タイのチップ相場や渡し方をホテル・マッサージ等に分けて解説するよ

スポンサーリンク

今回は、タイのチップ相場と渡し方について、タイ歴22年の私が解説します。

チップ習慣は日本にはないので、私たち日本人はチップってのに慣れてないんですよね。ですので、「チップっていくら渡したらいいんだろう?」と悩んでしまいます。

タイのチップ相場を知っておくと、チップを渡す相手から「心からの微笑み」を貰うことができますよね。

誰だって、「ちょっとしたお小遣い」を貰うと嬉しいもんです。それでは、タイ旅行を全力で楽しむために「タイのチップ」について予習しましょう!

スポンサーリンク

タイはチップ習慣がある国

まず、知って欲しいことが、「タイはチップ習慣のある国」だと言うことです。

私もそうなんですが、「チップ = 欧米文化」だと思ってる日本人は多いです。ですので、「タイにはチップの習慣がありますよ!」と言うと、皆さん驚かれます。

そんなタイのチップに関しての質問を頂くことは少なくありません。お金に関する問題はデリケートですので、「チップとは気持ちですよ」と答えていました。

ご迷惑をおかけしました(泣)

すると、相場よりも「かなり高額なチップ」を渡す方も出てきました。さらには、相場を逸脱した「かなり低額なチップ」を渡す方も出てきました。

私が曖昧な回答をしたばかりにご迷惑をかけてしまいました。ですので、今回はシーン別にタイのチップの具体的な金額相場を紹介しますね!

スポンサーリンク

チップ相場と渡し方をシーン別に紹介

タイでチップが関係してくる場面は以下になります。

  • ホテルのボーイさん
  • ホテルのベットメイクさん
  • レストラン
  • タイマッサージ
  • チップボックス
  • タクシー
  • タイ旅行でチップが必要なるその他状況

それでは、1つずつ「チップ相場と渡し方」を確認していきましょう!

※タイの通貨単位をよく知らない方は先にこちらの記事を確認して下さい!

タイの通貨やお金の単位!1バーツは日本円でいくらかの換算も解説
今回は、タイの通貨やお金の単位と1バーツを日本円に換算する簡単な方法について、タイ歴22年の私がタイ初心者のために解説します。 初めての国や慣れてない国に行くときって、その国の貨幣価値が分からないので「損をするんじゃないだろうか?」と...
スポンサーリンク

ホテルのボーイさん

ホテルにチェックインした後に、ボーイさんがスーツケースを部屋まで運んでくれたらチップをあげましょう。

宿泊先に分けたチップ相場は以下になります。

  • エコノミーホテル:50バーツ
  • 中級ホテル:50~100バーツ
  • 高級ホテル:100バーツ~

エコノミーホテルで、50バーツ札の持ち合わせがないときは、「20バーツ札3枚」を私は出しています。

中級ホテルで、50バーツ札の持ち合わせがないときは、「100バーツ札」を出してますね。ただし、中級ホテルでは「100バーツのチップ」をおすすめしますよ。

高級ホテルでは、最低100バーツのチップですね。バンコクの超有名ホテルでボーイをしてる友人の話しでは、「200バーツや300バーツ」のチップもあるそうですよ。

ボーイさんへのチップの渡し方

ホテルのボーイさんへのチップの渡し方は、ボーイさんが部屋から出ていく時がスマートですね。

スポンサーリンク

ホテルのベットメイク

忘れがちですが、ホテルのベットメイクさんにもチップをあげて下さい。ピシッとしたシーツで寝られるのはベッドメイクさんのおかげですからね。

宿泊先に分けたチップ相場は以下になります。

  • エコノミーホテル:40バーツ
  • 中級ホテル:60~80バーツ
  • 高級ホテル:100バーツ~

ベットメイクさんへのチップの渡し方

ベットメイクさんへのチップの渡し方は、出かける前に「机やベッドの上などのチップと判断しやすい場所」に置いといてあげるとスマートですね。

ベットメイクさんに直接チップを渡せる機会はあまりないですよね。ですので、お喋り好きな私もベットメイクさんと話したことはあまりないですね。

スポンサーリンク

レストラン

タイの中級レストラン以上では、チップが必要になります。ただし、屋台やフードコートではチップは不要ですね。

さらには、タイの中級レストラン以上でも、「チップが必要なお店と必要じゃないお店」に分かれます。

チップが必要じゃないお店

上記写真の最下部のTotalの上に「SC10%」と書かれているのが見えますか?

サービスチャージ(SC)とは、「チップ分を食事代金に予め上乗せしておく」と言う意味なんです。

ですので、レシートに「SC10%」や「サービスチャージ10%」と書かれているお店では、チップは必要ありません。

チップの2重払いはもったいないですから、しっかりとレシートを見て確認して下さいね!

チップが必要なお店

一方、チップが必要となるのは上記写真のような「SC10%」が書かれていないレシートの時になります。

こういうお店ではチップが必要となるんですよね。サービスの満足度によって異なりますが、「食事代金の5%~」が相場になりますね。

1,000バーツの食事代金で例えると、「50~100バーツ」がチップの相場になりますね。

スポンサーリンク

タイマッサージ

タイ古式マッサージのチップの相場を、マッサージの種類に分けて解説します。

フットマッサージ・タイ古式マッサージ

フットマッサージ・タイ古式マッサージのチップの「最低額」は以下になります。

  • 1時間:50バーツ~
  • 2時間:100バーツ~

SPA等

SPA等の「ちょっと良さげなマッサージ店」では、チップの額を変更したほうがいいですね。

  • 1時間:100バーツ~
  • 2時間:200バーツ~

マッサージ師さんへのチップの渡し方

マッサージ師さんへのチップの渡し方は、マッサージ代金を支払った後がベストですね。

タイ古式マッサージの効果とは?痛い気持ちいいならオイルがおすすめ
今回は、ちょっと痛いけどメチャクチャ気持ちい「タイ古式マッサージ」の効果や種類について、タイ歴22年で滞在中はほぼ毎日タイマッサージを受けている私が解説します。 実は、タイの魅力の1つに「マッサージの値段が安い!」があるんですよね。安...
スポンサーリンク

チップボックス

タイで素敵なカフェやスタバ等を利用すると、レジの前に「Tip BOX」と書かれた箱が置いてあります。おつりの端数を入れてあげるとスタッフが喜んでくれますね。

私は5バーツ硬貨がおつりにあれば「Tip BOX」に入れるようにしています。気の良いスタッフだと、10バーツ入れることもありますね。

ちなみに、行きつけのお店では積極的に10バーツ入れますね。スタッフの態度が目に見えて違いますよね!

タイ旅行の持ち物や必需品をチェック!準備から始まる至福のひととき
今回は、タイ旅行の持ち物や必需品の準備について、タイ歴22年の私が解説します。 旅行の楽しさの1つに、「旅の前の準備」があります。計画して準備しているだけでも、心はタイに飛んでますよね。 タイ旅行の直前になって、「あれ持ったかな?」...
スポンサーリンク

タクシー

タクシーの運転手さんが、トランクにスーツケースを入れてくれたり、荷物を運ぶのを手伝ってくれたらチップをあげましょう。相場は、20~50バーツですね。

タクシー運転手さんへのチップの渡し方

タクシー運転手さんへのチップの渡し方は、降車時にタクシー料金にプラスするとスマートですね。

タイ語のあいさつ!こんにちは等の日常会話一覧で旅が3倍楽しくなる
今回は、タイ語のあいさつで「こんにちは!」から始まる日常会話一覧について、タイ歴22年の私が解説します。 世界の共通言語である英語で「ハロー」と、あいさつしてもバンコクなら普通に通じます。 しかし、タイ語で「こんにちは!」とあいさつ...
スポンサーリンク

タイ旅行でチップが必要なるその他状況

タイ旅行でチップが必要なる状況には以下があります。

  • 水上マーケット
  • タイで象に乗る

「タイ水上マーケットでの船頭さん」や「タイで象に乗った時の象使いさん」へのチップは、100~300バーツぐらいが平均のようです。

実は、申し訳ありませんが「相場」は分かりません。と言うのも、「相場を理解」するためには頻繁にその状況と接する必要がありますもんね。

頻繁じゃないことは、正直分からないと言うのが事実ですね。

私の場合

ちなみに、個人的にはこんな感じにしてます。

  • 100バーツ:可もなく不可もなく
  • 200バーツ:楽しかった
  • 300バーツ:かなり楽しませてもらった!
タイバーツと円を両替!為替レートで得をして爽快気分で旅を始めよう
今回は、タイバーツと日本円のお得な為替レートでの両替方法について、タイ歴22年の私が徹底解説します。 実は、タイ旅行を楽しむための最初の一歩は、「日本円をタイバーツに両替すること」から始まります。 ほとんどの旅行者の方は、タイの通貨...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのチップの相場と渡し方について、タイ歴22年の私が解説します。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...