タイの宗教は仏教だから日本との共通点が多い国だよ!

タイの宗教は「仏教」です。日本とタイは共通点が多い国ですが「お互いに仏教徒が多い国」ということでも親近感がわきますよね。

日本人もお寺が好きですが、タイ人はもっともっとお寺が好きです(笑)。日本人がお寺に行くのは年に数回の人が多いようですが、タイ人で仏教を尊ぶ人は毎週欠かさずお寺に通う人も多いです。

実は、タイは日本よりももっと仏教と密接な生活をしてるんです。

タイの宗教は仏教

一休さんを知らない日本人がいないように、タイ人でも一休さんを知らない人は見たことがありません。

それには理由があります。実は、タイでも一休さんのアニメを放送してるんですよね。ですので、タイ人の子供は一休さんを見て育ちます。

一休さんは、タイ人にとっても人気があるので、親も子供に率先して見せてますね。タイが日本よりも仏教を重んじてるというのが1番の大きな理由になります。

タイの宗教の割合

タイ人がどれくらい仏教を重んじてるかを、タイの「宗教の割合」から見てましょう。

  • 仏教   :94%
  • イスラム教:5%
  • その他  :1%

「その他の1%」は、キリスト教・ヒンズー教・その他の宗教になります。ですので、タイ国民のほとんどは仏教を崇拝しております。タイが仏教国と呼ばれる由縁もそこになります。

しかし、実は日本の仏教とタイの仏教は、「同じ仏教でありながら、かなり異なる仏教」になっています。それでは、その違いについて見ていきましょう。

仏教には2派がある

仏教は大きく分けると2派に分けられます。仏教は、もともとお釈迦様(ブッダ)がインドで始めた宗教です。しかし、仏教がインドから他の国伝わっていく途中で、2つの流派ができます。

元々は同じ仏教だったんですが、思想の違いなどにより2つに分裂したんですよね。それが「大乗仏教」と「上座部仏教」になります。

  • 大乗仏教 :日本・チベット・中国等
  • 上座部仏教:タイ・スリランカ・ラオス等

タイは上座部仏教になります。日本は大乗仏教です。お互いに仏教徒ですが、少し違うのはそういう理由なんですよね。それでは上座部仏教とはどのような仏教なのでしょうか?

次のページは、「タイの宗教である「上座部仏教」の特徴」