タイの言語には「公用語と方言」があるから体験談を交えて紹介するね

 

この記事は、

  • タイの言語(公用語)は「タイ語」
  • 国内で使われている方言
  • タイ語が全く上達しなかった理由

について書いています。

 

まさじろ
まさじろ

タイ歴22年の「まさじろ」が、シンプルに説明しますね!

 

タイの言語(公用語)は「タイ語」

タイに興味を持ち始めた方が気になるのが、「タイではどんな言語が使われてるのだろう?」になります。

結論から言うと、タイ国内で一般的に使われている言語(公用語)は、「タイ語」ですね。

 

標準語が使われるのがタイの中央エリアなので、タイ国内では「中央タイ語」とも呼ばれていますね。

中央タイ語は、「ภาษากลาง(パサーグラーン)」とタイ語では書きます。

 

バンコク語と中央タイ語

 

ふみまろ
ふみまろ

日本国内でも標準語と東京弁が少々異なるように、「バンコク語と中央タイ語」も厳密には異なるんだそうです。

 

バンコク語はタイ王国のバンコクなどの首都圏で話される。中央タイ語と混同されるが多少の差異を含む。

出典元:バンコク語ーWikipedia

 

タイ象さん
タイ象さん

ま、しかし、今回の記事ではそれは気にしない方が理解しやすいと思いますよ(笑)

 

タイ語はどんな文字?

せっかくですので、タイで使わている「タイ語の文字」を確認しましょう。

上記写真の1段目がタイ語ですね。「ประตูสวนดอก」と書いています。

 

タイ猫さん
タイ猫さん

これは「プラトゥー・スアンドック」と書いていて、チェンマイのお堀を囲っている門の1つのことだよ。

 

タイの方言

タイには、日本と同様に「各地の方言」もあるんですよね。

方言地域の人は、「タイ語(共通語)+方言」を話すことができます。

 

話せる理由は、小学校等では方言ではなく「タイ語で授業を受ける」からですね。

 

タイ語の方言には以下があります。

  • チェンマイ語(北タイ語)
  • イーサーン語
  • 南タイ語

 

チェンマイ語(北タイ語)

北タイ語はタイ王国の北部で話されるタイ語の方言である。チェンマイの北タイ語を標準的な語とするため、チェンマイ語(คำเมือง、カム・ムアン)とも言う。中央タイ語よりはむしろラーオ語やイーサーン語と似る。

出典元:北タイ語ーWikipedia

 

イーサーン語

イーサーン語は、タイ王国東北部のイーサーン地方で話される言語である。タイ国内ではタイ語の方言とされるが、言語学上はラーオ語と同じ言語集団(ラオ・プータイ)に分類され、その場合、ラオス国内のラーオ語を東ラーオ語、イーサーン語を西ラーオ語と呼ぶことがある。北タイ語にも近い。

出典元:イーサーン語ーWikipedia

 

南タイ語

南タイ語はタイ王国のマレー半島部・南部で話される言語である。標準語の持つアクセントに縛られず、全体的に高声が目立つ。

出典元:南タイ語ーWikipedia

 

まさじろ
まさじろ

ちなみにタイ語が少し話せる私でも、方言で話されると「何を言ってるのか」ほぼ理解できませんよ(笑)

 

タイ語が全く上達しなかった理由

10年ほど前の話になります。タイ歴は長いのに、タイ語が全く話せなかった当時の私。

流石に恥ずかしくなって、「タイ語を真剣に勉強しよう」と思い立ちます。

 

しかし、タイ語能力が向上する気配すらありませんでした。今なら分かりますが、それには理由がありました。

私は、「タイマッサージのお店」でタイ語能力アップを目指していたのです。

 

まさじろ
まさじろ

今では少しタイ語が話せる私ですが、当時はサッパリでした。しかし、私なりに努力はしてました(笑)

 

私はタイマッサージが大好き

私は、自他共に認める「タイマッサージ好き」です。

タイにハマった理由の1つが、安くてお手軽なタイマッサージがあるのは間違いありません。

 

そんなある日、私は気付きます。「マッサージ師さんのタイ語を聞いてタイ語を勉強しよう!」と。

マッサージを受けてる間は暇ですからね。

 

ガネーシャ
ガネーシャ

中級店以上ではありえないことですが、安いタイマッサージのお店では「スタッフ同士がおしゃべり」をするのは当たり前なんですよね。

 

マッサージスタッフのタイ語を傾聴

タイ旅行中は、ほぼ毎日タイマッサージに行く私。

毎日、毎日、健気にスタッフのタイ語に耳を傾けます。

 

しかし、一向に聞き取れません。

タイ語の学習書でも平行して勉強してたのですが、「学んだタイ語」を耳にすることはありませんでした。

 

勉強する場所を間違えた

ですので、1ヶ月が経過する頃には次第にやる気もなくなりましたね。

「タイ語は難しすぎるよ!」と周囲に話していたのを覚えています。

 

しかし、私は最初から間違っていたんです。

 

ふみまろ
ふみまろ

そもそもタイマッサージのお店で、「タイ語を勉強すること」が失敗だったんです。

 

スタッフは方言で話してる

今なら理解できますが、タイマッサージのスタッフは方言である「イーサーン語」で話してたんですよね。

 

ですので、タイ語の学習書で学んだ言語と異なっていて当然なんです。

タイ語の学習書は、タイの共通語で学びますもんね。

 

タイ語が少し理解できるようになった頃、この事実を知りました。

早めに気づけて良かったです(笑)

 

まとめ

今回は、「タイの言語」と「タイ国内の方言」について説明しました。

 

おさらいすると、

  • タイの言語(公用語)はタイ語
  • タイ国内にも方言がある
  • 方言はタイ語とは異なる

になりますね。

 

ちなみに、タイに長く住む日本人の中には「日本語だけで生活」している方も多いです。

 

まさじろ
まさじろ

タイ語は全然話せないし、英語はホンの少し単語を知ってるだけ。それでもタイでは、「十分に生活」できます。素敵な国ですよね!

タイ情報
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!