スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【解説】タイのレストランやカフェでのチップについて!

スポンサーリンク

 

今回は、タイのレストランやカフェでの「チップ相場の目安と渡し方」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します!

 

まさじろ
まさじろ

タイには、「チップ込みなお店」と「チップ込じゃないお店」があるので、お気をつけ下さいね!

 

スポンサーリンク

タイのレストランで「チップ込みなお店」

タイのレストランで「チップ込みなお店」は、レシートに

「ServiceCharge」

と書かれているお店になります。

 

これだけでは分かりにくいと思うので、こちらの写真を見てください!

 

チップ込みなレストランは、「10%ServiceCharge」と書かれてますよね。

 

サービスチャージとは?

サービスチャージとは、チップ分を食事代金に「予め上乗せしておく」と言う意味なんです。

ServiceChargeとレシートに書いてたら、チップは必要ありませんからね!

 

サービスチャージは「SC10%」と書かれることもあります。

「VAT7%」とは日本の消費税のようなもので、サービスチャージとは異なります。

 

結論:チップの2重払いはもったいないですから、しっかりとレシートを確認して下さいね!

 

スポンサーリンク

チップ込じゃないお店:チップが必要になる!

チップが必要となるのは、下記写真のような「ServiceCharge」が書かれていないレシートの時になります。

こういうお店ではチップが必要となるんですよね。

 

チップが必要なレストランのチップ相場は、「食事代金の5%~」になりますね。

1,000バーツの食事代金で例えると、「50~100バーツ」がチップの相場になりますね。

 

レストランでのチップの渡し方

タイのレストランでは、食事をした席上でお会計をします。

 

会計した後にお釣りを持ってきてくれたら、上記写真のようにチップをそのまま置いておけばいいですね。

 

スポンサーリンク

カフェにあるチップボックス

タイで素敵なカフェやスタバ等を利用すると、レジの前に「TIP BOX」と書かれた箱が置いてあります。

TIP BOXに、おつりの端数を入れてあげるとスタッフが喜んでくれますね。

 

私は、「1バーツや5バーツ硬貨」がおつりにあれば入れるようにしています。

 

「チップを入れた!」と分かってもらわないと意味がない(笑)

 

最後に、少々ケチくさい話をします。

 

チップボックスにチップを入れる時に私が意識してることは、

スタッフに気付いてもらえる瞬間に入れる!

になりますね。

 

読者さん
読者さん

タイたびの運営者って、意外にセコいのね(泣)

チップを入れたのに気付いてもらえないと、カフェのスタッフの「サービスが向上」しないんですよ。

 

チップを入れたのに気づくと、途端にサービスがよくなるんです。カフェを席まで持ってきてくれたりね(笑)

人間なんて、どこの国の人もそんなもんだと思いますよ!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのレストランやカフェでの「チップ相場の目安と渡し方」についてシンプルに解説しました。

 

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

 

まさじろ
まさじろ

タイでは、レストラン以外にもチップが必要になるシーンがあります。詳しくはコチラで確認しておいて下さいね!

 

【最新版】タイのチップ相場と渡し方!いらないシーンも解説
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイでチップが必要なるシーンは? 相場の目安と渡し方はどうすればいいの? チップがいらないシーンもあるの? 結論...