タイの国旗に込められた深い意味と「似てる国旗」について解説するよ

スポンサーリンク

多くの国とって「国旗」は、その国を象徴するシンボルになります。タイも同様で、国旗に「国としての明確なイメージ」を反映させています。

タイ旅行のさいは、タイ国旗を見る機会も多いと思います。そんなとき、「タイの国旗には、こんな意味があったよね!」と思い出すだけで旅が楽しくなりますよね。

ところで、「タイには王様がいると聞いたことがありませんか?」。実は、タイ人は「王様などの王室」を心から尊敬しているんです。

タイびと
タイびと

タイ人が王室に「畏敬の念」を抱いてるのは、タイの国旗からも読み取れます。

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイの国旗に込められた深い意味や由来」と「タイの国旗と似ている世界の国旗」について、タイ歴22年の私が解説します!

スポンサーリンク

タイの国旗の意味や由来

上記がタイの国旗で、「赤・白・紺」の3色で構成されている三色旗になります。

まさじろ
まさじろ

タイではタイの国旗を「トン・トライロング(ธงไตรรงค์)」とも呼んでいますよ。

三色旗の色の意味

タイ国旗の「赤・白・紺」に込められた深い意味と由来が以下になります。

  • 赤色:国家
  • 白色:仏教
  • 紺色:王室

タイでは王室は「絶対的な存在」だと言うことが上記で理解できますよね。さらには、タイの宗教は「仏教」であるとの宣言としても読み取れますよね。

タイびと
タイびと

タイの宗教である仏教についてはコチラをどうぞ!

>>タイの宗教は仏教だけど日本仏教とは異なるよ!

スポンサーリンク

横三色と縦三色がある

まさじろ
まさじろ

実はタイだけではなく、世界では「3色で構成されている国旗」が多いんですよね。

トリコロールで有名な上記のフランスの国旗も三色旗ですし、ドイツ・イタリア・オランダの国旗も三色旗ですね。

さらに言えば、タイの国旗は「横三色」になります。上記のフランスの国旗は「縦三色」になります。

三色旗を採用している国は多い

世界の国旗には、横三色と縦三色の国旗が多いんですよね。三色旗が世界に多い理由は、「国としての明確な指針イメージ」を旗に投影しやすいからだと思います。

例えば、フランス国旗には「青:自由」「白:平等」を表していると言う説があるんですよね。

タイびと
タイびと

タイの人口についてはコチラをどうぞ!

>>タイの人口の推移と人口ピラミッドを解説

スポンサーリンク

タイの国旗と似てる国

まさじろ
まさじろ

ところで、フランスの国旗を「左に90℃回転」させると、タイの国旗の上半分にそっくりじゃないですか?

世界には三色旗の国が多いと話しましたが、多いがゆえに「国旗が似る国」もあるんです。

タイの国旗と似てるのは以下の国旗になります。

  • コスタリカ
  • オランダ
  • ロシア
  • クロアチア
  • パラグアイ

タイ

ちなみに、タイの国旗は上記ですからね。比較用においておきますね。

コスタリカ

タイの国旗に似てるとよく言われるのは「コスタリカ国旗」になります。横三色の配分が同じですよね。配色も「赤・白」は同じで、青色の濃度が異なるだけですね。

しかし、コスタリカ国旗とタイ国旗を間違う人は少ないです。コスタリカ国旗には、左側に「シンボルマーク」があるからですね。

オランダ

タイの国旗の上半分にそっくりなのがオランダ国旗になります。実は、フランスの国旗を左に90℃回転させると「オランダ国旗」に早変わりなんですよね。

何らかの理由があるかも知れないですね。しかし、当ブログは「タイブログ」です。調べる予定は、残念ながらありません!

ロシア

オランダ国旗と似てるのが、ロシア国旗になります。という事で、タイ国旗とも微妙に似てますよね。

クロアチア

オランダ国旗にエンブレムを追加するとクロアチア国旗になります。このエンブレムが気になりますが、当ブログはタイブログなので残念です。

パラグアイ

クロアチア国旗と似てるのがパラグアイの国旗になります。エンブレムが気になりますが、まぁ気にしないでおきましょう。

タイびと
タイびと

タイの歴史についてはコチラをどうぞ!

>>タイの歴史をシンプルにまとめたよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの国旗に込められた深い意味や由来」と「タイの国旗と似ている世界の国旗」について、タイ歴22年の私が解説しました。

まさじろ
まさじろ

世界の国旗をじっくり見ると、けっこう楽しいもんですね!