スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイのコンセントとプラグ形状!「変換プラグが必要ない理由」も説明

スポンサーリンク

 

この記事は、

  • タイのコンセントとプラグ形状
  • 変換プラグが必要ない理由
  • タイ国内でコンセントが普通に使えるので怖いこと

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

スポンサーリンク

タイのコンセントとプラグ形状

タイのコンセントやプラグ形状には、

  • Aタイプ
  • BFタイプ
  • Cタイプ

の3種類があります。

 

電圧は交流220V(50Hz)で、プラグはA、BF、Cタイプ。※現在、主要都市のほとんどのホテルが日本と同じAタイプに対応しています。くれぐれも電圧にはご注意ください。

出典元:基礎知識ータイ国政府観光庁

 

ガネーシャ
ガネーシャ

それぞれを詳しく確認していきましょう!

 

Aタイプのコンセントとプラグ

こちらが、タイにある「Aタイプのコンセント形状」になります。

 

Aタイプのプラグがこちらになります。

平型の金属が平行に並んでいるのが、「Aタイプのプラグ特徴」ですね。

 

タイ猫さん
タイ猫さん

見たことあるのも当然で、日本と同じコンセントとプラグですよね。ですので、ほとんどの日本人が見慣れていると思います。

 

BFタイプのコンセントとプラグ

こちらが、「BFタイプのコンセント」になりますね。

 

BFタイプのプラグがこちらになります。

丸型の金属が3本あるのが、「BFタイプのプラグ特徴」ですね。

 

タイ象さん
タイ象さん

多くの日本人にとって、「BFタイプのコンセントやプラグ」は見慣れないですよね。

 

Cタイプのコンセントとプラグ

こちらが、「Cタイプのコンセント」になりますね。

 

Cタイプのプラグがこちらになります。

丸型の金属が2本あるのが、「Cタイプのプラグ特徴」ですね。

 

ふみまろ
ふみまろ

Cタイプも、日本では見かけることはありません。

 

スポンサーリンク

タイ旅行では変換プラグが必要ない理由

タイ旅行に変換プラグが必要ない理由は、

  • Aタイプ
  • BFタイプ
  • Cタイプ

のコンセントで、日本のAタイプのプラグが使えるからですね。

 

BFタイプ

一見すると、Aタイプのプラグは使えそうに見えません。

しかし、上記の赤い線のところに「サクッと差し込めちゃう」んですよね。

 

Cタイプ

Cタイプのコンセントでも、「日本のAタイプのプラグ」は問題なく差し込めます。

上記の赤い線のところに、カシっと入るんですよね(笑)

 

ガネーシャ
ガネーシャ

という事で、Aタイプはもちろんの事、「C・BFタイプのコンセント」にも変換プラグは必要ありません。

 

スポンサーリンク

タイ国内でコンセントが普通に使えるので怖いこと

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年になる私ですが、タイ国内では「変換プラグ」は一度も使ったことがありません。

ですので、「タイ旅行に変換プラグは必要ない!」と言い切れますね。

 

ただし、Aタイプのプラグが変換なしで使えるので、警戒しないといけないことがあります。

それが、「日本とタイの電圧の問題」になります。

 

実は、電圧が問題になって「電化製品を壊してる日本人は」けっこう多いんです。

 

「使えるんじゃないの?」と錯覚してしまう

その理由が、前述した「タイのコンセントの形状」になります。

 

タイのコンセント形状は日本と似ているので、

ふみまろ
ふみまろ

もしかしたら、普通に使えるんじゃないの?

と、ついついプラグを差し込んでみたくなるんですよね。

 

その結果、「タイの電圧に対応していない電化製品」は壊れるんです。

わざわざタイまで持っていった電化製品が壊れるほど悲しいことはありませんからね(体験談)。

 

詳しくは、タイの電圧は日本と異なるので要注意!「対応電圧の確認方法」を説明でcheckして下さいね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイのコンセントとプラグ形状」と「変換プラグが必要ない理由」を説明しました。

 

おさらいすると、

  • タイのA・BF・Cのコンセントで日本のプラグが使える
  • Aタイプのプラグが使えるので変換プラグは必要ない
  • ただし、電圧にはくれぐれも注意!

になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

電圧に関する知識さえあれば、「変換プラグが必要ない」のでタイ旅行はとっても楽ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ旅行
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
スポンサーリンク
タイたび

コメント