スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ観光のおすすめ名所やスポットを全エリアから厳選!地図付き

スポンサーリンク

タイの初心者さんが気になること1つに、

読者さん
読者さん

タイ観光に行きたいけど、タイ国内には「どんな観光地」があるんだろう?

があります。

 

タイには、「色んな観光地」があるので迷うのも当然ですよね。

初めてのタイ観光なら、「バンコクやプーケット」がおすすめですね。

 

バンコクは、タイの首都で大都会なので「日本人が観光しやすい街」だからです。

一方、ビーチリゾートを楽しみたい方は「南国の楽園プーケット」がおすすめですね。

 

2回目以降の方は、「チェンマイ・パタヤ」なんかも人気があります。

もしくは、バンコク郊外にある有名観光地に行ってみてもいいですね。

 

ぷち福
ぷち福

「遺跡・海・山・都会・夜遊び」と、色々楽しめるのがタイの魅力なんです!

 

この記事では、

  • タイ観光のおすすめエリア
  • タイ観光地図

について、タイ歴22年の私が紹介しますね。

 

まさじろ
まさじろ

タイの各エリアにある有名観光地をピックアップしました。タイには魅力的な観光地が数多くありますよ!

 

※よくある質問に先に答えると、タイ行きの航空券は「Surprice」でタイのホテル探しは「HotelsCombined 」がおすすめですね!

スポンサーリンク

タイ観光のおすすめエリア

 

それでは、タイ観光のおすすめエリアを確認していきましょう!

 

バンコク

初めてのタイ観光のおすすめは、タイの首都である「バンコク」になります。

バンコクは、新旧融合した街なので見所スポットは多いですね。

 

コチラが、涅槃仏で有名な「ワットポー」になりますね。

写真で見たことがある人も多いと思います。

 

現在、人気急上昇中の観光地がコチラの「ワットパクナム」になりますね。

以前は、バンコク観光の隠れ名所でしたが、今では有名観光地の1つですね。

 

コチラも、人気急上昇中の「鉄道市場」ですね。

鉄道市場も、今では大人気の観光地なります。

 

「水上マーケット」も、定番の観光スポットになりますね。

船に揺られながら、「食事やショピング」が楽しめるんです。

 

バンコク観光の詳しい情報は、「バンコクのおすすめ観光地18選を初心者向けに紹介!」で続きを確認して下さいね!

アユタヤ

バンコクと組み合わせる方が多いのが、「アユタヤ」になります。

アユタヤは、日本で言うと奈良のような「歴史ある観光地」になります。

 

アユタヤ観光と言えば、こちらの「ワットマハタート」になります。

アユタヤと聞いてもピーンと来ない方も、「上記の写真」を見たことがある人は多いですよね。

 

アユタヤには、かつて400年もの長き年月にわたり繁栄を続けてきた「アユタヤ王朝」が存在しました。

ですので、アユタヤ全体が遺跡の街なんですよね。

 

アユタヤ観光の、もう一つのおすすめが「象乗り」になりますね。

象に乗りたいって日本人は、かなり多いんですよね。象さんは可愛いですもんね(笑)

 

アユタヤ観光の詳しい情報は、「アユタヤ観光おすすめ遺跡9選とバンコクからの行き方」で続きを確認して下さいね!

パタヤ

パタヤは、バンコクから近い「お手軽ビーチリゾート」になります。

ビーチリゾートなのに「物価が安い観光地」なので、アジア人にも西洋人にも大人気ですよ!

 

パタヤの最大の魅力が、こちらの「パタヤビーチ」になります。

特に、サンセットが美しいことで有名なんですよね。

 

パタヤからスピードボートで約10分の「ラン島」も大人気の観光地ですね。

ラン島を、レンタルバイクで駆け巡るのが最高に楽しいです。

 

パタヤは、ショッピングにも最適な観光地なんです。

大型ショッピングモールが、近くに3つもあるからですね。

 

パタヤは、バンコクから「バスで2時間」なのも魅力の1つですね。

「パタヤでも行く?」と、思い立ったらすぐに行けちゃうんですよね。

 

パタヤの詳しい情報は、「パタヤ旅行のおすすめ観光地7選と役立ち情報!」で続きを確認して下さいね!

スコータイ

タイに慣れた方におすすめの観光地が、「スコータイ」になります。

13世紀、タイ族最初の王朝である「スコータイ王朝」がこの地で開かれました。

 

おすすめは、こちらの「スコータイ歴史公園」になります。

公園内に遺跡が点在してるので、レンタル自転車で巡るんですよね。

 

実は、コチラの歴史公園は、「ユネスコ世界遺産」に登録されていますよ。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

スコータイ王朝は、後に前述した「アユタヤ王朝」に吸収されてしまうんです。

そんな儚さが「悠久の時」を感じさせてくれますね。

 

スコータイの詳しい情報は、「スコータイ遺跡を観光!」で続きを確認して下さいね!

プーケット

アジアでも有数の人気ビーチリゾートが、タイの南部にある「プーケット」になります。

輝く太陽と青い海。私は、プーケットに来るだけで幸せな気分で満たされます。

 

プーケットのメイン観光地が、「パトンビーチ周辺」になります。

ビーチ・ショッピング・ナイトライフが充実しているので、朝から夜まで楽しめるエリアになりますね。

 

プーケットにあるビーチは美しいことで有名ですが、とくにおすすめなのが「ナイハーンビーチ」になります。

観光客が多くないので「のんびりとビーチを楽しめる」ことも大きな魅力の1つになりますね。

 

プーケットの楽しみ方の1つに、「コバルトブルーの海を見ながらのドライブ」があります。

アジアベストビーチと言う特集が組まれると、必ずランクインするのが「プーケットにあるビーチ」なんですよ。

 

プーケットの夜の超おすすめ観光地が、エンターテイメントショーの「プーケットファンタシー」になります。

圧倒的なショーに心から感動しましたね。「あっ」と言う間に時間が過ぎ去るのに驚きを隠せませんでした。

 

プーケットの詳しい情報は、「プーケット旅行のおすすめ観光地15選!」で続きを確認して下さいね!

ピピ島

ピピ島は南国の楽園になります。海は当然綺麗ですし、「町並みも素晴らしい」ですね。

私は、特にピピ島の雰囲気が大好きなんです。

 

南国ビーチリゾートは、心地よい夜風に吹かれながらのシーフードが最高です。

ピピ島にはダイビング目的で来る人が多いですが、シュノーケリングでも十分に楽しめますよ!

 

さらには、こちらの「ビューポイント」と言う絶景もあります。

プーケット発着の「ピピ島日帰りツアー」もあるので、絶対に行って欲しい観光地の1つですね。

 

ピピ島の詳しい情報は、「ピピ島旅行のおすすめと観光に役立つ情報!プーケットからの行き方も」をどうぞ!

チェンマイ

タイの北部にある「チェンマイ」は、風光明媚で有名なタイの古都になります。

チェンマイの魅力は数多くありますが、「物価が安い・人がやさしい・寺院が多い」等があげられますね。

 

チェンマイ観光に行ったら、こちらの「ドイステープ寺院」は絶対に外せません。

見所は、「金色に輝く仏塔」になりますね。ドイステープ寺院から見下ろすチェンマイ市内も美しいですよ。

 

土日限定にはなりますが、こちらの「ナイトマーケット」が大人気ですね。

上記とは別になりますが、毎晩開かれている「ナイトバザール」もチェンマイの人気観光地ですね。

 

ゆったりしたチェンマイが好きになって、「長期滞在してる日本人」も多いですね。

さらには、「リタイアした日本人」も数多く住んでますよ。

 

チェンマイの詳しい情報は、「チェンマイ旅行のおすすめ観光地17選!」で続きを確認して下さいね!

チェンライ

チェンマイからさらに北に行くと、「チェンライ」があります。

チェンライは観光客も少ないですから、のんびりしたいと観光したい方に最適です。

 

チェンライで一番有名な観光地が、白いお寺で有名な「ワット・ロンクン」になります。

ワット・ロンクンは、お寺なのに真っ白なので驚きますよね。

 

チェンライナイトバザールも人気がありますね。

ちょっとしたショーや音楽を楽しみながら、食事やショッピングが楽しめますよ。

 

チェンライの詳しい情報は、「チェンライ観光のおすすめ3選!」で続きを確認して下さいね!

スポンサーリンク

タイの観光地図

 

  1. バンコク
  2. アユタヤ
  3. パタヤ
  4. スコータイ
  5. プーケット
  6. サムイ島
  7. ピピ島
  8. チェンマイ
  9. チェンライ

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ観光の「おすすめエリアと観光地図」を紹介しました。

あなたのタイ観光のお役に立てたら幸いです!

 

タイ観光の次は、「タイ旅行のおすすめ情報!プラン計画→観光まで順番に紹介」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まさじろ
まさじろ

「まさじろさんのタイ旅行のおすすめは?」との質問に答える機会が増えてきました。「私も使わせてもらっている」のはコチラになります!

 

タイ行き航空券 :Surprice

タイのホテル  :HotelsCombined

タイへのツアー :HIS・タイツアー

クレジットカード:楽天カード

海外レンタルWIFI:イモトのWiFi

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福