タイ旅行の予算2泊3日!格安な費用で行く方法をバンコクを例に紹介

タイ旅行を真剣に考えてる人ほど、

読者さん
読者さん
  • タイ旅行の予算はいくらになるの?
  • 格安でタイ旅行する方法はあるのかな?

との疑問が浮かんできます。

 

実は、本サイトに届く「旅の予算に関する質問」は少なくありません。

 

結論から言うと、2泊3日のタイ旅行だと

  • 一般的な費用:8万円
  • 格安費用  :4.5万円

になりますね。

 

実は、タイ旅行の予算に関しては「かなり答えにくい質問」になります。

旅の予算は「個々のスタイルで異なる」からですね。

 

ぷち福
ぷち福

今回は、「タイ旅行2泊3日のモデルコース」に基づいて具体的な費用を計算していきますね。

 

私が、「旅の基本的な予算」を計算します。

後は、あなたの旅のスタイルにあわせて変えて頂ければと思います。

 

この記事では、

  • タイ旅行2泊3日の予算を具体的に計算
  • タイ旅行に格安な費用で行く方法

について、タイ歴22年の私が説明しますね。

 

まさじろ
まさじろ

タイの物価は日本の「約3分の1」になります。日本からタイに行くと、「お金持ちになった気分」が味わえますよ!

 

タイ旅行2泊3日の予算:1日目

2泊3日のタイ旅行の「1日目のスケジュール」は以下になります。

 

  • 11:00 日本の空港を出発
  • 16:00 スワンナプーム空港着
  • 17:30 公共交通機関を使ってホテルへ
  • 18:30 ホテルにチェックインして少し休憩
  • 20:00 アジアティーク観光

 

日本→タイへの航空券(直行便)

日本からタイへの飛行機(直行便)には、「ANA・JAL・タイ航空」があります。

時期によってかなりの変動がありますが、相場は「4万円~6万円」になりますね。

 

経由便なら値段が下がるのですが、タイ旅行に慣れてない方には「直行便がおすすめ」ですね。

経由すると旅行時間が減るので、タイでの滞在時間が「短くなるのもデメリット」なんですよね。

 

日本とタイの往復航空券は「50,000円」で話を続けますね。

 

タイ行き航空券は、「Surprice」がおすすめですね。大手旅行会社のHISが運営なので安心感があります。

スワンナプーム空港からホテルまでの電車運賃

ホテルの場所や渋滞状況によっても異なりますが、

「空港→ホテルまでの電車賃は300円」

みておけばいいですね。

 

ただし、荷物の多い方は電車よりも「タクシーを使ってホテルに向かうこと」をおすすめします。

タクシー運賃は、「1,500円」みておけばいいですね。

 

まさじろ
まさじろ

ちなみに現金だけではなく、「クレジットカード」も持っていきましょうね。できれば、2枚あると安心ですよ!

 

クレジットカードは、「楽天カード」がおすすめですね。年会費無料ですし、海外旅行保険が利用付帯されるからです。さらには楽天のポイントもガンガン貯まるのも嬉しいです。

simカード

読者さん
読者さん

インターネットが使えるように、空港で「simカードを購入」しなくていいの?

 

現代では、インターネット環境は必須です。ですので、タイでもスマホが使えると便利ですよね。

しかし、スワンナプーム空港での「simカードの購入」はオススメしません。

 

それは、日本で購入できるからですね。私も最近では、「日本で購入」しています。

設定も簡単ですし、simカード購入のために並ぶ必要もないので快適ですよ!

 

詳しくは、「タイsimカードは日本で購入がおすすめ!」で確認して下さいね!

海外用のレンタルwifi

読者さん
読者さん

ところで、「simカード」って何?

と思った方は、海外用のレンタルwifiをおすすめします。

日本で使ってるスマホが、「タイでも同じように使える」のが特徴ですね。

 

海外レンタルwifiは、

  • スマホにあまり詳しくない方
  • 日本のスマホをタイでもそのまま使いたい方

におすすめです。

 

私のイチオシが、コチラの「海外レンタルWIFI」になりますね!

タイのホテル料金の目安

タイのホテル料金の「1泊の目安」は以下になります。

  • 高級ホテル:10,000円~
  • 中級ホテル:6,000円~

 

2泊3日のタイ旅行なら、中級以上のホテルをオススメしますね。

中級とは言っても、「タイのホテルのコスパが高い」ので十分満足していただけると思います。

 

タイのホテル代金は、6,000円×2泊=「12,000円」になります。

 

タイのホテル探しは、「HotelsCombined 」がおすすめですね。私も使っていますが、「最安値を検索」できるのが嬉しいんです。

ホテル→アジアティークへ移動

ホテルにチェックインして、落ち着いたら「アジアティーク」に向かいましょう。

 

ホテル→アジアティークは、タイの電車(BTSやMRT)が便利ですね。

ホテルの場所によって運賃が異なりますが、「往復で800円」も見ておけばいいかと思います。

 

「バンコク観光の初日の夜」におすすめなのが、超有名ナイトマーケットである「アジアティーク」なんです。

チャオプラヤー川沿いにあるので、「やさしい夜風が吹く中」で景色と夕食を楽しめます。

ちょっと贅沢な夕食だとしても、「3,000円」でお釣りがくると思いますよ。

 

ちなみに、アジアティークは入場無料ですね。太っ腹だよね(笑)

 

まさじろ
まさじろ

あまり遅くならない内にホテルに帰って下さいね!

 

2日目にかかるお金

2泊3日のタイ旅行の「2日目のスケジュール」は以下になります。

 

  • 10:00 エメラルド寺院と王宮を観光
  • 13:00 ワットポー・ワットアルンを観光
  • 16:00 ワットパクナムを観光
  • 18:00 ターミナル21で夕食
  • 19:30 鉄道市場を観光とお土産探し

 

ホテル→王宮へ

ホテルで朝食を食べたら、「王宮観光」に向かいましょう!

 

ホテル→王宮でかかる費用は、

  • BTSやMRT:150円
  • 水上ボート:150円
  • 王宮入場料:1,500円

で、あわせて「1,800円」になりますね。

 

王宮→ワットポーまで歩く

王宮観光が終わったら、次は「ワットポー」に向かいましょう

歩いて10分~15分程度なので、タクシーは必要ないと思います。

 

こんな感じの道なので、「周囲の雰囲気」を感じながら歩いて下さいね!

 

昼食はガパオライス

ワットポー周辺に到着したら、まずは昼食を食べましょう。

おすすめは、「ガパオライス」ですね。

 

こういう飾り気のないガパオライスが美味しいんですよね。

ガパオライスを食べるなら、飲み物代込みで「300円」で十分ですね。

 

ワットポー観光

お昼を食べた後は、ワットポー観光を楽しみましょう。

 

ワットポーの入場料は、「600円」になります。

 

ワットポー→ワットアルン

ワットポーからワットアルンは、渡し船で向かいます。

 

乗船時間は2分から3分ですね。

ですので、船運賃も「15円」と激安です。

 

ワットアルンを観光

ワットアルンの入場料は、「150円」になります。

 

ワットアルンを観光したら、次は「ワットパクナム」に向かいます。

この区間は、タクシーがおすすめですね。タクシー運賃は、「200円」みておけばいいですね。

 

まさじろ
まさじろ

ただし、一人旅の女性はタクシーが危ないので、「ワットアルン→BTSサパンタクシン→ワットパクナム」に向かって下さい。

 

ワットパクナム

バンコク観光で大人気なのが、ワットパクナムですね。

入場料は無料ですね。

 

ワットパクナムを観光したら、BTSウタカット駅にタクシー向かいます。

タクシー運賃は、高くても「150円」になりますね。

 

BTSウタカット駅→BTSアソーク駅にいきます。

料金は、「150円」になりますね。

 

ターミナル21

BTSアソーク駅のすぐ隣にあるショッピングモールの「ターミナル21」で夕食を食べましょう。

 

ターミナル21には、日本食もありますし、美味しいタイ料理のお店もあります。

タイ料理を食べるなら、かなり贅沢をしても「2,000円」でおさまると思います。

 

鉄道市場を観光

ターミナル21で食事をしたら、次はMRTで「鉄道市場」に向かいます。

MRTの運賃は、「100円」になりますね。

 

上空からの絶景を楽しんだ後は、日本へのお土産を購入してホテルに帰りましょう!

お土産代金は、「5,000円」としておきますね。

 

鉄道市場からホテルの電車代は、「300円」みておけば十分だと思います。

 

ぷち福
ぷち福

最終日の3日目は、ホテルから空港に行くだけです。行きと同じで、電車賃は「300円」見ておきましょう

 

タイ旅行のお土産は、「タイ旅行のお土産ランキング22選!」を参考にして下さいね!

2泊3日のタイ旅行の予算の総額

2泊3日のタイ旅行の予算を計算すると以下になります。

 

品目金額
往復航空券50,000
空港→ホテル300
ホテル(2泊)12,000
アジアティーク往復800
1日目の夕食3,000
ホテル→王宮観光1,800
2日目の昼食300
ワットポー600
渡し船15
ワットアルン150
アルン→パクナム200
パクナム→BTS駅150
BTS代金150
2日目の夕食2,000
MRT代金100
日本へのお土産5,000
鉄道市場→ホテル300
ホテル→空港300
雑費3,000
総額80,165

 

2泊3日のタイ旅行の予算の総額は、「8万円」になりますね(雑費の3,000円を含む)。

 

バンコク観光のおすすめは、「バンコク旅行のおすすめ観光地18選!」にも目を通しておいて下さいね!

タイ旅行に格安な費用で行く方法

タイ旅行の費用を格安にする方法は以下になります。

  • 格安航空券にする
  • ホテルをエコノミーにする
  • 食費を見直す

 

格安航空券にする

タイ旅行の費用において、60%を占めるのが「往復航空券」になります。

ですので、格安でタイ旅行にいくなら「航空券を上手に購入」することが肝要となります。

 

先程は、直行便航空券を選びましたが、安さで選ぶなら「格安航空券」がおすすめですね!

格安航空会社は、「エアアジア・スクート・タイライオンエアなど」があります。

 

ぷち福
ぷち福

格安航空券のタイ往復の相場は、「20,000円~30,000円」になりますね。

 

格安航空会社のデメリット

ただし、格安なのには当然ですが理由があります。まずは、コチラの写真を見て下さい。

格安航空のデメリットの1つに、「座席間がメチャクチャ狭い」があります。

 

格安航空会社のデメリットは、まだあります。

 

  • 機内食、飲み物、毛布等が有料
  • 預け荷物が別途有料
  • フライトスケジュールがよく遅延する
  • フライトが欠航しても保証はない

 

デメリットが気にならない方は、格安航空券がおすすめですね。

ここで、ガクンと「タイ旅行の費用が落ちます」からね。

 

格安航空券の運賃は、「25,000円」で計算しておきますね。

 

格安航空券を探すのも、「Surprice」がおすすめですね。割引クーポンを上手に使えば、さらに金額が落とせますよ!

ホテルをエコノミーにする

タイ旅行の費用において、15%を占めるのが「ホテル代金」になります。

ホテル代金も、旅のスタイルにあわせてしっかりと調整していきたいですね。

 

タイのホテルには、高級・中級以外にも以下があります。

  • エコノミーホテル:3,000円~
  • ゲストハウス  :600円~

 

ホテル代金を下げたい方には、「エコノミーホテル」をオススメします。

メチャクチャ節約したい方は、ゲストハウスでもいいですね。

 

ホテル代金は、3,000円×2泊=「6,000円」で計算しておきますね。

 

エコノミーホテル探しも、「HotelsCombined 」がおすすめですね。

1日目の夕食を見直す

1日目の夕食は、まだまだ費用を格安にすることが可能です。

 

まず、1日目のアジアティークでは食事する場所を「ヤムセープ」にしましょう。

私がアジアティークのヤムセープで、実際に食べたのが以下になります。

 

これで、「約600円」になります。さらには、味も抜群に美味しいです。

実は、ヤムセープはタイ国内にある有名なチェーン店なんです。

 

ただし、「アジアティークの素敵な景色」を見ながらの食事はできませんよ。

 

2日目の夕食を見直す

2日目の夕食も、まだまだ費用を落とすことが可能です。

ターミナル21には、「タイ国内で1番安いフードコート」があるんです。

 

こちらのフードコートを使えば、お腹いっぱい食べても「300円」くらいですね。

ただし、このフードコートは大人気なので「席が空いてない」ことが多いんですよね。

 

実は、ターミナル21にも私のおすすめである「ヤムセープ」があります。

日本から友人が来たら、私はターミナル21のヤムセープに必ず連れてきますよ。

 

ちなみに、バンコク郊外でもパタヤでも、ヤムセープを頻繁に使っています(笑)

安くて美味いからですね。「心からおすすめ」します!

 

という事で、2日目の夕食も「600円」で計算しますね。

 

費用を徹底的に格安にした「2泊3日のタイ旅行」

先程の予算から削った費用は、

  • 飛行機代金 :50,000円→25,000円
  • ホテル代金 :12,000円→6,000円
  • 1日目の夕食 :3,000円→600円
  • 2日目の夕食 :2,000円→600円

になります。

 

費用を徹底的に格安にした総額は「45,365円」になりますね。

さらには、お土産代の5,000円を削ると、驚きの「4万円」になります。

 

タイはまだまだ物価が安い国ですよね。

 

格安航空は、ドンムアン空港に着く

注意点としては、

「エアアジア・スクート・タイライオンエア」

は、「ドンムアン空港」に到着します。

 

ドンムアン空港からバンコク市内までは、電車がないので「バスかタクシー」で行って下さい。

 

今回の記事の具体的なモデルコースは、「タイ旅行の2泊3日のモデルコース」で詳しく紹介しています。

まとめ

今回は、「タイ旅行2泊3日の予算」と「タイ旅行の費用を下げる方法」を説明しました。

安く海外旅行できる「良い時代」になりましたよね!

 

タイ旅行の予算の次は、「タイ旅行のお役立ち情報」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!