スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイ・バンコクの人口と推移!人口構成ピラミッドから少子化が分かる

スポンサーリンク

今回の記事は、

  • タイ・バンコクの人口の推移と出生率
  • 人口構成ピラミッド

について、タイ歴22年の私が解説します。

 

まさじろ
まさじろ

タイの少子化を牽引しているのが「首都バンコク」になります。実は、バンコクはタイ国内でも突出して「女性の出生率」が低いんですよね。

スポンサーリンク

タイの人口について

日本で少子化が進んでいるのは、ほとんどの日本人が「知っている事実」だと思います。

 

一方、タイは日本と比べて、

読者さん
読者さん

少子化とは無縁なんだろうなあ!

と、思ってる日本人も多いです。

 

しかし、実は最近のタイは「人口の伸び率が鈍化」しています。

 

まさじろ
まさじろ

「いやいや、タイは子供で溢れてるじゃないか!」と私も思ってたんですよね。

 

タイも少子化傾向にある

しかし、どうやらそうではないようです。

タイも日本と同じで、「少子化の道」を辿っているんですよね。

 

2013年の出生率で比較すると、

  • 日本:1.43
  • タイ:1.4

となっています。

 

ですので、どちらの国も「完全なる少子化の国」ですよね。

 

スポンサーリンク

タイの人口の推移

それでは、「タイの人口推移」を以下のデータで確認しましょう!

 

「タイの人口推移」

年月人口
1960年 2739万人
1965年 3182万人
1970年 3688万人
1975年 4233万人
1980年 4738万人
1985年 5204万人
1990年 5658万人
1995年 5926万人
2000年 6269万人
2005年 6586万人
2010年 6669万人
2014年 6772万人

(引用:世界銀行「Population」より)

 

上記データを見てみると、タイも2000年までは「人口が順調に増加」しています。

しかし、2005年から2014年の間は「ほぼ横ばいの人口」になってますね。

 

まさじろ
まさじろ

日本の人口が約1億3000万人ですので、タイはちょうど「日本の半分ぐらいの人口」となります。

 

タイの人口を東南アジアと比較

タイの人口を「周辺の国々」と比較してみましょう。

 

東南アジアの人口は以下になります。

  • ラオス   :650万人
  • マレーシア :3,000万人
  • カンボジア :1,500万人
  • ミャンマー :5,150万人
  • シンガポール:540万人
  • ベトナム  :9,250万人

 

東南アジアでは、「ベトナムの人口」が突出して多いようですね。

シンガポールの人口の少なさは、何となく想像がつきますよね。

 

タイの首都である「バンコクの人口」

タイの首都であるバンコクの人口は、「およそ850万人」になります。

タイの人口は6800万人ですので、タイ人の「8人に1人」はバンコクに住んでいる計算になりますね。

 

ですので、タイは「バンコク一極集中」だと言われてるんですね。

ちなみに、東京都の人口は1340万人で大阪府は890万人です。

 

ぷち福
ぷち福

バンコクが大都会なのも、人口からみると当然のことなのかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

タイの出生率

それでは次に、「タイの出生率」を見ていきましょう!

 

タイの出生率は以下になります。

年月出生率
1960年6.15
1965年6.13
1970年5.6
1975年4.49
1980年3.39
1985年2.57
1990年2.11
1995年1.87
2000年1.68
2005年1.54
2010年1.44
2013年1.4

 

まさじろ
まさじろ

タイで少子化が進む理由は至って単純です。タイも日本と同様に「出生率が低下」しているからですね。

 

タイの出生率は低下傾向

タイの、1960年の出生率は「なんと6.15!」になります。

これは、かなりの子沢山になりますよね。しかし、子沢山時代は長くは続きません。

 

1980年を境に、タイの出生率は「グングンと低下」していきます。

現在のタイで特に出生率が低いのがバンコクで「0.8〜0.85」となってますね。

 

ぷち福
ぷち福

タイでいちばん人数の多い「バンコクの女性の出生率が低い」のが、タイの出生率を下げてる要因になりますね。

 

スポンサーリンク

タイの人口構成ピラミッド

 

次は、タイの人口構成ピラミッドと他の国を比較してみましょう。

 

タイの人口構成ピラミッド

タイの人口構成ピラミッドが以下になります。

 

(引用:世界の人口ピラミッド「タイ王国」より)

 

タイも日本と同じで完全に少子化ですよね。

日本とタイって「こんなとこまで似てる」んですよね。

 

日本の人口構成ピラミッド

日本の人口構成ピラミッドが以下になります。

 

(引用:世界の人口ピラミッド「日本」より)

日本もタイに負けてませんね。

完全に少子化一直線です。

 

まさじろ
まさじろ

しかし、アジアの他の国では「子沢山に恵まれている国」もあるんですよ!

 

インドネシアの人口構成ピラミッド

インドネシアの人口構成ピラミッドが以下になります。

 

(引用:世界の人口ピラミッド「インドネシア」より)

インドネシアは、これから経済発展してくると言われてますよね。

子供がわんさかいますので、「経済発展するとの予想」もうなずけますね。

 

しかし、さらに子沢山な国もあります。

 

フィリピンの人口構成ピラミッド

フィリピンの人口構成ピラミッドが以下になります。

 

(引用:世界の人口ピラミッド「フィリピン」より)

 

人口ピラミッドとして非常に安定してますよね。どっしりしてます。

次から次に子供が生まれてくるって感じですね(笑)。日本からすると羨ましい限りですね。

 

スポンサーリンク

タイで子供が増えにくい理由

 

最後に、「タイで子供が増えにくい理由」を解説します。

 

※データ等はありませんので、あくまで個人的な意見になります。

タイで子供が増えにくい理由

現在のタイで子供が増えにくい理由の1つに、「性の多様化」があると思います。

タイは、「ゲイやニューハーフ」が他の国に比べても非常に多いからですね。

 

当然ですが、ゲイカップルには子供はできませんもんね。

さらには、「ニューハーフと男性のカップル」にも子供はできません。

 

ちなみに、「女性同士のカップル」も存在するので、これまた子供が増えません。

 

タイで子供が増えやすい要因

そんな子供が増えにくい状況にあるタイで、少子化を止めているのが「タイの田舎の女の子」にあると思います。

 

実は、タイの田舎では

「15歳~17歳の女の子が子供を産む」

のは、そこまで珍しい話ではないからですね。

 

タイの田舎はバンコクに比べると極端に娯楽が少ないんですよね。

ですので、「若いパワーを発散」するのが難しいんだと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの人口の推移」と「人口構成ピラミッド」について解説しました。

 

タイの人口は、この先もあまり伸びることはなさそうですね。

子供は宝ですから、日本もタイも真っ先に解決しないといけない問題の1つですね!

 

タイの人口の次は、「タイ旅行のお役立ち情報」を確認しておくと、きっとあなたの役に立ちますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
ぷち福

コメント