タイ・バンコク旅行に変圧器が必要ない理由!プーケットなども同様

 

この記事は、

  • そもそもタイに変圧器は必要なの?
  • タイ旅行の持ち物に変圧器が必要ない理由
  • 100V専用が多い電化製品への対応方法

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

タイ旅行の持ち物に変圧器は必要なの?

日本とタイの電圧を比べると、

  • 日本:100V
  • タイ:220V

になります。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

そんなタイ国内で、100V専用の電子機器を使いたいとき必要となるのが「変圧器」になりますね。

 

タイで変圧器を使ったことがない

日本から電子機器を持ち込みたい方は、「変圧器の購入を検討」するのも当然かと思います。

しかし、チョット待って下さいね。その変圧器は、「そもそも必要なんでしょうか?」

 

私も、タイ以外の国では「変圧器のお世話」になったことは何度もあります。

しかし、タイで変圧器を使ったことは1度もありません。

まさじろ
まさじろ

つまり、タイ旅行には変圧器は必要ありません。その理由を、今から説明していきますね!

 

タイでは変圧器が必要ない理由

タイ旅行の持ち物に「変圧器が必要ない理由」は以下になります。

  • タイで使う電子機器には100V〜240V対応が多い
  • 買うとしたら、現地で買ったほうが楽で安い

 

タイで使う電子機器には100V〜240V対応が多い

実は、タイ旅行で使う電子機器には「100V〜240V製品」が多いんです。

タイ旅行によく持っていく製品が以下になります。

  • スマホ
  • タブレット
  • デジカメ
  • ノートパソコン

 

これらは、「100V〜240V」に対応している製品が多いです。

ですので、わざわざ変圧器を持っていく必要はありません。

 

買うとしたら、現地で買ったほうが楽で安い

タイに住もうとしてる方は、旅行者よりも「タイに持っていく物が増える」と思います。

しかし、変圧器は日本から持って行く必要はありません。

 

実は、変圧器は使えるワット数に応じて値段が異なります。

簡易的な変圧器なら数千円で購入できますが、「本格的な変圧器は数万円」するんですよね。

 

さらに、本格的な変圧器の重量は「10キロを超える物」も少なくなりません。

タイ猫さん
タイ猫さん

持って行くだけでも大変ですので、変圧器が必要ならば「タイ国内で購入」することをオススメしますね。

 

100V専用が多い電化製品への対応方法

100V専用が多い電化製品には以下があります。

  • 電気シェーバー
  • ドライヤー
  • ヘアアイロン

 

電気シェーバー

電気シェーバーは、「100V~240V対応の製品」を購入するとタイでも使えます。

しかし、長期旅行でもない限り、購入する必要はありません。

 

タイ旅行中は、タイのコンビニで売っている「T字カミソリ」を使えばいいからですね。

値段も100円~なので、使い捨て感覚でいいと思います。

ふみまろ
ふみまろ

タイの有名な都市には、「至る所にコンビニがある」ので簡単に購入できますよ!

 

普段使いのシェーバーで海外対応製品を買っておくのもおすすめですよ!

>>海外対応シェーバーを「Amazon」で探す

>>海外対応シェーバーを「楽天」で探す

ドライヤー

タイの一般的なホテルには、「ドライヤーが完備」されています。

ですので、よっぽどのこだわりがない限りは、ホテルのドライヤーを使うことをオススメします。

 

ちなみに、ドライヤーに関しては「変圧器の選択肢」は完全に消え去ります。

ドライヤーが使える変圧器は、「非常に高価で重い」からですね。

 

まさじろ
まさじろ

海外でも普段使いのドライヤーが使いたい方は、最初から「海外対応ドライヤー」を購入することをおすすめします。

>>海外対応ドライヤーを「Amazon」で探す

>>海外対応ドライヤーを「楽天」で探す

ヘアアイロン

ヘアアイロンが完備されているタイのホテルは、かなり少ないと思います。

さらにはドライヤーと同様で、ヘアアイロンが使える変圧器は「非常に高価で重い」です。

 

お持ちのヘアアイロンが100V専用の場合は、普段使いできる「海外対応ヘアアイロン」に買い換えましょう。

>>海外対応ヘアアイロンを「Amazon」で探す

>>海外対応ヘアアイロンを「楽天」で探す

 

ふみまろ
ふみまろ

タイ旅行に持って行く電子機器が、「100V専用か220Vまで対応してるのか」をしっかりと確認することが大事なんです!

タイは電圧に要警戒!コンセント形状とプラグタイプを知ると理解可
この記事は、 日本とタイの電圧は異なる 対応電圧の確認方法をチェック! タイのコンセントとプラグ形状 について書いています。 まさじろ タイ歴22年の「...

まとめ

今回は、「タイ旅行に変圧器が必要ない理由」を説明しました。

 

おさらいすると、

  • スマホやタブレットは海外対応製品が多い
  • ドライヤーはホテルに完備されている
  • 最初から海外対応製品を買っておくのもおすすめ!

になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

せっかくのタイ旅行ですから、女性の方はお洒落も楽しんで下さいね!

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年の「まさじろ」が運営しています。

・タイ国政府観光庁公認タイランドスペシャリスト2019
・インターネット旅行情報士検定2級

メール  :thaitabi034@gmail.com
ツイッター:@thaitabi

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!