タイ・バンコク水上マーケットのおすすめはダムヌンサドゥアックだよ

今回は、タイ・バンコクの水上マーケットのおすすめである「ダムヌンサドゥアック」について、タイ歴22年の私が解説します。

タイのバンコクには有名な観光地がありますが、その中でも特におすすめなのが「水上マーケット」になります。

水上マーケットも何ヶ所かあるんですが、その中でも特におすすめなのが「ダムヌンサドゥアック」になります。

小舟にのんびりと揺られながらの観光は旅情たっぷりで「マジで最高!」です。ただし、気を付けないといけない事もあるので併せて解説しますね!

タイ・バンコク水上マーケットはダムヌンサドゥアックが超おすすめ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_004-1

前述したように、タイのバンコク近郊には水上マーケットが何ヶ所かあります。その中で「ダムヌンサドゥアック」をおすすめする理由が以下になります。

  • 観光客のための水上マーケット
  • ほとんどのショッピングが舟の上で可能
  • マーケットの規模が段違いに大きい
  • 外国人慣れしてるので言葉が楽

観光客のための水上マーケット

観光客のための水上マーケットとは、ダムヌンサドゥアックが「外国人観光客のいちばん多い」水上マーケットだからですね。

ほとんどのショッピングが舟の上で可能

一部のショッピングは、船から降りて地上で行われます(ただし、降りる降りないは当然自由です)。

しかし、それ以外のショッピングは船に居ながら可能です。ですので「とっても楽です」

マーケットの規模が段違いに大きい

他の水上マーケットもいい雰囲気なのですが、マーケットの規模がダムヌンサドゥアックには遥か及びません。

外国人慣れしてるので言葉が楽

ダムヌンサドゥアックの売り子さんは、外国人慣れしてるので言葉が楽なのも魅力の1つですね。タイ語で話しかけられるのも雰囲気があって良いと思います。

しかし、意思の疎通は英語のほうがとれると思うんですよね。ダムヌンサドゥアックは外国人観光客が多いので、売り子さんは必然的に英語を話しますよね。

ダムヌンサドゥアックを観光しよう!

それでは、タイ・バンコクの水上マーケットである「ダムヌンサドゥアック」の魅力を紹介していきますね。

水上マーケットは、徒歩での移動も可能です。しかし、徒歩だとそこらへんにある「ありふれたマーケット」となんら変わりません。

水上マーケットだから船で観光しようね

ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、船で観光しないと全く意味がないですよね。

個人で来た方は、船をレンタルしましょう。現地ツアーを使った方は、船を準備してくれてますよ。

※上記写真の場所で船がレンタルできます。船の場所が分かりにくいときは、上記写真を見せて場所を聞いて下さいね!

船のレンタル料金

人数によっても異なりますが、船1台のレンタル料金は以下のようになります。

  • 30分:400バーツ
  • 60分:600バーツ

「自分でボートを操縦するのは心配だなあ」と不安になった方もいるんじゃないでしょうか?実は、船には船頭さんがいるので安心してください(笑)

タイ・バンコクの水上マーケットには船頭さんがいるから安心だよ!

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_005

私の舟の船頭さんは写真右側のおばあちゃんでした。「大丈夫かな?」との心配をよそに、流石はベテラン船頭さんですスイスイと船を進めてくれます。

もう何十年も船頭さんをしてらっしゃるそうで、船の操縦技術が高くて安心して乗ってられましたよ。

英語はやっぱり無理みたい

おばあちゃんが色々と説明してくれるのが楽しかったですね。ただし、タイ語での会話になりますね。残念ながら英語は全くわからないそうです。

船の旅が終了したら、船頭さんにチップをあげるとスマートですね。チップは、100〜300バーツが平均のようです。私は60分にしたので200バーツを渡しました。

この情緒がたまらない

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_008

タイ・バンコクの水上マーケットであるダムヌンサドゥアックでは、食事もショッピングも船上でできます。

静かに走る船に揺られてるだけで心が踊るんですよね。最高の気分です。そうやって船に乗ってると、こんな感じでお店の人がお土産や食べ物をすすめてくれます。

余計な物まで購入してしまうのが難点

気分が高まってるので、ついつい必要のないものまで買ってしまうんですよね。

九州・柳川の川下りも良いですが、タイ水上マーケットなら食べ物やショッピングも同時にできちゃいます。

柳川も情緒満点ですが、ダムヌンサドゥアックは活気で勝負ですね。

次のページは、「船で観光するときの注意点・タイ水上マーケットの行き方」