タイの言語はタイ語だけど「英語だけ」でも楽しく旅ができるよ!

スポンサーリンク

「英語があまり得意じゃないんですが、タイ旅行は楽しめますか?」との質問を頂くことがあります。結論から言うと「全く問題ない」ですね。

海外旅行にいく前は、不安になるのが人ってもんです。ですので、その質問の意図は私にはよく理解できます。実は、私も4年前までは「タイ語なんて」一切話せませんでした。

さらには、今でも英語はそんなに得意ではありません。それでも約18年間は「特に問題」もなくタイ旅行を楽しんでましたよ。

タイびと
タイびと

タイ旅行の際は、中学校で習った「英語の単語」を並べるだけで楽しめますね。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイの公用言語はタイ語」と「タイ旅行は少しの英語だけで楽しめる」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイの公用言語は「タイ語」

最初に、タイ語の言語について簡単に解説しますね。タイには「タイ語以外」にもそういう言語もあるんだと、頭の片隅に入れておいて下さい。

タイの公用言語は、「タイ語」になります。上記写真の1段目がタイ語ですね。「ประตูสวนดอก」と書いています。

ちなみに、これは「プラトゥー・スアンドック」と書いていて、チェンマイのお堀を囲っている門の1つのことですね。

タイ語にも方言があるよ

タイの共通言語はタイ語ですが、地方によっては方言があります。有名な方言には以下があります。

  • チェンマイ語(北タイ語)
  • イサーン語
  • 南タイ語

方言地域の人は、「タイ語(共通語)+方言」を話すことができます。ちなみに、タイ語とは似てないので、さっぱり理解できません。

まさじろ
まさじろ

タイ語が少し話せる私でも、方言で話されると「何を言ってるのか」ほぼ理解できませんね。

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

タイでは英語が少し通じるから支障がない理由

先ほど紹介したように、タイの公用語はタイ語になります。ですので、多くのタイ人は「英語が上手」ではありません。

ただし、日本と同じようにタイでも小学校の頃から「英語の授業」をしています。かなり田舎の公立小学校でも、「週に3~4時間」は英語の授業をしていますね。

ですので、タイ人の多くは英語が上手ではありませんが、「英語の単語」でのやりとりなら何とかなります。

まさじろ
まさじろ

私を含めた多くの日本人も、上記タイ人と似たような英語レベルですもんね。

外国人慣れしているエリアがタイには多い

ここまでは「一般のタイ人」の話しをしました。タイ人とは、英単語で簡単な「意思の疎通」が図れるという事がご理解頂けたと思います。

しかし、タイ人は日本人よりも「英語がもっと身近」なんです。タイは外国人観光客の多い国です。ですので、「英語を使い慣れてる」タイ人が多いんです。

タイびと
タイびと

それでは次に、タイをエリアに分けて「英語が通じる確率」を確認していきましょう!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

バンコクの英語の通じやすさ

タイの首都であるバンコク。当然ですがタイで外国人観光客が一番多く訪れるエリアになります。

ですので、英語が通じる確率は高いです。観光地・ホテル・ショッピングモールのスタッフは、タイ語よりも英語で話したがる傾向がありますね。

実はそれには理由があって、タイでは「英語は上級クラスの人が使う言葉」と言う認識なんです。

タイではお金持ちほど英語がペラペラ

タイではお金持ちほど「英語がペラペラ」な率が圧倒的に高いです。欧米に留学するのがステータスなんで、ネイティブクラスの英語を話しますよね。

まさじろ
まさじろ

そんなお国柄ですので、私がタイ語で話しかけても「わざわざ英語で返答をしてくれるタイ人」も多いですよ。

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

プーケット・パタヤの英語の通じやすさ

タイびと
タイびと

プーケット・パタヤは、タイ国内でありながら「英語が共通語」と言っても過言ではないエリアになります。

タイ国内なのでタイ語も通じますが、プーケット・パタヤにいるほとんどのタイ人が「英語慣れ」していますよね。

ちなみに、日本人の友達をこのエリアに連れてくると楽なんですよね。だって、みんな勝手に英語で会話してくれますからね。

プーケットに行くと英語の勉強がしたくなる

上記写真は私がプーケット滞在中によくお世話になるホテルになります。ここでまったりと寝そべってたら、欧米人やアジア人が「英語で気さく」に話しかけにくるんですよね。

こういう時、「やっぱり英語も勉強しないとなあ!」と英語熱が高まります。やはり、英語の単語だけでは仲良くなるのは難しいですからね。ホテルのスタッフとはタイ語で会話できるんですけどね(笑)

まさじろ
まさじろ

直近では、パタヤでアラブ人と仲良くなる機会がありました。「もっと英語が話せたらなあ」と本気で思いましたね(2018年9月追記)。

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

チェンマイ・アユタヤの英語の通じやすさ

チェンマイもアユタヤも世界中から観光客が集まるので英語が通じる率は高いですね。ただし、プーケットやパタヤと比べると率はかなり下がります。

バンコクと同じで、観光地・ホテル・ショッピングモールで簡単な英語が話せるスタッフは、タイ語よりも英語で話してくれます。

チェンマイは欧米人が多い

特にチェンマイは、リタイアした「欧米人や日本人」で溢れかえってます。ですので、プーケット・パタヤに続く英語が通じるエリアになりますね。

まさじろ
まさじろ

チェンマイには「ノマドワーカー」が多いのも、英語が通じやすい理由だと思います。

タイびと
タイびと

タイの入国カードの書き方はコチラをどうぞ!

>>タイ入国カードの書き方「記入例を保存」して機内で書こう

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの公用言語はタイ語」と「タイ旅行は少しの英語だけで楽しめる」について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイに長く住む日本人の中には「日本語だけ」で生活している方も多いです。タイ語は全然話せないし、英語はホンの少し単語を知ってるだけ。これでもタイでは十分に生活できるんですよね。

旅行者の方は、「タイ語や英語が話せないから」と臆する必要はありません。タイ旅行に来て必要性を感じたら英語やタイ語の勉強をすればいいと思いますよ!