タイ語「数字・時間」を覚えておくと会計や待ち合わせに便利だよ!

楽しいタイ旅行ですが、タイ語で数字が言えると旅は「3倍」楽しくなりますよ。今回は、最初にタイ語の数字、その後にタイ語の時間について学んでいきましょう!

といっても初心者の方は、そこまでガチガチに数字や時間を覚える必要はありませんよ。まずは、「1~10までを覚えましょう」それで十分です。それ以降の数字は、やる気がでてからでいいと思いますよ。気楽な気持ちで読み流してくださいね。

タイ語の数字「0から10」を学ぼう!

タイ文字 日本語読み 意味
ศูนย์ スーン
หนึ่ง ヌン
สอง ソーン
สาม サーム
สี่ シー
ห้า ハー
หก ホック
เจ็ด ジェット
แปด ペー
เก้า ガウ
สิบ シップ 10

最初も後も、「発音を綺麗にしよう!」とかは考えないで下さいね。上記の「日本語読み」の部分を「すーん、ぬん・・」と読みながら覚えて下さい。

タイ語の時間

「待ち合わせはヌントゥンね!」「昨夜寝たのはティーヌンだよ」。昔はタイで待ち合わせをするのが、とっても怖かったです。なぜなら「それ結局何時よ?」って感じになるんですよ。

「意味がよくわからない?」。日本語は「1時~24時」と「午前・午後」で時間を表します。タイにも午前と午後みたいな時間の言い回しがあるんですよ。ただし、日本のように単純ではないので少々困るんですね。

タイ語 日本語読み 日本語
เที่ยงคืน ティアンクーン 午前 0時
ตี1 ティー ヌン 午前 1時
ตี2 ティー ソーン 午前 2時
ตี3 ティー サーム 午前 3時
ตี4 ティー シー 午前 4時
ตี5 ティー ハー 午前 5時
6โมงเช้า ホック モーン チャーオ 午前 6時
7โมงเช้า ジェット モーン チャーオ 午前 7時
8โมงเช้า ペー モーン チャーオ 午前 8時
9โมงเช้า ガウ モーン チャーオ 午前 9時
10โมงเช้า シップ モーン チャーオ 午前 10時
11โมงเช้า シップエット モーン チャーオ 午前 11時
เที่ยง ティアン 午後 0時
บ่ายโมง バーイ モーン 午後 1時
บ่าย2โมง バーイ ソーン モーン 午後 2時
บ่าย3โมง バーイ サーム モーン 午後 3時
4โมงเย็น シー モーン イェン 午後 4時
5โมงเย็น ハー モーン イェン 午後 5時
6โมงเย็น ホック モーン イェン 午後 6時
1ทุ่ม ヌン トゥン 午後 7時
2ทุ่ม ソーン トゥン 午後 8時
3ทุ่ม サーム トゥン 午後 9時
4ทุ่ม シー トゥン 午後 10時
5ทุ่ม ハー トゥン 午後 11時

午後7時〜午後11時

タイ語の時間でこんがらがるのは、午後7時〜午後11時の表現です。日本なら7時でいいのですが、タイでは1トゥンとなります。

ですので「ヌン トゥン(午後7時)」から「ハー トゥン(午後11時)」をまずは覚えて下さい。なんせ、この時間に待ち合わせをすることが多いですからね。

私も、未だに午後9時を言いたい時、「何 トゥンだ?」と指で折りながら数えます。7、8,9、で「サーム トゥンだな!」と。

タイ語の時間の簡単な言い方

ここまで難しいことを話してきましたが、実はタイ語も24時間表記があります。日本語でも、午後7時を19時と表現するじゃないですか?それと同じです。

まずは、こちらの単語をどうぞ!

นาฬิกา ナーリカー 時計

タイで、時計のことを「ナーリカー」と言います。この単語を使って時間を表します。時刻+ナーリカーと表記します。具体例をあげますね

サーム ナーリカー 3:00
シップ ソーン ナーリカー 12:00
イー シップ ナーリカー 20:00
イー シップ シー ナーリカー 24:00

旅行者の方はこの「24時間表現」でも十分に使えますよね。

タイ語で「何時ですか?」

タイ語 日本語読み方 意味
กี่โมง ギー モーン 何時ですか?
ตอนนี้ トーンニィ
ตอนนี้กี่โมง トーンニィ ギー モーン 今、何時ですか?

ギー モーンだけでも十分通じます。しかし、トーンニィを付け加えてあげると、さらに通じる確率がアップしますね。「トーンニィ ギー モーン カー・クラップ」と、あなたが聞きます。

すると、「ヌン トゥン クラップ」と返ってきます。ヌン トゥンを覚えてますか?午後7時のことですよ。しかし、時間というのは、ピッタリと5時!とか、10時とかの方が珍しいですよね。そんな時は、こんな風に言います。

โมง モーン 〜時
นาที ナーティー 〜分
วินาที ウィナーティー 〜秒

例えば、今の時刻が午後4時10分だとします。「シー モーン イェン シップ ナーティー」という言い方をします。つまりは、何分と言いたい時は数字にナーティーをつければいいだけです。

25分なら、「イー シップ ハー ナーティー」。53分なら、「ハー シップ サーム ナーティー」ただそれだけです。〜秒も同じ使い方をします。

数字にウィナーティーをつけてあげたらいいだけです。10秒なら「シップ ウィナーティー」とこれまた簡単です。

ตรง トロン ちょうど
ครึ่ง クルン 〜半

今、ちょうど午後8時です。そんな時は、「ソーン トゥン トロン」と言ったいいかたもします。日本語でもありますよね。今、ちょうど何時だよ!って言い方が。あれと、同じですね。

今、午後8時30分だとしましょう。日本語でも、別の言い方がありますね。「今、8時半だよ」と。タイにもあります。それが、「クルン」です。「ソーン トゥン クルン」というと、午後8時半のことですね。

まとめ

今回は、タイ語の数字と時間を勉強しました。旅行者の方は数字を覚えると、「簡単な時間」を言えるようになります。ですので、まずは数字を覚えて下さいね!

「タイ旅行のおすすめ情報」をまとめたので紹介しますね。頻繁にタイを旅している私が、実際に行った観光地、実際に食べたタイ料理等、全て「私の...

【タイ旅行Webガイドのおすすめ】

タイへの航空券を探す

タイ旅行ツアーを探す

タイのホテルを探す