スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ旅行には変圧器を持って行く必要がない理由!【単純明快】

スポンサーリンク

読者さん
読者さん
  • タイ旅行には変圧器が必要ですか?
  • タイで変圧器を使ったことがありますか?
  • ドライヤーは変圧器がないと使えないよね?

タイ旅行では、変圧器は必要ありません。その理由は、タイ旅行で使う電子機器は「100V〜240V対応」が多いからですね。

タイ以外の海外では、変圧器のお世話になったことは何度もあります。しかし、タイでは変圧器を使ったことは1度もありません。

ドライヤー・ヘアアイロン等は、「日本国内専用」が多いので変圧器があった方が便利ですね。しかし、ドライヤー・ヘアアイロン等が使える変圧器は「値段が高い」ですよ。

今回は、タイ旅行には変圧器が「必要ない理由」について、タイ歴22年の私が解説しますね!
まさじろ
まさじろ

ドライヤー・ヘアアイロン等が使いたい方は、「海外対応製品の購入」をおすすめします。わざわざ、変圧器を購入するのはモッタイナイですよ。

スポンサーリンク

タイ旅行に変圧器を持っていく必要がない理由

日本の電圧は100Vでタイの電圧は220Vですので、「100V専用の電子機器」はタイではそのまま使えません。

日本とタイの電圧について調べた方が次に考えるのが、「じゃあ、タイ旅行には変圧器が必要だよね?」になります。

変圧器とは、異なる電圧を「100Vに変圧」してくれる機械ですね。変圧器があると、100V専用の電子機器がタイでも使えるようになります。

日本から電子機器を持ち込みたい方は、「変圧器の購入」を検討するのも当然かと思います。しかし、チョット待って下さいね。

タイたび
タイたび

その変圧器は、「そもそも必要」なんでしょうか?

タイ旅行で使う電子機器には「100V〜240V」対応が多い

タイ旅行に変圧器を持っていく必要がない理由は、「タイ旅行で使う電子機器は100V〜240V対応が多いから」になります。

タイ旅行に持って行く電子機器には以下があります。

  • スマホ
  • タブレット
  • デジカメ
  • ノートパソコン
上記は、元から「100V〜240V」に対応している製品が多いんですよね

私はタイ歴22年になりますが、「変圧器」のお世話になったことは一度もありません。使ったこともないので変圧器の写真も持ってませんよ(笑)

タイに住む予定の方はタイで買う方が安い

タイに住もうとしてる方は、旅行者よりもタイに持っていく物が増えると思います。しかし、変圧器は日本から持って行く必要はありません。

実は、変圧器は使えるワット数に応じて値段が異なります。簡易的な変圧器なら数千円で購入できますが、本格的な変圧器は数万円するんですよね。

さらに、本格的な変圧器の重量は、「10キロを超える物」も少なくなりません。持って行くだけでも大変ですので、変圧器が必要ならば「タイ国内で購入」することをオススメしますね。

まさじろ
まさじろ

タイのプラグ形状については、コチラにも目を通しておいて下さいね!

タイのプラグ形状はA・B3・Cタイプ!変換プラグは【必要なし】
読者さん タイのプラグ形状には何があるの? 日本のプラグは使えるの? タイ旅行には変換プラグが必要? タイのプラグ形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね。日本のプラグは「A...
スポンサーリンク

「ドライヤー・ヘアアイロン・電気シェーバー」は100V専用が多い

タイで使うときに、特に注意しないといけないのが以下になります。

  • 電気シェーバー
  • ドライヤー
  • ヘアアイロン

上記は「100V専用製品」が多いからですね。

タイびと
タイびと

それぞれの製品に関しての対策を具体的に確認していきましょう!

電気シェーバー

電気シェーバーは、「100V~240V対応の製品」を購入するとタイでも使えます。しかし、長期旅行でもない限り、購入する必要はありません。

タイ旅行中は、タイのコンビニで売っている「T字カミソリ」を使えばいいからですね。値段も100円~なので、使い捨て感覚でいいと思います。

まさじろ
まさじろ

タイの有名な都市には、「至る所にコンビニがある」ので簡単に購入できるのも嬉しいですね!

ドライヤー・ヘアアイロン

タイに持っていきたいドライヤーとヘアアイロンの電圧を確認したら「100V専用」だと分かった。しかし、どーしてもこの製品をタイで使いたい。

そこで登場するのが変圧器になります。タイは日本よりも高電圧になります。そんな環境下で100V専用の電化製品を使うのに必要なものが「変圧器」でしたよね。

しかし、ドライヤー・ヘアアイロンに関しては「変圧器」の選択肢は完全に消え去ります。ドライヤーが使える変圧器は、「非常に高価で重い」からですね。

それなら、「海外対応ドライヤー・ヘアアイロン」を購入した方が遥かにお得なんですよね。

タイびと
タイびと

タイの電圧に関してはコチラをどうぞ!

タイの電圧は要警戒!「対応電圧」の確認方法を解説【壊れる前に】
読者さん タイと日本の電圧は異なるの? 日本の電化製品はタイで使えるの? 電圧が違うと電気製品が壊れるの? タイと日本の電圧は異なります。「日本が100Vでタイが220V」だからですね。...
スポンサーリンク

海外対応「ドライヤー・ヘアアイロン」

読者さん
読者さん

タイでドライヤーとヘアアイロンを購入すればいいよね?

そう考える方は少なくありません。しかし、タイでの購入はオススメできません。ドライヤーとヘアアイロンの現地購入はおすすめできない理由は以下になります。

  • コンビニでは販売してないので、わざわざ買いに行かないといけない
  • まともなドライヤーとヘアアイロンは、安いのでも各3千円以上するので使い捨てはモッタイナイ
  • タイの製品を日本で使うと、電圧の関係で性能が発揮できない
タイ旅行で、ドライヤー・ヘアアイロンを使いたい方は「海外対応製品」がおすすめ!
 

海外対応ドライヤー・ヘアアイロンのおすすめ製品

タイ旅行にドライヤーやヘアアイロンを持っていきたい方は、「220Vに対応している製品」を購入することをオススメします。

ドライヤーやヘアアイロンには100V専用が多いですが、探せば220Vで使える製品もけっこうあるんですよね。

まさじろ
まさじろ

とにかく安く海外対応のドライヤーやヘアアイロンを探したい方はこちら!

タイびと
タイびと

日本でも使える海外対応のドライヤーやヘアアイロンを探したい方はこちら!

スポンサーリンク

タイ旅行に連れて行きたい「変圧器の代替品」

タイ旅行に行く方は、変圧器よりも「USB急速充電器(上記写真)」の購入をおすすめします。愛用して数年になりますが本当に便利ですよ。

物価の安いタイですが、実は電気代はそう安くありません。ですので、タイのエコノミーホテルの中には、「なるべく電気を使わせないための工夫」をしてきます。

その工夫の1つが、「部屋のコンセントの数」を減らしてくることになります。コンセントの数が少ないと、同時に充電できないので不便なんですよね。

タイたび
タイたび

タイのコンセント形状についてはコチラをどうぞ!

タイのコンセント形状はA・B3・Cタイプ!日本のプラグ【使用可】
読者さん タイのコンセント形状には何があるの? 日本のプラグは使えるの? タイ旅行には「変圧器や変換プラグ」が必要? タイのコンセント形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね...

コンセントが1口でも問題なし

そんな時に便利なのが「USB急速充電器」なんですよね。4つの差込口があるので、コンセントが1口でも全く問題ありませんからね。

USB急速充電器は、普通の充電器よりも早く充電ができることもメリットの1つですね。旅行中にカフェなんかで休憩している時に「ササッと充電」できますからね。

まさじろ
まさじろ

私も愛用している超おすすめの「USB急速充電器」と「外付けバッテリー」がコチラになります。外付けバッテリーもタイ旅行で必須の持ち物となってきましたよね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ旅行には変圧器が「必要ない理由」について解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • タイ旅行に持って行く電化製品は海外対応が多い
  • 変圧器は値段が高いし重量がある
  • USB急速充電器があると本当にありがたい
  • ドライヤー等は海外対応製品を購入すると便利
まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!

タイ旅行で役に立つ情報を紹介するよ
今回は、「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しますね!