タイの公用言語はタイ語だけど英語が少し通じるから旅には支障がない

今回は、「タイの公用言語はタイ語」と「タイ旅行は少しの英語だけで楽しめる」について、タイ歴22年なのに4年前まではタイ語を一切話せなかった私が解説します。

「英語が話せないんですがタイ旅行は楽しめますか?」との質問を頂くことがあります。海外旅行にいく前は不安になるのが人ってもんです。

ですので、その質問の意図はよく理解できます。結論から言うと「全く問題ない」ですね。私も4年前まではタイ語なんて一切話せませんでした。

さらには、英語も得意ではありません。それでも約18年間は「特に問題」もなくタイ旅行を楽しんでましたよ!

タイの公用言語はタイ語

タイの公用言語は、「タイ語」になります。上記写真の1段目がタイ語ですね。「ประตูสวนดอก」と書いています。

ちなみに、これは「プラトゥー・スアンドック」と書いていて、チェンマイのお堀を囲っている門の1つのことですね。

タイ語にも方言があるよ

タイの共通言語はタイ語ですが、地方によっては方言があります。有名な方言には以下があります。

  • チェンマイ語(北タイ語)
  • イサーン語
  • 南タイ語

方言地域の人は、「タイ語(共通語)+方言」を話すことができます。

ちなみに、タイ語とは似てないので、さっぱり理解できません。ですので、地方に行って方言で話されると、何を言ってるのか一切理解できません。

タイでは英語が少し通じるから支障がない理由

先ほど紹介したように、タイの公用語はタイ語になります。ですので、多くのタイ人は英語が上手ではありません。

ただし、日本と同じようにタイでも小学校の頃から「英語の授業」をしています。かなり田舎の公立小学校でも、週に3~4時間は英語の授業をしていますね。

日本人と同じ

ですので、タイ人の多くは英語が上手ではありませんが、「英語の単語」でのやりとりなら何とかなります。

私を含めた多くの日本人も、上記タイ人と似たような英語レベルですもんね。

外国人慣れしているエリアがタイには多い

ここまでは一般のタイ人の話しをしました。タイ人とは、英単語で簡単な意思の疎通が図れるという事がご理解頂けたと思います。

しかし、タイ人は日本人よりも「英語がもっと身近」なんです。タイは外国人観光客の多い国です。ですので、「英語を使い慣れてる」タイ人が多いんです。

エリア別にタイ人の英語レベルを確認

一般的な旅行者の方がタイ旅行で訪れるエリアは以下になります。

  • バンコク
  • プーケット
  • パタヤ
  • チェンマイ
  • アユタヤ

エリア別に確認していきましょう

バンコク

タイの首都であるバンコク。当然ですがタイで1番外国人観光客が訪れるエリアになります。ですので、英語が通じる確率は高いです。

観光地・ホテル・ショッピングモールのスタッフは、タイ語よりも英語で話したがる傾向がありますね。

と言うのも、タイでは「英語は上級クラスの人が使う言葉」と言う認識なんです。

ですので、私がタイ語で話しかけても、わざわざ「英語で返答をしてくれるタイ人」も多いですよ。

タイではお金持ちほど英語がペラペラ

タイではお金持ちほど「英語がペラペラ」な率が圧倒的に高いです。欧米に留学するのがステータスなんで、ネイティブクラスの英語を話しますよね。

今回は、バンコク観光のおすすめ観光地と穴場スポットについて、タイ歴22年でバンコクをこよなく愛する私が解説します。 今では世界中の観光...

次のページは、「プーケットとパタヤ・チェンマイとスコータイ・日本語だけの日本人も多い!」