タイ・バンコクで生活すると「嫌でも感じる」日本との違い3選!

スポンサーリンク

タイのバンコクでは、多くの日本人が何不自由ない生活をしています。タイは日本よりも物価が安いので、リッチな気分で毎日を過ごしてる人も多いですよね。

「バンコクに限っては、日本での生活と変わらないよ」と、多くの日本人が言います。これは本当にその通りだと私も思います。

タイびと
タイびと

しかし、「日本とは違うな!」と感じる事も多々あります。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイ・バンコクと日本の生活の違いについて、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイ・バンコクで生活をする

タイのバンコクは物価も安く、治安もよい素晴らしい国です。それに親日国家ですので、日本人にとってかなり生活しやすい国の1つだと思います。

タイびと
タイびと

しかし、タイはタイであり日本ではありません。生活しやすいが故に、日本とタイを比べてついイライラすることがあります。

タイの魅力の1つだよ!

しかし、それもタイの1つの魅力と捉えると「さほどイライラ」もしなくなります。いきなりその状況に陥ったなら「イライラ」っとするかもしれません。

しかし、事前情報があれば「おっと、ブログに書いてた通りだなあ(笑)」と逆に楽しくなるかもしれませんからね。

タイ・バンコクで生活する上で、日本と大きく違うことは以下の3点になります。

  • お店のスタッフのレベルの低さ
  • BTSやMRTで降りる人優先の概念なし
  • コンビニでの計算力
まさじろ
まさじろ

些細なことなんですけどね。積み重なるとイライラするんですよね(笑)

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

お店のスタッフのレベルの低さ

特に、飲食店のスタッフがこれにあたりますね。タイでは日本と比べて2倍~3倍の数のスタッフが店内にいます。しかし、お客さんの動向に目を配ってるスタッフは皆無です。

注文したいので、手をあげてスタッフを呼びます。しかし、スタッフ同士のおしゃべりに夢中な場合がほとんどです。

スタッフのお給料は月に3万円くらい

ですので、タイのスタッフの多くは、こちらが手をあげてるのに全く気づきません。笑えるくらいに気付きません。

タイに慣れてない人や、きっちりしてる人は、ここら辺からイライラしてきます。しかし、考えても見てください。タイ人スタッフのお給料は、月に「いいとこ1万バーツ」です。

まさじろ
まさじろ

1万バーツは、日本円換算すると3万円です。「やる気がでるほうがどうかしてる」とタイ人スタッフは言ってました。分からなくもないですよね(笑)

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

BTSやMRTで降りる人優先の概念なし

バンコクでよく使う交通機関として、BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)があります。そこでも、日本との違いが顕著にでます。

電車から降りようとすると「目の前」にタイ人が立っています。やたらに邪魔で降りにくいのでイライラします。

まさじろ
まさじろ

降りる人の邪魔にならない位置で待機してるのは、甘めにみても約30%ぐらいですね。

ルールを知らないだけ

おそらくですが、残りの70%の人は、「そもそものルール」を知らないんだと思います。見るからに、バンコクではなく地方から出て来たんだなと分かりますからね。

ですので、「彼ら彼女らに悪気はまったくありません」。タイは少しずつ裕福になってるので、今までバスにしか乗れなかった人も、最近では電車に乗れます。

タイ人はルールは守る傾向があるので、電車を待つ「立ち位置」もそのうち広まると思いますよ。

タイびと
タイびと

2018年8月現在では、半分以上の人が「邪魔にならない立ち位置」で待つようになりました。あと数年もすれば、日本と変わらなくなるかも知れませんね。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の服装についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

コンビニでの計算力

「日本人が数字に強いのか?タイ人が数字に弱いのか?」は、分かりかねます。しかし、タイ人が計算が苦手なのは、まぎれもない事実だと思います。

ただし厳密に言うと、ここで言うタイ人とは「中流以下の人」となります。さらには、小学校の頃にちゃんと勉強できてない人とも言えますから、致し方ないことではありますね。

具体例

コンビニで61バーツの買い物をしたとします。ここで100バーツ札で支払うと、39バーツのおつりが返ってきます。

20バーツ分はお札で返ってきますが、残りの19バーツ分はどうしても硬貨になります。小銭がジャラジャラするのが嫌いな日本人て多いですよね。

ですので、もしも手持ちに1バーツがあるならば、100バーツ札に1バーツ硬貨を足して101バーツで支払いをします。そうすると、20バーツ札2枚でおつりをくれると思うじゃないですか?

しかし、半分以上のコンビニスタッフは、「1バーツを先」に返します。「100バーツで十分足りるよ」って感じですね。

タイびと
タイびと

嫌味な感じはないのですが、こちらの意図は読みとってくれません。そして、普通に20バーツ札と19バーツ分の硬貨がおつりとなります。

田舎から出てきたタイ人

実は、上記に該当するタイ人は、田舎からでてきた人になります。タイの田舎のお店では、お店の人とお客さんが非常に近しい立場にあります(中級以上の店は除く)。

タイの田舎に行って食事をしてると、お店のスタッフかお客さんかよく分からないことがあります。

まさじろ
まさじろ

そういう環境で育った田舎のタイ人ですので「接客とは?」と論じても、「??」となるのも無理からぬことかも知れませんね。

タイびと
タイびと

タイバーツの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ・バンコクと日本の生活の違いについて、タイ歴22年の私が解説しますね!

まさじろ
まさじろ

個人的には、タイ人は「のんびり」と「まったりと」してくれてたほうが楽しいと思いますよ。だからこそ、あなたもタイ旅行に行く気になるんでしょうからね。