タイの通貨(お金)を知ろう。1バーツはいくらなの?も解説するよ

今回は、タイの通貨やお金についてタイ初心者のために解説します。

初めての国や慣れてない国に行くときって、その国の貨幣価値が分からないので「損をするんじゃないだろうか?」と不安になりますもんね。

「お金のことで問題が発生」すると、旅が急につまらなくなります。しかし、どうぞ御安心下さい!

タイに関しては、これから解説するので全く問題ありません。じっくりと読み進めて下さいね!

初心者のためのタイ通貨入門

タイ旅行の初心者のために「タイの通貨」について説明しますね。日本で使われてるお金の単位は「円」ですよね。タイで使われてるお金の単位を「バーツ」と言います。

通貨の単位は、バーツとサタン

最近ではかなり流通が減っているんですが「バーツ」の下に「サタン」と言う通貨単位もあります。「1バーツ=100サタン」になります。

サタンは「そういえば、そんな通貨単位があったなあ」程度で大丈夫です。大事なことは、タイで使われてる通貨は「バーツ」だと言うことを覚えといて下さい。

タイのお金には紙幣と硬貨があるよ!

タイの紙幣

タイの紙幣は5種類あります。

  • 1,000バーツ
  • 500バーツ
  • 100バーツ
  • 50バーツ
  • 20バーツ

タイの最高紙幣は1,000バーツということを覚えておいて下さいね!

タイの硬貨

タイの硬貨は6種類あります。

  • 10バーツ
  • 5バーツ
  • 2バーツ
  • 1バーツ
  • 50サタン
  • 25サタン

ただし、前述したとおりサタンはほとんど流通してません。悲しいことに、サタンが落ちてても拾ってるのを見たことがありません。

次のページは、「タイの通貨を日本のお金に換算してみよう!」