スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【タイ移住】物価が安い国でおすすめ!だけど安易に考えると失敗する

スポンサーリンク

読者さん
読者さん
  • タイは物価が安い国だから移住におすすめなんだよね?
  • タイに日本人が移住しやすい理由は?
  • 移住に失敗した日本人は何が要因なの?

タイは、移住におすすめの国になります。日本人がタイに移住しやすい理由は、「物価が安い・親日家が多い等」があげられますね。

移住に失敗する人の多くは、準備なしで「勢いだけで行動してる」からですね。「失敗を考えるよりも行動することが大事だよね?」と、タイ移住を検討する日本人が増えています。

人生において、「勢いで行動すること」は時には必要だと思います。しかし、タイ移住に関しては勢いで決めないほうが良いと思います。

今回は、「タイは物価が安い国だから移住におすすめな理由」と「タイ移住を安易に考えると失敗する理由(若者編・リタイア組編)」をタイ歴22年の私が解説しますね!
まさじろ
まさじろ

「あなたは移住してないのに、何でそんな事が言えるの?」と、思った方もいるかと思います。おっしゃる通りで、私は日本とタイを行ったり来たりするのが好きな「シーズンステイヤー」になります。ですので、「完全なるタイ移住」の経験はありません。しかし、私には分かるんです。それは、「100人を超えるタイ移住失敗者」と話した経験があるからですね。

スポンサーリンク

タイは物価が安い国だから移住におすすめ

タイが好きな人なら、一度は夢見る「タイへの移住」。常夏の国で毎日がバカンス。安い物価に人懐っこいタイ人。そして、美味しいタイ料理。

毎日、ゴルフをして、釣りをして、夜はバーで軽くお酒を楽しんで、そのまま倒れるように眠る。あこがれの生活ですよね。

タイはオススメの移住先の1つになります。しかし、安易な移住計画は「身を滅ぼす危険性」があることも理解しておいて下さい。

まさじろ
まさじろ

実は、「タイに移住した人の全員」が、そんな素敵な天国のような生活を送ってるとは限らないんです。

物価が安い国に移住したい!

「物価が安い国に移住したい!」と、あこがれの移住生活を夢見る人は少なくありません。世界には「物価の安い国」は数多くあります。

一例を挙げると、「インド・メキシコ・中国の内陸部」が物価が安い国になります。ただし、物価が安いだけでは「移住しやすい国」とは言えません。

この3つの国は、間違いなくタイよりも「物価だけで比較する」と安いです。ですので、旅行に行くなら上記の3国でも楽しめると思います。

タイびと
タイびと

物価の安い国は生活がしやすいですからね。しかし、移住となると話しは変わってきますよね。その国々が持つ「他の要因」も加味しないといけないからですね。

物価の安い国で移住しやすい国がタイな理由

短期旅行なら、どこの国でもそんなに問題になることはありません。しかし、移住となると「物価」だけではなく「治安」や「その国の親日度」なども考慮したほうがいいですね。

タイは物価が安いだけではなく、「日本人が移住しやすい国」と言う理由は以下になります。

  • 物価が日本の3分の1
  • 治安もいい
  • タイは超親日国

実は上記以外にも多大なる理由が、もう1つ存在します。それが、「タイは日本食が充実してる国」だからです。日本人の多くが、現地の食事よりも「日本食を好む傾向」が高いんですよね。

まさじろ
まさじろ

昔は1ヶ月間ずっとタイ料理だけでも問題ありませんでしたが、私も今では「1週間が限界」ですね。

スポンサーリンク

タイは日本人が移住しやすい3つの理由

タイの物価は日本の3分の1

タイの物価は、「日本の3分の1」だと言われています。ですので、生活の仕方によっては「かなり生活費を抑える」ことが可能になります。

例えば、日本円の10万円は「タイでは30万円の価値」に早変わりします。特に安いのは食費や交通費になります。

フードコートでは、1食が120円ぐらいで食べれてしまいます。屋台ですとさらに安くて90円くらいで1食が食べれます。

タイびと
タイびと

ちなみに、タイはこれでも物価が少し上昇したんですよ。数年前だと、屋台では75円でタイのラーメンが食べられました。フードコートも1食が90円くらいでした。

交通費が激安

交通費は、タイのバスだと30円くらいから乗車できます。さらに、長距離バスは驚く程の安さで「500kmぐらいの距離」を移動しても1,200円くらいになります。

さらに交通費を安くあげようと思えば、タイの国鉄に乗ればいいです。バンコクからチェンマイ(距離は約700キロ)まで鈍行電車で行くなら800円もしません。

ただし、3等車なので「リクライニングもできない木のイス」ですけどね。エアコン付きの寝台電車に乗ったとしても2,000円くらいですね。タイは交通費が安いので、旅行者にもやさしい国です。

タイの治安

移住先の治安も、移住を決めるときに大事ですよね。危険な国だと、夜に気軽に出歩くこともできませんもんね。

タイは仏教の国ですので基本的には温厚な人々が多いです。ですので、命まで奪われる事件はそこまで多くありません。

私はタイのほぼ全土をまわっておりますが、今までに危険な目にあったことはありません。タイの治安は東南アジアでも、かなり良いと言われています。

まさじろ
まさじろ

特にタイの都市部で生活してると、「日本にいるかのような錯覚」に陥ることがあります。

タイは親日国

まさじろ
まさじろ

移住先の国民性も、移住には欠かせない要件となりますよね。ただし、これに関してはデータ等は探せなかったので、私の体験から判断して頂くしかありません。

日本に関する番組が「タイのテレビで大人気」なんですよ。特に「すごいジャパン」が有名です。ヒロさんという日本人が出演して日本全国を旅する番組です。

タイ人はこの番組を見て「日本の素晴らしさに感動」する人が多いようですね。ですので、最近のタイでは「日本旅行が大ブーム」です。

ちなみに特に人気なのが北海道ですね。タイでは雪がふらないので、雪を求めて北海道を訪れる人は多いですね。

日本のアニメが超人気

タイの若者には日本のアニメが大人気です。その理由の1つとして、2016年にバンコクの有名ショッピングモールのMBKに「アニメイト」がオープンしました。

アニメイトの隣に日本式のゲームセンターがあるのですが、そこは「日本の若者のような格好をしたタイ人」が普通に遊んでます。

日本では「アニメ=おたく」という悲しい現実から離れられませんが、日本以外では「アニメや漫画=クール」だとの認識です。

Pantip(パンティップ)

Screenshot_2016-05-21-23-26-22

では、タイ人はどうやって日本の情報を取得してるのでしょうか?それはタイ最大のSNSである「Pantip」からになります。

上記写真を見て下さい。北海道新幹線が早くもアップされてます(ちなみに開通後3日も経過してません)。こんな感じで日本の情報は次々とこのSNSサイトにあげられるんですよね。

ですので、タイ人は日本のことをかなり知ってますね。最近のタイの若者とは、日本のマンガの話で普通に盛り上がれるのでビックリしますね。

タイびと
タイびと

アニメ・ゲームのおかげで、タイ人にとって「日本はますます近い国」になってるようですね。

スポンサーリンク

日本食が充実

日本人が海外で困ることの1つに「食の問題」があります。特に年配者になるほど切実な問題になると思います。

我々日本人は、本当に「日本食が好き」なんだと思います。ですので、移住したら「かなり高確率」で日本食に恋い焦がれる日がきます。

まさじろ
まさじろ

前述したように、今の私の限界は10日ですね。10日間はタイ料理を美味しくいただけます。しかし、10日を超えた頃から「猛烈に日本食」が恋しくなります。

タイ国内で日本食が充実してるのは

タイ国内で日本食が充実してるのはバンコクです。「日本料理・日本居酒屋・日本食材店・日本食材スーパー」と、バンコクには何でもあるんですよね。

実は、バンコク市内には1,500店舗以上も日本料理屋があると言われています。ですので、バンコクでは「日本と同じ食生活」をおくる事が可能ですね。

タイびと
タイびと

タイ国内で、バンコクの次に日本食が充実してるのが「チェンマイ」ですね。

物価の安い国に移住するなら「チェンマイ」がおすすめ!

タイ国内で移住におすすめなのが、「チェンマイ」になります。実際に移住してる日本人も多いですしね。実は、バンコクと地方都市では物価が少々異なります。

当然ですが、地方都市の方が物価は安いです。タイの首都バンコクでも、日本と比べると物価は安いですけどね。

チェンマイなどの地方都市ならバンコクよりさらに物価が安くなります。ですので、物価の安い国であるタイに移住したい人にオススメするのは「チェンマイ」になります。

私が移住するならチェンマイ

私が移住するなら「チェンマイ」ですね。適度に都会で適度に田舎で、チェンマイの人々は人情にあふれてるからですね。

さらには、日本食も普通に楽しめるのが嬉しいですね。ですので、チェンマイでロングステイしている日本人は多いんですよ。

ちなみに、私がシーズンステイする時は、「チェンマイ」にいることが多いですね。美味しい日本食が安く食べれるのが嬉しいです。

スポンサーリンク

タイ移住を安易に考えると失敗する理由・若者編

タイブログを運営してる関係で、ネットでもリアルでも若者から「タイでの就職に関する相談」を受ける機会が増えてきました。

「タイで仕事がしたいんです!タイの求人に応募したいです!」と、そんな若者が増えてます。そんなガッツのある若者を応援したい気持ちは私にもあります。

「最近の若者は海外志向が薄いんで困るよ」と、何人もの大学教授が嘆いてるのを聞いてますしね。やはり、日本は居心地が良すぎるんだそうです。

まさじろ
まさじろ

そんな時代背景の中、タイで仕事を探すことは素晴らしいことだと思います。しかし、知っておいて欲しい現実が以下になります。

タイ移住に失敗して、「帰国する若者も多い」という現実!

タイ移住するなら準備しようよ!

若者がタイ移住を検討する時に、私からアドバイスできることは「しっかりと準備をしてからタイに行こうよ!」になりますね。勢いだけだとコケる確率が高いですね。

半年間はタイで生活できるお金を確保してから行きましょう。具体的な金額だと、最低「60万円」は準備してほしいですね。

お金に余裕がなくなると、「早く仕事を探さないと!」と求人を探すときに焦ってしまいますからね。

タイびと
タイびと

日本語だけだと求人案件も狭くなるので、数ヶ月でもタイ語学習ができる「金銭的な余裕」が欲しいですからね。

日本人の若者のタイでの求人体験談

まさじろ
まさじろ

タイでの求人については、実例を用いるのが1番分かりやすいと思うので、私の知人であるトモカズくん(仮名)の話しをしたいと思います。

トモカズくんは友人の後輩で、とっても大人しい青年でした。青年というより子供でしたね。当時の彼は20歳。高校を卒業して、アルバイトを転々としてたそうです。

日本ではあまり目立たない存在のトモカズくん。今までの人生で恋人はいませんでした。恋人は欲しかったんですが、全敗してたので恋愛するのが怖くなってたようですね。

しかし、そんな彼でも、タイにくると夜のタイ人女性にモテまくりです。ただし、当然ですが「ほとんどの女性は商売目的」なんですけどね。

タイでモテると勘違いする

やがて、彼は勘違いを始めます。「自分はタイでモテるんだ」と。トモカズくん20歳でタイデビュー。これは完全に「夜のタイにハマっちゃうな!」と私は直感しました。

彼は私に「夜のタイ人女性」との写真を見せてくれます。しかし、話しを聞いてると、どう見てもお客としか認識されてないように見えます。

トモカズくんにとっては生まれて初めての彼女です。そりゃあ、舞い上がりますよね。彼は私にこう言います。「タイで求人を探します!」と。

勢いでタイに来たよ

私には彼がタイで働けるとは到底思えませんでした。そして、残念ながら私の予想は全て的中することとなります。

まさじろ
まさじろ

もっと彼に強く言うべきだったかもしれないという気持ちと、おそらく言ったとしても「彼は聞かなかっただろうなという気持ち」が今では半分半分です。

それでは、トモカズくんの足跡を辿ってみます。まず、勢いでタイに来ました。夜のタイ人女性も、数日は彼の来タイを喜んでくれてたそうです。

彼女を独占したい!

彼女のアパートに転がり込みます。毎晩、そんなに高くはないローカルのお店に彼女の仕事が終わると遊びに行きます。とっても楽しい時間だったでしょうね。

しかし、彼の心に変化が起こり始めます。トモカズくんは、徐々に彼女を独占したくなったのです。それと共に彼女はトモカズくんから離れていきます。

彼は夜のタイ人女性との恋愛を甘く見てたんでしょうね。彼女たちに恋愛感情は少しはあるかも知れませんが、あくまでしたくもない夜の仕事で田舎の家族を養ってるのです。

タイにある派遣会社で求人を探す

ついには、アパートから追い出されます。数日は悲しかったのものの「タイで自分はモテるから、まあ次を探せばいいや」と思い直します。

まずは、住む場所を探さないといけません。しかし、英語もタイ語もダメで「日本語のみ」なトモカズくん。当然ですが、アパート等借りれるわけもなく。

昔、泊まってたカオサンのゲストハウスに住むことにします。ふと気付くと虎の子の貯金も半分近くになってます。

タイ語が話せないなら手に職がないと厳しいよね

まずは、派遣会社で求人を探すことにします。しかし、トモカズくんはスーツを持ってきてなかったそうです。

1社目の派遣会社のスタッフに、「スーツぐらい着ておいで」と諭されたようです。ですので、2社目からの派遣会社ではスーツぽい格好で面接に挑んだそうです。

しかし、3社受けても5社受けても企業を紹介されることもなかったようです。そりゃあそうです。ここはタイですから、英語もタイ語もダメではお話しになりません。

スポンサーリンク

語学不問で日本語のみの仕事もタイにはある!

手に職もないし特殊能力もありません。さらには、社会人としての常識やビジネスマナーも知らない。紹介を受けられなくても、そりゃ当たり前です。

タイびと
タイびと

これは私の予想ですが、ゲストハウスに住んでるってことも、紹介を受けれらない大きな要因であったと思われます。

結局、フリーペーパーで見つけたコールセンターに就職が決まります。コールセンターは、語学不問で「日本語のみ」でも働けるとしてタイに住む日本人に知られていますね。

タイ人経営の会社に就職が決まる

しかし、入社2日で逃げ出します。その後は、現地の友達の紹介でタイ人経営の焼き鳥屋さんに就職します。彼は店長として頑張ってましたね。

タイ人スタッフを束ねて大変そうでした。「トモカズくん、もう店長なの?すごいねえ」と私。「いやいや、実力っすよ。タイ人なんかに負けてられません」。

若いからか、そこそこのタイ語を操るようになってましたね。当時の私のタイ語よりも上手だったんで、「人って変わるもんだなあ」と驚いたのを覚えてます。

まさじろ
まさじろ

しかし、ここからが驚きの連続でした。就職が決まったと聞いて私も嬉しかったんですけどね。

店長なのに、その給料?

「実は、来月から給料が1.5万円アップなんですよ」と本当に嬉しそうでした。「おー、すごいねえ。羨ましいなあ」と私。

すると、彼の口から恐ろしい一言が発せれらました。「来月から給料9万円になるんですよ!」「え!店長なのに9万なの?」と私。

彼はビックリしてます。「何を言ってるの?」そんな顔つきです。私は矢継ぎ早に質問します。「ビザはどうなってんの?」

労働許可証すら発行してもらえない環境

「ビザは1か月に一度ラオスに行ってますよ」「え?ノービザを繰り返してるの?」「そですよ」「じゃあ、労働許可証(ワークパミッド)は?」「それなんですか?」

「タイで日本人が働くには労働許可がいるって聞いてるけどね。ちなみに、まだゲストハウス泊まってるの?」「いえいえ、もう引っ越しましたよ」

「なるほど!会社がアパート代金を出してくれてるんだね。だから9万円」「違いますよ。僕はここの3階で寝泊まりしてるんです」と、そんな感じの噛み合わない話が続きました。

タイびと
タイびと

ちなみに、2019年現在ではタイの入国が厳しくなってるので、今では「ノービザ入国を繰り返すこと」は厳しいですよ。昔は良い時代でしたね。

閉店、そして失業

そんな彼も、スタッフの女性と恋仲になったようです。将来は2人で日本料理屋さんをするんだとも言ってましたね。

まさじろ
まさじろ

「スポンサーを見つけないかぎりは自己資金での開業は永遠に無理だよ」と言いそうになるのを我慢しました。

まだまだ、彼は若いです。若者は大きな夢や希望を抱かないとね。おっさんがしたり顔で「無理だ。無理だ」なんて言ってたら地球は回らない。

それから数カ月後。その焼き鳥屋さんは当然の如く潰れました。彼は仕事を失い部屋も失います。貯金はありませんし、派遣会社に行くものの反応は芳しくありません。

突然の電話

トモカズくんは、再度ゲストハウスに戻ります。しばらくして、彼女がトモカズくんから離れました。そして、全財産が尽きます。

「すみません。もしものときはお金貸して下さい」と突然電話がありました。「うん、いいよ。帰りのチケット代でしょ?」

「はい、今、両親にもお願いしてるんで、もしもダメなときはお願いします」。結局は親御さんが彼のチケット代金を払ったようです。

タイびと
タイびと

若者がタイ移住するガッツは素晴らしいと思いますが、じっくりと検討してから行動に移して下さいね。

スポンサーリンク

タイ移住を安易に考えると失敗する理由・リタイア組編

まさじろ
まさじろ

結論から言うと、リタイア組がタイ移住に失敗しないための条件は「お金の多寡」になります。

特に昨今では、「お金の有る無し」がタイ移住の成否を分けると言っても過言ではありません。と言うのも、昨今のタイでは「昔のような激安生活」ができる時代は終わりました。

タイ国内の物価が「徐々に上昇」してるからですね。ですので、ある程度のお金がないと、「ただ暮らしてるだけ」の砂を噛むようなタイ生活になってしまうんですよね。

タイ移住しているリタイア組は、「お金に余裕のない人」と「お金に余裕のある人」に分かれます。しかし、当然ですが、その差は歴然たるものになります。

お金に余裕のないリタイア組

お金に余裕のないリタイア組に話を聞くと、「タイでの生活が本当に厳しくて日本よりきついよ」と皆さん口を揃えて言っています。

それもそのはずで、タイでは「タイ語が使われている」ので日本語は通じません。さらにはお金に余裕が無いので、日本食なんて滅多に食べれません。

お金が無いなら、「無いなりの生活」が出来るのは自分の国でだけですからね。タイは、お金のない日本人には厳しい態度をとりますよ。

タイびと
タイびと

しかし、そういう人も幸せなこともあります。「人に騙されることが少ない」ことですね。

お金に余裕のあるリタイア組

お金に余裕のあるリタイア組は、毎日がパラダイスですね。朝からゴルフ、昼はマッサージ、夜は日本食居酒屋で夕食、と心のそこから退職生活を満喫してる方が多いです。

リタイア組は皆さんお暇です。さらに、タイ語をあまり話せない人が多いので、よく通訳代わりに呼んでいただきましたね。

移住組の方に呼ばれる理由は、話し相手ですね。カフェやレストラン等に、よく連れて行っていただきました。

まさじろ
まさじろ

ただし、「お金に余裕のリタイア組」が気をつけないといけないこともあります。それは日本人詐欺師の存在です。

詐欺師もいるよ

タイびと
タイびと

タイは本当に素敵なところですが、日本人を狙う「日本人詐欺師」も数多く存在します。

バンコクやチェンマイでは、日本人が集まる場所が限られてくるんですよね。そうやって日本人が溜まる場所には日本人詐欺師も集まります。

当然、この日本人詐欺師にも様々な人がいます。おそら、1人1人に聞けばいろんな人生事情があるんだと思います。

タイで食べれなくなった人

ただし、元をただせばタイで食べれなくなった以下のような人が多いですね。

  • タイ語も英語も少々な中途半端
  • タイでは働き口がない
  • オーバーステイで日本にも帰れない
  • 日本から持ってきた貯金もとっくに底をついた

こういう人が生活できるほどタイは甘くはありません。さらには、タイ語を話せないので「タイ人相手の詐欺」は到底無理です。となると、日本人を相手にするほうが簡単ですよね。

まさじろ
まさじろ

タイ移住して一度騙された人は、それからは極端に人間不信になるので「2重で被害」を受けますよね。せっかくの楽しい移住が途端につまらないものになります

スポンサーリンク

お金に余裕のあるリタイア組の天国生活

タイびと
タイびと

少し悲しい話が続いたので、ここからは「お金に余裕のあるリタイア組の天国生活」の話をしますね!

タイで暮らす、お金に余裕のあるリタイア組の友人がいます。だいたい50歳代前半~60歳代。全員が男性です。ほとんどの方が日本に奥さんと家族がいます。

最初は、夫婦で来てた人もいますが、奥さんだけ先に日本に帰ってしまったそうです。女性はタイの生活に飽きやすいみたいですね。

今が人生で一番楽しい

しかし、男性は別です。みなさん口を揃えて「今が人生で一番楽しい」と言ってます。そういう前向きな言葉を聞いてるだけで楽しくなってきますよね。

若い頃は家庭を守るのに必死で「余裕や自由」なんてなかった。本当に今が一番充実してる。「いやあ、生きてるって幸せだね」と、皆さん本当に楽しそうです。

まさじろ
まさじろ

こういう生き生きとした日本の年配の方と話すと、こちらまで幸せな気分で満たされるから不思議ですよね。

夢のタイ生活を聞いてみた

タイびと
タイびと

お金に余裕のあるリタイア組は、タイ生活の何がそんなに楽しいんでしょうか。具体的に聞いてみました。

日本より圧倒的に安いゴルフ費用

タイ移住の成功組の方の多くが、タイでゴルフを楽しんでいますね。タイでゴルフをするメリットは、日本よりも安い価格になりますね。

コースによっても異なりますが、日本の半分以下の価格でゴルフが楽しめます。さらにタイは人件費が安いので、プレーヤーの1人1人に専属のキャディーさんがついてくれます。

船をチャーターしての釣り

船をチャーターして海釣りが楽しめます。船会社によって料金は異なりますが、私が先日乗った船は半日で8千バーツでしたね。

半日間、本当に楽しかったです。特に友達のタイ人彼女がとっても喜んでましたね。船をチャーターしての釣りは、タイ人彼女がいる方やこれから彼女にしたい女性がいる人にもおススメですよ。

タイ人女性との恋愛

タイ人女性との恋愛を楽しむ人も多いようです。私もそうですが、日本の若い女性にはとっくに相手にされません。

まさじろ
まさじろ

しかし、タイでは20歳~30歳も年齢の離れた女性と恋愛ができるのが嬉しいですよね。

タイマッサージ

タイの魅力の1つに、リーズナブル価格な「タイマッサージ」があります。日本の約3分の1の価格になるので、毎日でも通えちゃうんですよね。

リタイア組に限らず、日本人の多くがタイマッサージが大好きですよね。ちなみに、リタイア組の方はタイマッサージで「恋人を見つける方」も多いですね。

タイびと
タイびと

マッサージの時間は、1時間~2時間になるので「ゆっくりと話すことができる」のがその要因だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「タイは物価が安い国だから移住におすすめ」と「タイ移住を安易に考えると失敗する理由(若者編・リタイア組編)」をタイ歴22年の私が解説しました。

勢いだけでタイに来て、悲惨な状況で帰国する日本人を何人も見てきました。タイ移住は、しっかりと計画を立ててから行動しましょうね!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行を思い立った方に、「最初に読んで欲しい記事」がコチラになります!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイ情報
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
スポンサーリンク
タイたび

コメント