タイの国番号と日本からの「国際電話のかけ方や損得」を解説するよ!

スポンサーリンク

一昔前は、「国際電話をかける」と言うと大事でした。「高額請求が来るのでは?」と、ビクビクしながら電話したのを思い出します。

昨今では、国際電話の料金もかなり安くなりましたよね。しかし、現代では「ただのような値段」でタイと電話ができます

タイびと
タイびと

本当に便利な時代になりましたね!

まさじろ
まさじろ

今回は、「タイの国番号」と「日本からタイへの国際電話のかけ方と損得」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイの国番号は「66」だよ

国番号とは、国際間での通話で使用する電話番号のことですね。国やエリアごとに決められていて、タイと日本の国番号は以下になります。

  • 66:タイ
  • 81:日本

近くの国は似たような国番号

エリアごとに決められているので、タイの周辺国も同じような国番号になります。

  • 60:マレーシア
  • 62:インドネシア
  • 65:シンガポール

ちなみに日本の近くの国はこんな感じになってます。

  • 82:韓国
  • 86:中国
 
タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

日本からタイへの国際電話のかけ方

日本から海外への基本的な国際電話のかけ方は以下になります。

 

(引用:KDDIのWEBサイト)

それでは、タイの電話番号で具体的に確認してみましょう!

日本からタイへの国際電話

日本からタイの携帯電話(012ー345ー6789)に電話をかけてみましょう。タイの国番号は「66」でしたよね。ですので、「001ー010ー66ー123456789」と押せばいいですね。

この時に注意点があります。「012ー345ー6789」の電話番号なら、「0」を省いた「123456789」となることですね。

まさじろ
まさじろ

ちなみにタイの携帯番号は10桁なんですよ。日本は11桁ですよね。

タイびと
タイびと

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

国際電話は高いし無料登録が必要

とっても便利な国際電話ですが、値段が高いのが少々困るんですよね。上記で紹介した国際電話の「001」はKDDIになりますが、日本からタイの通話は「1分で約90円」になります。

国際電話の要件が、「元気?」「元気だよ」「じゃ!」で終わるなら約90円です。しかし、10分話すと1,000円近くになります。

ですので、「のんびりと電話してられない!」と言うのが正直な感想になります。

無料登録が必要

001は、正式名称が「001国際モバイルトーク」と言います。AUユーザー以外のドコモやソフトバンクユーザーは「無料登録」が必要です。

AUユーザーも無料登録しないと「au国際電話サービス」を利用することになるので、日本からタイへは「1分:約130円」になります。

ですので、私はもう何年とタイへの国際電話はかけていません。しかし、タイには毎日のように電話しています!

まさじろ
まさじろ

通話料金は高いですが、無料登録が必要でない国際電話もありますよ!

タイびと
タイびと

タイでの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

日本とタイとのお得な電話方法

私が日本とタイの間で使ってるのは「ラインとスカイプ」になります。昨今ではタイ国内もインターネットが発達してるので、この2つで全く問題なく電話ができていますね。

日本とタイ間の電話で1番楽で簡単なのは「ライン同士の無料電話」になります。日本でも使ってると思うので、日本とタイでも同じように使えますしね。

昔のライン通話は、音声は酷かったですし切断も多かったです。しかし、最近では何の問題もないですね。

タイもラインユーザーが多い国だよ

タイは日本の次にラインユーザーを多い国なんだそうです。ですので、ほとんどのタイ人がラインを使っています。

ただし、ラインを使ってない人も中にはいます。どんな人かと言うと、「ガラケーを使ってる人」ですね。

タイびと
タイびと

スカイプを使うのは、そういう人に電話するときぐらいですね。ですので、そんなに仕様頻度は高くないですね。

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の服装はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

タイ国内でインターネットを使う方法

日本とタイ間のやりとりで、1番楽なのは「ライン」になります。しかし、ラインをタイ国内で使うには「インターネット環境」が必要になります。

シムフリースマホをお持ちの方は、タイの空港で「タイのsimカード」を購入すればいいですね。

まさじろ
まさじろ

「シムフリースマホって何?」と思った方は、日本で使ってるスマホをタイで使えるようにしましょう。

「海外パケットホーダイ」か「海外wifi」

日本のスマホをタイで使う方法には以下があります。

  • 海外パケットホーダイ
  • 海外wifi

携帯会社の「海外パケットホーダイ」は、いつものスマホを海外でそのまま使えるので便利です。ただし、値段が高いのが問題です。

普通にインターネットを使ったら、「1日でほぼ3,000円」が必要になるんですよね。ですので、おすすめは「海外wifi」になりますよ!

タイびと
タイびと

海外wifiのおすすめはコチラをどうぞ!

>>海外wifiのおすすめ

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイの国番号」と「日本からタイへの国際電話のかけ方と損得」について、タイ歴22年の私が解説しました。

海外と安く連絡がとれる素敵な時代に感謝ですね!