タイの「雨季ならでは」のメリット3選!乾季とは楽しみ方が異なるよ

スポンサーリンク

タイの雨季は雨が降り続くイメージがあるので、「タイ旅行にいっても楽しめるんだろうか?」と、心配する人は少なくありません。

タイの雨季について誰しもが一度は耳にすることが、「タイには雨季という時季があって雨ばかり降るらしいよ」になります。

実は、これはちょっと間違ってます。結論から言いますと、雨季のタイでは1日中雨が降り続くことはほぼありません。

タイの雨季は日本の梅雨のようにシトシトと雨が降り続くのではなく、1日に数回「土砂降りの雨」が降るんですよね。いわゆるスコールと呼ばれている、叩きつけるような雨ですね。

タイびと
タイびと

日本人の多くがイメージするタイの雨季は、「土砂降りの雨が降り続く」になります。まず、このイメージを取り払って下さいね。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイの雨季ならではのメリット」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

タイには「雨季・乾季・暑季」の3つの季節がある

まさじろ
まさじろ

最初に、タイの雨季の「具体的な時期」について確認しましょう!

タイには下記の3つの季節があります。

  • 雨季(5月下旬~10月):雨が多いです
  • 乾季(11月~2月)    :快適です
  • 暑季(3月~5月上旬)  :熱いです

雨季(5月下旬~10月)

タイの雨季は「5月下旬~10月頃」になります。前述したように、この時季は雨が多いんですよね。しかし、所詮は雨ですよ。

タイ旅行中に雨が降ってきたら、屋根のある場所で雨宿りをすればいいだけですね。タイのスコールの特徴は、一気に降って止むになります。ただし、2時間ほど土砂降りのスコールが続くこともあります。

タイびと
タイびと

プーケットの雨季についてはコチラをどうぞ!

>>プーケットの雨季ならではの楽しみ方

乾季(11月~2月)

「乾季:11月~2月」が、タイ旅行のベストシーズンだと言われてます。乾季のタイは比較的に涼しい上に雨もほとんど降りません。

カラっと晴れてるので海も綺麗に見えます。ただし、世界中の観光客が乾季を狙ってタイにきます。ですので、けっこう混雑しますね。観光客が増えるので必然的に「ホテルの値段もアップ」しますよ。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行のベストシーズンについてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行のベストシーズンとおすすめの時期

暑季(3月~5月上旬)

「暑季:3月~5月上旬」は、暑いではなく熱いです。焼けそうになるくらい熱くなる季節です。日焼けというよりも軽度な火傷のような感じになりますね(笑)

バンコクのショッピングモール等で遊ぶなら何も問題はないです。しかし、観光に行かれる方は「日焼け対策」を万全にしてください。

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

タイの雨季のメリット

タイの雨季のメリットは以下になります。

  • 観光をゆっくり楽しめる
  • スコールの後は涼しい
  • 高級ホテルでのんびり過ごす

観光をゆっくり楽しめる

あなたが、「雨季のタイ旅行は?」と悩んでるぐらいですから、他の人も当然同じことを考えています。ですので、タイ旅行の観光客は乾期に比べると雨季のほうが圧倒的に少ないんです。

乾期には大混雑する有名観光地でも、雨季ならスイスイってことも珍しくありません。スコールが降ったなら、観光は止めてショッピングモールでショッピングやマッサージを楽しめばいいですね。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、雨季はビーチもそんなに混雑してないので、のんびりと楽しむことができますよ!

スコールの後は涼しい

タイは常夏ですので基本的には暑い日が続きます。汗をダラダラかきながらの観光も楽しいですが、おすすめはスコールの後の観光になります。

スコールの後はちょっと気温が下がるんで涼しいんです。気温も少々下がってるので快適に観光できますよ。

高級ホテルでのんびり過ごす

雨季には、プーケットのほとんどのホテルが「乾季の40%~60%OFF」になります。ですので、高嶺の花だった高級ホテルにも気軽に泊まれるんですよね。

ホテル自体を楽しむなら、外が雨でも何の問題もありませんからね。私もここぞとばかりに、いつもは泊まれないホテルで楽しませてもらってます。

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

タイの雨季のデメリット

最後に、タイの雨季のデメリットを紹介します。

  • 雨が1日中降ることもある
  • 雨季は海が綺麗に見えない!
  • 冠水で歩きにくいこともある
タイびと
タイびと

上記写真は乾期に撮ったものです。今回の記事で上記以外は「全て雨季に撮影した写真」になります!

雨が1日中降ることもある

基本的には1日に2回ほどのスコールですが、強めの雨や弱めの雨が1日中降り続くこともあります。ですので、せっかくのタイ旅行で「観光に行けない」ことがあるかも知れません。

雨季は海が綺麗に見えない!

海の色は様々な要因で綺麗に見えるそうですが、間違いなくいえることは「雨の日や曇りの日の海」は全然綺麗に見えません!

雨季は雨や曇りの日が多いので、タイ旅行中「1回も真っ青な海が見れなかった!」ということも起こり得るんですよね。

冠水で歩きにくいこともある

タイ国内は「水はけ」がよくない地域が多いので、雨季は道路が冠水することが多いです。ですので、ビーチサンダルが便利ですね。

ちなみにタイで買ってもいいのですが、日本から持って行くことをオススメしますね。タイのビーチサンダルは、あまり質がよくないので裸足で着用すると擦れて痛いんですよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの雨季ならではのメリット」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

雨季の旅行には、メリットもありますがデメリットもあることを忘れないで下さいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ旅行の準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
タイびと