タイ語「文字」少しでも読めると楽しいからゆっくり学んでいこう!

今回は、タイ語文字の学習法について紹介します。タイ語の文字を覚えれば、かなり世界が広がるんですけどねえ。ただ、その世界を見ずに諦める人が多いのも事実ですね。

いやあ、私も未だに不思議ですもんね。「よく読めるようになったなあ!」とね。しかし、段階を踏んで学べば、必ず結果はでますから安心してくださいね。

タイ語文字の学習法

「タイ語の文字ってミミズがクネクネしたようなのでしょ?」と世間では言われてますよね。これは「タイ語の文字なの?アラビアの文字なの?」とね。そんな段階から私もスタートしました。

しかし、タイ語が上手になりたいならタイ語の文字は避けて通れません。しかし、まだどれがタイ語なのかもあなたは認識できていないと思います。

実は、多くの日本人はタイ語の文字を学ぶ前に「脳にこれがタイ文字」だと認識させてあげなければいけません。最初は「タイ語の文字を覚えよう」などとしてはいけませんよ。かなり困難な道のりですからね。

タイ語文字を勉強する順番

タイ語の文字を具体的に勉強するなら、以下の順番で進むと理解度が高まりますよ!

  1. タイ文字を見つめる!
  2. タイ文字を書く

タイ文字を見つめる!

「ก ข ฃ ค ฅ ฆ ง จ ฉ ช ซ ฌ ญ ฎ ฏ ฐ ฑ ฒ ณ ด ต ถ ท ธ น บ ป ผ ฝ พ ฟ ภ ม ย ร ล ว ศ ษ ส ห ฬ อ ฮ」

具体的には、上記の文字を毎日見つめてください。来る日も来る日もタイ語の文字を見て下さい。本当に見るだけでいいですからね。覚えようとか、そういう心は閉じ込めてください。

とにかく、毎日ひたすら見て眺める。それを1ヶ月ぐらい続けてください。すると、なんとなくですがミミズではなく文字に見えて来ます。

脳がタイ語を認識するまで

あなたの脳が「タイ語の文字」を認識し始めたんですよね。ですので、それまでは「ゴーカイ コーカイ(タイ語のあいうえお)」とかいくらやっても、頭に入らないし残りません。

だって「ABCD」は文字として認識できてるから覚えられるけど、これを読んでる皆さんは、まだ上記タイ語を見ても文字として認識できてないと思うんですよね。

いや、俺はそんなの関係ないって人も、これから私が話すことをしておけば、かなり習熟度が違いますよ。

タイ文字を書く

なんとなく文字に見えてきたら、次は習字の勉強のように文字をなぞってください。そして、実際に紙に書きまくってください。ここでも大事なのは、脳に「これは文字」だと認識させることです。

愚直に書き続けることをオススメします。綺麗に書こうとか、筆順はどうだ?とかも、まだまだ必要ないです。「書いて、書いて、書きまくってください」

ここからが本当のスタート

この頃になると「タイ文字をタイ文字」として完全に認識出来るようになってますね。「アラビア文字とはぜんぜん違うよねえ」と1人で納得してくださいね!

ここからがタイ語の文字の本格的なスタートです。タイ語の文字だけは一長一短ではいきません。地道な努力があるのみです。頑張ってください!

次のページは、「タイ語の文字が読めて嬉しく感じる時」