タイの挨拶の仕方は合掌が基本で「位置が重要」だから解説するね!

スポンサーリンク

日本人に有名な、「タイに関するプチ情報」があります。それが上記写真の「合掌するドナルド」になります。日本とは違ったドナルドに興味がわきますよね。

ところで、タイのマクドナルドの人形が「手を合わせてる理由」についてもご存知ですか?その理由は、タイの挨拶は「合掌(手を合わせる)」になるからですね!

日本人の挨拶は、「会釈やおじぎ」になりますが、タイ人は挨拶のときに合掌するんです。ですので、とっても「礼儀正しく」見えちゃうんです。

タイびと
タイびと

ただし、タイの挨拶である合掌には注意点もあるんです。その1つが、「合掌する位置」になりますね。これが非常に重要なんです。

まさじろ
まさじろ

今回は、タイの基本的な挨拶である「合掌の仕方や位置」について、タイ歴22年の私が解説しますね!

スポンサーリンク

タイの挨拶は合掌(手を合わせる)

日本の挨拶である「お辞儀」も美しいですが、タイの挨拶である「合掌(手を合わせる)」も本当に美しいです。

タイでは合掌のことを「ワイ」と言います。ワイは昔からある伝統的な挨拶になりますね。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、タイ語でワイは「ไหว้」と書きます。

挨拶は国が違っても人間関係の基本

人と人が出会って、そして別れる。その区切りが挨拶になります。国は違えど、美しい挨拶は人間関係の基本ですよね。

私がタイが好きな理由の1つに、「タイ人の美しい合掌」がありますね。同じ仏教徒として、ほんわかした気分になれるんです。

タイびと
タイびと

「タイ旅行の予算や費用」についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の予算を費用の相場からザックリと計算

スポンサーリンク

タイの挨拶の仕方

タイの挨拶の合掌は、基本的には「日本人のお辞儀の挨拶に代わるもの」との理解で概ね間違ってません。

人と会ったとき、日本だとペコリと頭を下げる代わりに「タイでは合掌」するんですよね。しかし、タイの挨拶である合掌には、「厳然たるルール」があります。

タイの挨拶の種別は以下になります。

  • お坊さんや地位のかなり高い人への挨拶
  • 目上の人や立場が上の人への挨拶
  • 友達等への挨拶
タイびと
タイびと

タイの挨拶は文字だけで説明するのは難しいので、まずは「動画で確認」してみましょう!

動画で「手の位置」を確認しよう

日本でもお辞儀の角度で「敬礼・最敬礼」となるのと同じです。タイだと相手の立場によって、合掌の位置が上下するんですね。

まさじろ
まさじろ

タイの挨拶で大事なことは、「目下から目上に挨拶する」になります。目上から目下に挨拶することはありませんよ!

タイびと
タイびと

タイ旅行の服装はコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の服装の選び方

スポンサーリンク

旅行者の方がタイで挨拶するなら

ここまで色々と解説してきましたが、旅行者の方がタイで挨拶するなら「上記ドナルドのような合掌 + チョコっとお辞儀」で十分だと私は思います。

ただし、だれかれ構わずに挨拶すれば良いわけでもないんです。タイの挨拶の基本は、「目下から目上」でしたよね。

サービスを受ける方からは基本はしない

例えば、レストランやホテルのスタッフを相手に「自分から先に合掌する」ことは基本的にはありません。相手が合掌してきたら、合掌を返せばいいですね。

タイびと
タイびと

ちなみに、こういう場合は会釈だけでも特に問題はありませんよ!

まさじろ
まさじろ

タイ旅行の持ち物についてはコチラをどうぞ!

>>タイ旅行の持ち物で「必要なもの」

スポンサーリンク

日本人がしがちなこと

私が合掌するときにタイ人の友人によく言われるのが、「脇を締めて!」になります。日本人は脇を開いて合掌をする人も多いですからね。

脇を開いての合掌はダメじゃないんですが、「何か変だからヤメて」と言われますね。

いただきます!の合掌はしない

ちなみに、私が食事の前に「いただきます!」の合掌をするとタイ人は不思議そうな顔をします。タイには「いただきます!」の言葉もないですから、それも致し方なしですね。

まさじろ
まさじろ

ちなみに、私は幼少の頃より「いただきます!」を叩き込まれてるので、身体が反応してしまいます。タイ人は不思議そうに見てますよ(笑)

タイびと
タイびと

タイでの両替についてはコチラをどうぞ!

>>タイバーツと円の両替でお得になる方法

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイの基本的な挨拶である合掌(手を合わせる)の仕方や位置について、タイ歴22年の私が解説しました。

タイ人が挨拶のときに合掌してきたら、あなたも「なるべくなら合掌」で返してくださいね!