タイお土産のおすすめランキング7選!女性人気はタイパンツとお菓子

スポンサーリンク

今回は、タイのお土産のおすすめランキング7選について、タイ歴22年の私が解説します。

楽しかったタイ旅行の終盤のイベントの1つに「お土産選び」があります。

お土産を探してるときは楽しくもありますが、少々困ることもあります。それが、「タイのお土産は何を買ったらいいの?」になります。

自分用のお土産なら何を買ってもいいですが、プレゼント用のお土産は、「どうせなら喜んでもらいたい!」と考えるのが人ってもんですよね。

今回の記事を参考にして素敵なお土産を探して下さい。お土産選びって本当はすごく楽しいことなんですよ!

スポンサーリンク

タイお土産おすすめランキング7選

タイ旅行のお土産に悩む人は多いです。と言うのも、一般的な日本人のイメージとしては、タイはまだまだ未開発の国なんですよね。

バンコクなんかは大都会だったりするんですが、タイに行ったことがない人はタイの田舎をイメージしますもんね。

私も昔は「タイの食べ物のお土産」は控えてました。ですので、タイシルクや雑貨ばかりをお土産に選んでましたね。

今でもメインのお土産はタイシルクなんですが、如何せん少々お高くつくのが難点です。そんな中で、気軽にばらまけるお土産として見つけたのがタイのお菓子になります。

おすすめランキング

タイお土産のおすすめランキング7選は以下になります。

  • 1位:タイパンツ
  • 2位:タイシルク
  • 3位:タイのお菓子
  • 4位:ヤードム
  • 5位:モン族商品
  • 6位:セラドン焼き
  • 7位:デンティス

1位から順番に確認していきましょう!

スポンサーリンク

1位:タイパンツ

タイお土産のおすすめランキング1位は、「タイパンツ」になります。

欧米人女性やアジア人女性に好まれているタイパンツ。お土産として買って帰る人は多いです。

親しい人へのお土産としてもいいですし、自分用のお土産としても重宝しますね。

タイパンツの魅力

タイパンツの魅力は以下になります

  • ゆったりと履ける
  • 軽いからお土産に最適
  • 至る所で販売している
  • 安い

タイパンツの最大の魅力が「安い」になります。バンコク市内やチェンマイ市内で調査してみると、現地価格の相場は「300円~500円」です。

ですので、気軽に購入することができるんですよね。友人へのお土産用にタイパンツを購入しておいて、お土産が足りるようなら自分で使うことができるのも魅力的ですね。

タイパンツの魅力を3選!バンコク市内の現地価格の相場も解説するよ
今回は、世界中の女性に愛されている「タイパンツ」について、タイ歴22年でタイパンツ愛用家の私が解説します。 タイを旅する旅行者に大人気のタイパンツは、バンコクやチェンマイで履いてる人をよく見かけます。特に欧米人女性やアジア人女性が好ん...
スポンサーリンク

2位:タイシルク

タイお土産のおすすめランキング2位は、「タイシルク」になります。

タイ旅行のお土産の定番が「タイシルク」になります。上質なシルクが安く手に入るので人気なんですよね。タイシルクの有名店が以下なります。

  • ジムトンプソン
  • ナラヤ

ジムトンプソンが老舗で、ここ数年で人気急上昇中なのがナラヤになります。どちらのタイシルクも大人気で、店内はいつもお客さんが多い印象です。

ジムトンプソン・アウトレット

ファイル_002 (13)

ジムトンプソンをお土産にするなら、バンコクにある「ジムトンプソン・アウトレット」がおすすめですね。

通常価格の50%~70%で購入できるんで連日大人気です。BTS(タイの電車)で簡単に行けるのも嬉しいですよね。

ジムトンプソン・アウトレットの魅力と行き方!営業時間なども解説
今回は、ジムトンプソン・アウトレットの行き方と営業時間等について、タイ歴22年の私が解説します。 ジムトンプソンはタイシルクの割には値段も手頃ですので、日本人にも人気のあるタイのお土産の1つです。 ただし、安いとは言っても「タイシル...
スポンサーリンク

3位:タイのお菓子

タイお土産のおすすめランキング3位は、「タイのお菓子」になります。

タイのお土産で悩んだら、お菓子を買っとけば「とりあえず」はお土産になりますね。ですので、ばらまき用のお土産にピッタリですよね。

タイのお土産でお菓子のおすすめは以下になります。

  • タイのポッキー
  • ドライフルーツ

特にドライフルーツは喜んで貰えますね。日本で買うと高いですからね。タイ料理味のポッキーも珍しいので人気がありますね。

どちらもタイのセブンイレブンで購入できます。24時間いつでも買いにいけるのが嬉しいですね。

タイのポッキー

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

タイ旅行のお土産で、手軽にばらまけるのが「グリコのポッキー」になります。ラーブ味とトムヤムクン味があるのですが、意外にどちらも美味しいんですよね。

タイ料理のトムヤムクンは日本でも超有名ですから、けっこう喜んでもらえるお土産になりますね。

グリコが製造してると言うだけで日本人には安心感もあるようです。やはり、よく知らないメーカーの食べ物は口にしたくないですもんね。

お値段は15バーツだった記憶があります。20バーツかな?まあ、そんなに高くはないです。

ドライフルーツ

仕事関係・実家・友人へのお土産として重宝してるのが、「タイのドライフルーツ」になります。ドライフルーツもいろんな種類があるのですが、私のおすすめは以下になります。

  • マンゴー
  • メロン
  • パイナップル

日本人にとって「マンゴーやメロンは高級感」が漂うようで、とっても喜んでいただけます。

値段は、メロン・パイナップルが30バーツ。マンゴーが60バーツだった記憶があります。なんにせよ、そんなに高くはないですね。

※ちなみにメロンは、melonとは書いてません。cantaloupeと書かれてます。これはタイ語でメロンという意味ですね。

スポンサーリンク

4位:ヤードム

タイお土産のおすすめランキング4位は、「ヤードム」になります。

最近の日本で人気急上昇中のヤードム。安いのでばらまき用のお土産にピッタリです。お土産に迷ったら、タイのお菓子とヤードムを買い込んどけば間違いないですよね。

ヤードムは、タイのコンビニやドラッグストアーで買うことができます。値段もあまり変わらないので、私はコンビニで買ってますね。

ヤードムの効果

ヤードムの効果には以下があげられます。

  • 鼻詰まり解消
  • 眠気覚まし効果
  • 食欲減退
  • 虫刺され効果

ヤードムのメインの使い方は、鼻詰まりの解消になります。しかし、主な成分がメンソールなのもあって「こんな使い方ができるぞ!」との発見をします。

ヤードムのおすすめはPOYーSIAN!使い方や効果を解説するよ
今回は、ヤードムのおすすめである「POYーSIAN(ポイシアン)」の使い方と効果について、タイ歴22年の私が解説します。 南国タイを歩いていると、よく目に飛び込んでくる「タイ人必須のアイテム」があります。 それが「ヤードム(タイの鼻...
スポンサーリンク

5位:モン族商品

タイお土産のおすすめランキング5位は、「モン族商品」になります。

タイの少数民族であるモン族が作る「モン族商品」は色鮮やかなので、世界中の人から人気があるんですよね。

タイ国内のほとんどの有名観光地でモン族商品を扱っていますね。そんなモン族商品のおすすめは以下になります。

  • モン族の刺繍
  • モン族のバッグ
  • モン族のスカート
  • モン族のポーチ
  • モン族の雑貨

モン族市場

チェンマイ観光に行く方は、「モン族市場」に寄ることをおすすめします。ここはモン族商品の卸売市場なので、かなり安くモン族商品を購入することができますよ。

モン族が住む村と市場がタイのチェンマイにある!民族衣装が人気だよ
今回は、タイのチェンマイにある「モン族の村」と「モン族市場」について、タイ歴22年の私が解説します。 モン族が有名なのは、モン族の刺繍や雑貨に人気があるからなんです。そんなモン族の方が実際に住んでるのが「モン族の村」になります。 モ...
スポンサーリンク

6位:セラドン焼き

タイお土産のおすすめランキング6位は、「セラドン焼き」になります。

日本でもじわじわと知名度の上がっている「セラドン焼き」は、ベンジャミン焼きと並ぶタイの有名な焼き物になります。

セラドン焼きは翡翠色の青磁としても有名で、驚くことに全てが職人さんの手作りになっています。特に味わい深いのが、セラドン焼きの特徴である貫入になります。

タイ国内の有名ショッピングモールで、セラドン焼きを購入することができますね。

サイアムセラドンの工房

チェンマイ観光に行く方は、「サイアムセラドンの工房」に寄ることをおすすめします。

工房にはショールームも併設しているので、かなりお得にセラドン焼きを購入することができます。製造過程も見学できるので一石二鳥ですよ!

サイアムセラドンのセラドン焼き食器や象を安く買うならチェンマイへ
今回は、サイアムセラドンのセラドン焼きを安く買う方法について、タイ歴22年の私が解説します。 「なんでサイアムセラドンとタイが関係あるの?」と思った方もいるかと思います。実は、セラドン焼きはタイのチェンマイの名産品なんです。 そんな...
スポンサーリンク

7位:デンティス

タイお土産のおすすめランキング7位は、「デンティス」になります。

デンティスが本当に良い歯磨き粉だと知ってる日本人は多いです。しかし、1つ問題があります。それは、日本で購入すると少々良いお値段になるんですよね。

そんなデンティスの生産国はタイになります。ですので、タイで購入すると日本の半額以下の金額で購入することができるんです。

デンティスはタイのお土産で超おすすめ!美容意識を高めてモテ生活
今回は、タイのお土産で超おすすめな「歯磨き粉デンティス」を紹介します。 デンティスは、「恋するハミガキ」のキャッチコピーで有名になったので、今では多くの日本人に知られていますよね。 デンティスが本当に良い歯磨き粉だと知ってる日本人は...
スポンサーリンク

タイのお土産雑貨

タイのお土産の雑貨で密かに人気のある「モスバーガーのコースター」を紹介します。タイ旅行のリピーターなら、モスバーガーのコースターの存在は知ってると思います。

しかし、購入できることまで知ってる人は多くありません。象さんが可愛いので、密かに人気のお土産なんですよね。それに、実はこのコースター意外に安いんです!

タイにもモスバーガーがあるよ

モスバーガーはタイにも出店しているんですよ。もう、タイに来て10年以上になりますね。最初のモスバーガーが、セントラルワールドに出店したときは嬉しかったですよ。

今ではタイで食べられる日本の味として、日本人にもタイ人にも人気のハンバーガー屋さんになってます。

そんなタイのモスバーガーですが、実はコースターが可愛いのでも有名です。タイのSNSでも「可愛い!」とよく紹介されてますね。

プーケットのお土産を探すとき女子におすすめなエリアを5選したよ!
今回は、プーケットのお土産を探すとき女子におすすめなエリアについて、タイ歴22年の私が紹介します。 プーケット旅行のおしまいの方になると気になることが、日本に持って帰る「プーケットのお土産」ですよね。 せっかくお土産を買って帰るんで...
スポンサーリンク

可愛いからと、持ち帰る人がいるようで(笑)

今では少ないようですが、コースターを持ち帰る人がけっこういたんだそうです。タイのフードコートでは、フォークやスプーンを持って帰る人もいるくらいですからね。

ただし、みんな悪気なんてないですよ。「あ、可愛い、欲しい」こんな感覚だと思います。多分、持って帰ってよいものだと思ってたんでしょうね。

ホテルのアメニティーみたいな感覚で持ち帰ってたと、私はいいように解釈しています。

なら販売しよう!

持ち帰られるくらい人気があるなら、「販売しよう!」となったんだそうです。すると、けっこう売れたんだそうですよ。

※この話しは2年ほど前にモスバーガーのタイ人スタッフに聞いた話なので、そこんとこよろしくお願いします。ですので、まぁ話半分に聞いといて下さい(笑)

チェンマイお土産のおすすめで女性が喜んでくれたのを5選したよ!
今回は、「チェンマイお土産のおすすめ」について、タイ歴22年の私が解説します。 旅を締めくくる最後のイベントがお土産選びです。どうせ買うなら喜んでもらえる物にしたいですよね。 厳密に言うと、バンコクでも買えるお土産もありますが値段が...
スポンサーリンク

お値段もおすすめ理由!

そんなモスバーガーのコースターは、実は日本人にも人気があります。コースターとして使うのも良いですが、インテリアとしても素敵ですもんね。

それにモスバーガーのコースターは、実はかなり安いんです。1枚49バーツ(約150円)という激安価格なんです!

とにかく安いのが嬉しいので、毎回5〜10枚ほど購入してバラマキ用のお土産としていますね。

バンコクにあるモスバーガーの場所

バンコクには、8店舗のモスバーガーがあります(2018年1月現在)。ただし、旅行者の方におすすめなのは以下になります。

どれも有名なショッピングモールなので、観光ついでにお土産を購入できますよね。ちなみに、私はターミナル21・エンポリアムの店舗によく行きますね。

エンポリアム店は、店舗改装のときに一度無くなりました。しかし、2018年1月現在はフードコートの奥に復活してますよ。

※ちなみに、一度だけ「在庫がない!」と言われたことがあるので、絶対にあるとは思わないで下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのお土産のおすすめランキング7選について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...