タイ・バンコク水上マーケットのおすすめはダムヌンサドゥアックだよ

スポンサーリンク

今回は、タイ・バンコクの水上マーケットのおすすめである「ダムヌンサドゥアック」について、タイ歴22年の私が解説します。

タイのバンコクには有名な観光地がありますが、その中でも特におすすめなのが「水上マーケット」になります。

水上マーケットも何ヶ所かあるんですが、その中でも特におすすめなのが「ダムヌンサドゥアック」になります。

小舟にのんびりと揺られながらの観光は旅情たっぷりで「マジで最高!」です。ただし、気を付けないといけない事もあるので併せて解説しますね!

スポンサーリンク

タイ・バンコク水上マーケットはダムヌンサドゥアックが超おすすめ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004-1

前述したように、タイのバンコク近郊には水上マーケットが何ヶ所かあります。その中で「ダムヌンサドゥアック」をおすすめする理由が以下になります。

  • 観光客のための水上マーケット
  • ほとんどのショッピングが舟の上で可能
  • マーケットの規模が段違いに大きい
  • 外国人慣れしてるので言葉が楽

観光客のための水上マーケット

観光客のための水上マーケットとは、ダムヌンサドゥアックが「外国人観光客のいちばん多い」水上マーケットだからですね。

ほとんどのショッピングが舟の上で可能

一部のショッピングは、船から降りて地上で行われます(ただし、降りる降りないは当然自由です)。

しかし、それ以外のショッピングは船に居ながら可能です。ですので「とっても楽です」

マーケットの規模が段違いに大きい

他の水上マーケットもいい雰囲気なのですが、マーケットの規模がダムヌンサドゥアックには遥か及びません。

外国人慣れしてるので言葉が楽

ダムヌンサドゥアックの売り子さんは、外国人慣れしてるので言葉が楽なのも魅力の1つですね。タイ語で話しかけられるのも雰囲気があって良いと思います。

しかし、意思の疎通は英語のほうがとれると思うんですよね。ダムヌンサドゥアックは外国人観光客が多いので、売り子さんは必然的に英語を話しますよね。

スポンサーリンク

ダムヌンサドゥアックを観光しよう!

それでは、タイ・バンコクの水上マーケットである「ダムヌンサドゥアック」の魅力を紹介していきますね。

水上マーケットは、徒歩での移動も可能です。しかし、徒歩だとそこらへんにある「ありふれたマーケット」となんら変わりません。

水上マーケットだから船で観光しようね

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、船で観光しないと全く意味がないですよね。

個人で来た方は、船をレンタルしましょう。現地ツアーを使った方は、船を準備してくれてますよ。

※上記写真の場所で船がレンタルできます。船の場所が分かりにくいときは、上記写真を見せて場所を聞いて下さいね!

船のレンタル料金

人数によっても異なりますが、船1台のレンタル料金は以下のようになります。

  • 30分:400バーツ
  • 60分:600バーツ

「自分でボートを操縦するのは心配だなあ」と不安になった方もいるんじゃないでしょうか?実は、船には船頭さんがいるので安心してください(笑)

スポンサーリンク

タイ・バンコクの水上マーケットには船頭さんがいるから安心だよ!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_005

私の舟の船頭さんは写真右側のおばあちゃんでした。「大丈夫かな?」との心配をよそに、流石はベテラン船頭さんですスイスイと船を進めてくれます。

もう何十年も船頭さんをしてらっしゃるそうで、船の操縦技術が高くて安心して乗ってられましたよ。

英語はやっぱり無理みたい

おばあちゃんが色々と説明してくれるのが楽しかったですね。ただし、タイ語での会話になりますね。残念ながら英語は全くわからないそうです。

船の旅が終了したら、船頭さんにチップをあげるとスマートですね。チップは、100〜300バーツが平均のようです。私は60分にしたので200バーツを渡しました。

スポンサーリンク

この情緒がたまらない

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_008

タイ・バンコクの水上マーケットであるダムヌンサドゥアックでは、食事もショッピングも船上でできます。

静かに走る船に揺られてるだけで心が踊るんですよね。最高の気分です。そうやって船に乗ってると、こんな感じでお店の人がお土産や食べ物をすすめてくれます。

余計な物まで購入してしまうのが難点

気分が高まってるので、ついつい必要のないものまで買ってしまうんですよね。

九州・柳川の川下りも良いですが、タイ水上マーケットなら食べ物やショッピングも同時にできちゃいます。

柳川も情緒満点ですが、ダムヌンサドゥアックは活気で勝負ですね。

スポンサーリンク

船で観光するときの注意点

タイ水上マーケット観光の注意点はこちらになります。

  • 船のてすりにつかまらない
  • お腹を空かせて行こうね

舟の手すりにつかまったらダメ

タイ水上マーケット観光の注意点1つ目は、「舟の手すりにつかまったらダメ」になります。

船と船は互いに遠慮なくぶつかってきます。船の手すりにつかまってたら、指や手を船に挟まれて怪我する可能性が高いです。

狭いエリアにけっこうな数の船が行き交ってますから、それもしょうがないですよね。せっかくの旅行が台無しになるので、絶対に手すりにつかまったらダメですよ!

お腹をすかせていこうね

タイ水上マーケット観光の注意点2つ目は、「お腹をすかせていこうね」になります。

20年前、朝ごはんをたっぷりと食べて水上マーケット観光をしました。美味しそうな食べ物がいっぱいあるのにお腹一杯で食べられませんでした。お腹をすかせて来たほうが楽しめます。

前回の反省を思い出して今回はいろんなものを食べましたね。舟に揺られながらの食事なんで「なんでも美味しい」んですよね。「雰囲気を召し上がれ」ってとこですかね。

スポンサーリンク

タイ・バンコク水上マーケットの行き方

タイが好きな方なら、「水上マーケットなるものがある」と1度は聞いたことがあると思います。しかし、実際に行ったことのある人はそんなに多くありません。

それには理由があります。「自力ではとっても行きにくい場所にあるから」なんですね。

モーチット・バスターミナルから行けるけど

ダムヌンサドゥアックは有名な観光地ですが、タイ歴が長い人でも行ったことがある人は少ないです。と言うのは簡単には行けないからです。

モーチット・バスターミナルからバスを乗り継いで行けば、ダムヌンサドゥアックに行くことは可能ですよ。

※「タイ・バンコク水上マーケットの具体的な行き方の記事」を昔はココに書いていました。しかし、到達できない方が何人かいたので削除しました

スポンサーリンク

簡単に行きたいならタクシー

ただし、タクシーでもいけないことはありません。。BTSの西の最終駅である「BTSバンワー駅」がダムヌンサドゥアックにいちばん近い駅になります。

私はタクシーで行ったことがありませんが、おそらく600〜700バーツ(片道)だと予想されます。しかし、ここで1つ問題があります。

帰りのタクシーが難しいかと

行きのタクシーは簡単に見つけられると思います。しかし、帰りのタクシーはダムヌンサドゥアック周辺では、ほぼ見かけませんでした。

となると、タクシーに待っといてもらわないといけません。タクシーをチャーターするぐらいなら、最初から現地ツアーの方が安くつきますしね。

ただし、本当に時間のない方におすすめの行き方ですね。

スポンサーリンク

アクセス

4:ダムヌンサドゥアック水上マーケット

バンコクのおすすめ観光地と穴場スポット14選を地図で紹介するよ!
今回は、バンコク観光のおすすめ観光地と穴場スポットについて、タイ歴22年でバンコクをこよなく愛する私が解説します。 今では世界中の観光客が訪れるタイの首都であるバンコク。初めてのタイ旅行にバンコク観光を選ぶ人は少なくありません。 そ...
スポンサーリンク

強くおすすめするのは現地ツアー

BTSの駅が近くにあるなら、皆さん簡単に行けるんですけどね。ないんですよね。ですので、ほとんどの方は現地ツアーを使ってますね。

私も初めての時は現地ツアーでしたが、本当に楽でしたよ(笑)ダムヌンサドゥアックは「現地ツアー」を強くおすすめしますね。

JTBでタイ水上マーケットのツアーを探す

スポンサーリンク

まとめ

今回は、タイ・バンコクの水上マーケットのおすすめである「ダムヌンサドゥアック」について、タイ歴22年の私が解説しました。

私も大好きな観光地ですので、せひ行ってみて下さいね!

タイ旅行のおすすめ観光地を8選!「旅の準備情報」も徹底解説するよ
タイ旅行を思い立ったとき、まず決めないといけないことが「タイの観光地のどこに行く?」になります。タイで有名な観光地には、「バンコク・プーケット・チェンマイ・アユタヤ等」がありますね。 実は、これ以外にもタイ国内には「おすすめ観光地や名...