タイのゴルフ場でキャディーの持ち帰り!と浮かれてる人に伝えたい事

スポンサーリンク

今回は、タイのゴルフ場では「キャディーさんのお持ち帰りができるかも!」と浮かれている人に、タイ歴22年の私が「驚愕の真実」をお伝えします。

こういう記事を書くと、およそ80%の人が「自分には当てはまらないよ!」と言ってお帰りになるので、まずは結論から言います。

あなたは上手に釣ったつもりでしょうが、本当は「あなたが釣られた可能性が高い」という事実に気付いていますか?

余計な事とは思いますが、純粋にゴルフだけを楽しんだ方が「長い目でみるとお得だ」と私は思いますよ!

スポンサーリンク

タイのゴルフ場でひっかけたよ!

私は日本ではゴルフをしたことがありますが、タイでは1度もゴルフをしたことはありません。

「じゃあ、何で驚愕の真実なんて言えるの?」と、あなたは思いましたよね。ゴルフを嗜まない私に情報が入ってくる理由はただ一つです。

タイに住んでいる友人の多くが、「ゴルフが大好き」なんですよね。ですので、嫌でもゴルフの話しを聞かされることになります。

本人にとっては武勇伝

そんなゴルフ談義の中に、キャディーさんを「ひっかけた話し」も含まれます。「素人タイ娘を釣り上げたぞー」と、みなさん大喜びです。

しかし、時の経過に連れて、みなさん理解し始めます。「素人とプロの違いってなんじゃろか?」と。

スポンサーリンク

キャディーさんのお仕事

さらには、お友達のキャディーさんからも、色々な情報が入ってきます。つまり、私には両方からの情報が入ってくるんですよね。

タイのゴルフ場のキャディーさんには若いタイ人女性が多いですよね。20歳~25歳ぐらいが多いような気がします。

タイ人女性は日焼けを嫌う

ところで、タイ人女性が極端に嫌うことの1つに「日焼け」があります。タイでは日本よりも深い「白肌信仰」があるんですよね。

タイ人の若い女性ほど日焼けするのを嫌がります。しかし、ゴルフ場での仕事では、日焼けを避けることは不可能です。

それにも関わらずにキャディーの仕事をする理由は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

キャディーさんの戦利品自慢

キャディーさんから入ってくる情報の中でも、あまり知りたくない情報は「キャディーさんの戦利品自慢」になります。

札束に寝転がったり、札束をウチワにしたりと様々ですね。ハンターが獲物を捕まえると、記念写真したくなるのと同じなんでしょうね。

戦利品と分かる理由

「なんで、戦利品って分かるの?」と思った方のために理由を述べると、その札束は「日本円」なんですよね。

一般的なキャディーさんが日本円を手に入れる方法は、「日本人から貰った」以外には考えにくいんですよね。

ちなみに、戦利品自慢はキャディーさんだけではありません。別のお仕事の女性でも、見かけることはありますね。

スポンサーリンク

現代では加速的に広まる

このような情報はフェイスブック等で公開されているので、さらに被害は広がります。と言うのも、それを見たタイ人女性の一部はこう考えます。「外国人は金になる!」と。

昔は、口伝えぐらいしか方法がなかったので「夜の女性しか知らなかった情報」も、今では一般の女性にも瞬く前に拡散します。

半分素人で半分プロ

その結果、限りなくプロに近い素人である「半プロ」の存在が目立つようになります。「プロになるのは嫌だ、でも楽にお金は稼ぎたい」と考える素人ですね。

タイでは夜のお仕事の女性は、かなり下に見られる傾向がるので、こういう素人はプライドがやたらに高い傾向があります。

ちなみに、半プロはプロをメチャクチャ見下します。やってることは変わらないんですけどね。

スポンサーリンク

半プロが増えてる

つまりは、タイのゴルフ場のキャディーさんに限らずに、こういう半プロが現代のタイに増えているってことですね。

半プロが獲物を捕まえる場所の1つがゴルフ場だった訳です。他にも、タイ古式マッサージ等の外国人の集まる場所に半プロが居ますよね。

仮初のパートナーと知ってるなら問題ない

半プロを大きな視点から見ると「素人」になります。ですので、「素人と付き合ってる」と勘違いしてのめり込む人が多いのも事実です。

半プロは、お金の引き出し方に長けてますからねえ。「恋人なら当たり前でしょ!」と言われると、ついつい出してしまうんですよね。

ですので、あなたが本気になればなるほど、お金を引っ張られる可能性が高まりますよ!

スポンサーリンク

半プロ女性の獲物の探し方

半プロ女性とは、プロンポンにある「ホテルのサウナ」で出会いました。このサウナは日本人とタイ人に人気の普通のサウナでした。

ホテルの宿泊客はもちろん無料で使えますが、ビジターとしての都度利用も可能で密かに人気がありましたね。

様々な人間模様

プールもトレーニングジムも併設されているので、バンコク滞在中は毎日のように顔を出してました。

そうやって毎日のように通っていると、様々な人間模様が観察できるんで楽しいんですよね。

スポンサーリンク

水着でサウナに入るよ

そのサウナは入り口で水着をレンタルしてくれます。男性も女性もその水着を着用しないといけないんですよね。

全員が水着を着ているので、トイレ以外は男女共用になります。となると、必然的に男女が出会う機会も増える訳ですよね。

お客を装った半プロ

サウナに入ってる時は基本的に暇です。しかし、そこは男女共用のサウナです。タイ人女性がいると、ついつい見てしまうのが男性ってもんです。

それに、半プロの多くは自前の「きわどい水着」でサウナに来てるんですよね。胸元などについつい目線が飛ぶのも無理からぬ事です。

スポンサーリンク

ご飯でもどうですか?

そうやって、半プロはサウナで獲物を探します。私は半プロに興味が無いので、半プロも私に興味はありません。しかし、日本人がこの半プロに「コロコロと引っかかる」んです。

この半プロは本当に上手なんですよね。自分から誘うんではなく、日本人から誘われるのをじっと待ちます。

半プロからではなく日本人から誘う

半プロ女性と何度か話した日本人の多くが、恥ずかしそうに「今度ご飯でもどうですか?」と、日本語で言ってますね。

そうやって2人は近づくんですねえ。そんな半プロと嬉しそうに歩く日本人を何十人も見ました。私と半プロには何かのご縁があるんでしょうか?

スポンサーリンク

怪しい匂いを感じる理由

実は、半プロと出会うのはショッピングモールなんです。つまりは、日本人が半プロにショッピングに連れて行かれてる現場なんですよね。

最初の頃は、半プロも「ヤバイ!」と顔に出してましたが、そのうち嬉しそうにコチラを見るようになりました。営業マンが「1件とったぜ!」の時の顔ですね(笑)

日本語が話せるのには理由がある

私も、最初は何回も半プロに声をかけられました。しかし、私は彼女の目的がスグに理解できました。その理由は以下の2点です。

  • 昼間からサウナ
  • 日本語が話せる

一般のタイ人女性は昼間は働いています。ですので、頻繁にサウナに出入りすることは不可能です。さらに、彼女は日本語が話せました。

上記2つが要因で、私の中のセンサーは「彼女が一般女性の可能性がかなり低い」と判断しましたね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイのゴルフ場でキャディーさんのお持ち帰りと浮かれている方に、「半プロの存在にご注意下さい」という話しをしました。

キャディーさんの多くは無邪気で本当に可愛いです。今回の話しは「極一部のキャディーさん」の事ですからね。お間違えのないように!

タイ旅行を全力で楽しむためのおすすめ情報をギュッと詰め込んだよ!
今回は、「タイ旅行のおすすめ観光地」と「タイに行く前に知りたい旅情報」について、タイ歴22年でタイ旅行が大好きな私が解説します。 「タイ旅行にいこう!」と思ったとき、まず決めないといけないことがあります。それが、タイの「どこの観光地に...