スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【解説】タイでタクシーに乗った時のチップについて!

スポンサーリンク

 

今回は、タイのタクシーでの「チップ相場の目安と渡し方」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します!

 

まさじろ
まさじろ

タイはタクシー代金が本当に安い国なので、積極的に使いたいですよね!

 

スポンサーリンク

タイのタクシーで必要になるチップ

 

結論から先に言うと、

 

タイでタクシーを使ったときのチップには、

タクシー運賃に対してのチップ」と「お手伝いチップ

があります。

 

タクシー運賃に対してのチップ

タクシー運賃に対してチップを支払うのが、「タイの慣習」になっています。

具体的には、タクシー運賃よりも「少し多め」に支払う分がチップになりますね。

 

 

例えば、運賃が上記写真のように37バーツだとすると「40バーツ以上」を支払います。

差額の3バーツ分が、「運賃チップ」になるんですよね。

 

37バーツの運賃で40バーツで支払った後に、

「3バーツのお釣りをちょうだい!」

なんて言うタイ人を今まで一度も見たことがありません。

 

お手伝いチップ

タクシーの運転手さんが以下のお手伝いをしてくれたら、運賃チップとは別に「チップを追加」してあげて下さい。

  • トランクにスーツケースを入れてくれた
  • 荷物を運ぶのを手伝ってくれた

 

スポンサーリンク

タイのタクシー運転手さんへのチップ相場と渡し方

タクシー運賃に対してのチップ相場

タクシー運転手さんへの具体的チップ相場はこんな感じ

  • 52バーツ → 60バーツ支払い
  • 63バーツ → 70バーツか80バーツ支払い
  • 72バーツ → 80バーツ支払い
  • 83バーツ → 90バーツか100バーツ支払い

 

タクシーに乗った時は、基本的には「運賃の端数は切り上げ」になります。

それが「運賃チップ」ですからね。

 

お手伝いチップの相場

手伝ってくれたことへのチップ相場は、「20~50バーツ」になりますね。

 

タクシー運転手さんへのチップの渡し方

タクシー運転手さんへの運賃チップの渡し方は、降車時に「タクシー料金にプラス」するとスマートですね。

 

スポンサーリンク

確認:タクシー運転手さんへの「総支払額」

最後に、下記のシーンで必要なる「タクシーの総支払額」を計算してみましょう!

  • タクシーの運賃が63バーツ
  • スーツケースをトランクに入れてくれた

 

具体的な計算方法

  • タクシー運賃 :63バーツ
  • 運賃チップ  :17バーツ
  • お手伝いチップ:20バーツ

 

最終的に、タクシーの運転手さんに渡す金額は「100バーツ」になりますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのタクシーでの「チップ相場の目安と渡し方」についてシンプルに解説しました。

 

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

 

まさじろ
まさじろ

タイでは、タクシー以外にもチップが必要になるシーンがあります。詳しくはコチラで確認しておいて下さいね!

 

【最新版】タイのチップ相場と渡し方!いらないシーンも解説
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイでチップが必要なるシーンは? 相場の目安と渡し方はどうすればいいの? チップがいらないシーンもあるの? 結論...