タイでチップが必要になるシーンと相場の目安や渡し方を解説するよ!

スポンサーリンク

多くの日本人にとっては、あまり馴染みのない「チップ」。日本にはチップ習慣がないので、海外旅行に行く時に「チップの相場や渡し方」について調べる方も多いですよね。

実は、最初に知って欲しいことが、「タイもチップ習慣のある国」だと言うことです。私もそうなんですが、「チップ = 欧米文化」だと思ってる日本人は多いです。

ですので、「タイにはチップの習慣がありますよ!」と言うと、皆さん驚かれます。タイのチップに関しては以前からよく質問を頂いていましたが、私はそこで「大きなミス」をしていたんです。

タイびと
タイびと

実は、お金に関する問題はデリケートですので、「チップとは気持ちですよ」と答えていたんですよね。

すると、相場よりも「かなり高額なチップ」を渡す方も出てきました。さらには、相場を逸脱した「かなり低額なチップ」を渡す方も出てきました。

私が曖昧な回答をしたばかりに、ご迷惑をかけてしまって申し訳ありません。結論から言うと、タイでチップが必要になるシーンは以下になります。

  • ホテル
  • レストラン
  • タイマッサージ
  • タクシー
  • その他
まさじろ
まさじろ

今回は、「タイのチップの相場の目安と渡し方」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

「タイのホテル」でのチップ相場の目安と渡し方

タイのホテルで、チップが必要になるシーンは以下になります。

  • ホテルのボーイさん
  • ホテルのベットメイクさん

ホテルにチェックインした後に、ボーイさんがスーツケースを部屋まで運んでくれたらチップをあげましょう。忘れがちですが、ホテルのベットメイクさんにもチップをあげて下さい。

タイびと
タイびと

ピシッとしたシーツで寝られるのはベッドメイクさんのおかげですからね。

ホテルでのチップ相場の目安

ホテルの「ボーイさんやベットメイクチップさん」に渡すチップ相場を、ホテルランクに分けると以下になります。

  • 格安ホテル:40バーツ
  • 中級ホテル:50~100バーツ
  • 高級ホテル:100バーツ~

高級ホテルでは「最低100バーツ」のチップですね。超有名ホテルでボーイをしてる友人の話しでは、「200バーツや300バーツ」のチップも普通にあるそうですよ。

「私のホテルは中級?高級?」と迷ったときは、100バーツのチップにすることをオススメします。

ホテルでのチップの渡し方

ボーイさんへのチップの渡し方

ボーイさんへのチップの渡し方は、ボーイさんが部屋から出ていく時がスマートですね。

ベットメイクさんへのチップの渡し方

ベットメイクさんへのチップの渡し方は、出かける前に「机やベッドの上などのチップと判断しやすい場所」に置いといてあげるとスマートですね。

スポンサーリンク

「レストラン」でのチップ相場の目安と渡し方

タイではレストランでもチップが必要となりますが、レストランは以下に分けることができます。

  • チップが必要じゃないレストラン
  • チップが必要なレストラン
「タイのフードコートや屋台」ではチップは必要ありません。

チップが必要じゃないレストラン

チップが必要じゃないレストランは、レシートに「ServiceCharge」と書かれているお店になります。上記写真のレシートだと、中ほどに「10%ServiceCharge」と書かれてますよね。

サービスチャージは「SC10%」と書かれることもあります。「VAT7%」とは日本の消費税のようなもので、サービスチャージとは異なります。

サービスチャージとは、チップ分を食事代金に「予め上乗せしておく」と言う意味なんです。

まさじろ
まさじろ

チップの2重払いはもったいないですから、しっかりとレシートを確認して下さいね!

チップが必要なレストランの「チップ相場の目安」

一方、チップが必要となるのは上記写真のような「ServiceCharge」が書かれていないレシートの時になります。こういうお店ではチップが必要となるんですよね。

チップが必要なレストランのチップ相場は、「食事代金の5%~」になりますね。1,000バーツの食事代金で例えると、「50~100バーツ」がチップの相場になりますね。

レストランでのチップの渡し方

タイのレストランでは、食事をした席上でお会計をします。会計した後にお釣りを持ってきてくれたら、上記写真のようにチップをそのまま置いておけばいいですね。

スポンサーリンク

「タイマッサージ」でのチップ相場の目安と渡し方

タイマッサージでもチップが必要となります。タイマッサージのお店は以下に分けることができます。

  • 一般的なタイマッサージ店
  • SPAや高級タイマッサージ店
タイマッサージのチップは、「お店のランク」に応じて相場が変わります。

具体的なタイマッサージ店のチップ相場は以下になります。

一般的なタイマッサージ店のチップ相場

一般的なタイマッサージ店の「チップ相場」は以下になります。

  • 1時間:50バーツ~
  • 2時間:100バーツ~

SPAや高級タイマッサージ店

SPAや高級タイマッサージ店の「チップ相場」は以下になります。

  • 1時間:100バーツ~
  • 2時間:150バーツ~

タイマッサージでのチップの渡し方

マッサージ代金が先払いでも後払いでも、マッサージ師さんが上記写真のように出口付近で見送ってくれます。

タイびと
タイびと

タイマッサージでのチップの渡し方は、このタイミングがベストですね。

スポンサーリンク

「タクシー」でのチップ相場の目安と渡し方

タクシーの運転手さんへのチップは以下になります。

  • タクシー運賃へのチップ
  • 手伝ってくれたことへのチップ

タクシー運賃へのチップ

タクシー運賃に対してチップを支払うのが、「タイの慣習」になっています。具体的には、タクシー運賃よりも「少し多め」に支払う分がチップになります。

例えば、運賃が上記写真のように37バーツだとすると「40バーツ以上」を支払います。差額の3バーツ分が、「運賃チップ」になるんですよね。

タイびと
タイびと

37バーツの運賃を40バーツで支払った後に、「3バーツのお釣りを頂戴」なんて言うタイ人を今まで一度も見たことがありません。

運賃チップの渡し方

タクシー運転手さんへの運賃チップの渡し方は、降車時に「タクシー料金にプラス」するとスマートですね。

具体的な支払金額は以下になります。

  • 52バーツ → 60バーツ支払い
  • 63バーツ → 70バーツか80バーツ支払い
  • 72バーツ → 80バーツ支払い
  • 83バーツ → 90バーツか100バーツ支払い
タクシーに乗った時は、基本的には「運賃の端数は切り上げ」になります。それが「運賃チップ」ですからね。

手伝ってくれたことへのチップを追加

タクシーの運転手さんが以下のお手伝いをしてくれたら、運賃チップとは別に「手伝ってくれたことへのチップを追加」してあげて下さい。

  • トランクにスーツケースを入れてくれた
  • 荷物を運ぶのを手伝ってくれた
まさじろ
まさじろ

手伝ってくれたことへのチップ相場は、「20~50バーツ」になりますね。

タクシー運転手への総支払額

「スーツケースをトランクに入れてくれて、タクシー運賃が63バーツだったとき」を例にして、タクシー運転手への総支払額を計算してみましょう

  • 63バーツ:タクシー運賃
  • 17バーツ:運賃チップ
  • 20バーツ:お手伝いチップ

最終的に、タクシーの運転手さんに渡す金額は「100バーツ」になりますね。

総支払額=タクシー運賃+運賃チップ+お手伝いチップ
スポンサーリンク

タイ旅行でチップが必要なるその他状況

まさじろ
まさじろ

タイ旅行でチップが必要になる「その他状況」には以下があります。

  • チップボックス
  • 水上マーケットの船頭さん
  • 象使いさん
  • ゴルフのキャディーさん

チップボックス

タイで素敵なカフェやスタバ等を利用すると、レジの前に「TIP BOX」と書かれた箱が置いてあります。おつりの端数を入れてあげるとスタッフが喜んでくれますね。

私は、「1バーツや5バーツ硬貨」がおつりにあれば入れるようにしています。

水上マーケットの船頭さん

バンコクの有名観光地である「水上マーケット」では、船の船頭さんにチップをあげて下さい。チップ相場は、「100〜200バーツ」になりますね。

象使いさん

タイで象に乗ったら、象使いさんにチップをあげて下さい。チップ相場は、「100〜200バーツ」になります。タイで象に乗るなら、「古都アユタヤ」がおすすめですよ!

ゴルフのキャディーさん

ゴルフのキャディーさんにもチップをあげて下さい。チップ相場は、「300〜500バーツ」だそうですよ。私はゴルフをしないので、友人たちからの情報になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイのチップ相場」と「ホテルやマッサージ等での渡し方」について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイでチップが必要になるシーンをおさらいすると以下になります。

  • ホテル
  • レストラン
  • タイマッサージ
  • タクシー
  • チップボックス
  • 水上マーケットの船頭さん
  • 象使いさん
  • ゴルフのキャディーさん

タイのチップ相場を知っておくと、相手から「心からの微笑み」を貰うことができますよ。誰だって、「ちょっとしたお小遣い」を貰うと嬉しいもんですよね!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!