タイの月収や年収で「バンコクで暮らす」タイ人の収入を解説するよ!

スポンサーリンク

知人の日本人がタイで働いてますが、驚くことに「月収が12万円」らしいのです。「月収が12万円って、どう思います?」と友人に相談されました。

「本人が満足してるなら、いいんじゃないの?」と、言うしかなかったですね。本人から相談を受けたなら、また違った返答になってたでしょうけどね。

友人は彼のことを心配してるんでしょうね。いやぁ、実は私もびっくりしたんです。年齢も30を超えてるので、正直なところ大変だろうなと思いました。

そして、私は余計なことを友人に言ってしまいます。「最近のバンコクに住む、タイの人の給料ってどれくらいか知ってる?」と。

タイびと
タイびと

彼はびっくりしてましたね。まあ、そうでしょうね。私もびっくりしましたからねえ。「おいおい、意外にもらってんだなあ」と。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイのバンコクで暮らす「タイ人の月収・年収」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

※タイ人の年収は、「月収×12ヶ月」でご判断下さいね!

スポンサーリンク

今時のタイ人の月収や年収

まさじろ
まさじろ

私はタイには、日本人の友達はあまりいません。しかし、タイ人の友達は多いです。ですので自然とタイ人の月収に関する情報が入ってくるんですよね。

行きつけの日本料理のタイ人板前さんの給料が、残業代とチップ込みで「12万円」ぐらいだそうです。本人から聞いたのと、そのお店のタイ人オーナーから聞きました。

聞いたというか話しの流れで聞かされました。タイ人オーナーは「給料が上がってるから大変なんだよ」と言いたかったんでしょうね。

オーナーさんも月収を上げるしかない!

タイ人板前さんは、別の超有名日本料理屋にタイ人板前の友達がいます。そっちなら、「ここの倍ぐらいの月収になる」と言ってましたね。

だから、オーナーは辞められないように給料を上げてるようです。

タイびと
タイびと

タイ人板前さんとご飯を食べに行くと、有名店の板さんもたまに一緒にきます。その仲間同士で給料の話しになるので、どちらも本当です。

まさじろ
まさじろ

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

有名板前さんの話し

ちなみに有名板前さんの話しでは、「私の友達の板さんは腕前がそこそこ」なので有名店で同額の月収で働くのは厳しいと言ってます。

でも、同じようなレベルの人がこちらのお店で、18万円くらいもらってるとも言ってましたね。「今が12万円でしょ?移ったら18万円になるよ」と私。

上手に給料を釣り上げる(笑)

「移ったら、下っ端になるから嫌だ」と友人。なんだ、本当は移るつもりなんてないじゃん。あぁなるほど、そうやって給料を釣り上げてんですね。

タイの人は頭を使わないと思ってたけど、お金のこととなると頭の回転いいねえ。タイ人オーナーも大変ですね(笑)。

まさじろ
まさじろ

そんな訳で、私の周りのタイ人は「月収12万円くらいを軽くもらってる人」が多いです。

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

友人の美容師さん

タイ人の友人の美容師さんは、年齢は40代後半の女性です。ご主人はバンコク銀行に勤務しています。当然ですが、ご主人の稼ぎだけで十分食べていけます。

その女性は、自宅の1Fに美容院を開いています。スタッフは1人で「親戚の女の子が見習い」として頑張ってます。

しょっちゅう海外旅行にいってる

奥さんの話しでは、毎月の売上は「25万円ぐらい」にしかならないと嘆いてます。親戚の女の子の給料が5万円だから、手元に残るのが「20万円」なんだそうです。

ちなみに、こちらのご夫婦はたまに日本に遊びにきてます。もう5回以上来てますね。最近は、ヨーロッパ旅行にハマってるようです。

まさじろ
まさじろ

2018年8月現在。こちらの美容院には、スタッフが7人以上いますね。収入も倍増してるみたいです。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

日本人が月収5万バーツで暮らせるわけがない

まさじろ
まさじろ

美容師女性は自宅でパーティーをすることが多いので、頻繁に私を呼んでくださいます。

やはり同業者の方に友達が多いようで、パーティーにくるお友達は美容師さんが多いですね。みなさん、だいたいは1人で仕事をしてます。

日本人は稼いでると思われている(泣)

同業者が集まると収入の話になるようで、月収を平均すると「15〜20万円」ぐらいの稼ぎになってるようです。

そのパーティーで、「15万円なんかでバンコクで日本人が生活できる訳ない。日本人は最低でも30万円ぐらいもらってる」と、言われたことがあります。

タイびと
タイびと

「日本人=金持ち」と思ってるタイ人は、まだまだ多いですよね。

まさじろ
まさじろ

タイ語の「コップンカー」についてはコチラをどうぞ!

>>コップンカーの意味を知ると男性が恥ずかしくなる理由

スポンサーリンク

かなり親しいタイ人の月収

次は、私のいきつけの日本料理屋のマネージャーさんの話です。彼は日本語がそこそこ話せます。この人と私はとっても仲がいいんですよね。

彼の給料は「20万円」です。でも、オーナーさんからこっそりと「月に6万円」のお小遣いを貰ってます。それが不思議だったので、オーナーさんに聞いてみたことがあります。

お給料とは別にこっそり

「なんで、こっそりとお金を渡してるの?」と私。「うわー、なんで知ってるの?」とオーナーさん。「他のスタッフには言わないで」と何度も念押しされました(笑)

タイ人のスタッフは、お互いの給料を言い合うそうです。マネージャーが「25万円近くもらってる」となると、他の古参のスタッフが「値段をふっかけてくる」そうなんですね。

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

新人の給料っていくら?

「新人スタッフの給料っていくらなの?」と私。「3万円だよ。でも2〜3ヶ月したら4万円に上げてるよ」

「なんで、いきなり給料を上げるの?」「辞めるからだよ。今時は、1万バーツとかで働くのは、ラオス人とかカンボジア人ぐらいだよ」と。

都会では1万バーツで働く人は少ない

つまり、今時は「月収3万円」で働くタイ人スタッフは稀なんだそうです。バンコクは、働く場所がなんぼでもありますからね。

しかし、考えてみるとそれもよく分かりますね。今のバンコクの「月収3万円」で暮らすのは厳しすぎますもんね。

タイびと
タイびと

タイへの航空券をお得に探す方法はコチラをどうぞ!

>>タイ・バンコク航空券の相場と安い時期

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのバンコクで暮らす「タイ人の月収・年収」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

あくまでも私の体験に基づくお話しになります。統計等は見たことはありませんので、そこをご理解下さいね!