スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ・バンコク旅行の必需品と持ち物リスト!準備から旅を楽しもう

スポンサーリンク

タイ旅行の前に気になることの1つが、

読者さん
読者さん

タイ旅行に「必要な持ち物」は何があるの?

になりますよね。

 

タイに慣れてない人は、「必要になる物・不必要なも物」が分からないですもんね。

 

結論から言うと、タイ旅行の持ち物で

  • お金
  • パスポート

が、絶対に忘れてはいけない必需品になります。

 

 

ぷち福
ぷち福

「お金とパスポート」だけは、絶対に忘れてはいけませんね。忘れると、「旅が即終了」になりますからね(笑)

 

しかし、それ以外にも「忘れないほうがいい持ち物」があるんです。

忘れたら、タイで買わないといけなくなるので「余計な出費が増える」からですね。

 

この記事では、

  • タイ旅行の必需品と必要な物
  • 女性におすすめな旅の事前準備
  • タイ旅行で必要のない持ち物

について、タイ歴22年の私が紹介します。

 

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の持ち物で不安になった時のオマジナイは、「お金とパスポートさえあれば、何とかなる!」になりますよ。

スポンサーリンク

タイ旅行の持ち物で必需品

タイ旅行の持ち物で必需品が以下になります。

 

  • A:お金
  • A:パスポート
  • A:海外旅行保険
  • A:クレジットカード
  • A:スマホ
  • A:航空券のチケット

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

お金

実は、パスポートを忘れた方は「そもそも日本の空港から出国」できません。

泣きながら帰路につくだけでなので、「まだマシといえばマシ」です。

 

最悪なのは、タイに着いたにも関わらず「お金を持ってない」ことです。

 

タイの空港に到着して、「お金を両替しよう」と両替所に向かいます。

そこで青ざめます。いくら探しても財布が見つかりません。

 

まさじろ
まさじろ

その状況を想像するだけで、寒気がしますよね。本当に注意して下さいね!

 

パスポート

前述したように、パスポートがないと「日本の空港からタイ」に飛び立つことができません。

パスポート忘れにも注意して下さいね。

 

まだパスポートを持っていない方は、「早めの取得をおすすめ」します。

と言うのも、パスポートは申請してから1週間ほどかかるからですね。

 

さらには、「パスポートの残存期間」にもお気を付け下さい。

ぷち福
ぷち福

タイは30日までならビザなしで入国が可能ですが、パスポートの「残存期間は6ヶ月以上」と定められています。

 

海外旅行保険

海外旅行保険は、短期間の旅行では問題ないと思われがちです。

しかし、入っておくことを「強くおすすめ」します。

 

私は以前、タイの有名な私立病院のお世話になりました。

医療レベルが高いので、「日本以上のしっかりとした治療」をしてくれました。

 

ぷち福
ぷち福

しかし、治療費がビックリするほど高額になるんですよ。ちょっと見てもらっただけで10万円を超えました。

 

クレジットカード

今やタイ旅行には必須といっても過言ではないのが「クレジットカード」になります。

 

最近のタイでは、クレジットカードが使えるお店が増えてきました。

ですので、お金がなくても「クレジットカード」を持っていれば旅をすることは可能です。

 

宿泊先のホテルで、「チェックインのときに提示」を求められることも多いですしね。

さらには、クレジットカードは「2枚持つこと」を強くおすすめしますね。

 

1枚は持ち歩いて、「もう1枚はスーツケースに保管」しておくと安心ですよね。

ちなみに私は、タイで財布をスられて「泣きを見てる」のでクレカ2枚を強くオススメしますよ!

 

まさじろ
まさじろ

私が愛用しているのが、「年会費無料クレジットカード」になります。旅の費用をクレジットカード払いにすると、「海外旅行保険も無料でついてくる」ので超おすすめですよ!

 

航空券のチケット

最近の航空会社の多くは、「コンピューターに乗客情報」が入っています。

ですので、空港にある航空会社のカウンターでパスポートを見せれば確認がとれます。

 

しかし、「パスポート+飛行機チケット」のデータを確認する航空会社もあります。

ですので、私はスマホに「飛行機チケットのデータ」を入れております。

 

ただし、飛行機チケットを「用紙」で確認する航空会社もまだ存在するそうです。

不安な方は「プリントアウト」して持っていくことをオススメします!

 

ぷち福
ぷち福

私がいつも使ってるのが、「格安タイ・バンコク航空券」になります。大手旅行会社が運営しているので安心感が違いますよ!

 

スマホ

現代では、旅には「ネット環境」は欠かせません。

特に海外では防犯の観点からも、「ネットに常時繋がっている環境」にあることをおすすめします。

 

simフリースマホをお持ちの方は、コチラの「タイのsimカード」をおすすめします。

 

まさじろ
まさじろ

simフリーに詳しくない方は、「海外レンタルwifi」をおすすめします。日本のスマホがそのままタイで使えるので便利ですよ!

 

スポンサーリンク

タイ旅行の標準的な持ち物

タイ旅行の「標準的な持ち物」は以下になります。

 

  • B:スーツケース
  • B:モバイルバッテリー
  • B:デジカメ
  • B:国際運転免許証
  • B:旅の指さし会話帳
  • B:虫除けスプレー
  • B:着替え

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

B:スーツケース

タイ旅行に行くならスーツケースは欠かせません。

昔は、スーツケースは高かったので購入をためらうこともありました。

 

 

しかし、最近では「6~7千円」も出せば良いのが買えますよ。

女性へのおすすめサイズは、「SかMサイズ」になりますね。Lサイズは大きすぎて持て余すと思います。

 

ぷち福
ぷち福

たまにしか旅行にいかない方は、「レンタルスーツケース」がおすすめですね。スーツケースって意外に場所をとりますから(笑)

 

B:モバイルバッテリー

モバイルバッテリーを1つ持ってると、「旅行中の充電の心配」なくなりますね。

 

 

カフェやファストフードのお店で充電は可能です。

しかし、スマホやデジカメの充電のために「貴重な旅の時間を削られる」のもモッタイナイですしね。

 

B:デジカメ

スマホで写真が綺麗に撮れる時代になりました。

しかし、スマホとデジカメでは「望遠や夜景のシーン」で差がつくんですよね。

 

 

タイ旅行の思い出を「美しく残したい」ならデジカメが超おすすめですね。

 

B:国際運転免許証

レンタカーやレンタルバイクを使う予定のある方は必携ですね。

 

チェンマイ・プーケット・パタヤに行く予定のある方も持っておいたら便利ですよ。

 

B:旅の指さし会話帳

タイ旅行の初心者の方は、「旅の指さし会話帳」があるとタイ人と意志の疎通がとりやすいですね。

 

 

旅の「お守り代わり」に1冊持っていってもいいですね!

まさじろ
まさじろ

ちなみに、私もタイ語が話せるようになるまではお世話になってましたよ。

虫除けスプレー

ホテルで寝ようとしたら耳元で不快な羽音。タイのホテルでは、「蚊に悩まされる機会」は少なくありません。

眠いのにも関わらずに「蚊を退治」するという無駄な時間を過ごすことになります。

 

 

退治に時間がかかると、次の日に寝不足になることも。

そんな時に、超オススメなのが「蚊がいなくなるスプレー」になります。

 

ぷち福
ぷち福

蚊がいない部屋ってのは、気持ちよく快適に眠れますもんね(笑)

 

B:着替え

着替えを準備するとき、

  • 観光用:長いパンツ
  • 防寒用:羽織れるもの

を持っていくことをおすすめします。

 

 

長いパンツは、タイの寺院観光をするときは「服装規定」があるからですね。

羽織れるものは、タイでの「寒さ対策」になります。

 

タイ旅行の服装については、「タイ旅行の服装を紹介!」にも目を通しておいて下さいね!

スポンサーリンク

あると便利な持ち物

タイ旅行であると便利な持ち物は以下になります。

 

  • C:イヤホン
  • C:電卓
  • C:腕時計
  • C:自撮り棒
  • C:圧縮袋
  • C:常備薬
  • C:筆記用具

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

C:イヤホン

旅行の移動時間や待ち時間に、音楽や動画を見る時に便利なのが「イヤホン」になります。

イヤホンのおすすめは、「Bluetoothイヤホン」ですね。

 

 

コードがないイヤホンの自由さを一度体感してほしいですね。

普段使いでも、本当に役に立ちますよ!

 

C:電卓

「電卓なんてスマホについてるじゃん!」と思った方は、スマホアプリの電卓を使うことをおすすめします。

 

 

しかし、この発想にパッと至らなかった方は、「旅行中の金額計算」のために電卓を持っていくことをおすすめします!

 

C:腕時計

当然ですが、スマホにも時計機能はあります。

しかし、大人の男性のお洒落は「腕時計が重要」なんです。

 

 

大人の男性がお洒落を楽しめるアイテムの1つが腕時計ですもんね。

 

女性には「青が美しいBaby-G」をおすすめします。

 

C:自撮り棒

旅行中は自撮りの機会も増えますよね。

 

 

自撮り棒がある便利ですよね。

 

C:圧縮袋

衣類は意外にかさばるのでスーツケースが圧迫されがちです。

そんなときに、「圧縮袋があると便利」ですよ。

 

 

まさじろ
まさじろ

スーツケースにスッキリと衣類が収まるので、私にとっては「B:準必需品」ですね!

 

C:常備薬

バンコクには日本人常駐の薬屋さんも増えてるので、そこまで神経質になる必要はないと思います。

 

 

しかし、日本から持ってきたほうが余計な時間をとられないですね。

正露丸を持ってることで、「心が安心すること」もメリットの1つですね。

 

C:筆記用具

「タイの入国カード」を書く時など、筆記用具を一本持ってると便利ですね。

 

 

ちなみに、上記で紹介しているボールペンは「超書きやすい」のでオススメです。

 

タイの入国の流れは、「タイの入国の流れと入国カードの書き方!」をどうぞ!

スポンサーリンク

バンコクやプーケットで役立つ持ち物

バンコクやプーケットで役立つ持ち物は以下になります。

 

  • B:水着
  • B:ビーチサンダル
  • B:折りたたみ傘
  • C:上品な服装やシューズ
  • C:サングラス
  • C:帽子
  • C:汗拭きシート
  • C:ボディータオル

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

B:水着

水着はビーチリゾートに行く時には「必須の持ち物」になります。

さらには、ホテルのプールでも使う機会がありますね。

 

 

水着はデザインにさえこだわらなけらば、現地での購入も可能ですがオススメしません。

 

男性用の水着はコチラをおすすめしますよ!

 

 

B:ビーチサンダル

ビーチサンダルは、プーケット等の「ビーチリゾートで必須の持ち物」になります。

バンコクも暑いのでビーチサンダルがあると便利です。

 

 

ただし、上品な場所はビーチサンダルNGになりますのでご注意下さいね!

 

男性用のビーチサンダルはコチラをおすすめしますよ!

 

 

B:折りたたみ傘

折りたたみ傘は、タイの「雨季と暑季」に大活躍する持ち物になります。

 

 

雨季はスコールの季節ですので、突然の雨に降られた時「折りたたみ傘」が重宝します。

暑季は日差しが強くなるので、「日傘として使う」と直射日光を防げます。

 

C:上品な服装やシューズ

バンコクのルーフトップバーを楽しみたい方は、「上品な服装やシューズ」を用意することをオススメします。

 

 

Tシャツやハーフパンツだと、「服装規定」で入場できない可能性があるからですね!

 

C:サングラス

ビーチリゾートに行く方には、サングラスを持っていくことをおすすめします。

海が太陽光を反射するので、「サングラスがあると目の保護」になります。

 

 

ちなみに、タイの有名ビーチでは「サングラスを持ってない人」を目指してサングラス売りが近づいてきます。

 

そこでも購入可能ですが、質の割には高いんですよね。

ちなみに、サングラス売りの方は「かなりの商売熱心」ですよ。

 

タイびと
タイびと

暑い中で頑張ってるので、買ってあげたいんですが「質が良くない」ので悩みます(笑)

 

C:帽子

帽子は観光用にもビーチ用にも、日差しを防ぐのに役立ちますね。

 

C:汗拭きシート

観光中にあると便利なのが、「汗拭きシート」になります。

 

 

タイのコンビニでも売っていますが、かなり「イマイチな製品」なのでオススメできません。

 

C:ボディータオル

タオルでもいいですが、個人的に大好きなのが「ボディータオル」になります。

 

 

ボディータオルは泡立ちもいいですし、「汚れが落ちてる感」がいいですよね。

 

男性にはコチラがおすすめです。普段使いにも最適ですよ!

 

スポンサーリンク

女性におすすめな旅の事前準備

女性におすすめな旅の事前準備は以下になります。

 

  • A:化粧品類
  • A:日焼け止め
  • A:ストール
  • A:ミニバッグ
  • B:アクセサリ
  • B:ハンカチ・ハンドタオル
  • B:ドライヤー
  • B:ヘアアイロン
  • C:シャンプー・リンス
  • C:ブラシ
  • C:生理用品
  • C:洗顔料

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

まさじろ
まさじろ

この章は、「美容意識の高い友人女性」に質問しながら書きました。即座に言われたのが「女性にとって化粧品は必需品!」ですね。パスポートよりも大事なんだそうです(笑)

A:化粧品類

いつもの化粧道具と日焼け止め機能のあるパウダーを携帯しておくと、サッと化粧直しできて便利ですね。

 

 

タイにもお化粧品は販売していますが、「日本から持っていくこと」を強くオススメします!

 

A:日焼け止め

タイは暑い国なので、「日焼け止め」は絶対に持って行ったほうがいいですね。

 

 

飛行機内やホテルが乾燥しやすいのと、意外に唇も焼けやすいので「UVのリップクリーム」も持っていくといいですね。

 

A:ストール

ストールは寒ければひざ掛けや肩掛けになり、暑ければ首に巻いて日焼け防止となる万能アイテムです。

 

A:ミニバッグ

ザ・旅行者と分かりやすいバックパックやウエストポーチは、

「バンコクでのお買い物やディナークルーズのお洋服と馴染みにくい」

と思ったので、斜め掛けにもできるミニバッグを持参して行きました。

 

 

中身はパスポートのコピーと海外旅行保険、スマートフォン、ダミー用の小さなお財布、タオルハンカチ、ティッシュ、指差し会話の本、折りたたみ式のエコバッグを入れていました。

 

B:アクセサリ

アクセサリーは数はいらないですが、洋服とのコーディネートで必要となります。

 

 

女性は旅行でもお洒落を楽しみたいですもんね。

アクセサリーをよく無くしてしまう方には、「アクセサリーケース」をオススメしますよ!

 

B:ハンカチ・ハンドタオル

タイは暑い国なので、汗がたくさん出ます。

ガーゼハンカチやタオルハンカチなどは必須ですね。

 

 

ハンカチ・ハンドタオル等の製品は、「やはり日本製」がイイですよ。

 

B:ドライヤー

タイの中級ランク以上のホテルには、備え付けのドライヤーがあることが多いです。

しかし、機能的にはいささか頂けない物が多いんです。

 

 

髪を痛めたくない方は、「海外対応ドライヤー」を持っていくことをおすすめします!

 

B:ヘアアイロン

女性は旅行中もお洒落を楽しみたいですよね。

タイのホテルには、ヘアアイロンが置いてるのは見たことがありません。

 

 

必要な方は持参することをおすすめします。

海外対応のヘアアイロンを選ぶようにしましょう!

 

C:シャンプー・リンス

自分の髪に合った「いつも使っているシャンプー・リンス」を持っていくことをおすすめします。

 

 

シャンプーがあわないと、

「髪がガシガシときしんだり・頭皮に違和感があったり」

して旅行気分が台無しになるからですね。

 

C:ブラシ

 

ブラシはホテルにもありますが、髪が決まらないと気分も上がらないので「使い慣れたの」がいいですね。

 

C:生理用品

 

生理用品は現地にも売っていますが、「日本製の方があう」ので日本から持っていくことをオススメします!

 

C:洗顔料

洗顔料はタイのコンビニでも購入できますが、

「せっかくの旅行で肌があれたりすると困る」

のでいつも使っているのを持っていくことをオススメします。

 

 

ちなみに、パーフェクトホイップは「タイ人女性へのお土産」としても喜ばれますよ。

2~3年前に人気が爆発して、今もその人気を保っています。

 

タイ旅行のお土産は、「タイ旅行のお土産ランキング22選!」にも目を通しておいて下さいね!

スポンサーリンク

タイ旅行で必要のない持ち物

タイ旅行で必要のない持ち物が以下になります。

 

  • D:電気シェーバー
  • D:電源タップ
  • D:変換用プラグ
  • D:変圧器

 

「A:必需品」「B:準必需品」「C:持ってると便利」「D:必要ない持ち物」

 

D:電気シェーバー

電気シェーバーは必要はありません。

タイ旅行中は、タイのコンビニで売っている「T字カミソリ」を使えばいいからですね。

 

タイの有名な都市には、「至る所にコンビニがある」ので簡単に購入できるのも嬉しいですね。

値段も100円~なので、「使い捨て感覚」でいいと思います。

 

D:電源タップ

タイ旅行に電源タップは必要ありません。

ただし、格安ホテルの中には「コンセントの数が少ないホテル」もあります。

 

 

そんな時に便利なのが「USB急速充電器」になります。

4つの差込口があるので、コンセントが1口でも全く問題ありませんからね!

 

D:変換プラグ

タイ旅行では、「変換用プラグ」は必要ありません。

 

変換プラグが必要ない理由は、日本のプラグが「タイでそのまま差し込める」からですね。

 

D:変圧器

タイ旅行には、変圧器も必要ありません。

 

タイ旅行に持って行く電子機器は「タイの電圧に対応している製品が多いから」ですね。

 

詳しくは、「タイのコンセントタイプと電圧」で確認して下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ旅行の必需品と持ち物」「女性におすすめな旅の事前準備」を紹介しました。

 

タイ旅行の楽しみの1つに、「旅の前の準備」がありますよね。

持ち物について悩んでる間も、「あなたの心はタイ」に飛んでますもんね。

 

タイ旅行の持ち物の次は、「タイ旅行のお役立ち情報」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント