スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイのプラグ形状はA・B3・Cタイプ!変換プラグは【必要なし】

スポンサーリンク

読者さん
読者さん
  • タイのプラグ形状には何があるの?
  • 日本のプラグは使えるの?
  • タイ旅行には変換プラグが必要?

タイのプラグ形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね。日本のプラグは「Aタイプ」になるので、タイ国内でも問題なく使えますよ。

タイではAタイプのプラグが普通に使えるので、タイ旅行には「変換プラグ」は必要ありませんね。私も持っていませんよ(笑)。

今回は、「タイのプラグ形状であるA・B3・Cタイプ」と「タイ旅行に変換プラグが必要ない理由」について、タイ歴22年の私が解説しますね!
まさじろ
まさじろ

「プラグは世界共通で同じものを使ってる」と、思ってる方は少なくありません。実は、国によって「使ってるプラグ」は異なるんですよね。私も初めての海外旅行で驚きました。「こんなプラグ見たことない!」とね(笑)

スポンサーリンク

タイのプラグ形状であるA・B3・Cタイプ

Aタイプのプラグ

タイにあるプラグ形状の1つ目が、「Aタイプ(上記写真)」になります。

日本も同じタイプになるので、上記写真の「Aタイプのプラグ形状」は見慣れていますよね。

タイたび
タイたび

タイのプラグ形状が、Aタイプのみなら話はここで終了です。しかし、タイには他にも「2つのプラグ形状」があるんですよね。

B3タイプのプラグ

タイにあるプラグ形状の2つ目が、「B3タイプ(上記写真)」になります。

B3タイプは、「東南アジア」でよく使われているプラグ形状になりますね。ですので、日本では見かけることがほとんどありません。

Cタイプのプラグ

タイにあるプラグ形状の3つ目が、「Cタイプ(上記写真)」になります。

Cタイプは、「ヨーロッパ」でよく使われているプラグ形状になりますね。このタイプも、日本では見かけることがほとんどありません。

スポンサーリンク

タイ旅行に「変換プラグ」が必要ない理由

前述した、B3タイプのプラグは「BFタイプ」と紹介されることもあります。B3タイプのプラグを購入したい方が、「BFタイプ」と間違うと面倒なことになります。

しかし、私は変換プラグはタイ旅行では必要ないと思ってます。ですので、B3であれBFであれ、そんなに違いはありませんね。

Aタイプのプラグが使えるから

タイ旅行に変換プラグが必要ない理由は、「タイのコンセントでAタイプのプラグが使えるから」ですね。

上記写真が、タイ国内にある一般的な「コンセント形状」になります。上記のコンセントはかなり秀逸で、「タイにある3種類のプラグ」が使えるんです。

ですので、日本から持って行った電化製品がタイで普通に使えるんですよね。以上の理由から、「タイ旅行には変換プラグは必要ない!」と言い切れますね!

タイたび
タイたび

タイのコンセント形状については、コチラでも確認しておいて下さいね!

タイのコンセント形状はA・B3・Cタイプ!日本のプラグ【使用可】
読者さん タイのコンセント形状には何があるの? 日本のプラグは使えるの? タイ旅行には「変圧器や変換プラグ」が必要? タイのコンセント形状には、「A・B3・C」の3つのタイプがありますね...
スポンサーリンク

「タイの電圧」と「タイ旅行に変圧器は必要?」

タイの電圧には注意して!

ただし、日本のAタイプのプラグが、「タイで簡単に使える」ことで大きな問題が発生します。それが、「電圧の問題」になります。

上記写真のような「100V専用の電子機器」をタイで使うと、本当に面倒なことになりますよ。電圧が異なると、電子機器って簡単に壊れちゃうんです!

まさじろ
まさじろ

タイの電圧についてはコチラに目を通しておいて下さいね!

タイの電圧は要警戒!「対応電圧」の確認方法を解説【壊れる前に】
読者さん タイと日本の電圧は異なるの? 日本の電化製品はタイで使えるの? 電圧が違うと電気製品が壊れるの? タイと日本の電圧は異なります。「日本が100Vでタイが220V」だからですね。...

タイ旅行に変圧器は必要?

日本とタイの電圧について調べた方が次に考えるのが、「じゃあ、タイ旅行には変圧器が必要だよね?」になります。

変圧器とは、異なる電圧を「100Vに変圧」してくれる機械ですね。変圧器があると、100V専用の電子機器がタイでも使えるようになります。

ところで、その変圧器は「そもそも必要」なんでしょうか?

タイたび
タイたび

私は、「変圧器」をタイでは使ったことがありませんよ。詳しくはコチラでどうぞ!

タイ旅行には変圧器を持って行く必要がない理由!【単純明快】
読者さん タイ旅行には変圧器が必要ですか? タイで変圧器を使ったことがありますか? ドライヤーは変圧器がないと使えないよね? タイ旅行では、変圧器は必要ありません。その理由は、タイ旅行で...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイのプラグ形状であるA・B3・Cタイプ」と「タイ旅行に変換プラグが必要ない理由」について解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • タイのプラグ形状はA・B3・Cタイプ
  • Aタイプのプラグが日本と同じ
  • タイのコンセントでAタイプのプラグが使える
まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!

タイ旅行で役に立つ情報を紹介するよ
今回は、「タイ旅行で役に立つ旅の情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説しますね!