タイの挨拶の仕方は合掌がマナーの基本!位置も重要だから解説するね

スポンサーリンク

今回は、タイの基本的な挨拶である合掌(手を合わせる)の仕方や位置について、タイ歴22年の私が解説します。

日本人に有名な、「タイに関するプチ情報」があります。それが上記写真の「合掌するドナルド」になります。

日本とは違ったドナルドが興味深いんですよね。ところで、タイのマクドナルドの人形が「手を合わせてる理由」についてもご存知ですか?

その理由は、タイの挨拶は「合掌(手を合わせる)」になるからですね!

スポンサーリンク

タイの挨拶は合掌(手を合わせる)

人と人が出会って、そして別れる。その区切りが挨拶になります。国は違えど、美しい挨拶は人間関係の基本ですよね。

日本の挨拶である「お辞儀」も美しいですが、タイの挨拶である「合掌(手を合わせる)」も本当に美しいです。

タイの合掌は「ワイ」と言うよ

タイでは合掌のことを「ワイ」と言います。ワイは昔からある伝統的な挨拶になりますね。ちなみに、タイ語でワイは「ไหว้」と書きます。

私がタイを好きな理由の1つが、「美しい挨拶」にありますね。

スポンサーリンク

タイの挨拶の仕方

タイの挨拶の合掌は、基本的には「日本人のお辞儀の挨拶に代わるもの」との理解で概ね間違ってません。

人と会ったときにペコリと頭を下げる代わりに、タイでは合掌するんですよね。そんなタイの挨拶の仕方は、大きく分けて3パターンあると言われています。

タイの挨拶3パターン

  • お坊さん・地位のかなり高い人への挨拶
  • 目上や立場が上の人への挨拶
  • 友達等への挨拶

タイの挨拶は文字だけで説明するのは難しいので、まずは動画で確認してみましょう!

スポンサーリンク

動画で「手の位置」を確認しよう

日本でもお辞儀の角度で「敬礼・最敬礼」となるのと同じです。タイだと相手の立場によって、合掌の位置が上下するんですね。

タイの挨拶で大事なことは、「目下の人から目上の人に挨拶する」になります。目上の人から目下の人に挨拶することはありませんよ!

スポンサーリンク

旅行者の方がタイで挨拶するなら

ここまで、色々と説明してきましたが、旅行者の方がタイで挨拶するなら「上記ドナルドのような合掌 + チョコっとお辞儀」で十分だと私は思います。

ただし、だれかれ構わずに挨拶すれば良いわけでもないんです。タイの挨拶の基本は、「目下から目上」でしたよね。

サービスを受ける方からは基本はしない

例えば、レストランやホテルのスタッフを相手に「自分から先に合掌する」ことは基本的にはありません。

相手が合掌してきたら、合掌を返せばいいですね。ちなみに、こういう場合は会釈だけでも特に問題はありませんね。

スポンサーリンク

日本人がしがちなこと

合掌するときにタイ人の友人によく言われるのが、「脇を締めて!」になります。

日本では脇を開いて合掌をする人も多いですからね。ダメな訳じゃないそうですが、「何か変だからヤメて」と言われますね。

いただきます!の合掌はしない

ちなみに、私が食事の前に「いただきます!」の合掌をするとタイ人は不思議そうな顔をします。

タイには、いただきますの言葉もないですし、そういう状況で合掌することはあり得ないんだそうですよ。

タイ語のあいさつ!こんにちは等の日常会話一覧で旅が3倍楽しくなる
今回は、タイ語のあいさつで「こんにちは!」から始まる日常会話一覧について、タイ歴22年の私が解説します。 世界の共通言語である英語で「ハロー」と、あいさつしてもバンコクなら普通に通じます。 しかし、タイ語で「こんにちは!」とあいさつ...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイの基本的な挨拶である合掌(手を合わせる)の仕方や位置について、タイ歴22年の私が解説しました。

それでは、素敵なタイ旅行を楽しんで下さいね!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...