タイの電圧とコンセント形状は「旅の必須情報」だから詳しく解説!

スポンサーリンク

タイ旅行の前に不安になることの1つに、「日本の電化製品はタイで使えるんだろうか?」がありますよね。私も昔はタイ国内でiphoneの充電をするのが怖かったんです。

高いから「壊れたら嫌だなあ」とね。しかし、まずは安心して下さい。結論から言いますと、最近の日本の電化製品は「タイでそのまま使えるものが多い」です。

ただし、1点だけ気を付けて欲しいことがあります。それが「タイの電圧」になります。これを間違えると電化製品って簡単に壊れるんですよね。

タイびと
タイびと

わざわざ日本から持っていった電化製品が壊れるほど悲しいことはありませんよ(体験談)。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイの電圧とコンセントの形状について、タイ歴22年で電化製品大好きな私が解説します。

スポンサーリンク

タイの電圧は「220V」だから要注意!

タイの電圧に注意しないといけない理由は、タイと日本では「電圧が異なる」からです。

タイびと
タイびと

電圧が異なると、電化製品はいとも簡単に壊れるんですよね。

タイと日本の電圧は以下になります。

  • タイの電圧:220V
  • 日本の電圧:100V

日本の電圧はタイの電圧に比べて低いんですよね。ですので、「100V専用の電化製品」をタイの電圧で使うと壊れます。

日本の製品は、まだ「100V専用の電化製品」って意外に多いんですよね。日本国内で使うだけなら100Vで問題ないですからね。

100V専用シェーバーの悲劇

ちなみに、私はシェーバーを壊しました。100V専用のシェーバーをタイで使ってしまったのです。1分ぐらいは充電できてましたが、いきなり「ボン」という音とともに煙が出てきたので驚きましたね。

幸いシェーバーが壊れただけですが、何かに引火したら洒落になりませんよね。電圧を間違えると電化製品はすぐに壊れるので注意してください!

まさじろ
まさじろ

ここでの教訓は、タイで使う予定の電化製品は「必ず電圧の確認をすること」ですね!

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

大事なことは「対応電圧」の確認だよ!

まさじろ
まさじろ

それでは次に、電化製品の「対応電圧」の確認方法について解説しますね。

タイに持っていく予定の電化製品のケーブルやコンセント部分に、以下のような記述があると思います。

  • 入力:AC100~240V
  • 出力:DC5.0V

大事なのは「入力(input)」の数字だよ

ここで大事なのは「入力(input)」になります。入力:AC100~240Vと記載されていたら、タイでも問題なく使えます。タイの電圧は220Vでしたもんね。

ただし、「AC100V」とだけ書いてある電化製品はタイでは使えません。まずは、ご自分の電化製品が100V専用か240Vまで対応してるのかを確認してくださいね。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

タイのコンセントの形状

タイの電圧ほど重要な知識ではありませんが、知っておくと安心な知識が「タイのコンセントの形状」になります。

まずは、上記写真がタイのコンセントになるので、日本のご自宅にあるコンセントと見比べて下さい。「タイと日本のコンセントの違いが分かりますか?」

タイのコンセントには「丸っこい部分」があるんですね。日本は平型専用コンセントですが、タイは「平型+丸型」の両方のコンセントに対応してるんですよね。

まさじろ
まさじろ

ですので、日本の平型プラグはタイのコンセントで普通に使えます。

※タイには「丸型専用コンセント」もあります。しかし、かなり珍しいですね。

タイのプラグには2つの形状があるよ

ファイル_001 (7)

タイのコンセントに「平型+丸型」がある理由は至って単純です。それは、タイには丸型プラグ(上記写真)があるからですね。

タイには丸型プラグも存在するので、平型も丸型も両方差し込めるタイプのコンセントが多いんですよね。

タイびと
タイびと

つまり、タイには「平型プラグと丸型プラグ」の2種類があるんです。ですので、日本のプラグはタイで普通に使えるんですね。

まさじろ
まさじろ

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

特に注意すべき電化製品は「ドライヤー」

タイで使うときに、特に注意しないといけない電化製品が「ドライヤー」になります。ドライヤーは、240V対応ではない製品が多いからです。

いつも使ってるドライヤーをタイ旅行に持っていきたいなら、選択肢は下記の2つになります。

  • 変圧器
  • 海外対応ドライヤー

ドライヤーが使える変圧器は高い!

2通りの選択肢があるように見えますが、実は選択肢は1つになります。と言うのは、ドライヤーが使える「変圧器」は非常に高価なんです。

ですので、それなら「海外対応ドライヤー」を購入した方が遥かにお得なんですよね。

タイびと
タイびと

タイでの変圧器についてはコチラをどうぞ!

>>タイには変圧器を持っていく必要がない理由

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイの電圧とコンセントの形状について、タイ歴22年で電化製品大好きな私が解説しました。

大事なことは、「タイと日本の電圧は異なる」になります。電圧には本当に気を付けて下さいね!