タイのビーチリゾートと離島で海を楽しめるおすすめを7厳選したよ!

今回は、タイのビーチリゾートと離島のおすすめについて、タイ歴22年で海が大好きな私が解説します。

ヤシの木が揺れるビーチで綺麗な海を見ながらビーチチェアで昼寝。海から吹いてくるやんわりと涼しい風が、サラッと身体を包み込む。

心が落ち着いたら海と戯れるのもいいですね。お酒を嗜める方は、昼から軽くホロ酔いになってもいいですね。ビーチで飲むお酒は格別に美味しくて、まさに「この世の極楽」です。

「生きててよかった!」と心と体で感じる瞬間を探しに行きませんか?

さて、それでは「あなたが行きたい!」と心から感じるタイの離島やビーチリゾートを具体的に紹介していきますね。

「プーケット」はアジアの有名ビーチリゾート

初めてのタイ旅行の方におすすめなのが、タイを代表する有名ビーチリゾートである「プーケット」ですね。

プーケットのメインであり中心地である「パトンビーチ」周辺から始めるといいですね。パトンエリアには、世界中の観光客が集まるので昼も夜も楽しめます。

さらには、大型ショッピングモールもあるので何一つ困ることはありません。プーケットでは英語も普通に通じますので安心感もありますよ。

2回目以降のプーケットなら

2回目以降のプーケットの方は、賑やかなパトエリアから離れて、「カタエリア」に滞在することをおすすめします。

欧米人で長期休みの方やロングステイヤーが多いので、落ち着いたビーチリゾートなのが「カタエリア」の特徴ですね。ちなみに、私もカタエリアに滞在することが多いですよ。

今回は、タイのプーケット島の「観光のおすすめ15選」と「旅行で必要な情報」について、タイ歴22年でプーケットをこよなく愛する私が解説しま...

「ピピ島」の海は本当にきれいだよ

タイにある離島の中でもダントツに有名なのが「ピピ島」になります。レオナルドディカプリオの主演映画「ビーチ」で一躍有名なったのがピピ島ですね。

プーケットからの現地ツアーも充実していますし、パトンビーチから簡単にピピ島まで行けるのも人気の1つですね。

ピピ島の絶景

ピピ島は有名なダイビングスポットですが、シュノーケリングでも十分にきれいな海を楽しめます。

さらには、ピピ島には絶景を味わえる観光地「ビューポイント(上記写真)」があります。ここは絶対に見てほしいですね!

今回は、「タイ・ピピ島観光のおすすめ」と「プーケットからの行き方」について、タイ歴22年でピピ島が大好きな私がじっくりと解説します。 ...

「パタヤ」はお手軽ビーチリゾート

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-2

バンコク観光の後にビーチリゾートを楽しみたい方には「パタヤ」がおすすめですね。バンコクから日帰りでも十分に楽しめます。

パタヤのメインビーチである「パタヤビーチ」で楽しむのもいいのですが、海があまりきれいじゃないんですよね。

ですので、「パタヤビーチ」は海水浴には向かないんです。私は「ビーチチェアに寝っ転がって読書」を楽しんでます。

冷たい飲み物も売ってるので、寝転がってるだけで天国状態です。

セントラルフェスティバル・パタヤからの景色

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002

暑くなってきたら、ビーチのすぐ隣りにある大型ショッピングモール「セントラルフェスティバル・パタヤ」に行けばいいですね。

エアコンがキンキンに効いてるのでたまりませんよ。パタヤビーチは、自然と都会を良さが融合した素敵なエリアなんですよね。ビーチの隣にモールがあるんですから驚きです!

セントラルフェスティバル・パタヤから眺めるパタヤビーチも美しいですね。特に夜は最高の雰囲気ですよ!

「ラン島」はバンコクから近い離島だよ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-7

バンコク近郊で「きれいな海」を楽しみたい方は、「ラン島」をおすすめします。ラン島は、パタヤから船で40分くらいですね。

バンコクからでも、頑張れば日帰り観光も可能です。ただし、その場合は「海を楽しむ」と言うよりも、ラン島の雰囲気を楽しみに行くと思ったほうがいいですね。

それに、風光明媚なラン島はバイクで駆け抜けるだけでもかなり楽しいですよ!

今回は、パタヤ観光について紹介します。パタヤは、バンコクからバスで簡単に来られるので、タイ人にも外国人にも大人気です。さらにそのバスの運...

次のページは、「サムイ島・ホアヒン・クラビー・タイのビーチリゾートと離島の場所を地図で確認」