タイ旅行の注意点で「危険を回避」するための5ヶ条を詳しく解説!

スポンサーリンク

タイは東南アジアでは比較的に治安が良い国になります。ですので、命までとられる危険性は少ないんですが「小さな危険」は至る所に転がっています。

ところで、タイ旅行等の海外旅行において「一番気を付けないといけない事」を知ってますか?それは「慢心と油断」になります。

こんな記事を書いてる私ですが、タイでこないだ財布をスられました。そんな私だからこそ言えることは、「何事も調子に乗ったらダメだよ!」になりますね。

タイ旅行を大満足させるための「転ばぬ先の杖」と思って、今回の注意点をじっくりと予習しておいてくださいね。

タイびと
タイびと

危険の多くは「少しの予備知識」で回避できることが多いんですよ!

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイ旅行の5つの注意点」について、タイ歴22年の私が解説します。

スポンサーリンク

タイ旅行の観光時の注意点

タイ旅行の観光時の注意点は以下になります。

  • 慣習
  • 食事
  • 交通
  • トランプ詐欺
  • 麻薬は危険

日本とタイは何となく雰囲気が似てるので、特にバンコクでは「ここは日本なんだろうか?」と錯覚することも多いです。

まさじろ
まさじろ

しかし、日本にいる時と同じように行動したら「危険が増す」のは当然です。タイは外国ですよ!

タイびと
タイびと

タイの通貨である「バーツ」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ通貨のお金の単位と日本円への簡単な計算方法

スポンサーリンク

タイの慣習

タイ旅行の観光時の注意点の1つ目は、「タイの慣習」になります。

  • 国歌が流れてる時は直立不動
  • 女性はお坊さんに触れていけない

国歌が流れてる時は直立不動

最近では有名になりましたが、タイでは毎日朝8時と夕方の6時に公園やBTSの駅で国歌が流れます。この時「必ず直立不動の姿勢」で国歌演奏が終わるのを待ってください。

タイには不敬罪という刑法があります。簡単に言うと「タイの王室を侮辱する者を罰する」という法律ですね。外国人でも適用されるんです。お気をつけ下さい。

女性はお坊さんに触れていけない

日本もタイも仏教の国ですが、タイの仏教は日本に比べると戒律がより厳格になっています。特に女性が注意して欲しいことがあります。

それは「女性はお坊さんに触れていけない」と言うことです。タイの女性もお坊さんが近づいてくると少し距離をとります。

タイびと
タイびと

女性の方は、お坊さんが近くにいる時は注意して行動してくださいね!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行でのお得な両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

タイ旅行で食事をする時の注意点

タイ旅行の観光時の注意点の2つ目は、「食事」になります。

  • 水道水は飲めません
  • タイの屋台での飲食はリスクもある

水道水は飲めません

タイは、水道から出てくる水は飲めません。当然ですが、飲もうと思ったら飲めると思いますよ。しかし、お腹を壊す確率100%だと思ってください(笑)

私はお腹が日本人の中でもトップクラスに強いです。タイの田舎でタイ人と同じものを食べてもほとんどお腹を壊すことはありません。

まさじろ
まさじろ

そんな私でも、タイの水道の水を飲むと一発でお腹を壊しますね。それに、タイ人も水道水は飲まないですしね。

タイの屋台での飲食はリスクもある

タイ旅行の醍醐味の1つであるタイの屋台。しかし、タイは熱帯の国なんで食べ物の腐食が早いんですよね。ですので、お腹の弱い人は屋台での食事を控えたほうがいいですね。

特に短期旅行者の方は絶対にやめておいた方がいいですね。せっかくのタイ旅行なのに「タイの病院で寝てた」って人がまれにいます。さらに帰国時にお腹を壊してると悲惨です。

タイびと
タイびと

タイの屋台についてはコチラをどうぞ!

>>タイの屋台は衛生に難あり帰国前の腹痛は泣くよ

スポンサーリンク

タイの交通で注意して欲しいこと!

タイ旅行の観光時の注意点の3つ目は、「タイの交通」になります。

  • 女性は1人でタクシーには乗らない
  • 交通事故に注意して!

女性は1人でタクシーには乗らない

タイの女性でも、タクシーに1人での乗車を怖がります。タクシー運転手にはいい人も多いですが、変な人もたまにいるんですよね。

女性はなるべくBTSを使ったほうがいいですね。特に夜や深夜は「絶対に1人で乗ってはいけません!」

交通事故に注意して!

バンコクを歩いていると、日本人の若者に限らず年配の方までもが「歩きスマホ」をしている光景に出くわします。「あの?轢かれたいんですか?」と私は常に思いながら見てます。

タイは「車優先社会」です。日本の「人優先社会」に慣れきった私たちは、タイの交通においては完全弱者になります。

日本人と違って、タイ人は車に乗ると「偉くなった感覚」に囚われる人がけっこういます。本当に交通事故には注意して下さい。せっかくのタイ旅行が台無しになりますからね。

まさじろ
まさじろ

タイ人のドライブマナーを知ってる私からすると、「とんでもなく危険な行為」に見えますよ。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

トランプ詐欺

タイ旅行の観光時の注意点の4つ目は、「トランプ詐欺」になります。

トランプ詐欺は、東南アジアでは昔からある手垢のついた詐欺です。しかし、未だにこの詐欺に引っかかる日本人がいます。

トランプ詐欺とは、外国人のお家に招かれてトランプゲームでお金持ちから小銭を巻き上げようとすると、知らない間に「あなたがお金を巻き上げられてた」という古風な詐欺です。

騙すつもりが騙されてた

外国人もお金持ちも仲間ですから、最初から獲物は「あなた」なんですね。手持ちのお金だけではなく、クレジットカードやキャッシュカードでお金を引き出すように言われますよ。

「知らない人にはついていかない!」と、小学生の頃は分かってたのに、大人になったら油断が出てくるのが不思議ですよね。

まさじろ
まさじろ

油断と言うよりも「欲」が出ちゃうんだね(笑)

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

麻薬はダメ!トラブルの元だよ

タイ旅行の観光時の注意点5つ目は、「麻薬」になります。

海外に出ると若者も中年も浮かれてしまいます。ですので、人によっては「ついついよからぬ薬」を試す人もいるようです。

バンコクやパタヤやプーケットで簡単に入手できるんですよね。しかし、実はタイには「麻薬等の通報制度」があります。

  • 売人が特価で薬を売ってくれて喜んでたら、「その直後」に警察に尋問されて薬が見つかる。
  • 仲良くなったタイ人に試してみろよ、と言われて「試してたら」警察が踏み込んできた。

上記のようなケースは後を絶ちません。それは、薬を勧めた人と警察は「最初からあなたをハメよう」としてたんですからね。

タイの刑務所は甘くないよ!

捕まったらタイの刑務所行きですね。タイの刑務所は日本のように甘っちょろくないそうですよ。タイにあるフリーペーパーに「タイの刑務所にいる日本人の手記」が掲載されてます。

まさじろ
まさじろ

皆さん、とんでもなく後悔してますよ。タイには薬なんかしなくても楽しいことが山程ありますからね。絶対に手を出さないこと!

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ旅行の5つの注意点」について、タイ歴22年の私が解説しました。

少し気をつけるだけで危険を回避できることも多いですからね。私がスられた額は、現金7万円・財布が3万円で計10万円になります。

あなたが楽しくタイ旅行できたら、私の10万円は無駄ではなくなりますよね。注意点をしっかりと守りながらタイ旅行を楽しんで下さいね!