タイ料理で渋谷・恵比寿・原宿にあるタイ政府認定のお店をまとめたよ

今回は、渋谷・恵比寿・原宿にあるタイ政府認定の「タイ料理店」について、タイ歴22年でタイ料理が大好きな私がまとめました。

一昔前の日本では、タイ料理と言えば「トムヤムクン」だけでした。しかし、最近では「ガパオライス」や「グリーンカレー」も人気急上昇中ですよね。

それに続くのが、「タイスキ」や「ガパオライス」になります。日本でタイ料理の人気が上昇するのは、タイブロガーとしては嬉しい限りですね!

タイ・セレクトを紹介します

最初に、タイ料理店紹介で有名な知る人ぞ知る「タイ・セレクト」を紹介します。

日本国内で「美味しいタイ料理が食べたい!」と思ったとき、とってもありがたいWEBサイトがタイ・セレクトになります。

タイ・セレクトとは?

タイ・セレクトとは、タイ国商務省が認めた「本場のタイ料理を味わえるタイ料理店」になります。

今回の記事は、タイ・セレクトで紹介しているタイ料理店をまとめました。ですので、今回の記事で引用先を明記してない写真は全て「タイ・セレクト」からの引用になります。

タイ料理のお店「渋谷・恵比寿・原宿」を地図で確認

渋谷・恵比寿・原宿にあるタイ・セレクトのタイ料理店は以下になります。

  1. マンゴツリーカフェ・恵比寿
  2. ラーチャプルック
  3. 恵比寿ガパオ食堂
  4. ブルーパパイア・恵比寿店
  5. チャオタイ・渋谷道玄坂店
  6. チャオタイ・渋谷東口店
  7. チャイヤプーム
  8. セラドンタイレストラン

※上記地図に関しては何回も確認していますが、「参考程度」と言うことでお願いします。詳しい場所はそれぞれのWEBサイトで確認して下さい!

マンゴツリーカフェ・恵比寿

時間を気にせずいつでもお食事やカフェをお楽しみいただける「マンゴツリーカフェ恵比寿』は、多彩な使い方ができるカフェレストランです。

詳しい情報や場所はコチラ!

ラーチャプルック

タイの雰囲気の店内で、本場の料理を是非味わって頂きたいです

詳しい情報や場所はコチラ!

恵比寿ガパオ食堂

創業10年ガパオ食堂のフラッグシップショップ「恵比寿ガパオ食堂」です。タイ特選料理人10選選出の総料理長”ピーボー”が腕を振るいます!日本ソムリエ協会認定ソムリエ常勤。本場タイ料理と厳選ワインのマリアージュもお楽しみください♪♪

詳しい情報や場所はコチラ!

ブルーパパイア・恵比寿店

ブルーパパイア・タイランドは、東京恵比寿に本店を構え、「ソムタム=青パパイアのサラダ」に代表されるタイ東北部「イサーン地方」の料理を得意とする、本場タイ料理のお店です。経験豊富なベテランタイ人シェフ陣が作るスパイシーで刺激的なお料理とおいしいお酒を
微笑みの国タイのスタッフと共に、くつろいだ雰囲気の中でお楽しみください。

(引用:ブルーパパイアWEBサイト)

詳しい情報や場所はコチラ!

チャオタイ・渋谷道玄坂店

おかげさまでチャオタイは創業20周年!当時の日本ではとてもめずらしかったタイ料理を通じ、少しでもタイのことを知ってもらえばという想いは今でも変わりません。チャオタイとはタイの人々という意味。個性あふれる店内で皆様のお越しを心よりお待ちしています。辛味・甘味・酸味と炎の融合! チャオタイならではの世界をごゆっくりご堪能ください。

詳しい情報や場所はコチラ!

チャオタイ・渋谷東口店

おかげさまでチャオタイは創業20周年!当時の日本ではとてもめずらしかったタイ料理を通じ、少しでもタイのことを知ってもらえばという想いは今でも変わりません。チャオタイとはタイの人々という意味。個性あふれる店内で皆様のお越しを心よりお待ちしています。辛味・甘味・酸味と炎の融合! チャオタイならではの世界をごゆっくりご堪能ください。

詳しい情報や場所はコチラ!

チャイヤプーム

原宿・明治神宮より徒歩1分!買い物帰りに本格タイ料理をぜひご賞味ください。 定番のタイカレーやタイヌードルのほかにもメニューが豊富!

詳しい情報や場所はコチラ!

セラドンタイレストラン

種類豊富な本格的タイ料理をタイの青磁器セラドンで。目にも美味しい盛り付けながら味はしっかり現地の味。厳選されたフレッシュなハーブとすべての料理の基本のスープが味の決め手。シェフはこの道35年のベテラン、カオ。カオの豪快ながら繊細な味をお楽しみください。アジア各国のビールやタイのワイン、焼酎(ラオカオ)など豊富なドリンクとご一緒に。店内はタイの画家によるランナー絵画や仏像、漆工芸に飾られた空間。

詳しい情報や場所はコチラ!

セラドン焼きとは?

セラドン焼きはチェンマイの代表的な焼き物で、翡翠色の青磁としても有名です。驚くことにこのセラドン焼きは、全てが職人さんの手作りになっています。

特に味わい深いのが、セラドン焼きの特徴である貫入(陶磁器のうわ薬の部分にできる細かいひび模様)になります。

今回は、サイアムセラドンのセラドン焼きを安く買う方法について、タイ歴22年の私が解説します。 「なんでサイアムセラドンとタイが関係ある...

次のページは、「渋谷・恵比寿・原宿で食べて欲しいタイ料理」