多くの観光客で賑わっています。そのパトンエリアにあるビーチが、「パトンビーチ」になります。 プーケット島の西側には数多くのビーチがありますが、名実ともにメインビーチと言えるのが「...

ナイハーンビーチ

アジアのベストビーチと言う特集が組まれると、必ずランクインされるのが「ナイハーンビーチ」になります。

ナイハーンビーチの魅力は綺麗な海ですが、観光客が多くないので「のんびりとビーチを楽しめる」ことも大きな魅力の1つになりますね。

まさじろ
まさじろ

私はこのビーチで「まったりと読書する」のが最高の幸せです。これぞまさしく「南国ビーチリゾート」な超おすすめビーチです。

タイびと
タイびと

パラセイリング等の「ビーチアクティビティ」を楽しみたい方は、前述したパトンビーチをおすすめしますよ!

プーケット・ナイハーンビーチは超おすすめ!行き方と地図を解説
今回は、プーケットのナイハーンビーチに魅力と行き方を、タイ歴22年の私が解説します。 ナイハーンビーチは、「アジアのベストビーチ」という特集が組まれると高確率で10位以内にランクインされる大人気ビーチになります。 私がプーケットで1...

プーケットファンタシー

お昼は素敵なビーチを楽しんで欲しいプーケットですが、夜の超おすすめ観光地が「プーケットファンタシー」になります。

タイのエンターテインメントなんて「大した事ないでしょ?」と私も思ってたんです。しかし、圧倒的なショーに心から感動しましたね。

まさじろ
まさじろ

プーケットファンタシーは、「まさじろの超おすすめ」ですね。「あっ」と言う間に時間が過ぎ去るのに驚きを隠せませんでした。

プーケットファンタシーは絶対におすすめ!魅力とチケット購入を解説
プーケット観光で絶対に外せない観光地の1つであるプーケットファンタシーですが、最初は私も「絶対に外せないなんて大げさな物言いだよね」と正直馬鹿にしてました。 しかし、友人が「どーしても行きたい」と言うので、渋々ですが一緒に行くことにし...
スポンサーリンク

ピピ島

プーケット旅行の、もう1つのおすすめ観光地が「ピピ島」になります。ピピ島は、プーケットの近くにある島なんですよね。

ピピ島を一躍有名にしたのが、レオナルドディカプリオの主演の「映画ビーチ」になります。あの映画を見て「ピピ島に行きたい!」と思わない人の方が少ないですよね。

まさじろ
まさじろ

ピピ島にはダイビング目的で来る人が多いですが、シュノーケリングでも十分に楽しめますよ!さらには、「ビューポイント」と言う絶景もあります。

雰囲気がたまらなく素敵な場所

ピピ島は南国の楽園になります。海は当然綺麗ですし、町並みも素晴らしいですね。私は、特にピピ島の雰囲気が大好きなんです。

ピピ島内でのメインの交通手段は「徒歩」なんです。車やバイクは、ほとんど走ってませんね。ですので、空気も澄んでますよね。

タイびと
タイびと

プーケット発着の「ピピ島日帰りツアー」もあるので、プーケットに来たら絶対に行って欲しい観光地の一つですね。

スポンサーリンク

チェンマイ

タイの北部にある「チェンマイ」は、風光明媚で有名なタイの古都になります。チェンマイの魅力は数多くありますが、「物価が安い・人がやさしい・寺院が多い」等があげられますね。

ゆったりしたチェンマイが好きになって「長期滞在してる日本人」も多いですし、「リタイアした日本人」も数多く住んでます。

私はタイに1ヶ月~2ヶ月滞在することが多いのですが、そのうちの半分を過ごすのがチェンマイですね。

まさじろ
まさじろ

チェンマイは居心地が良いので、タイに居ることを忘れてることもあります。

2回目のタイ旅行はチェンマイがおすすめ!

チェンマイ旅行をおすすめするのは、タイにある程度慣れてる人になりますね。ですので、「2回目のタイ旅行」にチェンマイ旅行をおすすめしますね。

「寺院などのお寺が好きな人」や「ノスタルジックが好きな人」には、絶対にチェンマイに行ってほしいですね。

タイびと
タイびと

それでは次に、チェンマイの「おすすめ観光地」を紹介しますね!

スポンサーリンク

チェンマイ旅行のおすすめ観光地をピックアップ!

まさじろ
まさじろ

チェンマイが好きでたまらない「私のおすすめ観光地」が以下になります。

  • ドイステープ寺院
  • モン族の村
  • ワロロット市場

ドイステープ寺院

ドイステープ寺院の最大の見所は、「金色に輝く仏塔」になります。さらに、ドイステープ寺院は「山頂付近に位置する」ので、そこから見下ろすチェンマイ市内もとっても美しいですよ。

タイびと
タイびと

チェンマイに行ったら、ドイステープは絶対に外せません。「チェンマイ観光=ドイステープ寺院」というくらい有名な観光地ですね。

ドイステープ寺院の見所とチェンマイ市内からのソンテウでの行き方!
今回は、チェンマイ観光の王様とも言える「ドイステープ寺院の見所とソンテウでの行き方」について、タイ歴22年の私が解説します。 ドイステープ寺院は、チェンマイ観光では「絶対に外せない有名観光地」になります。おそらく、チェンマイ観光に来た...

モン族の村

ドイステープ寺院の後に観光してほしいのが「モン族の村」になります。モン族の方の実際の住まいも見学できますし、モン族の刺繍や雑貨を購入することもできます。

まさじろ
まさじろ

モン族の村は「ドイステープ寺院の近く」にあるので、あわせて観光する人も多いですよ!

モン族が住む村と市場がタイのチェンマイにある!民族衣装が人気だよ
今回は、タイのチェンマイにある「モン族の村」と「モン族市場」について、タイ歴22年の私が解説します。 モン族が有名なのは、モン族の刺繍や雑貨に人気があるからなんです。そんなモン族の方が実際に住んでるのが「モン族の村」になります。 モ...

ワロロット市場

チェンマイ旅行のおすすめ観光地の1つが、「ワロロット市場」になります。沖縄の那覇にある「牧志公設市場」と似た感じですね。

昭和の名残が垣間見えるのも個人的には大好きです。ブラブラするのも楽しいですが、「チェンマイのお土産探し」でも重宝しますよ。

タイびと
タイびと

ワロロット市場の周辺は「夜はナイトマーケット」になるので、そちらも絶賛おすすめです!

ワロロット市場でショッピング!昭和の香りが深く漂うこの場所で
今回は、チェンマイ最大の市場と言われてる「ワロロット市場」について、タイ歴22年の私が解説します。 ワロロット市場は、朝から夜まで地元の人でごった返すとっても賑やかな市場になってます。 雰囲気が沖縄の国際通りにある「第一牧志公設市場...
スポンサーリンク

パタヤ

タイびと
タイびと

2回目のタイ旅行のもう1つのおすすめが、バンコクから近いビーチリゾートである「パタヤ」になります。

パタヤはビーチリゾートなのに、「物価が安い観光地」になります。ですので、アジア人にも西洋人にも大人気ですね。

お手軽ビーチリゾート

パタヤは、バンコク観光で「1日余った方」にもピッタリの観光地ですね。バンコクから「バスで2時間」で行けちゃいますからね。

まさじろ
まさじろ

「パタヤでも行く?」と思い立ったらすぐに行けちゃうので、本当にお手軽なビーチリゾートですよ!

パタヤ観光のおすすめであるパタヤビーチとラン島を紹介するよ!
今回は、パタヤ観光について紹介します。パタヤは、バンコクからバスで簡単に来られるので、タイ人にも外国人にも大人気です。さらにそのバスの運賃も安いんですよね。 ですので、本当にフラッと来れちゃうビーチリゾートですね。ただし、パタヤは、米...
スポンサーリンク

アユタヤ

バンコク観光と組み合わせる方が多いのが、「アユタヤ」になります。アユタヤは、日本で言うと京都のような「歴史ある観光地」になります。

アユタヤには、かつて400年もの長き年月にわたり繁栄を続けてきた「アユタヤ王朝」が存在しました。アユタヤもチェンマイと同様で、タイの古都の1つになります。

タイびと
タイびと

バンコクから北に約80キロの場所にあるので、バンコクから「日帰り観光」できるので人気の観光地ですね。

アユタヤ遺跡の見所

アユタヤと聞いてもピーンと来ない方も、上記の写真を見たことがある人は多いですよね。「あぁ、あの観光地」と思った方も多いんじゃないですか?

アユタヤ観光で一番人気なのが、上記写真の「ワット・マハータート」になりますね。世界中の観光客がアユタヤを訪れる理由がこの大仏様になります。

アユタヤ観光の、もう一つのおすすめが「象乗り」になりますね。象に乗りたいって日本人は、かなり多いんですよね。

まさじろ
まさじろ

私は、アユタヤが持つ全体的な雰囲気も大好きですね。バンコク観光の際は、ぜひアユタヤにもお立ち寄り下さいね!

アユタヤ遺跡の観光おすすめ地図とバンコクからの行き方を解説
今回は、アユタヤ遺跡の観光とバンコクから行き方について、タイ歴22年で古都のノスタルジックが大好きな私が解説します。 アユタヤは、バンコクから日帰りで観光する人がほとんどです。ですので、短時間でアユタヤを満喫できる「超おすすめ遺跡3選...
スポンサーリンク

チェンライ

タイびと
タイびと

3回目以降のタイ旅行のおすすめが「チェンライ」になります。チェンマイの近くにあるので、チェンマイ観光で1日余った方にもオススメですね。

チェンライは本当に静かな街になります。他の観光地に比べると観光客も少ないですから、のんびりしたいと観光したい方に最適です。

そんなチェンライで一番有名な観光地が上記写真の、白いお寺で有名な「ワット・ロンクン」になります。ワット・ロンクンは、お寺なのに真っ白なので驚きますよね。

ノスタルジックな時計台もおすすめだよ

昭和のノスタルジックが好きな方には、「チェンライ時計台」もオススメですね。1日に3回だけ時計台が歌ってくれるんです。

これが昭和歌謡曲に似てるんですよね。年配の方ほど、胸に迫るものがあると思います。

まさじろ
まさじろ

チェンライは、チェンマイからバスで2時間なので十分に日帰りできますよ!

チェンライ観光のおすすめ3選!空港から市内へのアクセス地図も解説
今回は、チェンライ観光のおすすめ3選と空港から市内へのアクセスについて、タイ歴22年の私が解説します。 チェンライは街自体の雰囲気が素敵なんですよね。他のタイの観光地とは違って本当にゆったりと時が流れてます。 この雰囲気が旅人の心を...
スポンサーリンク

スコータイ

タイ旅行に慣れた方におすすめの観光地が、「スコータイ」になります。スコータイもおすすめの観光地なんですが、行ったことのある日本人はそう多くはありません。

と言うのは、スコータイは「上記で紹介した観光地」から離れた場所にあるからですね。ですので、「バンコク観光のついでに等」は無理なんです。

タイびと
タイびと

スコータイ観光のメインである「歴史公園」は、ユネスコ世界遺産に登録されていますよ。

スコータイ遺跡の見所

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-1

スコータイは、タイの中部にあるタイ族最古の王朝である「スコータイ王朝の都の跡地」になります。日本で言うと奈良という雰囲気ですね。

13世紀、タイ族最初の王朝である「スコータイ王朝」がこの地で開かれました。タイ文字の基礎を制定したラムカムヘーン大王等で有名な王朝になります。

まさじろ
まさじろ

スコータイ王朝は、後にアユタヤ王朝に吸収されてしまうんです。そんな儚さが「悠久の時」を感じさせてくれますね。

スコータイ遺跡を観光!魅力あふれる歴史公園の巡り方を解説するよ
今回は、スコータイ遺跡の観光について、タイ歴22年の私が解説します。 スコータイ王朝の都の跡地であるスコータイ歴史公園は、タイにある他の観光地とは異なり「とっても静か」なのが印象的です。 スコータイはおすすめの観光地なんですが、バン...
スポンサーリンク

タイ旅行で役に立つ旅の情報

まさじろ
まさじろ

それでは次に、タイ旅行の観光地を決めた後に「とっても役立つ情報」を順番に紹介しますね!

タイ旅行の費用と予算

タイびと
タイびと

観光地を決めたら、次は「タイ旅行費用と予算」を確認しましょう。

タイ旅行の初心者ほど「費用や予算」に関しては敏感になりますよね。「旅の途中でお金が尽きたら」と不安になって当然だと思いますよ。

タイ旅行の予算を「費用相場」からザックリと計算する方法を解説!
タイ旅行を検討中に気になる事が、「予算はいくらぐらい見ておけば?」があります。タイでは楽しくても、帰国したあとが「節約生活」では寂しいですもんね。 そんな予算を組む時に便利なのが、タイ旅行の「費用相場」になります。と言っても、そんなに...

タイ旅行の持ち物

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の費用や予算をザッと計算したら、次は「タイ旅行の持ち物」を確認しましょう!

タイ旅行の直前になって、「あれ持ったかな?」「これは必要なものなのかな?」と、それはそれで慌ただしさが楽しかったりします。

しかし、タイ旅行の直前にバタバタすると、「本当に必要な物」を忘れることがあります。ですので、なるべく早めの準備をおすすめしますよ!

タイ旅行の持ち物リストを必需品や女性等に分けて必要度を徹底解説!
タイ旅行が近づくに連れて不安になることが、「タイ旅行の持ち物」になります。タイの初心者ほど、「あれ持ったかな?これは必要なもの?」と不安になりますよね。 しかし、旅の準備を不安に感じてると少々モッタイナイですね。実は、「旅は準備をして...

タイ旅行の服装

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物をチェックしたら、次は「タイ旅行の服装」を確認しましょう!

タイ旅行の際は、基本的には日本の夏の服装で問題ありません。具体的に言うと、「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル」になりますね。

しかし、その服装だけしか持ってないと「快適に旅行ができない可能性」があります。それには、タイ特有の事情があるんですよね。

タイ旅行の服装の選び方をバンコク・プーケット等のエリア別に解説!
一般的な日本人が思い描くタイは、「赤道直下の暑い暑い国」になります。さらには、日本に比べると「まだまだ発展してない国」というイメージもあるかも知れません。 そんな未発展で常夏の国を旅する時の服装は、「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル等...

タイ旅行の注意点

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の服装を理解したら、次は「タイ旅行の注意点」を確認しましょう!

タイ旅行等の海外旅行において、イチバン気を付けないといけない事を知ってますか?それが「慢心と油断」になります。

私は先日、タイで財布をスられました(笑)。そんな私だからこそ言えることは、「何事も調子に乗ったらダメだよ!」になりますね。

タイ旅行の注意点で「危険を回避」するための5ヶ条を詳しく解説!
タイは東南アジアでは比較的に治安が良い国になります。ですので、命までとられる危険性は少ないんですが「小さな危険」は至る所に転がっています。 ところで、タイ旅行等の海外旅行において「一番気を付けないといけない事」を知ってますか?それは「...

タイの通貨やお金の単位

タイびと
タイびと

タイ旅行の注意点の後は、「タイの通貨やお金の単位」を確認しましょう!

タイ国内で使われているお金の単位を「バーツ」と言います。タイ通貨も日本の通貨と同様で、「紙幣と硬貨」があります。

ところで、100バーツは「だいたい何円」かを知ってますか?「タイバーツ → 日本円」への簡単な計算方法を知ってると、食事や買物の際に便利ですよ!

タイ通貨の「お金の単位」と日本円への簡単な計算方法を解説するよ!
初めての国や慣れてない国に行くときは、その国の貨幣価値が分からないので「損をするんじゃないだろうか?」と不安になりますよね。 お金のことで問題が発生すると旅がつまらなくなるので、「タイ通貨のお金の単位」に関しては必ず覚えておいて下さい...

タイバーツを両替

まさじろ
まさじろ

タイの通貨やお金の単位を理解したら、次は「タイバーツの両替」を確認しましょう!

多くの旅行者にとって、「両替に関する情報」は重要なんです。と言うのも、両替をする場所次第では「両替レートが雲泥の差」になるからですね。

同じ空港内の同じフロアーなのに、1万円の両替に対して「約800円」の差がつくんですよね。ちょっとした情報の差で、かなりのレート損になるのが「タイという国」なんです。

タイバーツと円を高レートで両替する方法とバンコクのおすすめ両替店
タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること!」になります。ほとんどの旅行者は、タイの通貨である「タイバーツ」なんて持ってないですもんね。 それに、この両替が後々の「タイ旅行の成否を左右する」といっても過言で...

タイはチップ習慣のある国

タイびと
タイびと

タイバーツの両替の重要性の後は、「タイのチップ」について確認しましょう!

チップは欧米の習慣だと思われがちですが、タイでも状況に応じて「チップは必要」となります。

昔のタイには、チップの習慣はなかったんですよね。しかし、現在のタイはちゃっかりと「チップの習慣」を取り入れることに成功しています。

タイのチップ相場とホテルやマッサージでの渡し方を解説するよ!
多くの日本人にとっては、あまり馴染みのない「チップ」。日本にはチップ習慣がないので、欧米旅行に行く時に「チップの相場や渡し方」について調べる方も多いですよね。 実は、最初に知って欲しいことが、「タイもチップ習慣のある国」だと言うことで...

タイの入国カードの書き方

まさじろ
まさじろ

タイのチップについて理解を深めた後は、「タイの入国カードの書き方」を確認しましょう!

タイの入国審査は、昔は簡単に通過することができました。しかし、昨今のタイは変わりました。入国カードの「不備を指摘」するようになったのです。

と言っても、本来は入国カードは不備があってはならないものです。今までのタイが甘すぎたんでしょうね。キッチリと入国カードを書いていれば、何の問題もなく通過できるので予習しておいて下さいね!

タイの出入国カードの書き方2018年!記入例を写真保存しようね
タイ旅行の前に心配になることの1つに、「タイの出入国カードの書き方」があります。2~3年前までは何の問題もなく、スイスイと通過できていたタイの入国審査。 出入国カードの「空欄や不備」に対しても、かなり穏便な態度を見せてくれていました。...

タイの電圧とコンセント

タイびと
タイびと

タイの入国カードの書き方例の写真を撮ったら、次は「タイの電圧とコンセント」を確認しましょう!

タイと日本のコンセント形状は「ほぼ同じ」なので、コンセント変換プラグを持っていく必要はありません。ただし、1点だけ絶対に気を付けて欲しいことがあります。

それが「タイの電圧」になります。タイの電圧と日本の電圧は異なります。ですので、電圧に注意しないと電化製品が壊れてしまうことがあるんですよね。

日本から電化製品を持ち込みたい方で、「変圧器の購入」を検討する方すくなくありません。しかし、タイ旅行に関しては、変圧器は必要ありません。

その理由は、タイ旅行で使う電化製品は「100V〜240V対応」が多いからですね。ですので、おすすめは「USB急速充電器」になりますね。これは、とっても便利です。

タイのコンセント形状と電圧を知ると変圧器が必要ないと理解できるよ
いつの時代も旅行はレジャーの王様ですが、昔と今の旅で決定的に異なる事が「持って行く電子機器の数」になります。 昔の海外旅行は、カメラすらが電子機器ではなく「写ルンです」と言う簡易的なカメラでしたからね。 それが現在では、「スマホ・タ...
スポンサーリンク

知ってると重宝するタイ旅行情報

タイびと
タイびと

それでは最後に、「知ってると重宝するタイ旅行情報」を紹介します。必須情報ではありませんが、知っておくと何かと役に立ちますよ!

タイへの航空券の相場と安い時期

タイへの航空券を探す時、少しの知識があるだけで「航空券の代金」がかなりお得になるんです。タイへの航空券は時期によって、値段が乱高下するんですよね。

まさじろ
まさじろ

タイ行きの航空券が「特に高い時期」があるので、その時期さえ外せばお得に購入できますよ!

タイ・バンコク行き航空券は相場と安い時期を知るとお得に探せるよ!
「タイ旅行にいこう!」と思い立ったとき、最初に手配しないといけないのがタイ・バンコク行き航空券になります。「じゃあ、航空券を探すかな!」と思ったあなた。ちょっと待って下さい! 日本の新幹線のように、いつ乗っても「ほぼ値段が決まってる乗...

タイ旅行ツアーを選ぶときの注意点

タイ旅行初心者の方には、「タイ旅行ツアー」がおすすめです。まずは、タイに慣れてほしいですね。ツアーならガイドさんがいるので、何の心配もいらないですもんね。

ただし、最近のタイ旅行ツアーには「航空券+ホテル」だけのツアープランがあるので、タイ旅行の初心者の方はよくよく注意して下さい。

タイびと
タイびと

「航空券+ホテル」だけのツアーだと、空港からホテルの移動も自分でしないといけません。さらには、観光も全て自分で行くことになります。

https://thaitabi.com/thai-travel-tours/

タイまでの飛行時間

タイまでの飛行時間を知ると、旅の予定が立てやすくなりますよね。特に、プーケット・チェンマイ等への旅行の際は、「飛行時間を知る事」は特に重要なことなんです。

まさじろ
まさじろ

と言うのは、日本からバンコクまでは直行便がありますが、地方都市の多くに「直行便が飛んでない」からですね。

https://thaitabi.com/thai-flight-time/

タイ旅行のベストシーズン

まさじろ
まさじろ

タイ旅行のベストシーズンは「乾季(11月~2月)」になります。

乾季は、タイにしてはそこまで暑くないですし、雨もたまにしか降らない本当にいいシーズンですね。

ただし、タイ旅行は「ベストじゃない時期」にも実は隠されたメリットがあるんですよ。ですので、そこらへんも踏まえて「総合的に判断」されるといいですね!

タイは各地の気候を知ると旅行のベストシーズンや時期が把握できるよ
「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、気になることがタイのベストシーズンになります。頻繁にいける方は別ですが、多くの日本人にとって「海外旅行は大イベントの1つ」になりますもんね。 大イベントだからこそ「タイの気候の良い時期」に行きたいと...

タイのビザ

タイびと
タイびと

タイ旅行の際は、「タイのビザ」について確認しておくことも大事ですよ!

観光客のほとんどの方は、「ビザなし」でもタイ入国が可能となっています。しかし、それには条件があるんです。

タイはビザなしで観光できるの?延長申請の種類についても解説するよ
今回は、一般的な旅行者に関する「タイのビザ」について、タイ歴22年の私が解説します。 タイ旅行に行く前に気になることの1つに、「タイってビザが必要なの?」や「必要ないとしたら何日間滞在できるの?」がありますよね。 世界の国々ではビザ...

タイの言語はタイ語だけど「簡単な英語」で旅が楽しめる

まさじろ
まさじろ

「タイ語が話せなくてもタイは楽しめますか?」「英語が上手じゃないんですが、会話には困りませんか?」

初めてのタイ旅行のさいは、上記のような「不安な気持ち」を抱えてる旅行者の方は少なくありません。結論から言うと、私は18年間は「中学生レベルの英語」だけでタイ旅行を満喫してきました。

ですので、言葉に関する心配は必要ないですよ。タイに長く住む日本人の中には、「日本語だけ」で生活している方も多いですからね。

タイの言語はタイ語だけど「英語だけ」でも楽しく旅ができるよ!
「英語があまり得意じゃないんですが、タイ旅行は楽しめますか?」との質問を頂くことがあります。結論から言うと「全く問題ない」ですね。 海外旅行にいく前は、不安になるのが人ってもんです。ですので、その質問の意図は私にはよく理解できます。実...

タイで挨拶

日本人の挨拶は、「会釈やおじぎ」になりますが、タイ人は挨拶のときに合掌するんです。同じ仏教徒として、この合掌を美しく感じる日本人は少なくありません。

しかし、タイの挨拶である合掌には「厳然たるルール」が存在するんです。日本でもお辞儀の角度で「敬礼・最敬礼」となるのと同じです。

まさじろ
まさじろ

タイだと相手の立場によって、合掌の位置が上下するんですね。

タイの挨拶の仕方は合掌が基本で「位置が重要」だから解説するね!
日本人に有名な、「タイに関するプチ情報」があります。それが上記写真の「合掌するドナルド」になります。日本とは違ったドナルドに興味がわきますよね。 ところで、タイのマクドナルドの人形が「手を合わせてる理由」についてもご存知ですか?その理...

タイの物価

タイに行く度に、「また物価あがったの?」と最近ではよく感じます。ただし、「タイの物価があがったからどうなの?」とも思います。

タイは元の物価が安すぎました。ですので、物価が上昇してるとは言っても日本人観光客にとっては別に痛くもないんですよね。

タイびと
タイびと

2018年のタイの物価を具体的に見ていきましょう!

タイの物価「2018年」バンコク等にエリアに分けて安い高いを比較
最近、「タイの物価が上がってきた!」という声がよく聞こえてきます。タイに行く度に「また物価あがったの?」と、私も肌で感じているので「タイの物価が上昇」しているのは紛れもない事実です。 しかし、「タイの物価が上がったから、どうなの?」と...

タイの治安をチェック

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の私ですが、タイ国内を旅していて「生命の危険」を感じたことは一度もありません。

実は、タイの治安の良さはデータにもハッキリと出ています。ただし、それでも不安になる方はいると思います。

そういう方は、日本の外務省が海外旅行者のために「海外安全ホームページ」と言うのを開設してるので、そちらをチェックしてみて下さいね!

タイ・バンコクの治安「2018年最新」外務省の情報も要チェック!
タイ旅行の前に気になるのは、「現地タイの治安」になります。「たまに爆弾事件があるけど大丈夫なの?」と、心配になりますよね。 タイの治安については、よく聞かれる質問の1つになります。結論から言うと、2018年7月現在のタイは、特に問題は...

タイで飲みたいおすすめビール

タイ旅行の楽しみの1つに、現地タイのビールやアルコールがあります。非日常で飲むお酒は最高に美味しいですもんね。

タイで飲んで欲しいおすすめビールは、「シンハーとチャン」になりますね!ただし、日本人が戸惑う「タイのビール習慣」があります。

タイびと
タイびと

それが、タイでは「ビールに氷を入れて飲むこと」になります。ほとんどの日本人が驚くんですよね。でも、これにはタイならではの理由があるんですよね。!

タイではビールに氷を入れて飲む理由と「おすすめビール」を紹介!
タイ旅行にいった日本人が文化や習慣の違いで驚くことは多々ありますが、その中でも特に驚くことの1つが「タイ人のビールの飲み方」になります。 多くの日本人には想像もつかないと思いますが、タイでは「ビールに氷を入れて飲むのが一般的」なんです...

タイの国番号と国際電話のかけ方

日本で心配する家族ために「タイへの国際電話のかけ方」を教えといてあげると、家族の不安感も安らぎますよね。

ただし、昨今ではインターネット技術がタイも発展してるので、料金の高い国際電話を使う人は少なくなってますよね。

まさじろ
まさじろ

ただし、日本の家族と安く連絡をとるには、「事前の準備が必要」ですので確認しておいて下さいね!

タイの国番号と日本からの「国際電話のかけ方や損得」を解説するよ!
一昔前は、「国際電話をかける」と言うと大事でした。「高額請求が来るのでは?」と、ビクビクしながら電話したのを思い出します。 昨今では、国際電話の料金もかなり安くなりましたよね。しかし、現代では「ただのような値段」でタイと電話ができます...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

それでは、素敵なタイ旅行を思いっきり楽しんで下さいね!