スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【最新版】タイ通貨のお金の単位と種類!両替レートで得する知識

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。

 

読者さん
読者さん
  • タイ通貨の単位は何になるの?
  • タイのお金の種類には何があるの?

 

結論から先に言うと、

  • タイ通貨の単位は、「バーツ」です。タイ国のバーツなので、「タイバーツ」と呼ばれることもあります。
  • タイのお金の種類には、「紙幣と硬貨」があります。
  • 紙幣は「20バーツ札~1000バーツ札」で、硬貨は「25サタン硬貨~10バーツ硬貨」になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

「タイ通貨のお金の単位や種類」と「両替レートで得する知識」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね!

スポンサーリンク

タイ通貨のお金の単位は「バーツ」

初めての国や慣れてない国に行くときは、その国のお金の単位や種類が分からないので

読者さん
読者さん

損をするんじゃないだろうか?

と不安になることもありますよね。

 

ところで、ちょっと想像してみて下さい。

あなたがタイの両替所で日本円を替えると、「1万バーツ」になりました。

 

両替した1万バーツの内訳は、「2千バーツ札が5枚」でした。

タイ通貨の単位や種類を知っていれば、あなたは即座に「その両替が怪しい」と気付けます。

 

お金のことで問題が発生すると旅がつまらなくなるので、

タイ通貨のお金の単位や種類」に関しては必ず覚えておいて下さいね。

 

タイでは「バーツ」が使われているよ

日本人なら誰でも知ってますが、日本で使われてるお金の単位は「円」ですよね。

一方、タイ国内で実際に使われてるタイ通貨の単位は「バーツ」と言います。

 

日本の円が「日本円」と呼ばれるように、タイのバーツは「タイバーツ」と呼ばれることもあります。

 

最近では流通が減っているんですが、バーツの下に「サタン」と言う通貨単位もあります。

「1バーツ=100サタン」になりますね。

 

サタンは、「そういえば、そんな通貨単位があったなあ」程度で大丈夫です。

タイで使われてる通貨は「バーツ」だと言うことを覚えといて下さい。

 

スポンサーリンク

タイ通貨のお金の種類は「紙幣と硬貨」

 

タイの通貨であるバーツには、「紙幣と硬貨」の2種類があります。

 

タイの紙幣

タイの紙幣は5種類あります。

  • 1,000バーツ札
  • 500バーツ札
  • 100バーツ札
  • 50バーツ札
  • 20バーツ札

 

ここで大事なことは、タイの最高紙幣の確認になります。

「2,000バーツ札」があるとしたら、それは偽札になりますよ。

 

タイの最高紙幣は:1,000バーツ札

 

タイの硬貨

タイの硬貨は6種類あります。

  • 10バーツ硬貨
  • 5バーツ硬貨
  • 2バーツ硬貨
  • 1バーツ硬貨
  • 50サタン硬貨
  • 25サタン硬貨

 

前述したように、近年ではサタンの流通は少ないです。

悲しいことに、サタンが落ちてても拾ってるのを見たことがありません。

 

ちなみに、最近では「1バーツ」が落ちていても拾わないタイ人も多いですね。

 

その理由は「タイの通貨価値」にあります。「1バーツはいくら?」はコチラで確認して下さいね!

 

【お金換算】タイ通貨を日本円に超簡単に計算する方法おしえます!
今回は、「タイ通貨→日本円への換算方法」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説しますね! まさじろ タイ通貨をパッと日本円に換算できると、タイ旅行がさらに楽しくなるよ!

 

スポンサーリンク

タイ旅行で「タイバーツを使うとき」の注意点

100バーツ紙幣を多めに持っておこう

タイ旅行のときは、100バーツ紙幣があると何かと便利です。

タクシーや個人商店での買い物のとき、1,000バーツで支払うと「おつりがない」ことが多々あるからです。

 

タイ人には優しい人が多いので、「お釣り探しの旅」に出てくれるんです。

となると、せっかくの旅行時間が無題になりますもんね。

 

ですので、デパート・スーパー・コンビニでは、「積極的に1,000バーツをくずす」ことが大事になりますね。

500バーツと100バーツの紙幣の色

500バーツ紙幣と100バーツ紙幣は色が似ています。

タイのお金に慣れてない人は、しっかりと「紙幣の色」を把握しといたほうがいいですね。

 

100バーツと500バーツを間違えたら、けっこう痛い出費なんですよね。

特に、暗くなると「判別が難しい」ので気を付けて下さいね。

 

私もチップをあげるときに何回も間違えてます。

1度出したチップを、「うわ~間違えたよ~」とサラッと変更できる強い精神力がほしいです(笑)

 

実はタイはチップ習慣のある国なんですよね。チップで失敗すると旅が急につまらなくなります。

コチラでしっかりと確認しておいて下さいね!

 

【最新版】タイのチップ相場と渡し方!いらないシーンも解説
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイでチップが必要なるシーンは? 相場の目安と渡し方はどうすればいいの? チップがいらないシーンもあるの? 結論...

 

スポンサーリンク

両替に関する知識があると「旅が10倍」楽しくなる!

タイ通貨に関することを一通り理解したら、

次は「タイバーツと円の上手な両替」に関する知識を少しだけ頭に入れておいて下さい。

 

タイ国内では基本的には日本円を使うことができません。ですので、「円→バーツへの両替」が必要となります。

 

ただし、どこで替えても良い訳ではありません。

両替所によって、「両替レートが雲泥の差」になるからですね。

 

同じ金額の円を両替するなら、少しでも多くのバーツにしたいと思うが人情ってもんですよね。

 

円とバーツを両替できる場所

円とバーツを両替できる場所が以下になります。

  • 日本の銀行
  • 日本の空港
  • タイの空港
  • 有名両替所(サテライト)
  • 有名両替所(本店)

 

お得にならない両替が「日本の銀行や空港」になります。

両替レートが「かなり低い」ので、本当にオススメできません。

 

両替しておかないと不安な方は、「タイの空港」で替えたほうがまだマシですよ。

 

スワンナプーム国際空港を使う方は「空港で両替しよう!」

スワンナプーム国際空港を使う方は、

地下にある「有名両替所のサテライト」で両替することをオススメします。

 

私も、最近では毎回コチラの両替所を使わせてもらっています。

空港で両替しても「損じゃない」なんて、ありがたい話ですよね。

 

昔は、30万円以上の両替は「有名両替所両替所の本店」に行ってました。

 

しかし、最近では本店とサテライト店の両替レートの差が「5バーツ~10バーツ」しかありません。

ですので、空港でサクッと替えたほうが便利なんですよね。

 

スワンナプーム国際空港を利用する方はコチラに目を通しておくとレート損することはないですよ!

 

スワンナプーム空港でタイ通貨に両替する時のおすすめ【超レート得】
読者さん タイに限らず「空港での両替」は必要分がおすすめだよね? スワンナプーム国際空港にある両替所のおすすめは? スワンナプーム国際空港では「24時間」両替可能なの? 一般的な海外旅行...

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイ通貨のお金の単位や種類」と「両替レートで得する知識」についてシンプルに解説しました。

おさらいすると以下になります。

  • タイの通貨単位は「バーツとサタン」
  • タイの紙幣は「20バーツ札~1000バーツ札」
  • タイの硬貨は「25サタン硬貨~10バーツ硬貨」

 

まさじろ
まさじろ

次は、タイバーツの両替に関する基本的な知識に目を通しておいて下さいね!

 

【最新版】タイバーツと日本円の両替で高レートになるおすすめ方法!
今回の記事は、こんな疑問を感じてる方向けになります。 読者さん タイバーツと円の両替を日本でしたら損って本当? タイの空港で両替したらいいんでしょ? タイバーツと日本円の両替のおすすめ場所は? ...