タイの「simカードのおすすめ」と空港での購入設定について解説!

スポンサーリンク

近年の海外旅行では必須となったインターネット環境。「タイはインターネット後進国でしょ?」と多くの日本人が思ってますが、それはとんでもない間違いです。

固定回線こそまだまだADSLが主流ですが、携帯回線では4Gが主流になりつつあるので、ハッキリ言って日本と遜色ありません。

simフリースマホやタブレットを持ってる方は、タイの空港で簡単に「simカードの購入と設定」ができるのでオススメですよ。

何かあったときに調べたりするのは、ネットが便利ですもんね。しかし、simフリースマホと聞くと、「設定がややっこしいのでは?」と考えてしまいがちです。

タイびと
タイびと

しかし、タイの空港でのsimフリースマホの設定に関しては全然難しくないんですよ。それでは、その理由を今から解説していきますね!

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイのsimカードのおすすめ」と「空港での購入設定」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイのsimカードを空港で購入しよう!

タイの主要空港にはタイの携帯会社の「サテライトブース」があります。そのサテライトブースで「旅行者用のタイsimカード」が販売されています。

シムフリースマホに慣れてる方は、サテライトで「旅行者用タイsimカード」を購入して設定すればいいですね。

タイびと
タイびと

シムフリースマホに慣れてない方や設定が面倒な方は、サテライトブースにいるスタッフに「スマホの設定」をお願いすればいいですよ。

simカードを購入すると設定もしてくれる

サテライトでsimカードを購入すれば、一緒にスマホの設定までしてくれるんですよね。もちろん設定料金等は必要ありませんのでご安心下さい!

ですので、simフリースマホの設定方法なんて知らなくても別に問題ないんですよね。それでは、空港にある「携帯会社のサテライトブース」に向かいましょう!

まさじろ
まさじろ

と、その前にもう1つ知ってほしいことがあります。タイの携帯会社には「3社」あるんです。

タイの携帯会社は3社あるよ

日本の携帯会社に「ドコモ・AU・ソフトバンク」があるように、タイ国内にも携帯会社の有名3社があります。それが以下になります。

  • AIS(エーアイエス)
  • DTAC(ディータック)
  • TRUE(トゥルー)

3社の中で1番有名なのは「AIS」になります。日本人がドコモが好きなように、タイ人もAISが好きですね。日本とタイの似たような国民性はここにもでてますよね!

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

スワンナプーム国際空港でsimカードの設定購入場所

タイびと
タイびと

タイ旅行初心者がよく使うスワンナプーム国際空港を例にして「空港でのsimカードの購入と設定」を解説していきますね。

日本からの飛行機がスワンナプーム国際空港に到着して、イミグレーションを抜けて、ターンテーブルで荷物をピックアップした後に出てくるのが上記写真の場所になります。

タイの携帯会社のサテライトブースは、スワンナプーム国際空港の「2階の到着フロアー」になります。

  • 上記写真を左に行く:AIS・DTAC
  • 上記写真を右に行く:TRUE
まさじろ
まさじろ

進行方向は「右手」になるので、まずは上記写真を左に行って「AIS・DTAC」のブースを目指すのが効率的ですね。

スワンナプーム空港のフロアーガイド

4階出発フロアー
3階ショップ・レストラン
2階☆携帯会社のブース☆・到着フロアー
1階タクシー乗り場・フードコート
地下高レート両替所・エアポートリンク
タイびと
タイびと

スワンナプーム国際空港の詳しい内容はコチラをどうぞ!

>>スワンナプーム国際空港をフロア地図で徹底解説!

スポンサーリンク

タイのsimカードのおすすめは混んでない携帯会社

まさじろ
まさじろ

私は2018年8月現在「3社のsimカード」を使っています。

そこから判断すると、バンコク・プーケット・チェンマイ・パタヤなどの有名都市では、3社ともに「よく繋がる」のでどこを選んでも問題ありません。

ですので、旅行者の方におすすめするのは、3社の中で「イチバン混んでないサテライトブース」の携帯会社になります。

旅はお金よりも時間だよ!

「旅行者用のタイsimカード」は、各社が横並びの料金を出してきています。ですので、金額の損得よりも「時間の損得を優先」したほうがいいと思います。

タイびと
タイびと

肝要なのは、とにかく「混んでないサテライトブース」で購入設定してもらう事ですね。旅行時間がモッタイナイですからね!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

空港での「旅行者用タイsimカード」の各社の値段

タイびと
タイびと

「でも、やっぱり金額が気になるよ!」という方のために、携帯3社の空港での「旅行者用タイsimカード」の値段を紹介します。

AIS

AISは、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ」になります。

DTAC

DTACも、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ」になります。

TRUE

TRUEも、8日間利用できる旅行者用タイsimカードが「299バーツ」になります。

空港価格は横並び

空港での「旅行者用タイsimカード」は、こんな感じで横並びのことが多いんです。ですので、何度も言いますが「混んでないサテライト」をおすすめしてます。

空港以外だと、3社のプランは全く違う内容になります。しかし、空港だと何故か似たり寄ったりのプラン内容と金額になるんですよね。

まさじろ
まさじろ

ですので、旅行時間の短縮のために混んでないサテライトブースでササッと設定を終わらせましょう!

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

SIMカードの購入と設定の流れ

タイびと
タイびと

SIMカードの購入と設定の流れは以下になります。

  • プランを決める
  • スマホの設定をしてもらう

プランを決める

まずは、プランを決めて下さい。旅行期間にあわせたプランを購入すればいいですね。旅行者の方の多くが、「8日間プラン」になると思いますよ。

スマホの設定をしてもらう

SIMカードを購入した後は、スタッフがスマホの設定をしてくれます。これが本当に便利でありがたいんです。我々日本人はSIMフリーにまだまだ慣れてませんからね。

まさじろ
まさじろ

スマホの日本語表記を「英語表記」に変えてあげると親切ですし、無駄に時間を浪費する確率を減らせますよ!

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

海外レンタルWIFIをおすすめする人

まさじろ
まさじろ

ここまで色々と書いていきましたが、以下の方には「海外レンタルWIFI」がおすすめですね。日本のスマホがそのまま使えてとっても便利ですからね。

  • 「SIMフリースマホ」って何?
  • そもそも私のスマホは「SIMフリーなの?」
  • せっかくのタイ旅行で無駄な時間は使いたくない!
  • 飛行機で疲れてるのに、購入設定で並ぶのは面倒!
タイびと
タイびと

「海外レンタルWIFI」は、日本でレンタルしていくのが便利ですよ。せっかくのタイ旅行ですから、できることは日本で落ち着いてやっておきたいですもんね!

>>海外レンタルWIFIのおすすめはこちら!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイのsimカードのおすすめ」と「空港での購入設定」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

ネット回線があると本当に便利ですし、何かあったときに心強いですよね。ネットに繋がる環境は今の時代では必須ですよね!