スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【快適】タイsimカードはバンコクの空港より日本で購入がおすすめ

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • タイ旅行で使うsimカードはどこで買うのがお得?
  • バンコクの空港はお得じゃないの?
  • 日本でタイsimを買ったときの現地での使い方は?

 

結論から先に言うと、

  • タイのsimカードは、日本の通販での購入がお得です。
  • 以前は、バンコクの空港での購入が便利でしたね。
  • 基本的には、simカードを挿せばいいだけですね(詳しくは後述)。

 

まさじろ
まさじろ

タイのsimカードの「お得な購入方法と現地での設定」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

 

※「タイのsimカードのおすすめ」を、先に知りたい方はコチラに目を通して下さいね!

スポンサーリンク

タイのsimカードは日本での購入がお得

近年の海外旅行では必須となった、「インターネット環境」。

「タイはインターネット後進国でしょ?」と多くの日本人が思ってますが、それはとんでもない間違いです。

 

固定回線はADSLが主流ですが、携帯回線では「4Gが主流」になっています。

ですので、ハッキリ言って日本と遜色ありません。

 

simフリースマホやタブレットを持ってる方は、「タイのsimカード」を使うと便利ですよ。

 

タイのsimカードは日本でも買える

結論から言うと、タイ旅行で使うsimカードは「日本での購入がお得」になります。

以前は、バンコクの空港でsimカードの購入するのが便利だったんですけどね。

 

今では、空港でのsimカード購入のメリットは

「設定をしてくれる」

だけになってますね。

 

ですので、日本で購入したsimカードの「設定ができないとき」に頼るくらいですかね。

 

タイの携帯会社のおすすめは?

日本の携帯会社に「ドコモ・AU・ソフトバンク」があるように、タイ国内にも携帯会社の有名3社があります。

 

それが以下になります。

  • AIS(エーアイエス)
  • DTAC(ディータック)
  • TRUE(トゥルー)

 

3社の中で1番有名なのは「AIS」になります。

日本人がドコモが好きなように、タイ人もAISが大好きですね。

 

しかし、それには理由があります。

それは、AISが最大の電波エリアを持つ携帯会社だからですね。

 

読者さん
読者さん

なんでそう言い切れるの?

それは、私が3社のsimカードを使ってるからですね。

 

昔は、TRUEユーザーだったのですが、最近では専らAISですね。

 

DTACとTRUEが繋がらないエリアでも

「AISは電波MAX」

って経験を何回もしたからですね。

 

ですので、おすすめは「AIS」になります。

 

スポンサーリンク

空港よりも日本でsimカードを購入するメリット

 

タイの空港よりも、日本でsimカードを購入するメリットは以下になります。

 

時間の短縮にもなる

最近のタイの空港のsimブースは、かなり混雑することが多いです。

ほとんどの旅行者が設定までしてもらうので、混雑するのも致し方ないですよね。

 

しかし、短期旅行者の方にとっては、ここでの時間のロスは本当にモッタイナイです。

 

日本でsimを購入すると、

「旅行時間が増える」

というメリットもありますね。

 

値段が安い

実は、タイの空港で買うsimの方が値段が高いんです。

 

AISの料金はこんな感じ。

AISは、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ(約1,000円)」になります。

 

DTACの料金はこんな感じ。

DTACも、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ(約1,000円)」になります。

 

TRUEの料金はこんな感じ。

TRUEも、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ(約1,000円)」になります。

 

スポンサーリンク

おすすめは「TRAVELER SIM」

タイ旅行で使うsimカードのおすすめは、

Amazonなどの通販で購入できる「TRAVELER SIM」

になります。

 

実際に購入した「TRAVELER SIM」がコチラになりますね。

 

TRAVELER SIMの内容はこんな感じになります。

価格580円(2019年3月)
利用期間8日間(192時間)
利用可能データ量3GB ※超過したら384kbps
無料通話100バーツ(通話・SMS共有)
4G周波数帯2,100MHz
3G周波数帯900MHz・2,100MHz

 

※タイで購入すると299バーツ(約1,000円)なので、日本での購入はかなりお得ですよ

 

SIMカードの有効期限

こういった製品で気になることの1つに、「SIMカードの有効期限」がありますよね。

SIMカードの有効期限は、下記写真の赤印字になります。

 

具体的には、

  • 購入した日:2019年03月01日
  • 有効期限日:2020年01月31日

 

前回購入したときも、ほぼ同じ様な有効期限でした。

ですので、タイ旅行の1ヶ月前に購入しても問題ないと思いますね。

 

スポンサーリンク

タイのsimカードの設定方法:iPhone・アンドロイド

こういった製品は、「設定がややっこしいのでは?」と考えてしまいがちです。

しかし、意外に簡単に設定できるんですよね。

 

その理由は、これから紹介する「設定用紙が同封されている」からですね。

 

iPhoneの設定方法

iPhoneの設定は以下になります。

  1. ホーム画面から「設定」を押す
  2. 「モバイルデータ通信」を押す
  3. モバイルデータ通信をONにする

 

ほとんどの方は、これだけでタイsimカードが使えるようになりますよ。

とっても便利ですよね。

 

アンドロイドの設定方法

アンドロイドの設定は以下になります。

  1. ホーム画面から「設定」を押す。
  2. 「モバイルネットワーク」を押す。
  3. アクセスポイント名を押す
  4. メニューから「新しいAPN」を押して「名前等」を入力
  5. 入力が終わったら、「保存」を押す。
  6. 設定したAPNを押して完了

 

アンドロイドの方は、ちょっとだけ設定が必要になりますね。

 

iPhoneの設定で注意すること

iPhoneの設定で、1つだけ注意点があります。

それが、コチラの写真にも書かれている「競合プロファイル」になります。

 

プロファイルが保存されてたら、タイのsimカードが使えない場合があるんですよね。

日本で格安simを使ってる人に、よくあることなんです。

 

意味がよくわからない方は、まずは調べてみましょう。

iPhoneの設定の中の「一般」を押して下さい。

 

一般の下の方にある「プロファイル」の欄に

「OCN(Cellular)」等

があれば、削除しないといけません。

 

削除方法は簡単です。

上記の「OCN(Cellular)」をタップして下さい。

 

すると、「プロファイルを削除」の文字が出てきます。

削除して下さい。

 

一般の下の方にある「プロファイル」の欄がこんな感じなら問題ありません。

 

 

※日本帰国時に、もう一度プロファイルを設定して下さいね。じゃないと、日本のsimが使えませんよ。

 

スポンサーリンク

海外レンタルWIFIをおすすめする人

ここまで色々と書いていきましたが、

  • 「SIMフリースマホ」って何?
  • そもそも私のスマホは「SIMフリーなの?」
  • 帰国時にプロファイルを設定をする自信がない

と、こんな方も多いかと思います。

 

初心者の方は、「海外レンタルWIFI」を使おう

そんな方には、「海外レンタルWIFI」がおすすめですね。

と言うのも、日本のスマホがそのまま使えてとっても便利だからですね。

 

「海外レンタルWIFI」は、日本でレンタルしていくのが便利ですよ。

せっかくのタイ旅行ですから、できることは日本で落ち着いてやっておきたいですもんね!

 

タイたび
タイたび

海外レンタルWIFIのおすすめは、「イモトのWiFi」になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのsimカードの「お得な購入方法と現地での設定」について解説しました。

 

タイのsimカードに関しては、これで何の問題もないですよね。

便利な時代になったことに感謝ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ情報
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
スポンサーリンク
タイたび

コメント