タイの祝日は禁酒日になることがあるのでお酒好きは渡航前に要確認!

今回は、「タイの祝日は禁酒日になることがある」について解説します。

「タイではお酒を飲める時間が決まってるんだって!」と、こういう言葉を聞いたことがありませんか?これは事実なんです。

実は、タイは日本とは違い、けっこうお酒に関する決まりがある国なんですよね。ですので、タイには禁酒日もあるんです。

そして、よく禁酒日になるのがタイの祝日なんですね。お酒が好きな方は、タイの祝日や禁酒日をチェックしておいた方がタイ旅行を楽しめますよ!

タイの祝日は禁酒日になる日もある

その年によって異なりますが、タイでは年に数回の禁酒日があります。禁酒日は、コンビニやレストランでアルコールの提供が禁止になります。

ですので、タイの夜のお店の中には、禁酒日はそもそも営業しないお店も多いんですよね。だって、お酒の販売ができないなら営業しても意味がないですもんね。

今回は、タイ旅行の持ち物の準備について解説します。タイ旅行が近づくにつれて、気になるのは持ち物の確認ですよね! 「あれ持ったかな?」「...

タイの酒類販売可能時間

実は、タイには禁酒日だけではなく「酒類販売可能時間」もあります。

タイでお酒が買える時間

  • 11:00〜14:00
  • 17:00〜24:00

タイのコンビニやスーパー等でお酒を購入できる時間は上記だけになります。コンビニでは、この時間以外はお酒が入ってる冷蔵庫に鍵をかけてます。

ですので、お酒を取り出せないようになるんですよね。昔は、売ってくれるコンビニもあったのですが、最近では皆無ですね。

タイはお酒に関してはけっこう厳しい国なんです。ですので、禁酒日もある訳ですね。

今回は、タイ旅行の費用や予算について解説します。タイ旅行に行く前に不安になることの1つに、「いくらお金を持っていけばいいんだろう?」があ...

2017年の禁酒日

2017年のタイの禁酒日は以下になります。

「2017年禁酒日」

  • 2月11日「マカブーチャ(万仏祭)」
  • 5月10日「ヴィサカブーチャ (仏誕節)」
  • 7月8日「アサラハブーチャ (三宝節)」
  • 7月9日「カオパンサー (入安居)」
  • 10月5日「オークパンサー(出安居)」

(引用:タイ国政府観光庁WEBサイト)

上記以外にも、タイの選挙の日も禁酒日になることがありますね。タイ人の話では、「選挙結果を理由に暴れる輩がでる」のが理由だそうです。

タイはけっこう政争が激しい国ですので、あながちそれも冗談には聞こえませんね(笑)

次のページは、「タイの祝日に関しては間違った情報も氾濫してるよ!」