タイ・バンコク旅行のおすすめ情報!プラン計画→観光まで順番に紹介

タイの初心者さんから、

読者さん
読者さん

タイ旅行にいきたいんですけど、何から始めたらいいですか?

と、ざっくりした相談を頂くことがあります。

 

よく知らない国なので、「何から始めたら?」となるのも無理はないですよね。

まずは、「タイ旅行2泊3日のモデルコースをチェック!」から始めたらいいと思いますよ。

 

ぷち福
ぷち福

その次は、「タイ旅行の費用」を確認しましょう。予算の都合もありますもんね。

 

その後は、タイ旅行で約立つ情報を知っておくといいですね。

例えば、「持ち物・服装・両替」に関する情報は、タイ旅行の必須情報になります。

 

知らないと、

「余計な出費が増える・風邪をひく・損なレートで両替する」

と、なってしまう可能性があるからですね。

 

この記事では、

タイ旅行で必要になる情報(旅行プランの計画→観光まで)

の順番で、タイ歴22年の私が説明していきますね。

 

まさじろ
まさじろ

必要情報と一緒に、「簡単な挨拶タイ語・タイのお土産」などを知っておくと、タイ旅行が10倍楽しくなりますよ!

タイ旅行のプランを計画しよう!

 

前述したように、まずは「タイ旅行のモデルコース」を確認しましょう!

 

タイ旅行2泊3日のモデルコース

タイ旅行2泊3日のモデルコースはこんな感じになります。

 

1日目の日程

  • 11:00 日本の空港を出発
  • 16:00 スワンナプーム空港着
  • 17:30 公共交通機関を使ってホテルへ
  • 18:30 ホテルにチェックインして少し休憩
  • 20:00 アジアティーク観光

 

アジアティークとは、バンコクにある有名な「ナイトマーケット」ですね。

チャオプラヤー川沿いにあるので、素敵な風景を見ながらお食事が楽しめます。

 

2日目の日程

  • 10:00 エメラルド寺院と王宮を観光
  • 13:00 ワットポー・ワットアルンを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 鉄道市場を観光とお土産探し

 

エメラルド寺院やワットポーは、タイの定番観光地ですね。

巨大涅槃仏を写真で見たことがある人も多いと思います。

 

ワットパクナムは、ただいま人気急上昇中の観光地になりますね。

神秘的な天井画が美しいんですよね。ワットパクナムは、特に日本人女性に人気があります。

 

鉄道市場も、今では大人気の観光地になりますね。

上空からの夜景が素敵なんです。

3日目は、帰国するだけですので省略しますね。

 

タイ旅行3泊4日のモデルコース

2泊3日→3泊4日にすると、タイ旅行2泊3日コース+「以下の観光地」を巡ることもできちゃいます。

 

タイの古都である、「アユタヤ観光」も人気ですね。

アユタヤは街全体が遺跡なので雰囲気も素敵です。さらには、象乗りスポットとしても有名なんですよ。

 

「タイの水上マーケット」も人気の観光地になります。

小舟に揺られながら、食事やショッピングが楽しめちゃうんですよね。

 

願い事の神様である「ピンクガネーシャ」も、人気急上昇中ですね。

ピンクガネーシャは祈願成就が速いことで有名なんです。

 

パタヤは、バンコクからバスで2時間で行ける「お手軽ビーチリゾート」になります。

パタヤも人気の観光地ですね。パタヤビーチの夕日は最高ですよ!

 

モデルコースについては、「タイ旅行の2泊3日・3泊4日モデルコース」で続きを確認して下さいね!

タイ旅行の費用

タイの初心者さんほど、

読者さん
読者さん

タイ旅行にはいくら必要?

と旅の費用に関して敏感になります。

 

それでは次は、前述したタイ旅行2泊3日の「実際の費用」を確認しましょう!

 

2泊3日のタイ旅行だと

  • 一般的な費用:8万円
  • 格安費用  :4.5万円

になりますね。

 

実は、タイ旅行の費用の半分以上を占めるのが「飛行機+ホテル」になります。

安く行きたい方は、「この費用を上手におさえる」ことでリーズナブルにタイ旅行ができます。

 

費用については、「タイ旅行の予算2泊3日!格安な費用で行く方法も紹介」で続きを確認して下さいね!

ツアーで行く or 個人で行く

次は、「ツアーで行く or 個人で行く」を考えましょう。

最近のタイは交通網が発達しているので、おすすめは「個人で行く」になりますね。

 

本サイトでは、個人旅行のために「バンコク観光や市内移動」に関してかなり詳しく説明しています。

しかし、海外旅行に慣れてない人にとっては「本サイトの説明」が難しく感じるかもしれません。

 

そういう、「海外旅行に慣れてない方」にはツアーをおすすめします。

最初はツアーで、タイが気に入ったら2回目は個人で来たらいいですしね。

 

ツアーは余計な心配をせずに、「観光だけを楽しめる」のがメリットですよね。

 

まさじろ
まさじろ

価格重視で選ぶなら「HISのタイ旅行ツアー」がおすすめで、充実したサポートで選ぶなら「JTBのタイ旅行ツアー」がおすすめですね。

 

ツアーについては、「タイ旅行ツアーで知らないと泣きを見る事前情報!」で続きを確認して下さいね!

航空券とホテルを予約

個人で行こうと思った方は、次は「航空券とホテルを予約」しましょう。

お得に予約したい方は、「早めの予約」をおすすめします。

 

航空券とホテルは、早めに予約するほど「値段が下がる傾向」にあるからですね。

タイ旅行を決めたら、最初にすることが「航空券とホテル」の手配になりますね。

 

ぷち福
ぷち福

タイ行きの航空券は「Surprice」で、タイのホテル探しは「HotelsCombined 」がおすすめですね!

 

航空券については、「タイ行き格安航空券(直行便)の往復相場!安い時期にお得購入」で続きを確認して下さいね!

必須となる情報

 

タイ旅行の必須情報がコチラになります。

 

タイ旅行の持ち物

タイ旅行に必要な持ち物を忘れたら、「現地で購入」しないといけなくなります。

無駄な出費を避けるためにも、忘れ物がないようにして下さい。

 

タイ旅行の直前になって、「あれは持った?これは必要なの?」と慌てながらの旅支度も楽しいものです。

ただし、旅の用意は早めをオススメします。

 

タイ旅行の直前にバタバタと急いで旅支度をすると、「本当に必要な持ち物」を忘れる事があるからですね。

旅は、「準備をしているときも楽しい」んです!

 

持ち物については、「タイ旅行の必需品と持ち物リスト!準備から旅を楽しもう」で続きを確認して下さいね!

タイ旅行の服装

タイ旅行では、基本的には「Tシャツ・ハーフパンツ・サンダル」の服装で問題ありません。

タイは暑い国なので、軽い服装が楽なんですよね。

 

しかし、その服装だけだとバンコク旅行で「問題が発生する可能性」があります。

具体的には、「風邪をひいたり・入場を拒否されたり」になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

実は、タイって寒い国なんです。信じられないでしょうが、実際に体験すると理解できると思います(笑)

 

服装については、「タイ旅行の服装をバンコク・プーケット観光別に紹介!」で続きを確認して下さいね!

タイで使えるSIMカード

最近のタイ旅行で必須になるのが、インターネット環境になります。

空港やホテルのWIFIも使えますが、「常時ネットに接続」できる方が便利です。

 

常時ネットが使えることは、実は防犯対策にもなるんです。

例えば、タクシーに乗ったとき「グーグルマップで現在地を確認」したりもできますもんね。

 

以前は、タイの空港で「購入・設定」してもらってました。しかし、今では日本で購入できます。

シムフリースマホを持ってる方は、「simカード」を購入しておきましょう。

 

シムフリースマホって何?と思った方は、「海外レンタルWIFI」が便利です。

ぷち福
ぷち福

海外レンタルWIFIがあると、「日本で使ってるスマホ」をタイでもそのまま使えます。おすすめは、「イモトのWiFi」になりますよ!

 

SIMについては、「タイsimカードはバンコクの空港より日本で購入がおすすめ!」で続きを確認して下さいね!

お金に関する情報

 

次は、タイ旅行の「お金に関する情報」を確認しましょう。

 

タイの通貨

日本では円が使われているように、タイでは「バーツ」が使われています。

タイの通貨には紙幣と硬貨があって、最高紙幣は「1,000バーツ」になりますね。

 

「1,000バーツって日本円でいくら?」と思った方もいるかと思います。

バーツを日本円に、「ザックリと計算できる方法」を知っていると便利ですよ!

 

通貨については、「タイ通貨のお金の単位と種類!日本円への計算方法も紹介」で続きを確認して下さいね!

タイでの両替

多くの旅行者にとって、「日本円からバーツへの両替に関する情報」はとても重要です。

と言うのも、両替をする場所次第では「かなりのレート損」になるからですね。

 

同じ空港内の同じフロアで、「1万円の両替に対して約800円」の差になったりする国なんですよね。

ちなみに、一番のレート損は「日本国内でバーツに両替すること」ですので、ご注意下さいね!

 

両替については、「タイバーツと日本円を高レート両替!バンコクのおすすめ店も」で続きを確認して下さいね!

タイ旅行でのチップ

チップは欧米の習慣だと思いがちですが、タイでも状況に応じて「チップは必要」となります。

 

チップが必要になるシーンは、

  • ホテル
  • レストラン
  • タクシー
  • タイマッサージ

などがありますね。

 

ただし、チップが必要じゃないシーンもありますので、ご注意下さいね!

 

チップについては、「タイのチップ相場の目安と渡し方!」で続きを確認して下さいね!

タイへの入国→空港までの情報

 

次は、「タイへ入国してから空港を出るまで」をみていきましょう!

 

入国カードの書き方

タイの入国審査は、昔は簡単に通過することができました。

しかし、昨今のタイでは、「入国カードの不備を指摘」するようになったんですよね。

 

と言っても、本来は入国カードは不備があってはならないものです。

今までのタイが甘すぎたんでしょうね。

 

キッチリと入国カードを書いていれば、「何の問題もなく通過」できるので予習しておいて下さいね!

 

入国については、「タイ入国カードの書き方と入国審査までの流れ!」で続きを確認して下さいね!

パスポート

パスポートで気を付けてほしいのが、「残存期間」になります。

残存期間とは、パスポートの「使用期限」のことですね。

 

タイ入国の条件の1つが、「パスポートの残存期間が6ヶ月以上」なんですよね。

パスポートの更新期限が近い人は、早めに切り替えておきましょうね。

 

残存期間が近い方は、「タイ旅行のパスポートの残存期間が!と思った時にデキること」を確認して下さいね!

スワンナプーム国際空港

入国審査のあと、道なりに歩くとコチラの「2階の到着フロア」に着きます。

写真の「→」右手に向かって進んで下さい。

 

空港ですべきことは、「両替と市内移動」になります。

まずは、両替をするために「地下フロア」に向かいましょう!

 

ぷち福
ぷち福

市内移動は、荷物が多い方はタクシーが便利ですね。女性の一人旅の方は、「安全上の理由」で電車をおすすめします。

 

空港での流れ等は「スワンナプーム国際空港の両替とタクシーの乗り方」で続きを確認して下さいね!

空港から電車でバンコク市内

 

それでは次は、空港から電車でバンコク市内に行く方法を確認しましょう!

 

エアポートレールリンク(ARL)

スワンナプーム国際空港と、バンコク市内を結んでいる電車が「エアポートレールリンク(ARL)」になります。

 

BTSを使う方はパヤタイ駅、MRTを使う方はマッカサン駅で乗り換えましょう。

 

スワンナプーム駅からの運賃は

  • マッカサン駅:35バーツ(約100円)
  • パヤタイ駅 :45バーツ(約150円)

になりますね。

 

ARLについては、「エアポートレールリンクの乗り方!路線図と時刻表」で続きを確認して下さいね!

BTS(高架鉄道)

BTSは、バンコク市内を走る高架鉄道になります。

 

バンコク観光では「BTSに関する知識」があると本当に役立ちます。

BTSの駅と直結している有名観光地もあるからですね。

 

現在は、「スクンビット線・シーロム線」の2路線しかありません。

ですので、難しくないので安心して下さいね。

 

まさじろ
まさじろ

30分くらい乗っても「60バーツ(180円)」くらいなので、値段が安いのも嬉しいですよ!

 

BTSについては、「タイのバンコクにあるBTSの路線図と乗り方!」で続きを確認して下さいね!

MRT(地下鉄)

MRTは、バンコク市内を走る地下鉄になります。

BTSに比べると頻度は下がりますが、バンコク観光ではMRTも使うと便利なんです。

 

バンコクのMRTは、

  • ブルーライン
  • パープルライン

があります。

 

しかし、旅行者が使うのは「ブルーラインのみ」になりますね。

つまりは、実質1路線なので難しくはありません。

 

MRTについては、「バンコクのMRT(地下鉄)の路線図と乗り方!」で続きを確認して下さいね!

BTSとMRTが交わる駅

BTSとMRTが交わるのが、「BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅」になります。

ここでの乗り換えをスムーズに行うことで、バンコク観光がもっと楽しくなりますね。

 

BTSアソーク駅からだと、上記写真の「MRTスクンビット駅・3番出口」に向かいます。

 

改札を出てから、ここまで約2分ですね。

ですので、BTSとMRTの移動はそんなに難しくありません。

 

詳しくは、「BTSアソーク駅からMRTスクンビット駅への乗り換え方法を説明!」で続きを確認して下さいね!

タイ旅行に役立つ情報

 

タイ旅行に役立つ情報を確認しましょう!

 

コンセントと電圧

コチラが、タイで使われているコンセントの1つになります。

実は、日本のプラグは「タイのコンセント」に普通に差し込めちゃうんです。

 

なので、変換プラグは必要ないんですが、タイの電圧に対応していない電化製品は速攻で壊れます(笑)

それは、日本とタイでは「電圧が異なる」からですね。

 

コンセントと電圧については、「タイのコンセント形状と電圧は要警戒!」で続きを確認して下さいね!

タイ旅行の注意点

タイは、治安が比較的に良い国の1つになります。

治安は良いんですが、「小さな危険は至る所」に転がっています。

 

バンコクは大都会なので、「日本に居るのと錯覚」することがあります。

日本にいる時と同じように行動したら、「危険が増す」のは当然ですからね!

 

注意点については、「タイの治安で旅行者が注意すべき5ヶ条!」で続きを確認して下さいね!

タイの言葉と挨拶

タイで使われている言葉は、「タイ語」になります。

簡単な挨拶程度のタイ語を知っておくだけで、旅が楽しくなりますよね。

 

タイの挨拶は合掌(手を合わせる)になります。

タイのドナルドが合掌してる理由は、「タイの挨拶」にあったんですよね。

 

ただし、タイの挨拶である合掌には注意点もあるんです。

その1つが、「合掌する位置」になりますね。これが非常に重要なんです。

 

言葉と挨拶は、「タイ語の挨拶を中心に自己紹介・日常会話・マナー」で続きを確認して下さいね!

タイのお土産

自分用のお土産は何でもいいですが、プレゼント用は「喜んでもらいたい!」ですよね。

 

実は、タイ旅行のお土産に「悩む日本人」は多いんです。

一般的な日本人のイメージとしては、タイは「まだまだ未発展な国」だからですね。

 

 

タイ旅行のお土産で人気があるのは、

  • ヤードム(タイの鼻スースー)
  • タイパンツ
  • タイの雑貨
  • タイシルク
  • harnn・パンピューリ・サバイアロム

等になりますね。

 

お土産は、「タイ旅行のお土産ランキング22選!」で続きを確認して下さいね!

タイ・バンコクにある有名観光地

 

最後に、「タイ国内の有名エリア」と「バンコクの観光地」を紹介します。

 

タイ国内の有名エリア

 

  1. バンコク
  2. アユタヤ
  3. パタヤ
  4. スコータイ
  5. プーケット
  6. サムイ島
  7. ピピ島
  8. チェンマイ
  9. チェンライ

 

タイ国内の詳しい観光情報は、「タイ観光のおすすめ名所やスポットを全エリアから厳選!」で続きを確認して下さいね。

 

バンコク観光地図

  1. スワンナプーム国際空港
  2. ドンムアン国際空港
  3. ファランポーン駅
  4. バンコク北バスターミナル
  5. バンコク東バスターミナル
  6. ワットプラケオ
  7. ワットポー
  8. ワットアルン
  9. チャトチャックマーケット
  10. サイアムパラゴン
  11. セントラルワールド
  12. MBKセンター
  13. ターミナル21
  14. ワットパクナム
  15. アジアティーク
  16. 鉄道市場☆
  17. ジムトンプソン・アウトレット
  18. チャイナタウン

 

バンコクの詳しい観光情報は、「バンコク観光のおすすめスポットや名所を初心者向け18選!」で続きを確認して下さいね。

まとめ

今回は、タイ旅行で必要になる「旅行プランの計画→観光」の情報を説明しました。

 

海外旅行人気ランキングで、常に上位にランクインされる「タイのバンコク」。

世界中で、日本人が本当に観光しやすい街の1つになりますね。

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!