【カオパットクン】タイ米で作るタイチャーハンは最高に旨いよ!

 

今回は、「タイチャーハン(カオパット)」について、タイ歴22年の私がシンプルに解説します。

 

まさじろ
まさじろ

「タイ米に最適な料理は?」と聞かれたら、私は迷うことなくタイチャーハンと即答しますね。パラパラのタイ米は、チャーハンにめちゃくちゃ合うんです!

 

タイチャーハン(カオパット)とは?

タイチャーハンは、タイでは「カオパット」と呼ばれています。

カオパットは、タイ語では「ข้าวผัด」と書きます。

 

タイ語の意味はこんな感じですね。

  • カオ :ご飯
  • パット:炒める

ですので、直訳すると「ごはん炒め」になります。

 

カオ・パットは、タイで食べられている炒めご飯の総称。「カオ」が「ご飯」、「パット」が「炒める」の意味。米、野菜、卵、豚肉または鶏肉を塩、胡椒、ナンプラーなどを使って、最後にマナオを絞って食べるのが一般的。

(引用:wikipedia「カオ・パット」より)

 

日本での認知度は高くないよ

私のイチオシであるタイチャーハンですが、実は日本での認知度はそんなに高くありません。

 

IMG_20141231_123359

タイ料理の中で、

  • トムヤムクン
  • ガパオライス
  • グリーンカレー

の御三家は別格として、「カオマンガイ」よりも認知度が低いのに驚きを隠せません。

 

しかし、その理由は理解できます。

タイチャーハンって、「日本のチャーハン」に似てないこともないんですよね。

 

タイチャーハンの魅力は「タイ米」にあるよ

日本のチャーハンに似てるので、

読者さん
読者さん

わざわざタイ旅行で食べる必要もないよね!

と、なっちゃうんですよね。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-8

しかし、それは実にモッタイナイことをしてると思います。

タイ米で作るタイチャーハンは、「メチャクチャ美味しい」からですね。

 

タイ米は炒め料理に最高に合う!

タイチャーハンの魅力は、何と言っても「タイ米の特性」にあります。

 

実は、日本米とタイ米は種類が異なるんですよね。

  • 日本米:ジャポニカ米
  • タイ米:インディカ米

 

両者の大きな特徴の違いは「粘り気」にあります。

 

日本米の方が粘り気があるんですよね。

ですので、タイ米は「チャーハン」に最適なんです。

 

一緒に炒める具を選ぼうね

ところで、タイ旅行でタイチャーハンを注文するときは

「カオパットちょうだい!」

と言っても通じません。

 

カオパットは、「何を一緒に炒めるか?」で少し言葉が変わってくるんですよね。

 

タイチャーハンの種類で有名なのは以下になります。

  • カオパットクン :エビ入りタイチャーハン
  • カオパットムー :豚肉入りタイチャーハン
  • カオパットガイ :鶏肉入りタイチャーハン
  • カオパットタレー:シーフード入りタイチャーハン

 

「何を入れるの?」と聞かれるよ

上記の理由があるので、「カオパット」とだけ注文したら

「何いれるの?」

と聞かれますよ。

 

例えてみると、醤油・味噌・とんこつラーメンがある店で、

「ラーメンください!」って言ったら、「何ラーメン?」って聞かれますよね。

それと一緒ですね(笑)

 

カオパットクンがおすすめ!

タイチャーハンのおすすめは、

「カオパットクン(エビ入りタイチャーハン)」

になりますね。

 

IMG_20150129_182956

2番目がシーフードかな。

どっちも甲乙つけがたいんですが、シーフードは少々お高いからですね(笑)

 

きゅうりとマナウがあうんだよね

タイでチャーハンを注文すると、多くのお店で

「きゅうり・マナウ(ライム)」

が添えてます。

 

これがねえ、箸休めに調度いいんですよね。

 

最初からマナウ(ライム)をかけるのもいいですが、

半分ぐらい食べたあとが個人的はおすすめです。

 

味が少し変化するんですよね。さっぱり爽やかな味になるんです。

最初からかけてしまうと、味の変化を楽しめないから少々モッタイナイ気がしますね。

 

まとめ

今回は、「タイチャーハン(カオパット)」についてシンプルに解説しました。

 

タイ旅行のさいは、ぜひお試し下さいね!

タイ料理
役に立ったと思った方はシェアして下さいね!
まさじろ

タイたびは、タイ歴22年でタイが大好きな「まさじろ」が運営しています。

メール  :walkwakayama@gmail.com
ツイッター:@walkwakayama

まさじろをフォローする
タイたび

コメントを残す!