タイ料理で京都にあるタイ政府が認定するお店をまとめたよ!

今回は、京都にあるタイ政府認定の「タイ料理店」について、タイ歴22年でタイ料理が大好きな私がまとめました。

一昔前の日本では、タイ料理と言えば「トムヤムクン」だけでした。しかし、最近では「ガパオライス」や「グリーンカレー」も人気急上昇中ですよね。

それに続くのが、「タイスキ」や「ガパオライス」になります。日本でタイ料理の人気が上昇するのは、タイブロガーとしては嬉しい限りですね!

タイ・セレクトを紹介します

最初に、タイ料理店紹介で有名な知る人ぞ知る「タイ・セレクト」を紹介します。

日本国内で「美味しいタイ料理が食べたい!」と思ったとき、とってもありがたいWEBサイトがタイ・セレクトになります。

タイ・セレクトとは?

タイ・セレクトとは、タイ国商務省が認めた「本場のタイ料理を味わえるタイ料理店」になります。

今回の記事は、タイ・セレクトで紹介しているタイ料理店をまとめました。ですので、今回の記事で引用先を明記してない写真は全て「タイ・セレクト」からの引用になります。

タイ料理のお店「京都」を地図で確認

京都のタイ・セレクトのタイ料理店は以下になります。

  1. 三条パクチー
  2. 四条パクチー
  3. パクチー丸太町
  4. バーン・リムナーム
  5. バーンタイ
  6. 佛沙羅館
  7. キンカーオ
  8. タイカレーレストラン シャム

京都のタイ・セレクトは「パクチー」が3店舗もあるのが特徴ですね。

※上記地図に関しては何回も確認していますが、「参考程度」と言うことでお願いします。詳しい場所はそれぞれのWEBサイトで確認して下さい!

三条パクチー

日本に居ながらにしてタイの食堂の雰囲気が味わえるタイレストランです。 現地の雰囲気を大事にしていますので、食器はプラスチック、イス・テーブルもタイで作った木製、テーブルの上のカトラリー入れや調味料入れ、店内に貼っているポスターなどタイのものばかりですので、きっとタイを感じてもらえるはず。 パスポートいらずのタイ旅行はパクチーへどうぞ。

詳しい情報や場所はコチラ!

四条パクチー

タイ現地の食堂の雰囲気を味わっていただけるレストランです。店内にあるすべての物からタイを感じていただけるよう、食器、ポスター、机に至るまで全て現地で調達しています。もちろん料理も現地タイで修業を積んだタイ人コックによる本格派。 駅からも近く、フラっとタイを感じていただけます。五感全てでタイを感じていただける当店へぜひお越しください。

詳しい情報や場所はコチラ!

パクチー丸太町

タイ現地の食堂をそのまま持ってきたようなタイレストランです。 イスやテーブルから、食器や箸まで現地から調達しています。 もちろん料理も現地タイで修業を積んだタイ人コックによる本格派。五感全てでタイを感じていただける当店へぜひお越しくださいませ。

詳しい情報や場所はコチラ!

バーン・リムナーム

京都の町家を改装したお店は、京都の町家建築とタイの家がモダンカジュアルに融合しました。窓際の席からは鴨川や木屋町通りを眺めながらの食事が1年中楽しめます。夏場には外で食事が出来る京の風物詩「鴨川納涼床」でのお食事が人気です。

詳しい情報や場所はコチラ!

バーンタイ

当店の調味料のほどんどはタイから直送し、レッドカレーやグリーンカレーのペーストは自家製で、保存料等は使用しておりません。本場のタイ料理を充実に再現しています。

詳しい情報や場所はコチラ!

佛沙羅館

築90年の京町屋の趣を活かした空間に配されたタイの調度品など、異国情緒に包まれながら味わえる料理は、生のスパイスを始め、京野菜や旬の素材をたっぷり取り入れ、ヘルシーに仕上げています。鴨川沿いにあり、夏はせせらぎをBGMに川床での食事も楽しみです。

詳しい情報や場所はコチラ!

キンカーオ

大きな窓から京都の東山と鴨川を眺めながら本格タイ・イサーン料理が楽しめます。定番料理からオリジナルドリンクまで盛りだくさんのメニューは、タイ料理が初めてという方からタイ料理ファンの方までご満足いただけます。

詳しい情報や場所はコチラ!

タイカレーレストラン シャム

当店の自家製ペーストは、タイで修行をしたシェフが研究を重ね手間ひまをかけ作っております。よって、売り切れ次第閉店となる場合もございますが、カレー一杯一杯を丁寧にお作りしご好評いただいております。また、ホームページでは他のメニューも載せていますのでご覧ください。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

詳しい情報や場所はコチラ!

次のページは、「京都で食べて欲しいタイ料理」