タイ通貨のお金の単位と種類!バーツ紙幣→日本円への換算方法も説明

 

この記事は、

  • タイのお金の単位は「バーツ」
  • 通貨の種類は「紙幣と硬貨」
  • タイバーツ→日本円への簡単な換算方法

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

タイ旅行では、クレジットカードが複数枚あると助かりますよ。

>>クレジットカードのおすすめを確認!

タイのお金の単位は「バーツ」

タイ国内で使われてるお金の単位は、「バーツ」と言います。

日本の円が「日本円」と呼ばれるように、タイのバーツは「タイバーツ」と呼ばれることもあります。

通貨:タイバーツ

出典元:基礎知識ータイ国政府観光庁

 

さらには、最近では流通が減っているのですが「サタンと言うお金の単位」もあります。

「1バーツ=100サタン」になりますね。

 

1バーツ=100サタン

日本にも昔、「銭(せん)と言うお金の単位」があったのと同様ですね。

ちなみに、「1円=100銭」なので、銭とサタンは似ていますよね。

 

銭は日本ではもう使われていません。しかし、タイのサタンはまだかろうじて使われることがあるんです。

とは言え、サタンは「そういえば、そんな通貨単位があったなあ」程度で大丈夫です。

ガネーシャ
ガネーシャ

タイで使われてる通貨は「バーツ」だと言うことを覚えといて下さい。

 

通貨の種類は「紙幣と硬貨」

タイバーツの通貨の種類は以下があります。

  • 紙幣
  • 硬貨

 

タイの紙幣

タイの紙幣は、以下の5種類になります。

  • 1,000バーツ札
  • 500バーツ札
  • 100バーツ札
  • 50バーツ札
  • 20バーツ札

 

タイの最高紙幣は、「1,000バーツ札」になりますね。

ちなみに、タイの紙幣には「タイの国王様」が描かれていますよ。

 

タイの硬貨

タイの硬貨は、以下の6種類になります。

  • 10バーツ硬貨
  • 5バーツ硬貨
  • 2バーツ硬貨
  • 1バーツ硬貨
  • 50サタン硬貨
  • 25サタン硬貨

 

前述したように、近年では「サタンの流通は少ない」です。

悲しいことに、サタンが落ちてても拾ってるのを見たことがありません。

タイ猫さん
タイ猫さん

「50サタン=約1.5円」なので、それもしょうがないですよね。日本人でも、1円を拾う人は少なくなってますもんね。

 

タイバーツ→日本円への簡単な換算方法

次に、「タイバーツ→日本円への簡単な計算方法」を確認しましょう!

 

ところで、あなたが「タイの空港に到着してから」をチョット想像して下さい。

両替も無事に終わり、喉が渇いたので空港にあるコンビニで「10バーツの水」を買おうとします。

 

タイの通貨にも金額の記載があるので、支払いをすることは可能です。

タイ象さん
タイ象さん

その時に頭をよぎるのが、「そもそも10バーツは日本円でいくら?」になります。

 

まずは、タイバーツの「為替情報を確認」しないといけません。

そうやって、ようやくあなたはスマホの電卓アプリで計算を始めます。

 

1バーツは3.5円で計算しよう!

正直、買い物の度に「そういう計算をするのは面倒」ですよね。

しかし、実はそんな面倒な計算をする必要は全くありません。

 

タイバーツを日本円に計算するときに用いる簡単な方法が、「1バーツに対して何円」になります。

2019年現在の為替では、1バーツに対して「3.4円~3.5円」になっています。

ふみまろ
ふみまろ

ですので、「1バーツは3.5円で計算」するといいですね。100バーツを支払ったとすると、「100×3.5=350円」とパッと計算できます。

 

タイ旅行では、クレジットカードが複数枚あると助かりますよ。

>>クレジットカードのおすすめを確認!

まとめ

今回は、「タイ通貨のお金の単位や種類」と「日本円への簡単な計算方法」を説明しました。

 

おさらいすると、

  • タイのお金の単位は「バーツ」
  • 20~1,000バーツの6種類の紙幣がある
  • 「1バーツは3.5円で計算」すると楽

になりますね。

 

まさじろ
まさじろ

タイ通貨をパッと日本円に計算できると、タイ旅行がとっても楽になりますからね!

タイでお金に関する事
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!