タイは電圧に要警戒!コンセント形状とプラグタイプを知ると理解可

 

この記事は、

  • 日本とタイの電圧は異なる
  • 対応電圧の確認方法をチェック!
  • タイのコンセントとプラグ形状

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

日本とタイ(バンコクやプーケット)の電圧は異なるので注意が必要

タイ旅行に行くとき、「日本の電化製品はそのまま使えるの?」と悩む人は少なくありません。

タイの電圧は220Vなので、タイで電化製品を使うときは「注意が必要」なんです。

電圧は交流220V(50Hz)で、プラグはA、BF、Cタイプ。※現在、主要都市のほとんどのホテルが日本と同じAタイプに対応しています。くれぐれも電圧にはご注意ください。

出典元:基礎知識ータイ国政府観光庁

 

ところで、上記の引用に「くれぐれも電圧にはご注意ください」と書いてるのには理由があります。

ガネーシャ
ガネーシャ

それは、電圧が異なると「電化製品は簡単に壊れる」からですね。

 

電圧が異なると電化製品は簡単に壊れる

昔と今のタイ旅行の違いに、「持っていく電化製品の多さ」があります。

そこで近年起こってきた問題が、日本から持っていった「電化製品が壊れる事」になります。

 

まさじろ
まさじろ

私も、わざわざ日本からタイに持っていった「お気に入りの電気シェーバー」を壊してしまった経験があります。

 

壊れた理由はとっても単純で、「タイと日本の電圧が異なる」からですね。

電圧が異なると「電化製品っていとも簡単に壊れる」んです(笑)

 

電化製品を壊した体験談

日本で愛用していた電気シェーバーをタイ旅行に持ってきた私。

タイ事情に詳しくなかった私は、シェーバーの充電プラグを「タイのコンセントにそのまま差し込み」ました。

 

1分ぐらいは何事もなく充電できていましたが、その直後にボンという音とともに煙が出てきました。

ここでの失敗は、「100V専用のシェーバー」をタイ国内で使ってしまったことですね。

タイ猫さん
タイ猫さん

それでは次に、タイで使える電化製品の見分け方を紹介します。

 

対応電圧の確認方法をチェック!

タイ国内でも問題なく使える電化製品が、「100V~240V」に対応している製品ですね。

電化製品の対応電圧は、コチラの写真だと中ほどに書いている「100ー240V」で確認することができます。

これは、「100Vから240Vの電圧で使用できますよ」という意味ですね。

タイ象さん
タイ象さん

ですので、上記写真の電化製品はタイ旅行で問題なく使えます。タイの電圧は「220V」でしたもんね。

 

100V専用はタイでは使えない

コチラのような「100Vとだけ書いてある電子機器」はタイでは使えません。

こういうのをタイで使うと悲しい思い出だけが残ります、壊れますからね(笑)

 

iPhoneも対応している

タイの電圧でもiPhoneが問題ない理由は、iPhoneの充電アダプターにあります。

iPhoneの充電アダプターは、「100Vー240V対応」だからですね。

ふみまろ
ふみまろ

タイ旅行に持って行く電子機器が、「100V専用か220Vまで対応」してるのかをしっかりと確認することが大事ですよ!

 

タイ(バンコクやプーケット)のコンセント形状とプラグのタイプ

タイのコンセント形状とプラグタイプには以下の種類があります。

  • Aタイプ
  • BFタイプ
  • Cタイプ

 

Aのコンセント形状とプラグタイプ

こちらが、タイにある「Aタイプのコンセント」になります。

Aタイプのプラグがこちらになります。

平型の金属が平行に並んでいるのが、「Aタイプのプラグ特徴」ですね。

見たことがあるのも当然で、「日本と全く同じコンセント形状とプラグタイプ」ですよね。

 

BFのコンセント形状とプラグタイプ

こちらが、「BFタイプのコンセント」になりますね。

BFタイプのプラグがこちらになります。

丸型の金属が3本あるのが、「BFタイプのプラグ特徴」ですね。

多くの日本人にとって、「BFタイプのコンセントやプラグ」は見慣れないですよね。

 

Cのコンセント形状とプラグタイプ

こちらが、「Cタイプのコンセント」になりますね。

Cタイプのプラグがこちらになります。

丸型の金属が2本あるのが、「Cタイプのプラグ特徴」ですね。

Cタイプも、日本では見かけることはありません。

ふみまろ
ふみまろ

実は、日本人の多くが「タイのコンセントをついつい使っちゃう」のには理由があります。

 

タイ旅行に変換プラグが必要ない理由

ついつい使ってしまう理由は、日本のAプラグが「タイの3種のコンセント全てで使える」からですね。

まず、上記のAのコンセント形状は日本と同じなので当然使えます。

 

BFタイプ

一見すると、Aタイプのプラグは使えそうに見えません。

しかし、上記の赤い線のところに「サクッと差し込めちゃう」んですよね。

 

Cタイプ

Cタイプのコンセントでも、「日本のAタイプのプラグ」は問題なく差し込めます。

上記の赤い線のところに、カシっと入るんですよね(笑)

ガネーシャ
ガネーシャ

普通に使えるので、電圧の違いは知りつつも「もしかしたら!」となるんですよね。

 

タイ旅行に変換プラグは必要ない

ただし、これはメリットにもなります。

日本のプラグがタイでも普通に使えるということは、「変換プラグが必要ない」ってことですもんね。

タイ猫さん
タイ猫さん

タイ旅行では、「電化製品の電圧」だけ注意すればいいからですね。

 

タイ旅行には変圧器も必要ないんです。詳しくはコチラをどうぞ!

タイ・バンコク旅行に変圧器が必要ない理由!プーケットなども同様
この記事は、 そもそもタイに変圧器は必要なの? タイ旅行の持ち物に変圧器が必要ない理由 100V専用が多い電化製品への対応方法 について書いています。 まさじろ ...

まとめ

今回は、「タイの電圧・コンセント形状・プラグタイプ」を紹介しました。

 

おさらいすると、

  • タイの電圧は220Vで日本は100V
  • 電化製品の対応電圧の確認が大事
  • Aタイプのプラグが使えるので変換プラグは必要ない

になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

電圧に関する知識さえあれば、「変換プラグが必要ない」のでタイ旅行はとっても楽ですよ!

タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :thaitabi034@gmail.com
ツイッター:@thaitabi

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!