タイの国番号と日本からの国際電話のかけ方や損得を解説するよ!

今回は、「タイの国番号」と「日本からタイへの国際電話のかけ方と損得」について、タイ歴22年の私が解説します。

一昔前は、「国際電話をかける」と言うと大事でした。「高額請求が来るのでは?」と、ビクビクしながら電話したのを思い出します。

昨今では、国際電話の料金もかなり安くなりましたよね。しかし、現代では「ただのような値段」でタイと電話ができます。本当に便利な時代になりましたね!

タイの国番号は「66」だよ

国番号とは、国際間での通話で使用する電話番号のことですね。国やエリアごとに決められていて、タイと日本の国番号は以下になります。

  • 66:タイ
  • 81:日本

近くの国は似たような国番号

エリアごとに決められているので、タイの周辺国も同じような国番号になります。

  • 60:マレーシア
  • 62:インドネシア
  • 65:シンガポール

ちなみに日本の近くの国はこんな感じになってます。

  • 82:韓国
  • 86:中国

日本からタイへの国際電話のかけ方

日本から海外への基本的な国際電話のかけ方は以下になります。

(引用:KDDIのWEBサイト)

それでは、タイの電話番号で具体的に確認してみましょう!

日本からタイへの国際電話

日本からタイの携帯電話(012ー345ー6789)に電話をかけてみましょう。タイの国番号は「66」でしたよね。

ですので、「001ー010ー66ー123456789」と押せばいいですね。

注意点は「0」をはずす事

この時に注意点があります。「012ー345ー6789」の電話番号なら、「0」を省いた「123456789」となることですね。

※ちなみにタイの携帯番号は10桁なんですよ。日本は11桁ですよね。

国際電話は高いし無料登録が必要

とっても便利な国際電話ですが、値段が高いのが少々困るんですよね。

上記で紹介した国際電話の「001」はKDDIになりますが、日本からタイの通話は「1分で約90円」になります。

国際電話の要件が、「元気?」「元気だよ」「じゃ!」で終わるなら約90円です。

しかし、10分話すと1,000円近くになります。ですので、「のんびりと電話してられない!」と言うのが正直な感想になります。

無料登録が必要

001は、正式名称が「001国際モバイルトーク」と言います。AUユーザー以外のドコモやソフトバンクユーザーは「無料登録」が必要です。

AUユーザーも無料登録しないと「au国際電話サービス」を利用することになるので、日本からタイへは「1分:約130円」になります。

ですので、私はもう何年とタイへの国際電話はかけていません。しかし、タイには毎日のように電話しています!

※通話料金は高いですが、無料登録が必要でない国際電話もありますよ!

次のページは、「日本とタイとのお得な電話方法・タイ国内でインターネットを使う方法」