タイ・バンコクの治安「2018年最新」外務省の情報も要チェック!

スポンサーリンク

タイ旅行の前に気になるのは、「現地タイの治安」になります。「たまに爆弾事件があるけど大丈夫なの?」と、心配になりますよね。

タイの治安については、よく聞かれる質問の1つになります。結論から言うと、2018年7月現在のタイは、特に問題はありませんので安心して下さい。

タイびと
タイびと

実は、タイの治安の良さはデータにもハッキリと出てるんです。ですので、私はタイ国内を旅していて生命の危険を感じたことは一度もありませんね。

タイの治安を不安に感じる方は、日本の外務省が海外旅行者のために「海外安全ホームページ」を開設してるので、旅の前にチェックして下さい。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイ・バンコクの治安2018年最新」と「外務省海外安全ホームページ」について、タイ歴22年の私が解説します。

スポンサーリンク

タイ・バンコクの治安をイメージで語るのは危険

タイびと
タイびと

治安に関して世間一般でよく言われるのが、「日本は治安がいい国で台湾も治安が良さそうだ。しかし、フィリピンはあまり治安がよくなさそうだ」等になります。

人間というものは基本的に危険本能がありますので「その国の治安」をイメージや自己体験で語る傾向にあるんですよね。

しかし、それでは残念ながら個々の体験により、かなりのバラつきが出てきます。怖い体験をすればするほど、その国の治安が悪いと思ってしまいます。

怖い体験=治安が悪い

ちなみに、私はそれ自体を批判してる訳ではありません。個々の体験は非常に貴重なものだと思っています。ですので、なおさら客観的なデータで「治安を数値化」することが必要だと思うんですよね。

各国の治安をまずは数値化して、その後に様々な人の体験談をプラスしていくのが建設的だと思います。

まさじろ
まさじろ

タイの治安は比較的安全な方に入りますね。しかも、それはハッキリとデータで確認できるんです。

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

タイの治安をデータで確認

まさじろ
まさじろ

では、各国の治安状態はどうやって計ればいいでしょうか?

実は、各国の治安を確認するさいに非常に役に立つデータが「傷害事件発生率・殺人発生率」になります。

傷害事件発生率

各国の「傷害事件発生率」は以下になります。

「国別・傷害事件発生率」

順位国名
1グレナダ
3バハマ
4スウェーデン
8イギリス
11ドイツ
21ブラジル
35米国
68日本
82タイ

(引用元:GLOBAL NOTEより)

タイびと
タイびと

ほとんどの日本人が驚きますが、「傷害事件発生率」はタイよりも日本の方が高いんです。

殺人発生率

各国の「殺人発生率」は以下になります

「国別・殺人発生率」※各国の人口10万人当たり殺人発生件数

順位国名発生数
1ホンジュラス 84.29
2ベネズエラ 53.61
3米領ヴァージン諸島 52.64
14ブラジル 26.54
22メキシコ 18.91
53フィリピン 9.31
77ラオス 7.23
94タイ 4.90
112米国 3.82
130台湾 2.95
211日本 0.28

(引用:GLOBAL NOTE)

「殺人発生率」は、日本よりタイの方が高いですね。日本は別格なので、日本と比べたらどこの国も殺人件数が多いですね。

ちなみに、殺人件数は南米に多いようですね。南米ほどではないにしろ、フィリピンも東南アジアではトップクラスになりますね。

まさじろ
まさじろ

私見になりますが、タイでの殺人事件はバンコクよりも地方が多いですね。ですので、基本的に旅行者や在住者が殺人事件に巻き込まれる確率は低いと思います。

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

バンコクの治安

続いて、バンコクの治安について確認しましょう。バンコクで普通に観光をしていたら、「治安に関して不安に思うこと」はありません。

タイやバンコクの治安に関して不安に感じてる方は、実は「タイ旅行が初めての方」が多いんですよね。

バンコクが初めての方のイメージは以下になるようです。

  • バンコク観光では、ご飯や水を食べても大丈夫なの?
  • 道端はごみの山で道路も舗装されてないんでしょ?

東南アジアの「スラム」をイメージする方が、たまにいるんですよね。私が初めてタイに行った22年前ですら、バンコクは都会でしたよ。

まさじろ
まさじろ

スラムをイメージしてるなら、治安が気になるのも無理はないですよね。しかし、2018年現在のタイのバンコクは「大都会」です。

バンコクは大都会だよ

バンコクは、日本で言うと東京や大阪に匹敵します。多くの日本人がイメージする東南アジアはまだまだ遅れてるんですよね。

しかし、実はバンコクで生活するのは「とっても快適」です。ほとんどの日本人が「何の不自由もない生活」をおくってます。

タイの物価は日本の3分の1くらいだから、「バンコクの方が住みやすい」と言ってる日本人も大勢います。ですので、普通にこの大都市バンコクで生活したら「治安が悪いってどういこと?」となりますね。

タイびと
タイびと

タイでの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

仏教国だから温厚だよね

タイの治安がいい最大の理由は、タイが仏教国であることだと私は思っています。タイ人の94%は仏教徒です。ですので、多くのタイ人の性格は温厚です。

では、なぜ仏教徒だと性格が温厚になるのかを説明しますね。仏教には五戒というのがあるのをご存じですか?

仏教には5つの戒めがある

五戒とは、仏教を信じる者が守るべき「基本的な五つの戒」のことです。

  • 殺してはいけない
  • 盗んではいけない
  • 酒を飲んではいけない
  • 嘘をついてはいけない
  • 不倫をしてはいけない

私達日本人も子供の頃から学んで来たことですよね。タイの人々は我々よりもさらに仏教に厳格に生きております。タイの仏教と日本の仏教は少し異なるからです。

タイの仏教は「上座部仏教」と言いまして、より厳格な仏教になるんですよね。ですので、当然ですが人の命の尊さは重々に理解できてますよ。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

外務省海外安全ホームページで最新情報をチェック

最後に、安全な海外渡航・滞在のために役立つ情報Webサイトである「外務省・海外安全ホームページ」を紹介します。

>>海外安全情報

タイ国内の危険情報・スポット情報等を確認できます。タイ・バンコクの治安に関して不安があるなら、旅の前に確認してみて下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ・バンコクの治安2018年最新」と「外務省海外安全ホームページ」について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイは仏教の国ですので、物は盗られても命までは盗られません。ですので、安心してタイを旅して下さいね!